スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

実咲庵 油かすラーメン

▲大仙古墳(仁徳天皇陵)の案内板

 堺での仕事を終えて大阪へと帰る途中、当然のように途中下車してやっぱりぶらりラーメンの旅。南海三国ヶ丘駅で降りて向かったのは「実咲庵」です。普通に歩けば駅から10分くらいなのですが、反対側の出口から出てしまったため方向感覚が真逆になり、世界一大きい墓こと、大仙古墳の北側に沿う形で遠回りしてしまいました。もう夕暮れ間近だったのですが、その大きさはよくわかります。というか、普通に「山」ですよね。

▲店舗外観

 店は中央環状線沿いに建っており、割と目立つ看板。17時過ぎの訪問でしたが、通し営業なので問題ありません。店内は厨房を囲むカウンター席と、テーブル席が多数。郊外型の家族連れ客にも対応できるレイアウトです。面白いのは店の椅子で、瓶ビールを入れるプラスチック製の箱を使って椅子にしています。エコ的な視点があるのかはわかりませんが、独特の雰囲気を演出しています。メニューは普通のラーメンに、つけ麺、汁無し麺と豊富ですが、看板にも大書されている「油かすラーメン」を注文することにしました。

 「油かす」を使ったものとしては、高槻の「てっこりうどん」や曽根の「かすとろ」など、うどんはこれまでも食べましたが、ラーメンの具材というのは初めて……と思いましたが、山田の「松阪牛麺 大龍軒」にも入っていました。メインの松阪牛のインパクトが強くて、忘れてましたね。

▲油かすラーメン(650円)

 やって来たラーメンは、パッと見だと普通のトッピングだけに見えます。チャーシューはレア感のあるもので、ネギ、シナチク、水菜がきれいに盛られています。油かすはその下にたくさん入ってました。

▲麺と油かす

 弾力というよりも歯ごたえと言った方が適切と思う、しっかりとした食感の油かすはやや甘みがありました。スープは煮干や昆布などの魚介を使ったもので、意外にそうした風味があり、油かすとうまく合います。麺は中細ストレートで、やわらかめでした。

 650円という値段もコスパが良く、店員さんも元気と愛想がよくて気持ちよく食べられました。隣の席の人が食べていた「ラー油かけごはん」が、ジャンクな良い香りをさせており、油かすラーメンとも相性が良さそうで追加したくなりましたが、堺でもう一軒行くつもりだったので断念。次回は食べてみようかな。ごちそうさま!

 実咲庵
 堺市堺区向陵中町2-1-9 地図
 072-255-5699
 11:30~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

竹麺亭 魚介醤油つけ麺&明太子丼

▲南海滝谷駅

 先日、仕事で堺の方まで行く機会がありました。余り行くこともないので、ならばと少し足を伸ばしてラーメン屋探訪。向かったのは堺から南東に位置する大阪狭山市は東茱萸木の場所。東茱萸木は「ひがしくみのき」と読むそうです。南海高野線滝谷駅から歩くこと約15分。国道310号線沿いにある「竹麺亭」が目的地です。

 店は大阪狭山市の端にあるのですが、そのせいで滝谷駅からの道のりは3つの市を通過します。駅は富田林市、国道にぶつかる郵便局前の交差点のあたりが河内長野市。そこから300メートルほど国道を北上すると大阪狭山市といった感じです。

▲富田林市のマンホール(左)と河内長野市のマンホール

 なのでマンホールも3種類が見られます。大阪狭山市のものは撮り忘れたのですが、最近は自治体ごとに特徴を出したマンホールがあって、結構面白いですよね。

▲店舗外観

 そんなこんなで店に到着。店内は入って正面に厨房とカウンター席、そこから左手に奥に向かい、テーブル席が並ぶレイアウトです。開店から5年ほど経つようですが、外観・内装ともにきれいです。午後1時前の訪問でしたが、先客は3人ほどでした。メニューは「魚介醤油つけ麺」の他、「塩ラーメン」、「醤油ラーメン」など。特徴的なものとして「鶏塩トマトつけ麺」というものもありましたが、1人での訪問では手は出せません。無難に「1番人気」と記されていた「魚介醤油つけ麺」を頼み、「明太子丼」もお願いしました。

▲魚介醤油つけ麺(800円)

 麺は茹で時間約10分の極太麺で、しっかり〆られてコシの出たもの。チャーシューは赤みの残るレアチャーシュー。他に海苔と、彩り程度のネギが添えられます。麺は200、250、300gが同じ値段で注文できます。

▲つけ汁

 つけ汁は写真の通り麺に絡みつく濃さ。魚介と動物系の風味がよく合っていますが、香りは魚介が強い印象。甘さとともに酸味も感じられるつけ汁で、しっかりとした太麺をズルズルと食べていきました。

▲明太子丼(300円)

 一緒に頼んだ「明太子丼」は、ごはんに白ゴマと刻み海苔、そしてたっぷりの明太子を載せた名前通りの一品。つけ麺300gと一緒に食べると、結構なボリュームでした。

 なかなか来れない場所ですが、次回は「醤油ラーメン」なども食べたいですね。ごちそうさま!

 竹麺亭
 大阪府大阪狭山市東茱萸木4丁目2115-1 地図
 072-367-4900
 11:30~14:00、18:00~23:30 火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

テラダ商店 NIEVANA(2月限定)

▲店舗入り口

 阪急園田駅すぐ近くの「テラダ商店」へ行って来ました。夜は居酒屋としてのテイストも強いこの店、前回訪問時はその雰囲気に流されて「つけ麺」の他、「水餃子」や「もろきゅう」といった一品モノも頼んでしまいました。しかし、それが安くて美味く、次は友達を連れて行きたいなぁという言葉で〆たわけですが、今回も会社帰りに1人です(笑)。

 今回のお目当ては、前記事の「みつか坊主」と同じく「Smile for MISO」イベントの限定メニュー。メニュー名は「NIEVANA」です。なんでも日によって入った素材を使うらしく、値段もそれによって変動するとのこと。

▲NIEVANA(900円)

 今回は900円という価格設定。甘みのある味噌スープには、ざく切りキャベツとシナチク、もやしがたっぷり入り、そこに豚バラ肉も混ざります。バラ肉は結構厚さがあり、チャーシューではなく野菜と一緒に炒め、最後に味噌スープに混ぜ煮込んだようです。しっかりとした肉の食感が、糸唐辛子から染み出た辛さで程よい刺激も加味した味噌スープと、よくマッチしていました。

▲麺と豚バラ肉

 味が染みつつ、同時にシャキシャキとした食感も残すキャベツともやし、シナチクも良かったです。麺は太縮れ麺で、全体のボリュームはかなりありました。

 支払い時に「他にはどんなバリエーションがあるんですか?」と尋ねると、「牡蠣とか考えてます」との答え。味噌と牡蠣、これはベストな組み合わせです。ごちそうさま!

 テラダ商店
 兵庫県尼崎市東園田町5-111-6 地図
 06-6493-9280
 11:45~14:00、17:45~23:00 火曜定休、水曜ランチのみ定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

味噌ラーメン専門 みつか坊主 北海道風味噌らーめん(2月限定)

▲店舗外観

 豊中市蛍池の味噌ラーメン専門店「みつか坊主」で、2月限定メニューを食べて来ました。今月は尼崎や伊丹、西宮のほか、神戸や明石までを含む東兵庫の有名店・気鋭店が「味噌」をテーマに限定ラーメンを作る「SMILE for MISO」を開催しているのです。「みつか坊主」はギリギリ大阪府という場所なのですが、友情出演ということでイベントに参加。そのメニューの「北海道風味噌らーめん」を頂いてきました。

 訪れたのは提供初日の午後8時ごろ。すんなり入れたのはラッキーで、直後に外待ち客が並び始めました。いつもこのように混雑しているのですが、この度隣の店舗まで壁を抜いて、ほぼ倍の広さにするための工事を始めていました(そのため2月後半は2週間ほど閉店)。壁に向かったカウンター席に座り、まだ限定が残っていることを確認して注文です。

▲北海道風味噌らーめん(950円)

 味噌ラーメンと言えば、一般的には北海道・札幌を思い浮かべますが、今はさまざまな店が独自のアレンジを加えた味噌ラーメンを作っているため、逆に「これぞ北海道の!」と呼べるものを食べていない気がします。そんな中で、関西随一の味噌ラーメン専門店である「みつか坊主」が、敢えてタイトルに冠した「北海道」は、とても興味をそそりますね。

 まずはスープを一口。味噌の味わいはもちろんですが、どんな味噌なのかと問われれば「コレ」と言えないのは、他のラインナップと同様にブレンドをしているからでしょうか。より甘みを感じるのは、キャベツやもやしといった野菜がふんだんに含まれているから。炒めたものを後から入れているのか、少し一緒に煮込んでいるのかな。ともあれじんわりだけと、しっかりインパクトも与える絶品スープです。

 具材は他に白髪ネギと、その下に隠れた肉味噌。結構量があります。そして角煮風のチャーシューもスープの中に入っていました。

▲角煮チャーシューと麺

 麺は太麺を使用。「みつか坊主」の定番では極細麺も使用しているのですが、一般的なイメージでいうところの北海道味噌ラーメンは、やっぱり太麺。ツルツルという喉越しとともに、ワシッとした食感(擬音ばかりですいません)。しかしステレオタイプなものに収まっていないのは、やはりスープの出来がオリジナル且つレベルが高いからでしょう。

 「みつか坊主」はこうした限定の他、曜日替わりのメニューや、ブログで公開する裏メニューなど、意欲的な新メニュー開発を続けています。もちろんレギュラーメニューも美味しいのですが、行く度に限定モノを食べているので、なかなか原点回帰できないです。このあたりは京都の「拳ラーメン」とも同じ、嬉しい悲鳴ですね。店の拡大改装が終わった頃に、また訪れたいと思います。ごちそうさま!

 味噌ラーメン専門 みつか坊主
 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13 地図
 06-6850-3532
 平日18:30~25:30、土曜12:00~15:00、18:30~25:30、日曜12:00~21:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

拳ラーメン 汁なし担々麺&豚ドロつけ麺

▲店舗外観

 限定ラーメンを頻繁に出すので、週1で通うぐらいでは、なかなかレギュラーメニューを食べるのが難しい「拳ラーメン」。今回は久々に「汁なし担々麺」を食べて来ました。

 いつ以来かと振り返ると、昨年8月以来。ただ、この時はまだ突発限定メニューで、その後、確か9月からレギュラーメニュー入りしたのだったと思います。つまり、レギュラー入り後は初めて食べるということ。辛さは強めも可能なので、それでお願いいたしました。

▲汁なし担々麺(850円)

 辛さ増しで注文した場合に山盛りされる、唐辛子を中心としたスパイスが写真だけでも辛さを伝えてきます。

▲極太縮れ麺

 食べる前によく混ぜるのが和え麺の鉄則。辛さも旨味もまんべんなく行き渡るよう、念入りに混ぜていきます。先ほどのスパイスの他、砕いたナッツ、自家製ラー油、ざく切りネギ、玉ネギなどの具材も、タレにしっかり馴染ませていきました。

 麺を啜ると、辛いのが得意な僕にとっては非常にバランスの良い刺激と旨味が広がります。赤い唐辛子よりも、より強く刺激を与えるのはやっぱり花椒(ホアジャン=中国山椒)。そこに自家製ラー油の風味が加わり、ネギや玉ネギのシャッキリ食感が小気味よくやってきます。年末にはミュージシャンの奥田民生が京都でのライブを前にスタッフと訪れ、数あるメニューからこの「汁なし担々麺」をチョイス。最後まで食べ切り、美味いと言っていたそうです。

▲海苔飯(150円)

 セットの〆ごはんは「海苔飯」です。磯の香り漂うそれを、タレや具材が残った丼に入れ、麺の時と同じようによく混ぜます。ちなみに8月の突発限定の時は、「海苔飯」は同じでも、乗っているのは1枚の板海苔でした。

▲こちらもしっかり混ぜる

 ごはんの時は、よりマイルドな味わいになっています。米の方が甘みが出やすいからかな。
▲豚ドロつけ麺(900円)

 こちらは1月29日の突発限定メニュー「豚ドロつけ麺」です。

▲軟骨

 つけ汁の中にはトロトロにやわらかい豚軟骨が転がっており、食べ応えも十分です。〆ごはんは「豚チゲそぼろ丼」で、残ったつけ汁をピリ辛の豚そぼろ肉の乗ったごはんに混ぜると、豚肉の旨味たっぷりのスープとともに、そぼろ肉の食感が楽しめました。

▲テーブル席

 ちなみに「拳ラーメン」では年明けから、今まで中待ちスペースだった入り口左手のにテーブル席を設置しています。と言っても、4人がけのボックス席というわけではなく、大きなテーブルで基本的に相席を考えたもの。ただ、これで親子連れ客などは、より食べやすくはなったんじゃないでしょうか。三条御前時代から、ずっとカウンター越しに調理過程を見ながらワクワクしていたので、そっちの席に座るとどんな気持ちになるのか、また近いうちに座って確かめてみたいですね。ごちそうさま!

 拳ラーメン
 京都市下京区朱雀正会町1-16 地図
 075-351-3608
 11:30~14:30、18:00~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

手打ち麺 やす田 手打ちらあめん・塩&焼豚丼・小

▲店舗外観

 新大阪駅から程近い場所に昨年9月にオープンした「手打ち麺 やす田」へ行って来ました。こちらのお店は上新庄の人気店「天神旗」出身の方が店主をされているとのこと。期待を膨らませての訪問です。

 日曜日の午後の訪問ということもあり、店の周囲は人通りも車通りもまばら。すぐ近くに新幹線の駅があるのに、妙に閑散としているのは変な感じです。店は入って左手が厨房とカウンター席、右手にテーブル席という配列。縦に長く、割とゆったりとしたスペースです。ラーメンメニューは塩と醤油の2種類。つけ麺もやっていたようですが、今はラーメンに専念するため休止中とのことでした。今回は「塩」を選択し、サイドメニューの「焼豚丼・小」もお願いしました。

▲手打ちらあめん・塩(700円)

 澄んだスープが美しい「手打ちらあめん・塩」。斜めに刻んだ白ネギとともに、葉っぱのように添えられた青ネギが、見た目の美しさを演出しています。スープは宮崎地鶏に昆布、そして幾種類かの魚介素材を加味したもので、非常にあっさりとしていながらも、ハンパない出汁の風味を感じさせるものです。しみじみ美味いと唸らせるものですね。メニュー表に「イリコ」と添え書きされているので、その風味がもっとガツンと来るのかと思いましたが、僅かに振りかけられているそれは全体を邪魔しないアクセントの範囲で収まっており、バランスの良さを感じさせます。

▲平打ち麺

 自家製の平打ち麺は、軟らかさを感じるもの。加水率は50%とかなり高いらしいのですが、手打ち麺だとそのくらいにしないと打てないんでしょう。しかし、そんな多加水さを感じさせないコシがあり、喉ごしも良い麺となっています。

 トッピングは先述のネギの他、脂が程よく乗ったチャーシュー、薄味ながら極太で存在感を与えるシナチクがあります。全体的にシンプルなのですが、食べるうちに印象深さを与えていく一杯ですね。

▲焼豚丼・小(300円)

 「焼豚丼・小」はラーメンと同じ焼き豚にタレがかかったもので、普通の大きさのものと、細かく刻んだものがごはんの上に半々に乗せ、そこにネギとゴマをまぶしています。タレの味付けが濃い目ですが、これがあっさり系のラーメンスープとよく合いました。ごはんものは他に「カツオ飯」「昆布飯」とありましたが、どちらも良さげでしたよ。

 この日は友人と一緒に来ていたので、そっちが頼んだ「醤油」も一口食べているのですが、そちらは再訪した時に1杯しっかり味わって、改めてレポしたいと思います。ごちそうさま!

 手打ち麺 やす田
 大阪市東淀川区東中島1-21-2 新大阪ハイツ106号 地図
 06-6323-6628
 11:00~15:00、18:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺屋 えぐち 中華そば

▲店舗外観

 江坂にある行列の出来るラーメン店「麺屋えぐち」へ行って来ました。これまで仕事の途中で何度か前を通りかかっていたのですが、並んで食べるほどの時間的余裕がなく、今回は休日にしっかり並ぶ覚悟で訪問。日曜日の午後1時過ぎにやって来たのですが、この日は殆ど外待ちなし。15分ほどは待ちましたが、店を出た時には外待ち0人という状態でした(なので外観写真もしっかり撮れました)。

 店内は入った左手が厨房とカウンター席。右手に基本相席のテーブル席が1卓と小ぢんまりしたもの。メニューは「中華そば」と「つけそば」の2種類。今回は「中華そば」を頼みました。

▲中華そば(650円)

 シンプルなルックスは、まさに「中華そば」といったもの。スープは地鶏と魚介に昆布を効かせた清湯で、あっさり風味たげれどもコクが深い。じんわり染みる味わいに、しばしレンゲでスープだけをすくってしまいます。気が付くと3割くらいはそうやって飲んでいたような。本当に美味いスープでした。

▲細縮れ麺

 麺はやや縮れの入った細麺で、スープをよく吸った刻み白ネギと絡めて食べるのが美味しかったです。トッピングはチャーシュー、海苔、シナチクとシンプル。脂が程よく乗ったチャーシューは、見た目よりも食べごたえがありました。

 ガツンと来る分かりやすいパンチではなく、じんわり美味さに浸るという一杯。こうしたラーメンで行列が出来るというのは、作る店主さんはもちろんですが、常連さんもラーメンが本当に好きな人が多いんだろうなと思いました。ごちそうさま!

 麺屋 えぐち
 大阪府吹田市江坂町1-4-20 地図
 06-6338-0077
 平日11:00~15:00、18:00~23:00(日曜22時まで、売切れ次第終了) 月曜定休(祝日の場合は営業し、翌火曜休み)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

蕎麦見世のあみ 鴨南蛮

▲店舗外観

 池田駅前の「蕎麦見世のあみ」へ行って来ました。前回訪問は9月初旬でまだ暑く、辛みのある蕪おろしが美味しい「くれつぼおろしそば」を頂きましたが、今回は温かいものをと「鴨南蛮」を頂きました。

▲鴨南蛮(1200円)

 丼には脂の乗った鴨肉が5枚と、炙った太ネギが乗り、ビジュアルから美味しさがビンビン伝わってきます。出汁は旨味が強く、喉を通れば体がほっと温まってきます。単純に汁の温度で温まるのではなく、美味しさが体の中に染み渡って温まる感じですね。

 そういえば知人から聞いたのですが、「鴨南蛮」の「南蛮」というのは、元々大阪の「難波」が語源らしいです。その昔、難波はネギと鴨の産地であったことからきているとか。てっきり南蛮渡来のメニューから派生した食べ物だからと思っていましたが、そんなルーツがあるんですね。

▲鴨肉と太蕎麦

 蕎麦は細と太が選べますが、今回は太蕎麦で頼みました。前回の細蕎麦でも風味はしっかり味わえましたが、太蕎麦の場合は噛んだ食感と、そこから染み出す蕎麦の香りが、また違う印象を与えてくれますね。僕の好みとしては、ざるそばは細蕎麦、汁そばは太蕎麦がいいと思うのですが、どうでしょう。

 この時は1階のテーブル席で食べていたのですが、見せてもらった2階席は雰囲気の良い座敷席となっており、蕎麦打ちをする部屋もありました。今度はそっちでも食べてみたいですね。ごちそうさま!

 蕎麦見世のあみ
 大阪府池田市菅原町6-7 地図
 072-751-1429
 11:30~15:00、17:30~22:00(L.O.21:30) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

アロイスキタイ カオマンガイ

▲店舗外観

 豊中駅前のタイ料理店「アロイスキタイ」へ行って来ました。前回訪問は昨年4月なので、思っていたより間が空いてしまいましたね。お得なランチメニューは、曜日替わりのものもあって迷うのですが、今回は福島の「チョウク」「SweetBasil」などでも食べている、定番のタイ料理「カオマンガイ」を頂きました。

▲カオマンガイ(スープ、サラダとセットで750円)

 しばし待って出てきたセットからは、鶏のよい香りが漂ってきました。山盛りされたライスが鶏出汁で炊かれているため、そちらから食欲をそそる香りが出ています。

 つけるソースはかなりニンニクが効いたピリ辛のもので、これが淡白な蒸し鶏とベストマッチ。よく出汁の味が染み込んだ長粒種のライスとも抜群の相性を見せ、食べだしたら止まりません。

▲ソースとキュウリを添えて

 ニンニクが強いため、この後に人に会う予定がある人は気をつけないといけませんが、味は本当に素晴らしいです。ライスは元々ボリュームがあるのですが、おかわりしたいと強く思いました。

▲セットのスープとサラダ

 スープは大根と豆腐が入った、でも魚醤の香りと甘みのあるもの。サラダも付いて750円という値段は、コスパ高めと言って問題ありません。

 もっと頻繁に足を運んで、他のメニューも順番に制覇していきたいですね。ごちそうさま!

 AROI SUKI THAI(アロイスキタイ)
 大阪府豊中市本町2-1-2 地図
 06-6858-6388
 11:30~14:00、17:00~23:30 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

台湾ラーメン 味仙 炸醤麺

▲店舗外観

 「自由軒」で「名物カレー」を食べた後、やっぱりそれだけでは物足りないということで向かったのは、そこから心斎橋方面へ10分ほど歩いた先の台湾ラーメン「味仙」です。店舗を近くで撮影すると上写真のようになるのですが、そこには狭い路地に入らねばならず、その入り口は一見ではなかなか入りづらい雰囲気です。

▲店へと続く路地

 看板は分かりやすいので路地自体はすぐに見付かりますけどね。店内は若干のテーブル席と、厨房を囲む形でカウンター席が並びます。訪れたのは午後7時前と、この界隈ではまだ混み合う時間ではないため客は僕1人。店員さんも餃子作りに精を出しているところでした。

 ラーメンメニューは看板通り台湾ラーメンのみ。辛さによって「台湾麺」<「担仔麺(タンツーメン)」<「炸醤麺(ザーチャンメン)」<「四川麺」の4種類が選べ、今回は3段階目の「炸醤麺」を頼みました。

▲炸醤麺(750円)

 丼の真ん中に盛られた辛いミンチ肉の量で辛さは変わってくるようです。その他のトッピングは燻製卵、そしてネギの代わりに刻んだセロリが特徴的です。スープ自体は鶏ガラのあっさりしたもの。そこにミンチ肉が混ざり、時にむせてしまうような辛さを与えてくれます。ただ、唐辛子系の辛さなので、後に引くタイプの辛さではありません。以前には一番辛い「四川麺」も頂きましたが、激辛でスープが飲めないというほどではなかったです。

▲細ストレート麺

 麺は台湾から仕入れているという細ストレート麺。ボリュームは全体として控えめなので、辛さの好みを調整しつつ飲んだ後に食べるという客が多いのだと思います。

 今は「なんばこめじるし」にも出店しているようですね。夏限定のピーナッツ味噌を使った「涼麺」はまだ食べたことがないので、いずれそれを目当てに再訪してみたいです。ごちそうさま!

 台湾ラーメン 味仙
 大阪市中央区心斎橋筋2-6-19 地図
 06-6212-5060
 18:00~29:00、日祝12:00~26:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

自由軒 難波本店 名物カレー

▲店舗外観

 数ある大阪名物の中で、実は未だに食べたことがなかったのが自由軒のカレーでした。難波には何度も行ってるし、店の前も何度も通っているのに、あまりにも有名すぎて逆に食べる機会を逸してしまっていたのですが、先日ようやく本店の暖簾をくぐりました。

 店は外観からしてレトロな雰囲気ですが、中に入るともっとレトロ。食堂にしては高い天井、壁には各種メニュー札やポスター、装飾品も歴史を感じさせますが、最近よくある「レトロ風を意識した内装」ではなく、確固たる歴史を醸し出しているように感じました。店の創業は明治43(1910)年で、創業当時の建物は空襲で焼失し、現在の建物は昭和42(1967)年に建てられたものだそうですが、それでも45年の歴史があるわけですから雰囲気があるのも当然ですね。

▲店内のメニュー札

 自由軒と言えば、作家・織田作之助が毎日のように食べ、「夫婦善哉」の中でも主人公が食べていた「玉子入りのライスカレー(現在のメニュー名は名物カレー)」が有名ですが、大阪初の洋食店ということで、洋食メニューも充実しています。ステーキ、ハンバーグ、ミンチカツ、オムレツ、エビフライ、ビフカツなど、ほぼ洋食のスタンダードメニューはそろっているでしょう。ほぼ満席だった店内は、半分が「名物カレー」を食べていましたが、もう半分は様々な洋食メニューを食べていました。とはいえ初訪問。頼んだのはやっぱり「名物カレー」です。

▲名物カレー(650円)

 ルックスはこれまでもテレビや雑誌でさんざん見ていましたが、実物が運ばれてくると思っていた以上にスパイシーな香りで驚きました。明治から伝わるカレーだから、もっと控えめなものだと思っていたんですけどね。もっとも、これは“思っていたよりも”という主観的な印象で、今ある普通のカレーと比べたら、刺激は控えめだと思います。

 ごはんとルーが最初から混ぜ合わされており、その中に細かく刻まれた玉ネギや牛肉も垣間見えます。真ん中に落とされた卵は、最初は避けつつ食べ、途中で崩して黄身のまろやかさを加味して食べていきました。まったりとした口当たりと、適度なスパイシー感は独特で、確かに他にない味わい。さらにテーブルのウスターソースをひとかけして食べると、コクが出て美味しくなりました。

▲卵とウスターソースも混ぜ合わせて

 量的にはやや控えめではありますが、650円という値段は決して高くなく、庶民の洋食屋という看板に偽りはありません。カレー自体が珍しかった頃、これにハマッた織田作之助の気持ちはよくわかります。このスパイシー感はやみつきになりますね。

 こうなると、他の洋食メニューも食べてみたくなりますね。ごちそうさま!

 自由軒 難波本店
 大阪市中央区難波3-1-34 地図
 06-6631-5564
 11:20~21:20 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

natural udon 凛 Rin かしわ天カレーうどん+たまごごはんセット

▲南海高野線沢ノ町駅

 仕事で住吉区まで行ってきました。梅田からだとJR環状線で新今宮まで行き、そこから南海に乗り換えるのが一番早いし、運賃も安いみたいです。南海電車なんて殆ど乗ったことがなかったんで、大阪市内とはいえちょっとした旅行気分。目的地の住吉区役所最寄の沢ノ町駅まで普通電車で向かいました。

▲店舗外観

 仕事のアポイントまで少し時間があったので(このあたりで昼飯を食べようと調整した結果ですが)、住吉区役所の向かいにある「natural udon 凛 Rin」へ。U字型のカウンター席のみの店内は、ランチタイム真っ盛りでほぼ満席。丁度入れ替わりで席に座ることが出来ましたが、かなり人気店のようです。客層は割と年齢層が高めで、近所の人の憩いの場所にもなっているようです。

 メニューはかけうどん、ぶっかけうどんがトッピングごとにあり、その他にはカレーうどんがありました。迷った末に頼んだのは、「かしわ天カレーうどん」。そこに「たまごごはん」を付けたセットです。

▲かしわ天カレーうどん(単品980円)

 余り待たずにやって来た「かしわ天カレーうどん」は、思っていたビジュアルとはだいぶ違うものでした。丼いっぱいに浸されたカレーの上には、カレーとは別に煮たか蒸したと思われる大きなジャガイモと人参、ブロッコリーが乗せられています。その横には鶏かしわ天と紫蘇天がありますが、イメージとしては洋風カレーというか、洋風カレーうどんですね。

 カレーの中には玉ネギと牛肉も入っていますが、それは一緒に煮込まれたもので、大きさも普通です。辛さはほどほどで、出汁を使った和風カレールーというよりも、トロミのあるカレーをうどんとうまく絡めた感じです。

▲うどん

 うどんはモッチリとした食感で伸びがあります。食感はどちらかと言うと軟らかめ。かしわ天はサクサクの衣の中に、淡白なかしわ肉が入っており、カレーの濃い味とよく合います。ただ、もう少しあっさりとした味で食べるのも美味しいと思うので、次回はぶっかれなどで味わってみたいですね。

▲たまごごはん(カレーうどんとセットで1180円)

 セットの「たまごごはん」は、色合い弾力ともに申し分のない卵かけごはん。とっても濃厚で、カウンターに置かれている卵かけごはん専用の醤油を少し垂らして、絶品の味を楽しみました。カウンターにはハバネロを使ったという、ピリ辛の卵かけごはん専用醤油もあり、それも使ってみましたが、特に辛いということはありませんでした。

 住吉区自体に来ることが稀なのでいつになるかわかりませんが、次回は普通のうどんを食べてみたいですね。ごちそうさま!

 natural udon 凛 Rin
 大阪市住吉区沢之町1-2-4 地図
 06-7850-7830
 11:00~15:00 日祝定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

自家製健康さぬきうどん 六蓮庵 きつねうどん&海老天かき揚げ丼

▲店舗外観

 阪急石橋駅から国道176号線沿いを池田方面へ歩いたところに、新しいうどん屋がオープンしました。その名も「六蓮庵」と書いて「ろはすあん」と呼ぶ店は、緑色の看板が目立つ、およそうどん屋とは思えないデザインです。最初、タイ式マッサージとかアロマテラピーとか、それ系の店かと思ってスルーしちゃいましたからね。

 店へは左側の扉から入ります。注文はセルフ方式とのことですが、正式オープン直後に訪問したせいかオペレーションがまだうまく回っておらず、なかなか大変そう。メニューは「かけうどん」と「ぶっかけうどん」に大別され、後はトッピングの違いなど。今回は「かけうどん」のきつねを頼んだところ、汁のないうどんが出て来ました。「あれ、かけうどんを頼んだんですが」と尋ねると、出汁は横の給湯器から自分で注ぐ方式でした。「わかりにくいですかね?」と聞かれたので「わかりませんねぇ」と答えると、「色々勉強しながら変えていきます」と真摯な答えに、好感を持ちました。ちなみに天かす、ネギ、生姜などもセルフでかけます。

▲きつねうどん(480円)

 「きつねうどん」はごく普通のもの……ではありません。照明が黄色いので分かりにくいかもしれませんが、うどんが緑色をしています。これはモリンガという栄養素満点の植物を練りこんだものだそうで、それがこの店の売り。モリンガそのものは苦くて食べられたものではないそうですが、何度も作り直して麺を完成させたそうです。モリンガについての詳しい説明は、店に色々と貼ってあるので参照してください。

▲緑色のうどん

 栄養素はともあれ味の方は、小麦の香りも漂う麺で美味しいです。ただ、モリンガを混ぜたせいなのか、さぬきうどんらしいコシと艶はやや弱い印象です。今回のように温かい出汁とともに食べるうどんなら全く問題ないですが、ぶっかけのようなコシツヤ命のメニューだと、ちょっとインパクトに欠けるかもと思いました。

▲海老天かき揚げ丼(380円)

 一緒に頼んだ「海老天かき揚げ丼」です。プリプリの海老に玉ネギ、水菜が一緒に揚げられています。サクサク食感に、甘い出汁がごはんに浸透して美味しかったですね。やや汁だくなのも好みです。こちらはうどんと一緒に頼むと100円引きになるので有難いです。

 まだオープン仕立てということで、色々と気になる点はありましたが、コンセプトも含めて頑張ってほしいところ。朝7時からやっているのも、近くの人には嬉しいですね。3月からは釜揚げメニューも始まるらしいので、また試してみたいと思います。ごちそうさま!

 自家製健康さぬきうどん 六蓮庵
 大阪府池田市石橋2-4-2 地図
 070-5046-4186
 7:00~10:00、11:00~14:00、18:00~21:00(日曜17:00~20:00) 3月から水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 大阪福島店 広島つけ麺・並・5辛

▲店舗外観

 地方発のB級グルメも今では大きなジャンルとなっていますが、そんな中の1つ「広島つけ麺」の店が環状線福島駅近くに新規オープンしたと聞き、仕事帰りに行ってみました。

 場所は福島駅のすぐ南、ホテル阪神の地下食堂街「ラグザスクエア」の一角。12月20日にオープンしたところだそうです。店内はカウンター席、テーブル席がゆったりと並び、明るい雰囲気です。訪れたのは平日の午後7時前でしたが、先客はサラリーマンらしい2人組だけでした。

 メニューは看板メニューの「つけ麺」の他、普通のラーメンもありますが、初訪問なので素直につけ麺を注文。広島つけ麺はつけ汁が辛いのが特徴で、その強度は自分で選べます。店員さんに「辛いのが得意なら5辛くらいがいいですよ」と言うので、それでお願いしました。トッピングも色々とあり、今回は刻み海苔を増量しました。

▲広島つけ麺・並・5辛(780円)+刻み海苔増し(50円)

 つけ麺なので時間がかかるかなと思ってましたが、意外なほど早く到着。理由は単純に、麺が細いから。中細ストレート麺を使っているので茹で時間が短いわけです。そして麺の上には、チャーシュー、半熟卵、白髪ネギ、刻みキュウリ、茹でキャベツ、刻み海苔がこんもりと盛られています。海苔は増量したとはいえ、他はデフォルトなので、トッピングのボリューム感が目立ちます。

▲真っ赤なつけ汁

 つけ汁は真っ赤なスープにすりゴマがかけられたもので、冷たいのがデフォ。温かいのもあるようなので、それは次回以降ですね。すりゴマは最初からたっぷりかけられていますが、カウンターの上には自由にかけてもらうためのゴマが山盛りとなっており、途中で追加していく形となっています。

 トッピングとともに麺をつけ汁に浸して食べると、なるほど辛いです。そして酸味と甘みもやって来ます。辛さはつけ汁が冷たいので一気に来ることはなく食べやすいですが、じんわりとやって来て後で額に汗が出るほどでした。イメージとしてはピリ辛の冷やし中華を、つけ麺っぽく食べているという感じですが、豊富なトッピングと適度な刺激で最後まで美味しくいただけました。

▲ゴマがたくさんで麺に絡むつけ汁

 ボリュームから考えるとコスパも悪くなく、若い店員さんの愛想もよいので全体として好印象。しかし、何が悪いといえば、やっぱり立地でしょうね。もともとラグザの地下は夜の客単価が高い店が多く(つまりは酒を飲むお店)、ラーメンで勝負するには向かない場所。福島駅から徒歩1分ではあるのですが、地上に派手な看板はないし、ここに店があることを知ってもらうには苦労があると思います。駅前の地上にあれば、ラーメン激戦区の福島駅界隈でも他にないジャンルとして流行ったと思うんですけどね。

 辛いのが好きな僕は、また違ったメニューも食べに足を運びますが、なんとか頑張ってほしいものです。ごちそうさま!

 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 大阪福島店
 大阪市福島区福島5-6-16 ラグザスクエア地下1階 地図
 06-6345-6620
 11:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

懐かしの車両たちに出会える リニア・鉄道館

▲リニア・鉄道館。背景の橋は伊勢湾岸自動車道の名港トリトン

 名古屋の中心で天一を食べた後に向かったのは、JR東海が昨年オープンした港区の「リニア・鉄道館」です。名古屋駅から名古屋臨海高速鉄道(通称あおなみ線)に乗り、終点の金城ふ頭駅を降りてすぐの場所にあります。

 別に鉄道ファンというわけでもないのですが、名古屋に出来た新名所ということで、せっかく来たので1度行きたいと思った次第。入場料金は大人1000円で、JRらしくICOCAでも買うことが出来ました。案内に従って館内を進むと、広い室内に本物のSLや新幹線の車両が展示されていました。最初の部屋は映像を流しながら紹介されていてフラッシュ撮影禁止だったためいい写真が撮れませんでしたが、さらに多くの車両が展示された隣の部屋では、懐かしい車両もたくさん撮ることが出来ました。

▲新幹線と言えば0系の世代です

 歴代の新幹線が並ぶエリアでは、何と言っても初代の0系でしょう。もう現役を退いてだいぶ経ちますが、未だに僕の中での新幹線と言えばこの丸い頭が思い浮かびます。

▲100系新幹線にもあこがれた

 確か小学5年生の時にデビューした、2階建て車両もあった後継車両の100系新幹線。やや先鋭的なデザインとなったものの、カラーリングはそのままなので、これもまた僕の中では新幹線です。

▲初代のぞみ車両の300系

 隣にあったのが初代のぞみ車両となった300系。ここからは新幹線というイメージから離れるんですよね。カラーリングもそうなんだけど、なんだかロボットっぽくなってしまったというか。今、帰省したりするのに乗るのはこの型ばかりなんですが、それは高速鉄道であっても、子供の頃に憧れた新幹線とは、ちょっと違うんですよね。

▲東海道線を中心に走る車両

 緑とオレンジのツートンカラーが鮮やかな在来線車両クハ111系。静岡に住んでた頃はこればっかりでしたね。色が色なので、茶とミカンが特産の静岡をイメージしたものとばかり思ってましたが、初めて東京へ行った時にそっちでも普通に走っててがっかりした思い出が。

▲関西圏で走っていた新快速電車

 僕が学生時代にはまだ普通に走っていた新快速車両117系。こちらは外に展示されていました。

▲貴婦人C57

 「貴婦人」の愛称で親しまれたC57。これは第139号機だそうです。

▲車内の様子

 車両の殆どは、中に入ることも出来ます。座席に座ることは出来ませんが、昔のまま残された風情ある車両が、懐かしさと旅情を与えてくれます。

 館内は車両の見学だけでなく、大画面鉄道シミュレーターや鉄道の歴史を紹介する展示など、様々なコーナーがあります。目玉はやはりシミュレーターなのですが、日曜日ということもあって館内の9割は家族連れ。そして並んでいるのは小学生以下の子どもたちばかり。いい大人がそこに1時間以上並び続けるのは、ちょっと勇気というか、それ以外の何かを捨てないといけない感じです。ラーメン屋なら2時間とかでも並ぶんだけどね。

 もう1つの目玉は世界最大級という鉄道ジオラマ。東京から大阪までを模した風景が、視界一杯に広がっています。

▲世界最大級の鉄道ジオラマ

 約20分間で昼と夜、鉄道の24時間を表すものなのですが、こちらも結構な行列。ちゃんと並んだ人とは別に、後ろから人垣越しに覗き見ることは可能だったのですが、まあ、ハッキリ言ってよくわかりませんね。堪能したければ、平日にでも来ないとダメみたいです。

▲歴史紹介コーナーのミニジオラマ

 2階の歴史コーナーには、それぞれの時代を表すミニジオラマもあります(鉄道模型は走ってないです)。建物なども細かいところまで再現されていますが、行き交う人々の仕草が見ていて飽きません。どんな人生模様が、鉄道を介して起きたんでしょうね。

 もう少しゆっくり見たかったのですが、夕方以降に大阪で用事があったため、滞在時間は1時間半ほどと駆け足での見学となってしまいました。また今度、平日に来てゆっくりと見学したいものです。

 リニア・鉄道館
 名古屋市港区金城ふ頭3丁目2-2 地図
 050-3772-3910
 入場料 大人1000円、小中高生500円、3歳以上幼児200円
 10:00~17:30(入場17時まで) 火曜休館(祝日の場合は翌日休、春休み・夏休みなどは火曜日も開館)、年末年始休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

天下一品 名古屋栄店 こってりラーメン・豚丼セット

▲店舗外観

 名古屋市の中心街・栄に一昨年オープンした「天下一品 名古屋栄店」へ行って来ました。名古屋の天一は「上前津店」「熱田店」に続いて3店舗目の紹介となります。そもそもどうして名古屋に行ったのかと言えば、前記2店の時と同じく、静岡の友人と熱田神宮へ初詣に行ったため。京都と静岡のちょうど真ん中あたりということで、毎年名古屋で落ち合っているわけです。そして静岡に住む友人も学生時代は関西にいたことから、この集まりでは懐かしの「天下一品」を楽しむことも多いんですね。グルメブロガー的には、もっと他に候補店もあるんですが、静岡には日常的に天一がないので(県内に1店舗のみ)、たまの楽しみとして食べていると。

 というわけで名古屋市の中心部にある店舗に行ってきたわけですが、この日は日曜日ということもあって街に人影はまばら。しかし店内は待ち時間が出るほど盛況でした。入って右手に厨房越しのカウンター席もあるのですが、広い店内の殆どは4人がけ以上のテーブル席で、客層も親子連れが多数。僕らは運良く待たずに座れましたが、昼時でもあったのでその後は5~10人が常に外待ちしている状態でした。

 メニューは定食などでオリジナルのものが多く、スープも「こってり」「あっさり」の他、ブレンドされた「こっさり」に、「ピリ辛」と「みそ」もありました。名古屋なら「みそ」もアリかと思いましたが、頼んだのは通常通り「こってり」。それに「豚丼」がついたセットを頼みました。

▲フリートッピング

 こちらの店は、自由に取れるトッピングバーがあります。辛ニラ、もやし、ネギ、高菜に、キャベツ、大学芋と豊富なラインナップ。京都の「竹田店」などでお馴染みの形式ですが、どうやらそこと同じ系列のフランチャイズとのことでした。

▲こってりラーメン(700円)

 「こってりラーメン」は、なかなかに濃度の高いスープ。「竹田店」と比べても遜色ないと思います。並が1杯700円というのは、場所を考えたら仕方ないところですが、フリートッピングやセットメニューも含めればコスパは悪くないでしょう。チャーシューは薄切りながら2枚あり、そのあたりのサービスも良いと思います。

▲豚丼(単品500円、ラーメンとセットで990円)

 セットの豚丼は想像とは随分違うものでした。当初は刻みチャーシューにネギと甘ダレをまぶした程度のものと思っていましたが(普通にラーメン屋で出てくるチャーシュー丼はそんな感じ)、しっかり炙った薄切り豚肉を多数載せ、ニンニクの芽も添えたもので、ボリュームもあり丼としてしっかり完成しています。さすが単品で500円というだけありますね。少し味が濃いのは名古屋仕様なのかわかりませんが、フリートッピングのキャベツを混ぜると、丁度良い味わいとなり美味しかったです。

 全てのテーブル席には小さいテレビが設置され、テレビ番組「アメトーク」の「天一芸人」の回がエンドレスで流されていました。正直、しつこい気はするのですが、それも演出なんでしょうね。店員さんは皆元気と愛想がよく、人気店となる理由はよくわかりました。遠出した時に何か店を探すと、「ここまで来て天一というのもなぁ」という思いは過ぎりますが、ここならまた訪れたいですね。ごちそうさま!

 天下一品 名古屋栄店
 名古屋市中区栄3-11-7 ベンツリービル1階 地図
 052-262-1335
 日・月~木11:00~27:00、金・土11:00~29:00(翌朝5時) 元旦のみ休み

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん 川當(かわとう) ネギらーめん&天津飯&エビマヨ

▲店舗外観

 箕面市の国道171号線沿いにあるラーメン店「川當」へ行って来ました。電車で行く場合は阪急箕面線桜井駅が近いですね。徒歩数分といったところ。ここでの紹介は昨年5月以来となります。

 店舗写真は昼間ですが、訪れたのは平日の午後7時前。カウンター席に座って頼んだのは「ネギらーめん」です。

▲ネギらーめん(750円)

 緑色の刻みネギとともに、白髪ネギが山盛り盛られていますが、最後の仕上げでその白髪ネギに油が注がれ、出てきた時はとても香ばしい匂いが立ち込めています。

▲麺とチャーシュー

 ネギの下には短冊状、と言うには随分と大きいチャーシューがたくさん転がっていました。こちらのチャーシュー、軟らかいながらも肉の食感をしっかり味わえるもので、個人的に好みの味です。聞けば、鹿児島県沖永良部島出身の店主さんが、そこの黒糖焼酎「まぁさん」を隠し味にして仕込んでいるとのこと。これで独特のコクが出ているんですね。

 麺は細ストレートで、ネギの風味をたっぷり絡めて美味しく頂きました。

▲天津飯・ハーフ(350円)

 この日はサイドメニューも注文しました。まずは「天津飯」。ハーフサイズなのですが、結構なボリュームです。あんかけは優しい味わいでたっぷりあり、卵の軟らかさも程よいものでした。

▲エビマヨ・ハーフ(450円)

 こちらはエビマヨのハーフ。こちらもハーフでもボリュームがあります。甘みの中に感じる酸味と、プリプリの海老の食感がたまりません。これをあてに先ほどの黒糖焼酎「まぁさん」をロックで頂きましたが、とても良い酒となりました。

 ラーメンメニューは季節限定のものもあり、中華メニューのラインナップも豊富なので、今後も色々と食べたいと思います。ごちそうさま!

 らーめん 川當(かわとう)
 大阪府箕面市桜井2-19-32 地図
 072-722-5135
 11:30~14:00、18:00~25:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

串カツ いな福 生ゆばカツカレーライス+大盛り

▲店舗外観

 五条御前を上がったところ、京都市立病院の東にある串カツ屋「いな福」へランチを食べに行って来ました。串カツがメインの居酒屋なので、ランチメニューもそれに合わせた「ヒレカツ定食」「カツ丼」などが中心ですが、そんな中で異彩を放ち、そして店の名物となっているのが「生ゆばカレーライス」。今回の目当てはこれです。

 暖簾をくぐると、2階まで吹き抜けとなった高い天井の店内が開放感を与えます。奥にも広く、入り口からするとかなり大きな店内で、U字型カウンター席で20以上は席数があるでしょう。真ん中あたりの席に座って「生ゆばカレーライス」を頼もうと思ったところで、それにカツをトッピングしたものが+170円であったのでお願いしました。さらに腹減りでもあったので、ごはんも大盛りでいきます。

▲生ゆばカツカレーライス(950円)+大盛り(100円)

 やってきた「生ゆばカツカレーライス」ですが、ずその量にびっくりです。上の写真でどれだけ伝わるかわかりませんが、右にあるセットのサラダの皿は、小皿ではなく普通の大きさです。鍋料理とかで野菜などを盛り付ける大きな皿、それくらいの大きさの中に、カツの乗った「生ゆばカレー」がなみなみと盛られているのです。

 量に圧倒されましたが、とりあえずカレーを食べていきます。湯葉はかなりたっぷり入っており、ふつうにスプーンですくえば必ず引っかかる程度。その他の具材は人参、大根、コンニャク、シメジ、タケノコなど。最後に刻みネギもかけられています。辛さはかなり控えめで、甘みというか、これは出汁の風味でしょうか。和風カレーという味わいです。似たようなものを挙げるなら、「肥後橋南蛮亭」の週替りカレーであった「根菜の和風キーマカレー」なんかが近いですね。そっちの方がよりスパイシーではありましたが。

▲湯葉以外の具材もたっぷり

 メイン具材の湯葉は、独特の締まった食感が和風カレーの風味とよく合っていました。カツはさすが専門店と言うべき、小気味の良いカラッとした衣の食感が美味しいものでした。ただ、カレーとの相性は普通以上ではないかな。もっとトロミが強く辛さもある欧風カレーこそが、カツカレーが真骨頂を発揮するのだと思います。ちなみに写真では小さく感じますが、それは皿の大きさの問題でそう見えているだけで、しっかり普通サイズはあります。

 さもあれサラダも付いてこのボリュームで1050円はいいコスパ。その他の定食メニューも魅力的で、串カツ3本が付いたワンコインランチなどもありますので、また食べに来たいですね。ごちそうさま!

 串カツ いな福
 京都市中京区御前松原下 地図
 075-311-2457
 昼は月~金11:30~14:00(祝日休み)、夜は火~日18:00~21:00

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん びし屋 豚骨醤油ラーメン・中セット(唐揚げとライス)

▲店舗外観

 「ハンバーグ一乗寺」ラーメン以外を堪能した前回、しかしやっぱりラーメンは食べないと物足りない。ということで向かったのが、12月10日にオープンしたばかりの新店「びし屋」です。場所は「天天有」と交差点を挟んだ斜向かい。少しだけ外待ちをした後に入店。入った正面に券売機があり、その左手からU字型カウンターが続きます。奥の方に1卓だけ4人がけテーブル席もありますね。

 メニューは「豚骨醤油ラーメン」のみ。正確にはそのチャーシューメンや、麺の量、唐揚げやごはんとのセットとあるのですが、ラーメンスープの種類としてはそれ1つのみです。今回は「豚骨醤油ラーメン・中」に唐揚げとライスがついたセットを頼みました。

 席に着いて食券を渡すと、ライスのサイズを聞かれました。貼り紙に「大・中・小ともに値段変わらず」とか書いてあったので、無難に「中で」とお願いしましたが、その直後に実は「大・中・並ともに値段変わらず」となっていること、つまり「中>並」であることに気付いて少し不安に。直前にハンバーグ食べてなければ何と言うこともないんですけどね。さらに唐揚げが同じ一乗寺の「高安」「亜喜英」並のボリュームだったら、挫けそうです。

▲豚骨醤油ラーメン・中(単品650円)

 やってきたラーメンは、見た目からも香りからも家系を連想させるものでした。スープは濃度の高い豚骨醤油。但し味はそれほど濃くはなく、トロミ加減も控えめです。トッピングはややレア感の残る大き目のチャーシューか2枚に、ホウレン草、白ネギ、海苔、キクラゲ。

▲極太麺はややウェーブ気味

 麺は家系らしい極太麺。中盛りを頼みましたが、ボリュームは結構あります。最後の方でスープの底に骨粉と思われる砂状のものが溜まっているほどに濃厚でしたが、あのザラッとした食感は賛否分かれるかな。屋号の最後が「屋」なので、家系とは違うのかもしれませんが、内容を見てもその亜流というか、直系のお店というわけではないのかもしれません。

▲唐揚げ。ラーメンとライスのセットで1000円

 唐揚げは普通の大きさで一安心。でも別に小さいわけでもありません。タレによく漬け込んであるのか、味が濃厚で美味しいです。仕上げに少し振りかけられた胡椒がいい刺激となっていますね。ごはんが進むおかずです。ちなみにごはん中盛りは、並よりは多いけどというサイズで、特に問題ありませんでした。しかし、これで調子に乗って次回大盛りを頼むと泣きをみるんだろうな。

 真新しい店で雰囲気も良く、また家系のラーメンが食べられる店が京都には少ないので(「紫蔵」も移転後は行けてないなぁ)、安定した人気を得るのではないでしょうか。ごちそうさま!

 らーめん びし屋
 京都市左京区一乗寺東杉ノ宮町18-1 地図
 075-701-2828

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ハンバーグ一乗寺 やわらかハンバーグ200gホワイトゴルゴンゾーラソース

▲店舗外観
 
一乗寺でラーメンを食べない勇気!

 わかる人だけわかれというネタですが、実際問題、京都のラーメン聖地・一乗寺までやって来て、ラーメン好きがラーメンを食べずに帰るというのは、結構難易度が高いことだと思います。しかし、美味しいラーメン屋さんが集まっている一乗寺は、それ以外のジャンルでも美味しい店が集まっている筈。その思いで今回訪れたのが、「ハンバーグ一乗寺」です。

 場所はラーメンストリートの真ん中、「高安」の近く。目立つ看板はありませんが、2階がカラオケ屋になっている建物の1階となります。連休の午後7時半頃に店に入りましたが、人気ラーメン店が行列を作る一方で、こちらはノーゲスト。と思ってたら、後から次々やって来て、テーブル席はいつの間にやら満席になっていました。

 テーブルは真ん中が鉄板となっています。表紙が木で出来ているメニューを見ると、ハンバーグの種類はかなり豊富。「やわらか」「豆腐」「牛タン」「チーズイン」などがあり、それらに「デミグラス」「トマト」「ねぎ塩」といったソースを合わせていきます。とにかく種類があって迷いましたが、今回は「やわらかハンバーグ」を200gで、ソースは「ホワイトゴルゴンゾーラ」でお願いしました。

▲鉄板に並ぶハンバーグ

 ハンバーグは注文後に作り始めます。厨房でペタペタと音を立てながら形作られていき、カウンター席の前の鉄板でじっくり焼かれます。同時に付け合せのもやしも軽くソテー。ソースも注文後に作り始め、それぞれ出来上がったところで、テーブル席の鉄板まで持ってきてもらえます。

 ソースは自分の加減でかけていきますが、それが鉄板でジュウジュウいう音が食欲をそそるので、僕は一気に全部かけてしまいました。

▲やわらかハンバーグ200gホワイトゴルゴンゾーラソース(1000円)

 ハンバーグは「やわらか」と言うだけあって、本当にやわかく、そしてジューシー。お好み焼きのコテみたいなもので切り分けていくのですが、箸でも簡単に切ることが出来ました。ちなみに友人は「牛タンハンバーグ」を食べていましたが、そちらと比べると食感はだいぶ違います。より肉らしい食感という意味では「牛タン」の方がいいですが、これはこれで絶妙なやわらかさがあり、美味しく頂きました。

 「ホワイトゴルゴンゾーラソース」は、パスタのカルボナーラをハンバーグと和えた感じです。胡椒が結構入っていて、その刺激がハンバーグに合っていました。もやしソテーとの相性はちょっと不思議な部分もありましたが、濃厚なソースで食べごたえも十分です。

▲ガーリックライス

 別注した「ガーリックライス」は、刻んだニンニクをたっぷり混ぜ込んで鉄板で炒めたごはんです。シンプルではありますが、ハンバーグの旨味とニンニクは、それこそ鉄板クラスの相性の良さ。本来は〆でスープがあり、それをかけて茶漬け風にして食べていくのですが、この日はスープ切れだったので、このまま食べるだけでした。その分通常600円を100円引きにはしてもらいましたが。

 200gのハンバーグはボリュームもあり、内容を考えればコスパは良いと思います。ただ、先にも書いたように注文後からハンバーグもソースも作り始めるので、客がいっ゜はいになると出て来るまでは時間がかかりそうです。待つ間に、漂う肉の香りで気持ちを高めていくのも悪くないとは思いますけどね。ごちそうさま!

 ハンバーグ一乗寺
 京都市左京区一乗寺西杉の宮町59 地図
 075-706-8639
 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:30(L.O.22:00) 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。