スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

北京料理 来夢来人 まっくろくろすけ(10月限定)

▲店の暖簾

 阪急岡町駅から岡町商店街のアーケードに入ってすぐのところにある「来夢来人」。10月はここの他、豊中や西宮など北摂地域のラーメン店8店が「わくわく和え麺ろ~ど」と題するイベントを行い、それぞれが一カ月限定の和え麺メニューを出しています。その一番手として訪れた「来夢来人」のメニュー名は、その名も「まっくろくろすけ」です。

    _ 、、 _
      <:::::::`!:ヽ      、 i r        /:レ:-::"レ..、
      !`:::::::::::::::::|  , ..::::':_:::::::_ ̄::`::...、  /::::::::::::::::::::フ
     ,->::::::::::::::::/o ':r " "/ !ヽ `ヽ、::::::ヽ {:::::::::::::::::::::::、フ
     `-、::::::_;:::,/O:/  _        ヽ:::::::8!:::::::::::::::::::::>
            l::|   _ヽ  、 /_   'i:::::::! ヽ-:;;;::-''"
            .i:| (・ ) ,  ( ・ )  |::::i
            | } ''_''_     _'' ''  !' Y  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            `!/`‐'‐`=='‐--'ヽ , ノ < まっくろくろすけ?
             ! ! r  ̄ v‐  ̄ ), ノ-、  \______
            /`ヽ=-ニニ-=-"   \
           ( ,   | Y_-゚-`_Y |     )

 叫んでるのは「隣のトトロ」のメイです。「まっくろくろすけ」は、とトロに出てくる小さな黒いほわほわというこモコモコというか、そんな感じの変な妖怪です。それはさておき、そんなメニュー名を付けた和え麺、どんなものなんでしょう。カウンター席に座り、早速注文してみました。

▲食べ方指南

 メニュー名がメニュー名なんで、それをそのまま言うのも気恥ずかしいものがありますが、貼り紙を指差して「これを1つ」とか言ったら、その時点で負けな気がします。なので滑舌よく「まっくろくろすけ1つ」と注文……したつもりが、なんとなく最後は声小さめになりました。

 テーブルには「美味しい召し上がり方♪♪」と書かれた紙があり、それを眺めつつ出来上がりを待ちました。

▲まっくろくろすけ(800円)

 見た目は冷やし中華っぽい印象で、どこも真っ黒なところはありません。しかし、指南書に書いてあった通り、タレは下の方にたまっており、それを混ぜていくととたんに麺も具材も真っ黒に染め上げられていきます。黒い色の元は黒胡麻。なので混ぜるうちに香ばしさがどんどん広がっていきます。

 具材は豪華。炙ったチャーシューが3枚に、カイワレ、春雨、刻みザーサイ、プチトマト。その横にはいい色をした卵黄が乗っています。トマトはちょっと横に避けておいて、それらをワッシワッシと混ぜ合わせていきました。

▲まっくろくろすけになりました♪

 麺は極太ストレート麺。おそらくつけ麺で使っているものと同じではないかと思います。なので食感はバッチリ、黒胡麻ベースで甘みを感じさせるメインのタレの中、卵黄のコクとまろやかさ、そして刻んだザーサイの適度な塩加減と歯ごたえが、見事に調和しています。「来夢来人」では初の和え麺ということでしたが、それでこの完成度は素晴らしいですね。

▲別皿提供の食べるラー油

 半分くらい食べ終えたところで、指南書の指示通り別皿提供の自家製「食べるラー油」を加えました。ニンニクの香ばしさはもちろんのこと、ラー油の辛味がさっきまでとは違う食べ物に進化させてくれます。1度で2度美味しい、このトッピングはいいですね。

 限定メニューは採算度外視で作っているとの事ですが、素材だけでなく、技術的な面も含めてその見事な心意気が伝わってくるメニューでした。ごちそうさま!

 北京料理 来夢来人
 大阪府豊中市中桜塚1-2-4 地図
 06-6852-1316
 11:00~15:00、17:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ヴィジェイジャムナ Cセット(トーフキーマカレー&チキンカレー)

▲店舗外観

 阪急蛍池駅前のインド料理店「ヴィジェイジャムナ」でランチを食べて来ました。場所は蛍池駅の東、国道176号線を挟んだ向かいで、信号とかに拘らず向かえば、駅の階段を下りて15秒くらいで到着します。まー、脇の信号をちゃんと渡っても3分かからないけどね。

 店内はインド料理店にしては、やけに明るい印象で、土曜日のお昼時に来たのですが、近所の家族連れなんかも多くて、そのあたりも普通のインド料理店とは違う雰囲気を感じさせます。席は全てテーブル席で、インドっぽい?刺繍模様の入ったシート(ビニールなので刺繍が実際に入っているわけではない)が敷かれています。

 ランチタイムは1350円の「ビジェイランチスペシャル」から、普通のカレーショップのようにカレーを盛る730円のBセットまで、量や中身を変えたセットメニューが5種類あります。今回は日替わりカレー+もう1種類のカレーに、ナンやサラダが付いたCセットを注文しました。ちなみに注文はカレーだけで数十種類あるレギュラーメニューからもOKですが、お得さで言えばランチタイムはセットがいいでしょう。

▲Cセット(800円)のカレー

 この日の日替わりカレーは「トーフキーマカレー」。メニュー名そのままの内容のカレーで、ひき肉の入ったルーの中に、絹ごしと思われる豆腐がふよふよと入っています。インド料理店で豆腐を食べたのは初めてでしたが、これが意外といける味。というか、豆腐の淡白さがスパイシーなカレーをよく引き立てており、普通に美味しかったです。ただ、ナンに付けるよりはライスと一緒の方がいいかな。

 もう一種類のカレーはポーク、チキン、ベジタブルから選択可能で、こちらはチキンをチョイス。やっぱりインドカレーの定番ですよね。ルーはインド料理店としてはトロミがある方で、ナンにもライスにもよく絡んできました。辛さは注文時に甘口・中辛・辛口・激辛から選ぶことが出来、この時は辛口でお願いしましたが、元々が日本人用にマイルドになっているようで、辛口でも普通美味しく頂けました。

▲ナンとチキン

 カレーの他にはサラダ、ターメリックライス、ナン、そして炭焼きチキンが付いてきます。タンドリーチキンではなく、炭焼きチキンというところが特徴ですが、骨付きのモモ肉が写真のようにナンの上に載せられて出てきます。大きさは小ぶりですが、ジューシーさはバッチリで意外と食べ応えもありました。タンドリーチキンのようなスパイシーさはありませんが、十分に鶏の美味さを堪能させてくれます。

 セットとは別ですが、ランチタイムは飲み物も150円で提供しています。後でラッシーを頼みましたが、ドリンクも含めて950円でこの内容は、コスパも高いと思います。また、学生限定ですが、ボリューム満点の「学生セット」(580円)も用意されており、人気を集めているようです。駅からすぐという場所がいいので、また利用したいと思います。ごちそうさま!

 ヴィジェイジャムナ
 大阪府豊中市螢池東町1-6-2 地図
 06-6852-7555
 11:00~23:00(L.O.22:30) 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

ラーメン 烈火 魚介しょうゆラーメン&チャーシューおにぎり

▲店舗外観

 阪急庄内駅から国道176号線方面へ向かう路地の一角に、今年5月にオープンしたラーメン屋「烈火」へ行って来ました。白い建物に黒い木の引き戸で中は見えず、少し入りづらい雰囲気もありますが、ジョージさんもお気に入りで何度も通っているとの事、期待を高めて初訪問です。

 店内は狭く、カウンター席が5つほど。訪問したのは平日の午後1時過ぎでしたが、他に2人の客がおり、その後もう2人やって来ていっぱいになりました。ラーメンメニューは数種類あり、その中から今回は「魚介しょうゆラーメン」を頼みました。

▲魚介しょうゆラーメン(650円)

 ランチタイムは大盛りサービスなので、当然それもお願いしています。澄んだ色のスープはメニュー名通り魚介出汁の効いた醤油味。ガツンとくる魚介ではなく、じんわり風味が広がる魚介はほっこりする味わいです。醤油はカドが立たず、飲み口優しい味で、客層に年配の方が多いのも頷けるもの。トッピングはチャーシュー、シナチク、煮玉子、ネギとシンプル。チャーシューは軟らかく、箸でつまむとほぐれていきます。

▲中太縮れ麺

 麺は中太縮れ麺ほを使用。ツルツルとした喉越しが感じられます。麺は1玉ずつビニール袋に入れられたものを使っていましたが、なんでもベースは山形ラーメンということらしいので、そちらで使用しているものを取り寄せていたりするのでしょうか。

▲チャーシューおにぎり

 この日は「チャーシューおにぎり」というものがカウンターに置かれていました。確か1個100円だったと思うのですが、出汁で炊いたごはんにチャーシューとネギをまぶし、紅生姜を添えたおにぎりとなっています。残ったスープを啜りつつ食べるのが美味しかったです。

 程よくまとまった美味しい一杯で、他のラーメンも是非食べてみたいですね。ごちそうさま!

 ラーメン 烈火
 大阪府豊中市庄内東町2-3-10 地図
 090-5256-8339
 11:30~14:00、19:00~26:00 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

かすうどん かすとろ 月見かすうどん

▲店舗外観

 阪急宝塚線曽根駅から高架沿いを少し北へ行ったところにある「かすうどん かすとろ」へ行って来ました。名前の通り牛の油かすが入ったうどんなのですが、先日食べた高槻駅前の「てっこりうどん」から、ちょっとマイブームになりつつあます。

 店に入ったのは平日の午後6時半頃。厨房越しのカウンター席に座り、頼んだのは「月見かすうどん」。メニューはかすうどんに何かのトッピングが付いた形で幾つかあるのですが、変りダネでは「担々麺風かすうどん」というものもありました。

▲月見かすうどん(650円)

 注文から時間を余りかけずに出てきた「月見かすうどん」。店名が「かすとろ」とあるように、油かすととろろ昆布がたっぷり盛られています。もともとの出汁は薄味だと思うのですが、この2つから旨味がじんわり染み出していって生まれる、結構濃厚な味わいが美味しいですね。

▲たっぷりの油かす/strong>

 油かすは1つが割と大きめで(たまたまかもしれませんが)食べ応えがあります。プリッとした食感のうどんに卵やとろろ昆布が絡み、汁の最後まで楽しませて頂きました。具材がしっかりあるので、一杯でも結構ボリュームを感じますね。

 他メニューでは、丼いっぱいの大きさの油揚げが載った「きつねかすうどん」も気になりました。寒い時期に食べると、また一層美味しさも増すと思いますので、そんな日に再訪してみたいと思います。ごちそうさま!

 かすうどん かすとろ
 大阪府豊中市曽根東町1-2-4 地図
 06-6850-2628
 11:00~15:00、17:00~26:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

インドレストラン MORE Bセット・(チキン&マトン)&タンドリーチキン

▲店舗外観

 阪急石橋駅から国道176号線を渡って大阪大学へと続く道にあるインド料理店「MORE」へ行って来ました。2年ほど前にオープンした本格的なインド料理店ですが、阪大の門から100mほどの距離にあることから、学生向けに「ワンコインカレー」を出すなど(今回は頼まなかったが、かなりボリューミーな野菜カレー)、リーズナブルなお店となっています。

 訪れたのは平日の午前11時半ごろ。開店直後で、僕が最初の客でした。頼んだのは2種類のカレーが楽しめる「Bセット」。カレーは数種類から選択可能で、チキンとマトンを選びました。

▲Bセット・チキン&マトン(1000円)

 数分後にやって来たセットを見て、まず驚いたのはナンの大きさ。今までも大きいナンを出す店はありましたが、それにしたってデカイです。写真をよく見てもらうとわかりますが、皿に収めるためナンの左端は畳まれているんですね。後で店主さんに聞いたら「とにかく面白く思ってくれたり、驚いてくれたら楽しいんですよ」と言ってましたが、なるほど納得です。

▲マトン

 カレーはサラサラタイプで、中に大きな肉が転がっています。マトン、チキンともに軟らかくジューシーでした。辛さはかなりマイルドに抑えられていますが、希望なら辛さはどんどん上げることが可能。テーブルにグリーンチリペッパーなどで作ったオリジナルの辛いソースがあるので、それを適当に加えていくことも出来ます。

▲タンドリーチキン(500円)

 追加注文した「タンドリーチキン」です。セットについてくる小さいものではなく、単品メニューなので結構な大きさです。やって来た瞬間から、香辛料の刺激的で食欲をそそる香りが鼻をくすぐり、かぶりつけば肉汁あふるる鶏の旨味がやって来て、まさに至高の一品。こちらも辛さは割と控えめで、日本人にも食べやすいようになっています。

 先ほど店主さんが言っていたことですが、それはサービス面にも現れています。1つは学生が主要な客層になるため、安くボリュームのあるメニューの充実をはかることで、水の代わりに出されるマンゴードリンクが飲み放題となっているのもその一環。本格的なディナーメニューの充実度も素晴らしいです。

 もう1つは「面白いこと」を企画する遊び心。それが現れているのが「救急車カレー」というメニュー。

▲救急車カレーの説明

 タバスコの200倍というギネス認定の最も辛い唐辛子・ブートジョロキアをふんだんに使ったカレーを特別メニューとして出しているのです。値段は救急車=119番に因んで119000円ですが、これは「冗談でも頼もうと思わないように」という考えから。じゃあ、ただの飾りメニューかよとなりますが、実は年に1度、この救急車カレーの無料試食会を開いているんです。その時はお店を病院のように見立て、同意書に記入をしてもらった上で、店主さんは手術服を着、怪しげなナース軍団に囲まれる中、食べてもらうそうです。

 「スプーンは普通サイズのもあるけれど、耳かきサイズのものを食べただけで、大抵の人は悶絶するよ」と店主さん。去年のイベントでは200人余りが参加し、完食者は1人だけだったとか。ちなみにカレーはルーのみで、量は手の平サイズの皿に一盛り程度。それでも完食者が1名というのだから、その破壊力や推して知るべし。おそらく噂を聞きつけた激辛党も、皆散っていったことでしょう。

 その他にも、「巨大なピラミッドサモサの大食い大会もやってみたいな」と店主さん。美味しい料理と面白いイベント、その両方を提供してくれることを今後も期待します。ごちそうさま!

 インドレストラン MORE
 大阪府豊中市待兼山町21-6 地図
 06-6848-2120
 11:30~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺家五大力 東豊中本店 塩バターラーメン

▲店舗外観

 久しぶりに桃山台のラーメン店「麺家 五大力」へ行って来ました。昼間に仕事で近くまで来たので立ち寄ったのですが、ほぼ1年ぶりの訪問です。

 季節ごとに特徴のある限定メニューを出しており、この時も洋風な冷やしラーメンがあったのですが、生トマトをふんだんに使っているので残念ながらパス。友人らと一緒に来ていれば、前回のように一口ご相伴に預かれるのですが。というわけで、1人でやって来た今回はレギュラーメニューの中で「オススメ」とされていた「塩バターラーメン」を頂きました。

▲塩バターラーメン(730円)

 塩ラーメンとバターというのは、割とよくある組み合わせながら、しっくり決まるのは難しいもの。しかし五大力のスープのベースはコンソメの入った洋風なものなので、あっさりとした飲み口に、麺に絡んでふわりと香るバターがよく合うのです。

▲細ストレート麺

 その他のトッピングはチャーシュー、ネギ、白髪ネギに白菜が浮かび、梅肉がアクセントを加えます。食べたのは暑い時でしたが、冬に食べたらより美味しさが引き立つ、そんなラーメンですね。

 この日は平日の正午過ぎの訪問で、サラリーマンや近所の病院の関係者などがわらわらとやって来てお店は盛況でした。丁寧で元気な接客も感じがよく、また訪れたいと思います。ごちそうさま!

 麺家五大力 東豊中本店
 大阪府豊中市東豊中町5丁目30-25-105 地図
 06-6857-5559
 11:00~15:00、17:00~24:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

北京料理 来夢来人 焼きそば&マーボ・ドーフ丼

▲店の暖簾

 阪急岡町駅から徒歩1分、アーケードの商店街の中にある中華料理店「来夢来人」へ行って来ました。今回で5度目の紹介となりますが、中華料理店ながら専門店を凌駕するほどに美味しいラーメンを作るということで、これまで4度はいずれもラーメン(つけ麺)メニューを紹介して来ました。まだその全てを紹介し終えたわけではありませんが(季節限定メニューもよく出すし)、今回はそれ以外のメニュー、「焼きそば」と「マーボ・ドーフ丼」の2品を食べて来ました。

▲焼きそば(550円)

 たっぷりの野菜と太麺を炒めた焼きそばです。ナチュラルについた具材の焦がしと、オイスターソースと思われるやや甘い味付けが食欲をそそります。ボリュームも申し分なく、普通ならこれ一皿でも十分に満足できるでしょう。

▲マーボ・ドーフ丼(550円)

 表記が独特な「マーボ・ドーフ丼」は、比較的大きい形が残った豆腐が特徴です。辛さはそれほど強くはなく、旨味が効いていてごはんがワシワシと進みますね。挽肉はまんべんなくあるというより、大きなものが転がっているという感じでした。こちらもボリューム十分で、「焼きそば」と合わせて食べると、なかなか手応えがあります。

 この日は午後9時前の訪問でしたが、お酒を飲みながら食べるという客でカウンター席はいっぱいでした。若い女性の1人客もいましたが、そういう方でも気軽に入れる雰囲気は、カウンター席の奥にいる大将の娘さんの影響かな。常連客との軽妙なやり取りも、なかなか楽しいです。日常使いにも便利な街の中華屋さんとしても、いいお店ですね。ごちそうさま!

 北京料理 来夢来人
 大阪府豊中市中桜塚1-2-4 地図
 06-6852-1316
 11:00~15:00、17:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

お好み焼き工房 コテコテあきちゃん コテコテ焼き+ごはん

▲店舗外観

 豊中市清風荘にあるお好み焼き屋「コテコテあきちゃん」でランチを食べて来ました。場所は阪急宝塚線蛍池駅と石橋駅のちょうど中間あたりで、国道176号線で中国自動車道の高架をくぐって、少し東に入ったあたりになります。

 店を訪れたのは平日の午後1時過ぎ。鉄板のある4人がけテーブル席が4つあり、さらに電気は消えていましたが、奥にも同じようなテーブル席があるので、30人くらいは座れると思います。訪問時はサラリーマン客などで賑わっていました。

 メニューはお好み焼きの他、焼きそばや焼きうどんがあり、トッピングも多彩です。今回はネギ、スジ、ホルモンが入った「コテコテ焼き」をお願いしました。また、+100円でごはんと味噌汁もセットに出来るため、それもお願いしました。

▲コテコテ焼き(750円)

 お好み焼きは入り口右手の厨房で作ったものを運んできて、熱くなったテーブルの鉄板に載せて食べていく形。ソースはデフォで写真くらいかかっていますが、マヨネーズは自分の好みでかけられます。青ノリも同様です。

▲セットのごはんと味噌汁

 100円で食べられるごはんと味噌汁ですが、ごはんの量が結構あります。マンガ盛りとは言いませんが、大盛りサイズと言ってもいい量です。炭水化物+炭水化物という大阪ならではのセットを、じっくり堪能可能です。

▲かなり軟らかいお好み焼き

 お好み焼きは、中がトロッとした状態でかなり軟らかめなのが特徴。好き嫌いが分かれるところですが、僕はこの食感が大好きです。たこ焼きでもそうなのですが、これくらいトロッとした状態がいいんですよね。家で焼く時も「それ、まだ焼き加減甘いやろ」というくらいで食べるのが好きなんで、「あきちゃん」のお好み焼きはかなり好きですね。

 メイントッピングのスジ、ネギ、ホルモンは結構な量が含まれており、その食感と味わいも良い感じ。キャベツもたっぷり入っており、また全体的なボリュームも普通のお好み焼きより多いので、ごはんセットと合わせると腹一杯です。勢いで焼きそばも頼もうか迷いましたが、しなくて良かったと思いました。

▲お冷はテーブル脇の水道で注ぎ足せる。鉄板テーブルは場所を取るので、この形式は嬉しい

 ごはんセットと合わせて850円という値段は、コスパ面でも素晴らしいです。焼き加減も僕好みだし、また違うトッピングで食べに来たいと思います。出来れば友人らと複数で来て、焼きそばなど違うメニューをちょこちょこと堪能もしてみたいところですね。ごちそうさま!

 お好み焼き工房 コテコテあきちゃん
 大阪府豊中市清風荘1-7-17 ハーモニー1 1階 地図
 06-6841-8219
 11:45~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

タージマハール エベレスト 豊中店 キーマシュリンプカレーライス

▲店舗外観

 豊中市役所のすぐ向かい、阪急岡町駅へ向かう国道176号線沿いにあるインド料理店「タージマハル エベレスト」でランチを食べて来ました。

 訪れたのは平日の午前11時15分ごろで、11時開店の店の一番乗りでした。店内は奥に長く続くレイアウトで、インド料理店らしい装飾と音楽が雰囲気を出しています。ランチは日替わりカレーやお得なセットメニューのほか、カレーライスだけのセットもたくさんあります。その中から選択したのは、「キーマシュリンプカレーライス」です。店のメニュー表の日本語表記だと「挽肉とエビのカレー」です。

▲サラダ

 注文してすぐにサラダがやって来ました。トマトが一切れ載っているのを見て、予め「トマト抜きで」と言っておけば良かったと思いますが、店員さんが日本語がイマイチ通じにくいと、言いそびれちゃうんですよね。スイマセン、今回もトマトだけ残しました。

▲キーマシュリンプカレーライス(850円)+大盛り(50円)

 出てくるまでにちょっと時間かかったなぁと思ってたら(15分くらい)、どうやら注文を間違えて作り直していたみたいです。お詫びとして後でラッシーをサービスして頂きました。カレーは+50円で大盛りにしているため、ライスもこんもり、ルーも皿からこぼれ出さんばかりです。

 辛さは甘口→普通→辛口→激辛から選べ、今回は激辛でお願いしましたが、ヨーグルトテイストが強くマイルドな味付けでした。後で「ドウダッタ? カラクナイ?」と訊かれ「もっと辛くてもいけるよー」と応えると、言ってくれればまだ辛くできるとのことでした。しかし味のバランスとしては、じんわり汗が垂れる辛さとまったりとした味わいが混在した今回のものがベストなので、次も激辛でいこうと思います。



▲入っているエビは大きい

 カレーに入った大きくプリッとした食感が素晴らしいものが3つ。挽肉もしっかり入っており、具材面も満足です。インド料理店に来ると、いつもナンやタンドリーチキンが付いたセットメニューを頼んでいましたが、カレーライスというのもアリだなと思いました。ごちそうさま!

 タージマハール エベレスト 豊中店
 大阪府豊中市中桜塚2-20-10 地図
 06-6846-1556
 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:30(L.O.22:00) 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

AROI SUKI THAI(アロイスキタイ) パッタイセット

▲店舗外観

 阪急豊中駅の東口から国道176号線を渡り、少し北の路地を入ったところにあるタイ料理店「アロイスキタイ」でランチを食べて来ました。訪れたのは平日の午後1時半頃。店はオープンして1年ほどと新しく、すっきりとしたレイアウトが心地よいものでした。

 ランチメニューはセンレックナム(タイラーメン)セットの550円から、高いものでも850円までとリーズナブルな上、10種類もあって豊富です。曜日ごとに変わるメニューもあり、全て制覇するには時間がかかりそう。そんな中から今回僕が頼んだのは、タイ焼きそばことパッタイのセットです。

▲パッタイセット(750円)

 ピークを過ぎているためか、客は僕以外に一組だけ。注文から間もなくやって来たセットは、ナンプラーの独特の香りを漂わせるものでした。

▲パッタイ

 タイ焼きそばことパッタイは、麺が平打ち(と表現していいか迷いますが)で、独特のコシを感じさせるもの。味付けはナンプラーに香辛料が混ざり合い、ピリ辛さと甘さ、魚醤らしいコクを感じさせます。挽肉、卵、もやし、玉ネギなどがシャッキリとした食感を感じさせたまま炒められており、アクセントがあって美味しさが増します。

 セットのごはんは長粒種のタイ米で、パサパサとしています。大根の入ったスープと一緒に食べるのがいいかな。

▲テーブルに置かれた香辛料など

 テーブルにはナンプラー、グリーンペッパーなどが置かれており、好みでかけることが出来ます。僕はグリーンペッパーをかけて、より辛さを堪能しました。

 先にも書いた通り、ランチメニューだけでもかなりの種類があるので、まずはそれを制覇するため通いたいと思います。最近、仕事の都合で「Sweet Basil」にも全然行けてないですしね。ここでタイ料理を補完せねば。ごちそうさま!

 AROI SUKI THAI(アロイスキタイ)
 大阪府豊中市本町2-1-2 地図
 06-6858-6388
 11:30~14:00、17:00~23:30 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。