スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

珈琲屋 夢(ドリーム) ホットドッグセット

▲阪急西宮北口駅

 「麺処ばっは」「長寿饂飩つるかめ」を回って再び戻ってきた阪急西宮北口駅。東西に神戸線、南北に今津線がクロスするターミナル的な駅で乗降客も多く、それは様々なドラマを生む場所にもなりやすいということです。最近では有川浩原作の「阪急電車」の舞台となり、春に公開された映画のロケも行われました。この時も駅構内のあちこちに、出演者のパネルや映画のポスターが掲示されていました。

 西宮北口が舞台となったといえば、アニメでは2000年代最大のヒット作と言っても過言ではない「涼宮ハルヒの憂鬱」も同様です。主人公たちの通う高校のモデルは1駅隣の夙川から甲陽線に乗った先の西宮北高校ですが、イベントなどの待ち合わせ場所として西宮北口駅は何度も登場しました。上写真の北西口は、まさにそのシーンの背景でよく出てきた場所です(工事があったので2006年の放送当時と少し変わっていますが)。

▲店舗外観

 そして劇中、主人公たちが日常的に使う喫茶店が、北西口から3分ほど歩いたところにある喫茶店「珈琲屋 夢(ドリーム)」をモデルにした店でした。外観から内装まで、ほぼ同じものが劇中背景として登場し、2008年に放送された第2期では物語の重要な鍵となるシーンで繰り返し出てきたので、一躍ファンの間では有名な店となりました。僕も一度は行ってみたいと思っており、今回、腹休めを兼ねて少し立ち寄ってみることにしました。

 店は奥にも広く、喫茶店としては広い部類に入る大きさです。入って右手がカウンター席となっており、他はテーブル席が並んでいます。土曜日の午後2時半頃の入店でしたが、半分くらいの席は埋まっており、落ち着いた雰囲気によくマッチした、年配の方が多い印象でした。

 左手奥の席に座り、さてコーヒーでも頼むかと思いましたが、ここもブログに載せるんだったら、何か食べ物も食べないとなーという考えが過ぎり(全く食べ物が出ない旅日記エントリーもあるので、その懸念は今更なんだが)、ホットドッグのセットを頼みました。まあ、冷麺とうどんを1杯ずつ食べた後だけど、それくらい大丈夫でしょ。

▲ホットドッグセット(700円)

 しばし待ってやって来たのが上写真のセットです。写真で見ると大したことない感じですが、割とボリュームあります。というか、全体的に大きいです。飲み物はアイスティーを頼んだのですが、ますせグラスが大きいです。ホットドッグは長いウインナーソーセージを軽く焼いたパンで挟んでおり、ソーセージの下に粒マスタードとケチャップが敷かれています。ソースが少なめで、ソーセージの肉の味をしっかり堪能できる作りですね。

 そして侮れないのが奥にあるサラダ。これ、写真では伝わりませんが、かなりの量が盛られています。千切りにされたキャベツとレタスと、若干のパプリカなんですが、トンカツ屋のキャベツでもこんなに盛らないだろうってくらいの量です。実は当初、「ホットドッグセットで700円て高くね?」と思ってたのですが、サラダを含めた全てのボリュームを考えたら、むしろ安いかもというくらいに思いなおしました。

 それから、喫茶店としての雰囲気がかなり良いです。席がゆったりとしているところ、照明も落ち着いており、店員さんや客層にも一定の品が感じられます。近くにあったら、ここで文庫本をじっくり読んで休日を過ごしたいと思う、そんな空間です。となれば、「涼宮ハルヒの憂鬱」のように、騒がしい高校生の集団は、この雰囲気には合わない気もしますが……まあ、そこはフィクションだしね。

▲入り口正面の棚にある「涼宮ハルヒの憂鬱」グッズ

 アニメのファンがたくさん訪れているとのことですが、店ではそれを拒否もせず、逆に売りにもしていません。入り口正面にある棚に、ファンが寄贈したグッズが少し並んでいるのと、原作本が揃っていること、それとファンが自由に書き込めるノートがあるくらいです。

▲ファンの足跡ノートは、表紙が破れていた

 あくまで元の雰囲気を保ちながら、来るものは拒まず、ゆったりとした空間を保っているお店のスタンスに、とても共感を覚えます。ちなみに訪問時には映画「阪急電車」のパネルが何枚か壁に貼られていました。映画は見てないですが、出てきたシーンでもあったのかな。そっちのファンにとっても、一種の聖地だったりするのでしょうか。

 西宮北口に行くこと自体少ないのですが、またゆっくりと訪れてみたいお店です。ごちそうさま!

 珈琲屋 夢(ドリーム)
 兵庫県西宮市甲風園1-10-1 地図
 0798-65-9078
 平日8:00~21:00、日祝8:00~19:00 年末年始などを除き無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

長寿饂飩 つるかめ 冷やし あんかけぶっかけ(6月限定)

▲店舗外観

 「麺処ばっは」を出た後、向かったのは同じく「水無月 冷麺華祭」に参加している「長寿饂飩つるかめ」。久々の西宮だし2軒くらいは行かないとねーと、西宮北口駅から徒歩で向かいます。地図によれば隣の夙川駅とのちょうど真ん中くらいにあるのですが、これが以外と遠い。阪急の1駅って結構短い印象だったんですが、西北と夙川の間は割と距離あるんですね。というか、このあたりの阪急神戸線は、住宅地の割りに駅間が長いです。普段は宝塚線、京都線ばかり乗っているので、少し感覚が違いますね。店の最寄り駅は、JR西宮か阪神西宮のどちらかでしょう。

 さて、西北から徒歩20分くらいかけて到着した店は、交差点の角で和の存在感を出す店構え。店内に入ると、少し薄暗い中、左右にカウンター席が広がり、それ越しに厨房というレイアウトです。午後1時半を過ぎていましたが席はほぼ埋まっており、空いていた入り口正面の席に座りました。頼んだものはもちろん「冷麺華祭」限定メニューとなっている「冷やし あんかけぶっかけ」です。

▲冷やし あんかけぶっかけ(850円)

 待つこと10分ちょっとでやって来た丼は、結構な大きさ。そして、そこからはみ出すボリュームの天ぷらからは、挙げたての良い香りが漂います。上に盛られているのは、野菜かき揚げ天、半熟卵天、揚げ餅、鶏チャーシュー、ネギ、大根おろし、生姜、レモンと実に多彩。うどんにかけられているのは、ダシの効いた冷やしあんで、それだけでも十分なくらい、うどんとマッチしています。

 天ぷらは混ぜずに、単体で食べていきますが、あんのかかったうどんを啜りながら食べるのも美味しいです。サックリとした衣の食感と、中の素材の活きの良さ(野菜ですが)、それが混ざり合った珠玉の一品です。鶏チャーシューは、あんとの相性が絶妙で、こちらは大根おろしやレモンを混ぜて食べるのも良かったです。

▲うどん

 うどんもコシがあり、ツルツルの食感もベスト。ボリュームもあり、トッピングも多彩で非常に満足度の高い一杯でした。

 初訪問でしたが、是非レギュラーメニューも食べたいと思わせる限定メニューでした。次は阪神西宮あたりから歩いてくるとしましょう。ごちそうさま!

 長寿饂飩 つるかめ
 兵庫県西宮市中前田町1-22 地図
 0798-36-1050
 11:00~14:30、17:00~20:30 月・火・水の夜営業休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺処ばっは 冷やしラーメン交響曲冷短調(6月限定)

▲店舗外観

 阪急西宮北口駅からすぐの場所にある「麺処ばっは」へ行ってきました。前回訪問は昨年10月、西宮市内6店舗が合同でやっていた限定ラーメンイベント「麺華祭」に合わせて行ったのですが、今回はその続編と言うべき「水無月 冷麺華祭」が、西宮のみならず伊丹、尼崎の10店舗に拡大して行われるということで訪ねてみました。

 「冷麺華祭」ですから、テーマはもちろん冷やし麺。つけ麺だったり、冷麺だったり店舗によって色々と工夫されているようですが、「ばっは」では店名にあやかって「冷やしラーメン交響曲冷短調」というメニューを開発してきました。もちろんこれだけではどんなものかわかりませんので、早速注文です。

▲冷やしラーメン交響曲冷短調(800円)

 麺の茹で時間が7分ほどかかるということで、やや待ってから出されたそれは、特徴的な器からして期待が高まります。やっぱり、器というのも美味しさを感じさせる重要な要素だと思うんですよね(と言う割には写真で器が全部入りきってませんが)。

 味は醤油ベースに魚介がプラス。漂う香りは冷やしラーメンなので控えめですが、麺と一緒にすすればふわりと広がります。麺は太平打ち麺で、しっかり〆られていてコシもあり、キュッと歯ごたえを感じさせてくれます。

▲しっかり〆られた麺と、肉

 トッピングはネギ、水菜、岩海苔、シナチク、ネギ、白髪ネギ、そして柚子皮が香りのアクセント。さらに盛られた肉は、鶏チャーシューと、牛タンでした。牛タンは冷まされていますが、しっかり炙られていてジューシーさは失われていません。噛むほどに感じる肉の質感と旨味が、非常に美味しいです。

 なんとも完成度の高い一杯。しかしイベントごとにしか訪ねないと、一向にレギュラーメニューが食べられませんね。もう少し早く機会を作って訪ねたいと思います。ごちそうさま!

 麺処ばっは
 兵庫県西宮市南昭和町46-4 地図
 11:00~14:00、17:00~24:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン たんろん 汁亡遊戯・めんバーガー・L

▲店舗外観

 「麺匠 空海」でカレーうどんを堪能していた時、ある知らせがメールで届きました。この日の西宮までやって来た理由である、甲子園球場での阪神戦が雨天中止となったという知らせでした。まあ、この時点で外は土砂降り。いくら水はけの良い甲子園球場とはいえ難しいだろうと思っていましたので、それは想定内。この日はライトスタンドで観戦予定だったので、中途半端にやられても大変でしたしね。

 半日の予定がぽっかり空いたため、それではと雨の中向かったのは、「空海」から徒歩数分の「ラーメンたんろん」。4月はブルース・リーの「死亡遊戯」をもじった「汁亡遊戯」というイベントを行っており、週替りであっと驚く汁無し麺(和え麺)を出しているのです。この週はメニュー名「めんバーガー」。奇抜にも程があるネーミングですが、頂いてきました。

 レギュラーメニュー表の横に、マクドナルドならぬタンロナルドという表示のもと、「めんバーガー」が写真付きで紹介されています。麺の量は並・大盛・特盛と来るのが普通ですが、バーガーショップらしくM・L・XLと表示されているのも楽しいです。毎回思いますが、「たんろん」のこうしたポップのセンスは、妙に凝っていてエンタメ性が高いですね。因みに注文は、L(麺225g)をお願いしました。

▲めんバーガー・L(900円)

 しばし後にやって来た「めんバーガー」。丼に盛られた麺の上には、たくさんのレタスが敷かれ、その上にミンチ肉、タルタルソースを盛り付けています。そしてケチャップとマスタードのようなソースのラインが入り、傍らにはチーズが添えられています。見た目は見事なまでのハンバーガースタイル。

 それらをよくかき混ぜて食べるのですが、好みで足すことの出来るニンニクがかなり香ってきて、この時点でかなりジャンクな印象。食べてみると、軟らかいミンチ肉と自家製タルタルソースの酸味、レタスのシャキシャキ感が素晴らしくマッチング。

▲よく混ぜて食べる

 麺は極太ストレートで、それなりに存在感はあるのですが、ニンニクやソースが強く脇役に。しかし、バランスは悪くありません。見た目のジャンクさとは裏腹に、意外なほどスルスルと食べることが出来、重い印象もありません。まさに今まで出会ったことのない和え麺。キャッチーなポップやネーミングだけでない、食べても美味しさという驚きを与えることの出来る一杯でした。

 週替りメニューなので、提供は4月24日まで。しかし、いずれブラッシュアップした「麺バーガー」をまた出してもらえるものと期待したいです。ごちそうさま!

▲大阪ドームのバックスクリーン

 ちなみに甲子園が中止になったので、そのまま尼崎から阪神なんば線に乗り(初乗車)、京セラドーム大阪のオリックス対埼玉西武戦を観戦して来ました。パ・リーグ同士の試合は、どちらに偏って応援と言うこともないので、純粋に野球を堪能できていいです。この日は僕らと同じ事を考える人が大勢いたのか、内野自由及び外野席はほぼ満員でした。

 ラーメン たんろん
 兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13 地図
 0798-36-7222
 平日11:00~14:00、18:00~25:00、日祝11:00~14:00、18:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺匠 空海 温玉えび天カレー釜玉

▲店舗外観

 JR西宮駅から国道2号線へ出て、少し東へ行ったところにあるうどん店「麺匠 空海」へ行って来ました。最寄り駅としてJR西宮駅を挙げましたが、僕は阪急を十三で神戸線に乗り換え、西宮北口から今津線で1駅、阪神国道駅で降りて向かいました。そこからも徒歩5分といったところです。

 店を訪ねたのは土曜日の正午過ぎ。土砂降りの雨の中でした。店内は入った正面に大きなテーブル席があり、左手に4人がけテーブル席×3、奥に座敷席が3卓ありました。天井が高く、和の雰囲気がいっぱいのゆったりとしたレイアウトで、落ち着いた空気が流れています。

 メニューはぶっかけ、生醤油、かけ、つけ、カレーと各種そろっていて迷いますが、友人からも薦められていた「温玉えび天カレー釜玉」を、うどん大盛りでお願いしました。

▲温玉えび天カレー釜玉(1030円)+大盛り(100円)

 待つことしばし。思っていた以上に深い丼でやって来たうどんは、まず大きなエビ天の存在感に圧倒されます。サックリとした衣に、大きく身が締まってプリプリとした食感のエビが、カレー汁に浸され良い按配となっています。また、素揚げされたカボチャとナスも盛られており、スパイシーなカレー汁の中で、素材の甘みをよく感じさせてくれました。

▲うどん

 大盛りで頼んだうどんは、モッチリとした伸びとしっかりと感じられるコシが両立していました。

 カレー汁はスパイシーながら辛さは控えめ。と言うよりも後半以降は甘みを強く感じるようになります。まったりとした味わいは温泉玉子を混ぜたためですが、甘みの要因はたくさん煮込まれた刻み玉ネギ。

▲汁に含まれたたくさんの刻み玉ネギ

 キラキラと輝く刻み玉ネギが、うどんもトッピングも食べ終わって尚、飽きさせずレンゲを口へと運ばせます。玉ネギとしての食感をやや残すそれは、カレー玉ネギスープとして単品でもいけそうな勢いで、他にない独特のカレーうどんを演出していました。

 次回は生醤油かぶっかけで、うどんそのものをしっかり味わうメニューを堪能したいですが、このカレーうどんを再び、というのもアリですね。迷うところです。ごちそうさま!

 麺匠 空海
 兵庫県西宮市津門稲荷町4-6 地図
 0798-22-9091
 11:30~15:00、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

讃歌うどん はんげしょう エビ天・ちくわ天ぶっかけ+かやくごはん(はんげしょうセット)

▲店舗外観

 「たんろん」を出た後、大阪に戻るには多少時間の余裕があったので、阪神西宮駅から南へ行ったところにある「讃歌うどん はんげしょう」にも寄ってきました。「たんろん」とは丁度反対方向、西宮神社方面へ5分ほど進んだ、阪神高速の高架手前に店があります。店名の「はんげしょう」は漢字で書くと「半夏生」となります。季節を区切る七十二候の一つで、現在の暦だと7月2日前後をさし、讃岐ではこの日にうどんを食べる慣わしがあるとのことです。

 店前まで来ると、何やら入り口付近に4人ほど待っている人が。人気店とは聞いていましたが、外待ちとなったらさすがに時間がないので諦めざるを得ないなぁと思っていたところ、外に出ていたサンプルメニューを見ていた家族連れでした。やれやれ。店内はやや暗い感じですが、店員さんの元気の良い掛け声に癒されます。入った右手が厨房、左手がテーブル席で、真ん中に三角形のカウンター席があるレイアウトで、一人客の僕はカウンター席へ。

 メニューはうどん他、丼ものやおかずの付いた定食まで豊富です。頼んだのはランチタイムのお得な「はんげしょうセット」。日替わりで内容が変わるようですが、この日は「エビ天・ちくわ天ぶっかけ」と「とり三葉うどん」の2種類で、僕は前者を温かいうどんでお願いしました。

▲エビ天・ちくわ天ぶっかけ

 センバツ高校野球のテレビ中継を見ながら待つこと数分。やって来た「エビ天・ちくわ天ぶっかけ」は、大きな天ぷらが見事なクロスを描くもので迫力十分です。きめの細かい大根おろしとネギを、出汁感たっぷりのやや甘いかえしに絡め、レモンは天ぷらに絞りかけました。うどんはモッチリ食感がよく、小麦の美味さもしっかり伝わります。

▲エビ天

 天ぷらは衣がサックリとしており、エビもちくわも弾力があって衣とのコントラストが素晴らしいものでした。こぼれた天かすがかえしに浸り、甘さをました中でうどんと絡むのも良かったですね。

▲かやくごはん

 「はんげしょうセット」には、「かやくごはん」も付いてきます。やわらかな風味の炊き込みご飯で、細かく刻まれた弾力あるちくわが特徴的でした。このちくわ、天ぷらでも存在感を示していましたが、こうして食べても美味しいなぁ。

 そして、このセットが700円というのはコスパ良すぎです。うどんの量も決して少なくないですからね。僕が入ってしばらくして満席になってましたが、それも納得の内容でした。また他のうどんを食べに来たいと思います。ごちそうさま!

 讃歌うどん はんげしょう
 兵庫県西宮市本町9-5 地図
 0798-34-2568
 11:30~14:30、17:30~21:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン たんろん 塩油そば・食べなきゃSON!

▲店舗外観

 阪神西宮駅から北へ5分ほど歩いたところにあるラーメン屋「たんろん」へ行ってきました。前回来たのは2月だったので、約一ヶ月のインターバルは、兵庫県の店としてはかなり短いです。その時はかなり雪が降る中でしたが、この時は青空広がるポカポカ陽気。午前11時半頃の訪問で、店内は半分ほど埋まっていました。

 前回が2月のイベント限定「旨味噌Wシークレットまぜそば」だったので、今回は普通にラーメンをと思いましたが、ふと気になって頼んだのは塩油そば「食べなきゃSON!」。食べなきゃ損と、solt(塩)、oil(油)、noodle(ラーメン)の頭文字をかけたメニュー名となっています。麺量は200gが750円で、以降100gごとに100円アップ。今回は大盛り300gでお願いしました。

▲食べなきゃSON!・大盛り(850円)

 やって来た塩油そば「食べなきゃSON!」は、見た目はかなりシンプルです。300gの麺の上に刻みチャーシュー、ネギ、シナチクが盛られ、1枚の海苔を添えて、ブラックペッパーなどを振りかけています。タレは下の方にたまっているので、食べる前に麺をひっくり返してよくかき混ぜます。

▲極太縮れ麺

 魚介の風味と塩ダレがうまく合わさったタレは、油そばながらもしつこさはなく、極太縮れ麺300gもあっさりと食べきることが出来ました。前回の限定旨味噌と比べると、味のパンチは弱いのですが、麺の味わいまでしっかりと感じさせてくれるバランスの良い一杯です。割とあっさりとした後味なので、最後に余ったタレもそのままレンゲに盛って食べられました。濃かったらライスを追加して〆ごはんにしようと思っていたのですが、必要なかったです。

 兵庫権ながら回数来てるんですが、限定メニュー系ばかりなので(今回のメニューも初出は限定だった)、次は久々に普通のレギュラーメニューラーメンを食べたいですね。ごちそうさま!

 ラーメン たんろん
 兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13 地図
 0798-36-7222
 平日11:00~14:00、18:00~25:00、日祝11:00~14:00、18:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺どころ酒房 伊和正 とり唐黒甘酢ぶっかけ&情熱カレー釜玉うどん

▲能勢電鉄畦野駅

 仕事で能勢まで行くことがあり、その帰り道にちょっと寄り道してきました。能勢電鉄畦野(うねの)駅を降りて国道173号線を北へ歩くこと10分ほどのところにある「麺どころ酒房 伊和正」です。

 大阪の豊崎にある「情熱うどん讃州」の系譜になる店で、店には讃州の店主さんと一緒の写真も貼られています。店内は2人がけテーブル席が3卓と、座敷席、若干のカウンター席があります。スペースの割りに席数は多い印象ですね。訪れたのは午後1時過ぎで、半分ほど席が埋まっていました。

▲店舗外観

 メニューは温かいうどん冷たいうどん、ぶっかけ、釜揚げ、つけ麺と多様で、トッピングも多彩。なかなか来れないところなのでじっくり選びたかったのですが、1つに絞れない! こういう時は時分の欲望に忠実になり、2杯頼もうと開き直りました。まず最初に「とり唐黒甘酢ぶっかけ」、しかる後に「情熱カレー釜玉うどん」という順番です。注文時に店の奥さんに「いいですかね?」と頼むと、優しく了解してくれた上、出すタイミングも丁寧に聞いてくれました。ありがたいことです。

▲とり唐黒甘酢ぶっかけ(790円)

 そんなわけで、まずやって来た「とり唐黒甘酢ぶっかけ」。2杯食いなのでうどんは1玉となっています。

▲よく〆られた自家製手打ちうどん

 うどんはキュッと冷水で〆られており、こうしてしっかり巻かれていると、見た目からもそうした食感、喉越しが伝わってきます。モチモチな表面としっかりとしたコシが素晴らしく、小麦の風味と甘みが口の中で広がります。ぶっかけのかえしは、魚介とともに昆布の旨みが感じられ、いい出汁感があります。少しだけ添えられた天かすが少しだけかえしを吸って、サクサク食感を残したままうどんと絡むのが、すさまじく美味しかったです。

▲とり唐黒甘酢

 トッピングのとり唐黒甘酢は、しつこくない甘酸っぱさをまとった、やわらかな鶏唐揚げ。振りかけられた胡麻と刻み海苔が、良い風味を足してくれています。温かい状態で出てくるので、かえしをかけずに味わって、うどんをすするというのがいいんじゃないでしょうか。

▲情熱カレー釜玉うどん(790円)

 予め出すタイミングを考えてくれていたため、「とり唐黒甘酢ぶっかけ」の皿を戻した直後に、2杯目の「情熱カレー釜たまうどん」を出していただきました。

 右半分がカレー、左半分が釜玉とくっきり分かれています。カレーはいわゆるカレーうどんの和風出汁の効いたものではなく、カレーらしいカレー。きっとごはんにかけても美味しいのでしょうが、適度なトロミとスパイシーさが、うどんとの相性を抜群にせしめています。

▲釜玉うどんの方

 釜玉うどんは、卵がい良い加減でうどんと絡んでおり、食べるとふわっとした広がりある喉越しを感じます。そしてこれがカレーと混ざり合うと、まろやか且つスパイシーなエッジのある味わいとなり、まるで箸が止まる気配を見せない絶品うどんとなるのです。また、こちらも胡麻と天かすがいい仕事をしており、最後の一口までとても充実したものとなりました。

 京都在住の者としては、安易に来られる場所ではありませんが、遠征しても全然OKなレベルの高いカレーでした。今回は食べなかった天ぷら類や、つけ麺なども気になるので、いずれ再訪して食べてみたいと思います。ごちそうさま!

 麺どころ酒房 伊和正
 兵庫県川西市東畦野5-3-10 地図
 072-795-2377
 平日11:30~14:00、17:30~20:00 日曜11:30~14:00(いずれも麺切れ次第終了) 月曜(祝日の場合翌日)、第3火曜日定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

麺屋 巧 伊丹赤味噌ラーメン(2月限定)+マーボー丼+餃子

▲店舗外観

 仕事帰り、阪急の切符売り場の路線図を見て「伊丹まで近いよなー」とふと思い立ち、「ポッカポカ麺ロード」の限定メニューを食べに阪急伊丹駅からほど近い「麺屋 巧」へ行ってきました。2月限定という、この時限性に弱いんですよね。

 前に来たのは2009年9月。その時はレギュラーの「巧ラーメン和風しょうゆ」を頂きました。レギュラーは他に「塩ラーメン」「つけめん」などがあるのですが、今回頼んだのは限定メニューの「伊丹赤味噌ラーメン」。さらに「餃子」と「マーボー丼」もお願いしました。

▲餃子(210円)

 ラーメンより先にやって来た「餃子」。焼き色がいいですねぇ。中のあんはペースト状に近く、薄いながらモチッとした皮とともに美味しく頂きました。

▲伊丹赤味噌ラーメン(750円)

 餃子をつまむうちにやって来た「伊丹赤味噌ラーメン」です。スープは名前どおり赤味噌と、そして魚介が強く出ています。他のブログで「高級な味噌汁」と称していた方がいらっしゃいましたが、その言葉がすすった瞬間に浮かんできましたね。なので、トッピングされているネギとワカメがとても合うんですよ。ワカメとラーメンって、相性がいいようでなかなか合わせるのは難しいトッピングだと思うのですが、これはバッチリでした。

▲麺は中太ストレート

 麺は中太ストレート。縮れ麺を使っている写真のレビューも見かけているのですが、変えたのかな? スープにはややトロミがあるため、絡みはこちらでもしっかりあります。

 チャーシューは定番のトロ肉で、大きなシナチクともにボリュームがあります。

▲マーボー丼(350円)

 単品で頼んだ「マーボー丼」。あくまで「マーボー丼」なので、豆腐や茄子は入っていません。生姜の風味のある甘辛い挽肉マーボーあんが、ごはんの上にかけられているものです。辛さは控えめなのですが、生姜が効いているためか、食べていてポカポカと汗が出てくるものでした。もっとも、ポカポカ発汗は赤味噌ラーメンの影響も大きいと思いますが。

 この「伊丹赤味噌ラーメン」、一応「ポッカポカ麺ロード」の2月限定メニューという形ですが、店内の貼り紙には「新登場 伊丹赤味噌ラーメン」とだけ貼られていましたので、ひょっとしたら定番化するのかも。もちろん確証は何もありませんが、是非ともそうなってほしいなぁという願望はあります。

 久々の訪問でしたが、レベルの高い一杯、ごちそうさま!

 麺屋 巧
 兵庫県伊丹市行基町3-16-9 地図
 072-785-3835
 11:30~15:00、18:00~27:00(日曜は~24:00) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

すっぽんらーめん太尊 塩すっぽんらーめん(2月限定)

▲店舗外観

 「ポッカポカ麺ロード」ツアー3軒目は阪神武庫川駅近くの「すっぽんらーめん 太尊」。こちらも昨秋にイベントメニュー「参亀湯(さんかめたん)らーめん」を食べて以来の訪問です。

 既に2杯食べた後でしたので、濃厚なのはキツイなぁというところでしたが、こちらのイベント限定メニューは「塩すっぽんらーめん」。さっぱりとした味わいが特徴と店内POPにもあり、安心して注文です。

▲塩すっぽんらーめん(980円)

 やって来た「塩すっぽんらーめん」は、見た目から鮮やかな一杯。煮玉子の黄色、ネギと水菜の緑、キクラゲの黒、そして手前に浮かぶのは柴漬けのピンクと紫が皮から透けて見える水餃子。振りかけられた胡麻もいいですね。

 スープはすっぽんの出汁と旨みが濃厚に出た塩スープで、たしかにさっぱりしています。が、旨みが効いているので味わいは濃厚。3杯連チャンで食べているのに、美味しすぎてレンゲを口に運ぶ作業が止まりません。

▲細ストレート麺

 麺はプリッとした食感のある細ストレート麺。トッピングの煮玉子は紅花(こうか)とハープを使ったもので、独特の風味がありました。シャキシャキ食感の水菜ともやし、コリッとした食感のキクラゲ、ともに良いアクセントとなっています。

▲柴漬けとすっぽんの身が入った餃子

 トッピングのメインとなるのは鮮やかな彩りの水餃子。柴漬けと一緒に混ぜられた具材はすっぽんの肉。これがジューシーで凄まじく美味い! すっぽんスープとの相性も超抜群で、これが水餃子として単品メニューがあれば、毎回頼むくらいに美味しかったです。

 こちらの塩すっぽんラーメンは、多少トッピングなどは変わるものの、イベント後もレギュラーメニューにしたいと店主さん。いいですねぇ。その時は柴漬けすっぽん餃子も、是非レギュラー入りしてほしいなぁと思いました。ごちそうさま!

 すっぽんらーめん太尊
 兵庫県西宮市小松東町3-8-16-103 地図
 0798-48-4443
 平日11:30~13:30、18:00~23:00、月曜、第二日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。