スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

京都らーめん祭り in 福島鰹 「しゃかりき」海老鶏白湯ラーメン&つけ麺、「夢を語れ」味噌キムチラーメン ほか

▲堺町御池上るにある福島鰹さん

 9月12日(日)午前11時から、中京区の福島鰹敷地内で京都の人気ラーメン「しゃかりき」「夢を語れ」のコラボイベント「京都らーめん祭り」が行われました。これまでもコラボイベントでは実績のある2店ですが、屋外でのラーメン提供は初めてとのことで、てんやわんやなところも含めてとても楽しいイベントでした。

 イベント会場となった福島鰹さんは、堺町御池を上ったところにある削鰹節製造卸売業者さん。いくつものラーメン屋さんが、ここから魚介節を仕入れているという会社です。その倉庫の一部を使い調理、飲食スペースを作りました。

▲飲食スペースには紅白の垂れ幕も掲げられ祭りムードを盛り上げる

 まだまだ暑い9月の日差しの下、パッと見で50人くらいが並んだところでイベントスタート。とはいえ列は「夢を語れ」と「しゃかりき」で分かれるため、人数ほどには待ち時間はありません。僕は友人に「夢を語れ」に並んでもらい、「しゃかりき」列を進んでいきました。

 当たり前ですが、調理場は元々倉庫で厨房ではないので、全ての器具が簡易もの。ガス線を引いて大鍋で麺を湯がきますが、水を出しっぱなしで鍋に入れることは出来ないため、時間の経過とともに湯がき汁は濃度をましていきます。そこで水を足すのは手作業となり、そのタイムラグで麺をあげるタイミングが難しくなるなど、熟達した技術を持つ両店のスタッフも、勝手が違っててんやわんや。他にも麺が出来上がったのにスープの準備がまだだったり、チャーシューが切られてなかったり、あるいはその逆だったり、とにかく大変です。

▲行列の間近で湯切りをする「夢を語れ」さん。「飛ぶかもしれないので気をつけてくださーい」という注意も、野外イベントならではで楽しい

 しかし、普段なら怒号が飛び交うようなそんなトラブルも、お客さんの笑いやツッコミなどが入ることで和やかなものとなり、むしろそんなトラブルさえ楽しんでいるような、とても温かい雰囲気に満ちていました。麺の湯切りもトッピングの盛り付けも、店では考えられない近さで見ることが出来、並んでいる間も全く退屈しませんでした。

▲海老鶏白湯ラーメン(500円)

 そんな中で出来上がった、まずは「しゃかりき」の「海老鶏白湯ラーメン」。鶏の風味が効いた白湯スープの中に溶け込む確かな海老の存在感。器は使い捨ての簡易なものですが、素晴らしいクオリティです。チャーシューは厚切りが2枚、麺は縮れ太麺を使用し、とてもじゃないけど500円で食べられる内容ではありませんが、イベントということで採算度外視、作る方も楽しむことを前提にしたという、心意気も感じさせられる一杯でした。

▲キムチ味噌ラーメン(500円)

 続いては「夢を語れ」のラーメン。特に名前は書かれていなかったので、内容から勝手に「キムチ味噌ラーメン」としておきます。二郎系ならではの「野菜マシマシ」といったコールは出来ませんが、濃厚なスープに肉厚のチャーシューは「夢を語れ」らしさが十分に出ています。スープは味噌が入り、キムチ風味のもやしが載せられています。麺は店と同じ極太の縮れ麺。ボリュームもかなりあり、刻みニンニクの効きもバッチリでした。

 会場では「かじわらキムチ」さんもブースを出しており、キムチなどを販売していました。

▲キムチ

▲キムパ

 キムチはあっさりと後を引かない辛さが美味しく、キムパは胡麻油と韓国海苔の風味が素晴らしい一品でした。キムパの中にはキムチ、キュウリ、ひき肉が巻かれており、野菜類のポリポリという食感も良かったです。

 2種類のラーメンとサイドメニューを堪能し終えたところで、「しゃかりき」が正午から「つけ麺」も出すという知らせが舞い込んできました。まだ腹には余裕があったので、当然のごとく再び行列に入ります。途中、つけ麺の人は「しゃかりき」列の中でも別に分かれて並びました。

 傍らで調理風景を見ていると、麺を湯がいたはいいものの、どうやらつけ麺用に麺を締める場所がない模様。しばらく迷った後に、使っていないきれいなポリバケツを持ち込み、そこに水道水と、チャーシューを保存していた保冷ボックスから氷を取り出してそれを入れ、即席の麺締め調理場を作成。傍目にはポリバケツの中に麺をぶち込んでいるようにしか見えませんが、作っている人も待っている人も、みんなが笑顔でその様子を見守りました。なんだか、そこにいる人たち全員でキャンプ場に来て、ワイワイやりながら料理を作って食べているような、そんな幸せな時間でした。

▲つけ麺(500円)

 そうして出来上がった「つけ麺」。つけ汁は鶏と魚介の風味がビシッと効いた醤油系。麺もしっかり締められており、喉越しよく食べられました。

 来ていた人は、両店のファンだけでなく、近所の家族連れからお年寄りまで幅広く、そして何度も書いているように作る人も食べる人も共に笑顔があふれる、非常に楽しいイベントでした。そうそう気軽に出来るものではありませんが、またこんなイベントがあればいいなと思います。ごちそうさまでした!

 ラーメン荘 夢を語れ
 京都市左京区一乗寺西杉ノ宮48-1 地図
 075-724-5995
 平日11:00~15:00、18:00~24:00、日曜11:00~17:00 月曜定休

 麺屋 しゃかりき
 京都市中京区聚楽廻東町3-9 地図
 075-813-5198
 11:00~24:30、無休

 京都かじわらキムチ
 京都市南区吉祥院三ノ宮西町54-4 地図
 075-681-7756
 9:00~18:00、不定休

 福島鰹株式会社
 京都市中京区堺町通御池上ル HP
 075-211-2940

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

こんな所でイベントがあったのですね!
行きたかったです。
ここの通りは,何度か通ったことがあるのですが,カツオの強烈なにおいがしたことを覚えています。
ラーメン屋さんにカツオ節などを卸す会社だったのですね!
勉強になりました。

リンクをされている,ラーメンブログを見ていると
「俺のラーメン・・・・」とかいう名前の店のラーメンにひかれました。
管理人さんは召し上がったことありますか??
レポートしてほしいなと思います。リクエスト!

2010/10/06(水) 15:40:21 | URL | じゅうそう #-[ 編集]
楽しかったです。
>じゅうそうさん
福島鰹さんは今回のイベントで初めて寄らせてもらったのですが、建物の奥から漂う鰹など魚介節の香りは独特の雰囲気を感じさせますね。
イベントは記事の通り終始楽しい空気が満ちており、またやってくれたらなと思います。

そしてリクエストですが、おそらく「俺のラーメン あっぱれ屋」さんですよね?
前から行きたいと思っている店ではあるのですが、かなり難易度が高いんですよね。
場所が城陽の山奥(比喩でもなんでもなく、本当に山奥)で、平日と土曜の昼間のみ約3時間の営業。しかも行けば常の大行列。車を持っていない僕にとっては、かなりハードルが高い店で、未だに行けていないのです。

車を出してくれる友人と休みを合わせていずれはと思っているのですが、いつになりますやら…。
2010/10/07(木) 11:08:11 | URL | ルンホルム #M.bMaQJU[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。