スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

麺や 福一 鶏醤油ラーメン&鶏塩ラーメン&あっさり中華そば・醤油&カルボナーラ風卵かけごはん&キウイのジェラート

▲お疲れ様です!

 「七彩」を出たのが午後3時半過ぎ。これからしばらくは空き時間です。本来ならここで東京観光でもという予定でしたが、なにぶん台風が直撃する天候。しかも夜の目的地は都内から電車で一時間ほど東へ行った成田。だとすれば、とりあえず成田までは乗り込んでいた方が無難だろうと判断し、都立家政から再び西武に乗って五反田へ。そこから山手線に乗り換えて日暮里へ行き、京成電鉄で成田へ向かうことにしました。上の写真は確か五反田の自販機です。シャキッと元気になりました(笑)。

 日暮里から乗る京成電鉄は成田スカイアクセス線という新しい路線があり、スカイライナーというカッコイイ特急列車もあるのですが、こちらだと成田市街には停まらないため、従来からある京成本線で行くことに。折良く快速急行もやって来て、それに乗り込みました。乗車時間は約一時間です。

 しかし、ここで台風が本格的に関東へ接近。雨風共に凄まじいことになり、僕らが乗った特急も徐行を続け、そして京成津田沼に到着したところで完全停止。そこで約45分の停車となりました。これ、座れていたのなら問題ないのですが、ずっと立ちっぱなしだったためドッと疲れもやって来ました。朝から結構な距離移動したし、なにげに歩いた距離もありますからね。ようやく運転再開をしたものの、途中で線路の盛り土が崩れかけていたり、踏切が冠水していたりと、自転車よりも遅いんじゃねーかってくらいの徐行運転。結局2時間近くかかって成田に到着しました。ただ、後で知ったのですが京成はまだ動いていただけマシで、JR成田線は完全にストップしていたらしいです。不幸中の幸いですね。

▲降りた直後の京成成田駅周辺。なんか消防車来てるし

 ようやくの思いで到着した成田。千葉県に来たのは小学校の修学旅行でディズニーランドに行って端っこをかすめて以来。本格的に千葉県に入ったのはこれが初めてです。京成成田駅からJR成田駅方面へ歩き、そこから少し坂を下ったところに、本日最後の目的地「麺や 福一」の暖簾が見えてきました。

▲店舗入り口

 暖簾をくぐって中に入ると、暖色系の明るい店内の様子にホッと一息。入った正面やや左がカウンター席、その奥が厨房となっており、良いスープの香りが漂ってきます。僕らはテーブル席に座り、何を食べようかとメニュー表を見て一思案。最後のラーメンから4時間近く経っているのでいい感じに腹も減ってきており、台風の強すぎる追い風に乗って2杯ずつ行こうかとも思いましたが、この後は飲み会も控えているので自重。各自一杯ずつ、3種類のラーメンを頼みました。

▲鶏醤油ラーメン(720円)

 僕がメインで頼んだのが「鶏醤油ラーメン」。こってりとした鶏白(パイタン)湯スープに醤油とマー油のコクが加わった、絶品ラーメンです。なんか文章にすると普通ですが、この美味さは衝撃的ですよ。京都なら初めて「こぶ志」や「はなふく」のラーメンを食べた時のような、無言で鼻息荒くしてスープすすっちゃう、そんなレベルです。

 トッピングはホウレン草、キャベツ、もやし、穂先メンマ、海苔、そしてチャーチー。この鶏肉がまた素晴らしい出来。福一の店主さんは元々洋食をやっていた方なのですが、その経験を生かしてコンフィという調理法でこのチャーチーを作っているのです。コンフィとはフランス料理の技法で、簡単に言うと肉に塩とハーブをまぶして油脂の中で低温で加熱した後、そのまま冷やして凝固した油脂の中で保存するというもの(Wikiコピペ)。元々は冷蔵庫などがなかった時代の保存方法として発展したものだとか。語源もフランス語のコンフィル(保存する)とのこと。

 うんちくはともかく、この鶏が本当に美味い! 皮も身も、そこから溢れる肉汁も、どれもジューシーで、そして白湯スープともよく合っていました。

▲鶏塩ラーメン(720円)

 こちらは「鶏塩ラーメン」。同じ鶏白湯スープですが、こちらの方がより強くストレートに鶏を感じることが出来ます。どちらも甲乙付けがたいですが、好みとしては塩の方が好きかな。

▲あっさり中華そば・醤油(700円)

 もう一杯は醤油のキレと鶏のバランスが良い「あっさり中華そば・醤油」。そういやこれだけチャーシューだったんですが、食べてないので感想は書けないですね。写真を見る限りは美味いに決まってるであろう外見ですが。

 ちなみに「福一」で使っている麺は、関西では名を轟かせている「麺屋棣鄂」のもの。東日本ではまだまだ取扱店も少なく知名度も低いですが、ここのような有名店が使うようになると、だんだんと広がっていくかもしれません。

 「福一」ではサイドメニューも充実しています。餃子は普通のものの他、「黒豚焼き餃子」というものも。また、「本日の気まぐれ丼」というメニューがあり、この日は鶏にぼスープで作った「にぼチャーシューカレーごはん」と貼り紙されていたのですが、この後も飲み会があるしなぁと自重。

 とか思っていたら、友人が「カルボナーラ風卵かけごはん」を注文してました。

▲カルボナーラ風卵かけごはん(350円)

 刻みチャーシューに、粉チーズ、鰹節、ネギが薬味。卵は水郷地鶏の有精卵を使用。これを全部入れてかき混ぜます。

▲まぜましたー

 チーズの風味が出て普通の卵かけご飯がカルボナーラ風に! なんですが、醤油の旨みが強くて、チーズ風味の卵かけごはんって感じでした。もちろんそれでもすごく美味しかったです。しかし、今こうしてエントリー記事を書く段になって、どうして「本日の気まぐれ丼」を頼まなかったかなぁと後悔しきり。鶏にぼスープで作ったカレーごはんだもんなぁ。食べときゃ良かったです。

▲キウイのジェラート(220円)

 そんな僕が代わりに食べたのが、手作りのジェラート。これも日によって内容が変わるようで、この日は上写真のキウイの他、巨峰、焼きリンゴ、そしてフランス産岩塩を使った特製ミルクジェラートがありました。一種盛りだと220円、二種盛りだと360円、三種盛りだと480円とお得です。キウイジェラートは種のつぶつぶ感があり、後味爽やかな甘酸っぱさが絶品でした。これも、せっかくだから全部食べとけばよかったなぁと、今更後悔です。

 食べ終わった後は宿にチェックイン。なんですが、この宿というのが、実は「福一」隣接の「福一旅館」。隣接というか「福一」の店主さんが経営しているんですけどね。むしろラーメン屋が旅館の一角で営業している感じです。「福一旅館」のHPを見てもらうと、どんな感じかわかりますので参照してみて下さい。

 部屋に荷物を置いて風呂に入り(全身伸ばして入れる広さで、メチャクチャ気持ちよかったです)、ラフな格好になって酒を飲みに行きました。夜も10時を回ると風は残っているものの雨はやみ、傘を持たずに外に出ることも可能になっていました。

 JR成田と京成成田の間にある、激辛料理が色々あるという居酒屋で、関東の知人も合流して飲み会です。疲れもあったので酒は控えめにいくつもりでしたが、宿に帰れば寝るだけという安心感もあり、結構飲みましたね。激辛料理の方は店で一番辛いものを出してもらいましたが、辛さは大したことなかったです。南蛮亭のチキンカレーを100としたら60~70くらいじゃないですか。逆に言うと、丁度いいピリ辛感で酒のアテとして良かったです。

▲店で一番辛いという鶏肉の激辛炒め(メニュー名うろ覚え)

 これで東京ツアー初日は終了。なんだかんだで2時くらいまでは起きてましたが、「福一」のラーメンの余韻と、旅館のゆったりと落ち着いた雰囲気の中で、幸せな一時を過ごしました。ごちそうさまでした&おやすみなさーい。

 麺や 福一
 千葉県成田市花崎町846-15 地図
 0476-22-1978
 11:30~14:00、18:30~21:00 日月定休
 ※土曜の夜は「鶏の骨」として営業

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。