スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

まりお流ラーメン 濃厚とん塩らーめん・バラバラ&超濃厚 男の鶏パイタン&豚とろチャーシュー丼&ミニチキンカレー

▲店舗外観

 富雄の「華山」を出た後は奈良の中心部へ戻り、国道24号線を南へ。向かった先は奈良県のみならず関西中にその名を轟かせ、熱烈なファンも多い「まりお流ラーメン」。その個性的なメニューを味わうべく、日付が変わった頃にお邪魔しました。

 が! 午前0時を回っているというのに、外待ち15人以上。ここはファミレスのように名前と人数を紙に記して待つ方式なので、ズラリと行列が並ぶということはありませんが、それにしても深夜にこの人気ぶりはスゴイの一言。駐車場停めた車の中で30分ほど待って、ようやく店内へと案内されました。

▲壁に貼られたメニュー表

 店内はテーブル席と座敷席があり広い印象ですが、その全ての席が埋まっています。僕らは座敷席に通され、そして見上げる壁のメニュー表。写真のブラ板に書かれたメニュー以外に、紙に筆で書かれたメニューもたくさんあり、何を頼めばいいか、どう頼めばいいか簡単にはわかりません。

 テーブルにあった紙のメニューも見ながら、ようやく頼んだのは「濃厚とん塩らーめん・バラバラ」、それに「ミニチキンカレー」。友人は迷った挙げ句、「超濃厚 男の鶏パイタン」と「トントロ丼」を注文。既に一杯食べた後なのに大丈夫なんでしょうか。

▲いたる所に貼られた紙のメニュー。上のバケツは食べ残したら逆さまになって水をかけるとか、そういうギミックではない

 深夜という時間帯、そして濃厚スープで有名なだけに、客層の殆どは大学生くらいの若者。店員さんも同年代くらいで、店全体に活気が溢れています。ちなみに水は店の奥にある給水器からセルフサービスで取る形式。座敷席になると靴を履き直さなければならないので、ちょっと面倒です。

 さて、そうこうするうちにラーメンがやって来ました。まずは僕の頼んだ「濃厚とん塩らーめん・バラバラ」です。

▲濃厚とん塩らーめん・バラバラ(997円)

 見た目からしてテカテカしたスープは、見た目通りに濃厚です。一口飲んでみても、やっぱり濃厚。濃さだけならば「はなふく」などを遙かに凌ぐもの。豚骨のトロリというよりデロリとした味わいが美味しく、塩ダレともよく合ったスープです。

▲麺はストレート太麺

 麺はストレート太麺で、これがモチッとした歯ごたえとツルツルとした喉ごしが美味しい麺でした。どうやら真空麺を使っているようで、なるほどと納得の食感です。スープで有名な「まりお流」というイメージでしたが、麺もかなり美味しかったです。

▲バラバラ

 「バラバラ」と指定したチャーシューは、大きな角切りとなって載っています。一つがレンゲにようやく収まるくらいの大きさで、軟らかジューシーな美味さ。こってり濃厚なスープと一緒だと多少のくどさも感じますが、それを差し引いても美味しいチャーシューです。

▲超濃厚 男の鶏パイタン(1050円)

 こちらは友人が食べていた「超濃厚 男の鶏パイタン」。パッと見たところは「天下一品」の濃いめという感じですが、それどころじゃない、メチャクチャ濃いスープです。一口含むと口の中にテローンとしたものがいっぱいに広がり、それはもちろん旨みのある絶品スープなんだけれども、しかし続けて食べていくとかなりしんどいという。

▲豚とろチャーシュー丼(1050円)

 その友人は、サイドメニューで「豚とろチャーシュー丼」も頼んでいるんですよね。ミニサイズではなく、丼にぎっしりごはんと豚トロが載った一品です。ボリュームだけでも結構なことになっているのに、その上この濃厚さですから大変です。まあ、ちゃんと完食しましたけど、さすがにラーメンのスープは残しちゃいました。もったいない……けど、僕も代わりに飲み干すだけの余力はありませんでした。

▲ミニチキンカレー(ラーメンと一緒に頼むと399円)

 僕もこの「ミニチキンカレー」を頼んでましたしね。てっきり煮込みチキンが入ったカレーだと思っていたら、「まりお流」名物の唐揚げが2つ載っていてラッキーでした。この唐揚げ、サクサクの衣が非常に美味しいものでした。今度は単品で頼むのもいいかもしれませんが、量はかなりあるようなので計算しつつ頼まなければなりません。

 カレールーはスパイシーですが辛さはそれほどなく、具材も全て溶け込んでいてサラサラとした感じでした。カレーとしては普通かな。

 濃厚スープに圧倒された「まりお流」初訪問。しかし今回僕が食べた「濃厚とん塩」が6、友人の「男の鶏パイタン」が8と、まだ最高峰である「富士山」(という名のラーメンがある)の20の半分にも満たない濃さなんですね。

 頂に上るまでにはまだ、相当の修行が必要ですが、いつか極めてみたいものです。ちなみに「富士山」は値段も2100円と高い頂にありますので、色んな覚悟をしてから臨まなければ(笑)。ごちそうさま!

 まりお流ラーメン
 奈良市尼辻町433-3 地図
 0742-35-1102
 18:00~27:00、無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。