スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

ビストロこぶ志 2周年企画はイタリアンのコース料理!


 6月になりました! この1日、2日は三条御前のファンタジスタ「こぶ志」が開店2周年記念企画メニューを提供しています。昨年はラーメン屋なのに「この日はカレーオンリー」という傾(かぶ)いた企画で楽しませてくれましたが、今年は「ビストロこぶ志」と題して、イタリアンのコース料理を出すことに!

 前回の「こぶ志」の記事で1・2日とも仕事の関係で僕は行くのは難しいとしていました。一日限定50食というのがネックだなあと。しかし、仕事をなんとか定時ちょっとで切り上げ、京都に午後7時過ぎに戻り、ダメもとで訪ねてみたら看板にはまだ光が! 滑り込みセーフでなんとかオーダーすることが出来ました。

 コース料理を順番に出していくため、客はカウンター席数分で入れ替え制。そのため店隣の駐車場に臨時に作られたテントの待合いスペースで待つことに。テントの中で待つというのが、なんだか祭りの屋台にいるような感覚で、気持ちが徐々に高揚しますね。待つ間に主菜を肉にするか魚にするかという選択をしますが、これは悩みましたね。両方食べたいというのが本音ですが、結局肉を選びました。とはいえ、友人と一緒に来ていたので交換して食べようという話はついていたのですが(笑)。

 ※以下は内容についてのレビューになりますので、食べた時に驚きが欲しい方はスルーされた方がいいかもしれません。

▲ワインとパンとスープ

 30分ほどしていよいよ店内へ。いつもの厨房も、今日はなんとなくイタリアンな感じ……でもないか。コース料理らしく、まず出てきたのはスープ。と、その前に主菜の肉料理に合わせて選んだ赤ワインが出てきます。魚の場合は白ワイン、また酒の飲めない方は発泡水のペリエがありますので、そちらを選ぶと良いでしょう。

▲ポタージュ「焼きいも・か・も」

 鴨ダシとサツマイモを使ったポタージュは、「こぶ志」の代名詞的存在となったドロ系スープのような一品。見た目通りにぽってりとしたスープですが、舌触りは意外になめらかです。パンに付けて食べると、スープがじんわり染み込んでいき、パンの香ばしさも口の中に広がっていきます。むぅ、最初のスープからしてスゴイぞ、これは。

▲塩釜チャーシューwithドロ弐号リベンジソースとグレープフルーツの冷製パスタ

 続いては前菜「塩釜チャーシューwithドロ弐号リベンジソースとグレープフルーツの冷製パスタ」です。長いメニュー名の中で気になるのが「リベンジ」という単語。これはそのままの意味でして、開店間もない頃に提供した限定麺「ドロ弐号」の評判が芳しくなく、今回はその時の汚名返上と出してきたメニューなのです。とはいえ、僕は弐号を食べたことがないので(初訪問時が伍号。その後にレギュラー入りしていた四号、限定復活で壱号は食べた)比較のしようはないのですが、塩釜チャーシューに載せられたソースは甘酸っぱさを伴ったもので、いつも食べているチャーシューの別の側面を見事に引き出さしており、とても美味しかったです。

▲冷製パスタ

 グレープフルーツの冷製パスタは、そのソースもさることながらパスタがメッチャ美味いです。極細のそれを作ったのはもちろん麺屋棣鄂。この細さなのに一本一本の存在感を舌の上で感じることが出来、それでいて控えめなソースの味を邪魔しない絶妙のバランス。「2周年で冷製パスタやるしー」という無茶ブリ(笑)にもしっかりとした答えを出してくる職人魂に脱帽です。フルーツ系の冷製パスタは山盛り食べるようなものではないですが、これはわっさーと山盛り食べたいですね。

 そして次はいよいよ主菜です。「ふぃっしゅおあびーふ」で「びーふ」を選んだ僕は「牛フィレ肉のソテー恋玉パテと共に」です。

▲牛フィレ肉のソテー恋玉パテと共に

 やって来た瞬間に香るのはフィレ肉の香ばしさと、そしてお茶の香り。そう、この周囲に配されたソースは先月の限定「塩系チャチャチャBLACK#58」で使用されたお茶の脂を使ったものなんです。軟らかなフィレ肉にそのソースを付けて食べれば、意外なほどにマッチした味が口の中に広がります。

 そして山芋のソテーの上に載せられているもの。こちらもかつての限定麺で使われた素材です。「恋玉」という名前でピンと来た方は、結構な「こぶ志」フリークですね。これは昨年2月の「味噌系こぶ志ラーメン恋玉」で使用した、「まごころ味噌」を使ったパテ。フィレ肉につけてもよし、もちろん山芋や茄子との相性もバッチリで、茶と味噌という和の素材がイタリアンと見事に融合した一品でした。

▲つぼ鯛のポワレ「RED WREATH」ソースにからめて

 もう一つの主菜、「フィッシュ」とコールしたら出てくるのが「つぼ鯛のポワレ『RED WREATH』ソースにからめて」です。こちらのソースは昨年12月の限定麺「ドロ十四号 RED WREATH」で使ったトマトベースのものを改良。酸味というよりも甘酸っぱさを感じるソースが、淡白なつぼ鯛の白身とベストマッチしており、感動的な美味しさでした。

 フィレ肉もつぼ鯛も、ともに素材として最高であるのはもちろんなのですが、やはり決め手はソース。そこにこれまでの限定メニューで得た知識と経験、アイデアを注ぎ込み、こうして仕上げてしまう腕前はさすがの一言。もちろん主菜だけでなく、前菜のパスタやスープでもそれらはいかんなく発揮されており、まさに「こぶ志」ファンのためのお祭りメニューでした。いや、本当にスバラシイ!

 これで値段が900円というのは、今更言うまでもありませんが「こぶ志」からお客さんへの感謝の気持ち。ならば僕らはその気持ちに応えてしっかり美味しく完食させて頂き、大きな声でこう言うのが礼儀です。

 「2周年おめでとうございます! 
        ごちそうさまでした!」


 ラーメン こぶ志
 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1階 地図
 075-841-9419
 11:30~14:30、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

いつ見てもこのお店は…。
すご杉!
一回は行ってみたい。
2010/06/02(水) 12:14:43 | URL | くらくらな日々z #-[ 編集]
感動です。
>くらくらな日々zさん
ホンマにすご杉なお店です。
今回のメニューも、遊び心も入れつつこれまでやってきたことを活かしたもので、職人技というものをヒシヒシと感じるものでした。
是非行ってみて下さい!
2010/06/03(木) 02:02:36 | URL | ルンホルム #GCA3nAmE[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。