スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

四川料理 味苑 エビチリ&鶏肉の唐辛子炒め&マーボードウフ&ごま団子 ほか

▲店舗外観

 伏見区竹田にある四川料理店「味苑(みえん)」へ行ってきました。前回、初訪問時はホイコーローと担々麺がセットになったお得なランチを頂きましたが、今回は友人らと一緒に夜の本格四川料理を食べてきました。

 17時半からの夜営業開始から間もなくの時間に入店すると、既に座敷席は家族連れ客などでいっぱいでした。僕らはその手前にある円卓席に座り、菜譜を見ながら相談開始です。とりあえず代表的なものを頼んで、後はせっかく四川料理なのだから辛いモノに挑戦しようということでまとまりました。

▲エビチリ(1200円)

 まずやって来たのはエビチリ。注文して3分くらいで出てきて驚きました。下ごしらえしてある具材を炒めるだけなので早いのかな。

 そんなファーストフード的な調理時間で出てきた「エビチリ」ですが、味は一級品。プリップリの海老に生姜の香りが程良く効いたややピリ辛の甘酢あんかけが絶妙な絡み具合です。玉ネギも歯ごたえ、甘みともに良く美味しかったです。

 と、上々の四川料理三昧がスタートしたのですが、その笑顔は二品目が来た瞬間に引きつったモノに変わりました。

▲鶏肉の唐辛子炒め(1500円)

 細切れにした鶏肉を、それ以上の量の唐辛子と、あと写真では分かりにくいですが、大量の山椒の実で炒めた料理です。いやマジデこれはヤバイヨ? 食べる前から脂汗が流れます。しかし頼んだものは(トマト以外)残さず食べるのが僕のポリシー。いざいかんと箸を伸ばしました。

 鶏肉と唐辛子を一緒につまんで口の中に入れると、淡白な鶏の食感の後に唐辛子と胡麻、山椒の刺激がわっさーと被さってきます。その感想を言えば「美味しい」。けれど「美味しい」と言葉に出すより先に「辛い」という感想が本能的に口を突く、そんな感じです。

▲唐辛子よりもヤバイのは山椒

 酒のアテとしてはなかなかですが、ごはんが進むかと言えば微妙な味。でも、辛いモノ好きな僕は、なんとなく手が止まりません。慣れてくると(麻痺してくると?)唐辛子の中にある甘みみたいなものまで感じたりして、ちょっと違う境地の美味しさに遭遇できます。

 が、やっぱり辛いモノは辛い。唐辛子は平気なんですが、山椒がヤバイんです。唐辛子が舌先だけの辛さと言うなら、山椒は胃袋の中から沸き上がる辛さ。やがてそれは喉、舌、唇と逆の流れで感覚を浸食し、味覚を麻痺させ水を飲んでも痺れるという状態にさせるのです。「山椒は小粒でもピリリと辛い」、その神髄を味わいました。

▲ホイコーロー(780円)

 辛さで舌が麻痺してきたところで出てきたのが「ホイコーロー」。実はこれ、注文間違いだったんですよね。本当は「鶏肉の唐辛子炒め」と同じく味苑基準で辛さレベル3の「豚肉の激辛煮」を注文していたのですが、菜譜で一つ上の「ホイコーロー」が出てきた次第。しかし、ある意味これは救世主。ここで「豚肉の激辛煮」が来ていたらDEAD ENDだったかもしれません。空気を読んだオーダーミスでした(笑)。

 「ホイコーロー」は前回のランチでも食べたのですが、その時の具材は豚肉、キャベツ、玉ネギだけで、今回はピーマン、にんにくの芽も加わっていました。もちろん量も多いです。こちらは辛さレベル1なのですが(エビチリも同じ)、殆ど口休め状態です。

▲マーボードウフ(780円)

 続いては四川料理の代表格「マーボードウフ」。辛さレベル2のメニューで、山椒も粉末で結構な量かかっていますが、食べるのに苦労するということはありません。ひき肉のジューシーな食感と豆腐の淡白さが、麻と辣の味わいと見事に融合した一品です。

▲五目チャーハン(580円)

 ごはんモノは「五目チャーハン」を注文。写真は取り分けた後のモノなので、実際はこの数倍の量があります。緑色の具材はピーマン……と思ったらキュウリでした。キュウリが入ったチャーハンというのは初めて食べたのですが、四川料理ではメジャーだったりするのでしょうか。

 ざっと紹介してきましたが、実のところ「鶏肉の唐辛子炒め」以降の料理については、味覚がおかしくなっていたので余りわかっていません。いや、本当にそれくらい辛かったんですよ。辛さレベル2と3の間には、凄まじい距離があると思います。レベル2まではスライム狩っておけばそのうちなれるけど、3になるにはゴーレムくらい狩らないと到達出来ないというか。

▲なんとかココまで頑張ったが……

 翌日も仕事なので無理はせず、今回は敗北を認めて残させて頂きました。いやでもほら、結構頑張ったと思うんですよ。

 メインの後はデザートも頼みました。

▲ショーロンポー(3個350円)

▲ごま団子(3個350円)

▲桃まんじゅう(3個280円)

 個人的にオススメは「ごま団子」。表皮の粒々胡麻とカリッとした食感、中のモチモチとした食感、中心部のコクのある胡麻あん、どれも素晴らしいものでした。桃まんも生地が柔らかく、中のこしあんもしっとりしていて美味しかったです。ショーロンポーもジューシーでしたね。

 四川料理堪能と言いつつ、「鶏肉の唐辛子炒め」以外は普通のメニューばっかりというのは次回以降に活かすべき反省点。「味苑」の名物は激辛の「火鍋」なので、今度は一品料理も頼みつつ、それにチャレンジしてみたいです。しかし、それにしても辛かった……ごひほうはまぁ!

 四川料理 味苑
 京都市伏見区竹田七瀬川町12-4 地図
 075-647-9119
 11:00~14:30、17:30~23:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

鶏肉の唐辛子炒め
鶏肉の唐辛子炒めを
この前食べてきました。
辛いもの好きの私、今まで辛くて
食べられなかったものなどない。
辛くて食べられない? ハッハッハ。
と注文しましたが、
あそこまで辛いと思わなかった。
あそこまでよく食べましたね。
まさに凶器のような辛さでした。
美味いのかどうかすらわからん。

実はここ裏メニューも多いそうなのだが
(日本語が通じない店員もいるから)
なかなか注文しにくい。

キノコ鍋を注文してきました。
4000円くらいでなかなか美味しかったです。
でも予約注文しなければならないそうだが、
予約が難しいので、もう注文しませんが・・。

ああ しかし辛かった。
2011/12/27(火) 17:51:23 | URL | みゃ #HfMzn2gY[ 編集]
いきましたか~♪
>みゃさん
おお、食べて来ましたか!
もう2年前になるのかーと懐かしく思いましたが、写真を見るとあの時の痺れ具合がぶり返しそう(笑)。
僕も「辛いの得意だしドンと来いや!」と楽観して痛い目にあいました。いやホント、言葉通り痛覚として痛い目にあいましたね。
この時は友人らと3人で食べに行ったので、最後の皿の様子くらいまで減りましたが、1人ではとてもとても。
長らく行っていないですが、料理のレベルは高くて美味しいので、何人かで連れ立って再訪したいですね。その時は、まあ、鶏肉の唐辛子炒めは頼まないだろうなぁ。
2011/12/28(水) 13:25:31 | URL | ルンホルム #M.bMaQJU[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。