スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館&長浜鉄道スクエア ほか

▲海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館

 湖北ラーメンツアー、「麺屋 ジョニー」「梅花亭」と回ったところで、腹ごなしに長浜観光へ。当初はどちらかの店のエントリーに、写真を載せて終わるつもりでしたが、意外に良かったので単独エントリーにして紹介したいと思います。

 2月に訪れた時は長浜城には行ったのですが、正直それ以外にどんな観光名所があるのか全く知りませんでした。今回は「チョコエッグ」などのフィギュアで有名になった「海洋堂」の「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館」へ行こうと、長浜黒壁スクエアへ向かいました。

▲黒壁スクエア

 三連休の中日ということもあり、かなりの人出で賑わっています。というか、まず車を停める場所を探すのに一苦労。コインパークはどこも満車で、結局長浜駅前の平和堂の駐車場まで行って停めました。少し離れますが、ここなら帰りに1000円以上買い物すれば2時間無料ですしね。

 そうして向かった「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館」。入口の左右には「大魔神」と「北斗の拳」の「ケンシロウ」が仁王のように立ち、上にはレッドドラゴンが咆哮しています。入ってすぐはフィギュアショップとなっており(そこはそれで楽しい)、奥の階段前がミュージアムの受付となっています。

 入場料は大人800円ですが、チケットと一緒に300円相当のフィギュアのガチャガチャが出来るコインを1枚くれるので(ガチャガチャは指定の数種類から選択)、実質的には500円というところ。ペンギンフィギュアをゲットして、2階の展示スペースに上がりました。

▲エスメテノスクス

 上ったところにいるのは、入口にもいたレッドドラゴンと上写真のエスメテノスクスという恐竜の実物大フィギュア。ぐるりと見渡せば、そこには恐竜、動物、アニメキャラなど、様々なフィギュアやジオラマがところ狭しと並んでいます。一瞬にして童心に帰り、デジカメ片手に見て回りました。ちなみにフィギュアに触れることは禁止されていますが、撮影は自由となっています。

▲トリケラトプスの実物大フィギュア。映画「ジュラシックパーク」で実際に使われたとか。イッちゃった目をしているのは、映画で瀕死のトリケラトプスという役柄だったから

▲妙にリアルな質感の河童。来年2月末まで「四万十川カッパ造形大賞」作品展をしているため、こうしたリアルなものからユーモラスでかわいらしいものまで、様々な河童たちが館内に展示されている

▲ネイチャーゾーンにある、おそらく「チョコエッグ」の食玩を使っていると思われるジオラマ。他にも色々なものが芸も細かく作られており、見ていて全く飽きない

▲キャラクターゾーンの入口に立つ「北斗の拳」の「ケンシロウ」と「ユリア」の等身大フィギュア。実は「北斗の拳」を読んだことがないため、これがスゴイのかどうかイマイチわからない

▲「新世紀エヴァンゲリオン」の序盤の見せ場「ヤシマ作戦」のジオラマ。旧劇場版の「2号機vs量産型」も大型ジオラマで再現されていた

▲「アルプスの少女 ハイジ」の一場面。タイトルの「クララが立った!」瞬間ではなく、既に普通に立ってハイジたちと遊んでいる様子。後ろに無彩色のクララを配すことで、以前のウジウジしていたクララの心情を表現しているとかなんとか

▲カルチャーゾーンのジオラマ。有名な坂本龍馬の写真を、撮影するカメラも含めて再現。カルチャーゾーンは他にも歴史的な一場面や、古代の宝物のフィギュアが展示されている

▲ガールズゾーンの「Fate/stay night」の「セイバー」。この手のフィギュアを堂々と撮影できるのは嬉しいことだ(笑)。ちなみに先日の神戸探訪は同作品の聖地巡礼も兼ねていたのだが、写真を見てピンと来た方はいなかったようだ

 一時間くらいは見ていましたが、正直もう少し見ていたいと思いました。企画展が変わる頃に、是非とも再訪したいと思いますね。

 「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館」を出た後に向かったのは「大通寺」。全く知りませんでしたが、立派な山門のある由緒正しいお寺です。寺までの道に「近江牛バーガー」とか「近江牛まん」とか「のっぺいうどん」とか「鮎の塩焼き」とか、色々美味しそうなものを出す店が並んでいたのですが、満腹の上にこの後もう一軒ラーメンを食べる予定だったので断念。1本70円の焼きたてみたらし団子だけで我慢しました。

▲大通寺山門へと続く参道

 大通寺を出た頃からポツポツと雨が降り始め、やがてそれは傘を必要とするほどとなりましたが、生憎傘はありません。仕方ない、帰るかと駐車場へ戻ったところで、そこから歩いてすぐのところに「長浜鉄道スクエア」というものがあると知り、小走りで向かいました。

▲長浜鉄道スクエアの玄関、旧長浜駅舎

 「長浜鉄道スクエア」は1882(明治22)年に北陸線の始発駅として建築された旧長浜駅舎に併設する形で「長浜鉄道文化館」「北陸線電化記念館」を設置。大人300円の入館料で全て見学できます。

 「旧長浜駅舎」は外観のみならず、待合室や駅長室などがそのまま保存されており、鴨居の低さが当時の日本人の体格の小ささを表しています。「長浜鉄道文化館」は長浜駅と北陸線の歴史を紹介、鉄道模型も走っています。

▲「北陸線電化記念館」の「ED70形」

 「北陸線電化記念館」には日本初の交流電気機関車「ED70形」とデゴイチこと蒸気機関車「D51形793」の実物が展示されています。どちらも機関部まで入ることが出来、とりわけ「ED70形」は現存する唯一の車両ということで、マニアにはたまらないものがあるのでしょう。

 こんな感じで長浜観光をしてきましたが、意外なほど楽しめました。回れなかった観光スポット、回れなかった店、ともにたくさんあるので、全部ひっくるめて再訪ですね。

 ちなみにここで買ったお土産は下のもの。

▲海洋堂ミュージアム隣接のジブリショップで購入

 飛行石とともに「リ-テ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリ-ル」唱えると目が光って再起動するとかなんとか。割と大きいです。実際はプランターとして使用しますが、オブジェとしてもなかなか。

 海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
 滋賀県長浜市元浜町13-31 地図
 0749-68-1680
 10:00~18:00(3/1~11/30) 、10:00~17:00(12/1~2/28) 入館料大人800円、小人500円(ともにフィギュア付き) 年末休(元旦は12時開館)

 長浜御坊大通寺
 滋賀県長浜市元浜町32-9 地図
 0749-62-0054
 9:00~16:30 拝観料大人500円、小人100円 年末年始休

 長浜鉄道スクエア
 滋賀県長浜市北船町1-41 地図
 0749-63-4091
 9:30~17:00、入館料大人300円、小・中学生150円 年末年始休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。