スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

トルコ料理 イスタンブール ハネダン キョフテ・ランチ

▲入居ビル前の看板

 「世界三大料理に数えられる3つの料理とは何か?」と問われて、それが何であるか即答できる人はどれだけいるでしょうか。僕は「カレー、ラーメン、寿司かな?」と答えた後、「いや、それだと全てアジア圏発祥になっちゃうから、寿司の代わりにピザでも入れておくべきか」なんて考え、実は質問の意図は個々のメニューを指しているのではないということに気付かなかったりします。

 で、その答えはというと、「中華料理、フランス料理、トルコ料理」なんだそうです。中華料理は親しみ深いですし、納得です。フランス料理も親しみはないですが、まあ、ヨーロッパ代表ってことで納得しましょう。しかし、3つ目のトルコ料理というのが、どうにもピンと来ません。トルコ料理と言われて思い浮かぶのは、やけに伸びるアイスクリームとか、あとはトルコライス?ですが、トルコライスはトルコとは基本的に何の関係もない料理ですからね。

 そんな疑問を頭に浮かべつつ、今回は福島にあるトルコ料理店「イスタンブール ハネダン」の紹介です。場所はJR環状線福島駅からなにわ筋を北進。福島6の交差点を超えた西側のビルの2階になります。歩道には上写真の看板などが結構目立っているので、見落とすことはないでしょう。

▲ビル2階の店舗入口

 ビルの壁面にある階段を上り、トルコ国旗の掲げられた扉を開いて中に入ります。外からの印象とは違って中は広く、奥のテーブル席に案内されました。訪れたのは平日の午後1時40分頃だったのですが、異国情緒溢れる店内に客は僕一人。しかも案内してくれたトルコ人シェフの方が、男の僕から見ても「かっこええなぁ」というオリエンタルなイケメン。なんでか緊張しつつ、メニューから「キョフテ・ランチ」を頼みました。

 メインディッシュの前に、まずやって来たのが前菜のスープです。

▲赤レンズ豆のスープ

 この日は「赤レンズ豆のスープ」ということで、すり潰したレンズ豆の食感が存分に味わえるスープでした。まったく固形物はないのですが、豆っぽさはかなりあり、写真では判りにくいですがカップも結構大きくて、前菜にしてはボリューム感のあるものでした。

 それを飲み終えた頃、メインのキョフテが登場です。

▲キョフテ・ランチ(900円)

 「キョフテ」と言っても、それがなんだか判らない人も多いかと思います。僕もこの店で初めて知りましたし、当然初めて食べました。写真を見てもらった通り、「キョフテ」とは小さなハンバーグみたいなものです。一つの大きさは長辺5センチくらいでしょうか。一口で食べられないこともないといった大きさです。

 普通のハンバーグと違うのは、とにかく弾力。一般的なハンバーグは、噛むと肉汁がジュワァと溢れ、ミンチ肉がホロホロと崩れるような軟らかさがありますが、「キョフテ」の食感はキュッキュッという見事な歯ごたえ噛みごたえを与えてくれた上で、肉の旨みを感じさせるもの。例えるなら、いい素材を使った「焼きつくね」でしょうか。正直に言いましょう。すっげー美味い! ヤバイって、美味いって、初めてだってー!

 下に敷かれたジャガイモを摩り下ろしたソースをつけて食べると、キュッと締まった肉質に、もっさりとしたジャガイモの旨みが被さって、また違った美味しさを見せてくれます。

▲ジャガイモのソースを添えて

 セットで出てくる「トルコピラフ」は、刻んだキノコが混ざったもの。微かに味がついています。また、ボリュームも結構あって、キョフテと合わせて食べると、普通に満腹となりました。ちなみにランチセットは「トルコピラフ」の他に、焼きたての「トルコパン」にすることも可能です。

▲トルコピラフ

 食後にはドリンクも付いてきます。ホットコーヒー、アイスコーヒー、ホットトルコチャイから選択可能で、僕はホットトルコチャイを頂きました。

▲ホットトルコチャイ

 チャイと言うと、インド料理店で出てくる濃いミルクティーを思い浮かべますが、ここのものはストレートティーでした。小さなガラスの器に入れられいるあたりもインドのものとは違いますね。これがトルコのスタンダードなのでしょうか。

▲店内は意外と広い

 これだけの味、ボリュームで900円はコスパ面でもかなりのもの。夜には様々な料理が食べられるほか、ベリーダンスショーも開かれたりするようです。また、入口すぐにはカウンターバーもあるので、ちょっと飲もうという時にも使えますね。

 今回食べたランチだけでは、世界三大料理の真髄などまだまだわかりませんが、その片鱗を知っただけでもその肩書きが伊達ではないことは判りました。あと、トルコ人の男前加減も思い知らされました。店を出る時も、色々説明してくれた上に扉を開けて外まで送ってくれたり、心意気も男前なんだよなあ。ある意味、女性と来るのがためらわれる店かもしれません(笑)。ごちそうさま!

 トルコ料理 イスタンブール ハネダン
 大阪市福島区福島7-22-17 BRAVIビル2階 地図
 06-6345-7004
 平日11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~23:00(L.O.22:00)、土日祝12:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~23:00(L.O.22:00) 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。