スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

麺屋 武士道 めっちゃ満腹御膳(麺男盛+玉卵飯)

▲店舗外観

 店の前に顔出し看板! なんとも奇抜で存在感溢れる外観をしたラーメン店「麺屋 武士道」へ行ってきました。場所は大阪市西区の阿波座交差点から少し南に行ったところ。新なにわ筋沿いではなく、やや入った場所になりますが、ご覧のような外観なのですぐにわかると思います。

 訪れたのは平日の午前11時50分頃。暖簾をくぐると下駄箱があり、靴はそこに入れて奥へ進む形。靴箱は木札を取って鍵をかける仕組みですが、その木札には番号とともに「浪人」「町娘」「藩士」など、時代劇に出てきそうな身分?が記されており、この後はそれに見合ったキャラクターで通さねばなりません。僕は「藩士」だったので、それなりの威厳を示して注文する羽目になりました。「これ、そこの店員。わしの水がないのじゃが」とか。

▲「藩士」と書かれた木札。注文伝票を挟む「おあいそボード」の裏の文もステキだ

 嘘です。そんな趣向はありません。でも、別にやっても怒られないと思うし、逆にノリノリで返してくれるかも。

 と思ってしまうほど、店内のノリは熱いです。「いらっしゃいませ!」のかけ声も良いし、厨房でのやり取りも元気。それでいて個々の注文取りなどはハキハキ且つ丁寧な対応で、「武士道とは荒々しさのみに非ず」といった感想を抱きます。店のBGMは和テイストですが、京都紹介番組のようなそれではなく、琴や三味線を使ったロックのような感じ。店内には甲冑や模造刀などが飾られ、そして超大盛りメニューの「全男盛り」を完食した人たちのスナップ写真が所狭しと貼られています。それらを眺めているうちに、いつの間にか注文したラーメンがやって来ていました。

▲麺男盛(860円)

 この日はランチメニューの「めちゃ満腹御膳」。通常のラーメンから麺を男盛(+240円)にし、「玉卵飯(たまらんはん)」をセットにしたもの。「ラーメン荘 地球規模で考えろ」などで豚大野菜マシマシを完食してるいので、麺、肉、野菜、全てを男盛にした「全男盛」を食べる自信はあったのですが、なにぶん出勤日の昼休み、一人で来ていたので自重。完食したら甲冑を着て記念撮影というのもなぁ。友人らと一緒に来たのならノリノリでポーズ取るんですが。

 ラーメンは注文時にニンニクと背脂の有り無しを訊かれます。この日は仕事中だってのでニンニクは抜いてもらいました。スープは鶏ガラベースの黒醤油で、背脂の影響か割とこってりとした印象です。醤油のコクもあるのですが、それよりも脂のこってり度が勝るかなあ。食欲を増進する味ですが、どちらかというと若者向けの味という印象です。

 トッピングはキャベツと野菜の炒め物と豚バラ肉。豚バラは薄切りが3枚だけなので、肉の量だけを考えたら普通のラーメン店よりやや少ないかもしれません。一方の野菜はかなり多め。今回野菜はデフォルトの量だったのですが、“どっさり”という表現が的確な量ではありました。「ラーメン荘」の野菜は湯通ししているだけに対し、こちらは炒めているので野菜のシャキシャキとした食感はこちらの方が強いです。また、キャベツの割合が高いのも違いですね。6:4でキャベツって感じでした。

▲麺は極太ストレート

 麺は極太のストレート麺で、コシの強さも光ります。スープに脂分が多いため、喉ごしもツルツルっとしています。食べている途中に「黒胡椒入れてもよろしいですか?」と訊ねられ、了承すると「魂入りまーす!」と絶叫して大きなミルで胡椒を振りかけてくれるパフォーマンスもありますが、アレ、これって一乗寺の「男道場」でもありましたね。系列店? それとも?

▲玉卵飯(340円)。ランチタイム「めちゃ満腹御膳」は麺男盛とこれで1020円

 セットの「玉卵飯」は、いわゆるたまごかけご飯。しかし黄身の味が濃く、これ専用に出されるダシ醤油が美味しいため、レベルの高いものとなっています。ラーメンスープともよく合っていました。

 会計を済ませて帰ろうとすると「お客様、ご出陣です!」との声がかかり、店員一同声を合わせて「いってらっしゃいませ!」と言ってくれます。平日に訪れたので、午後からの仕事も頑張ろうって気になりましたね。次回は友人らと来て「全男盛」に挑戦し、是非とも甲冑姿で記念撮影したいものです。

 ただ、「武士道」という店名からするとちょっと「?」な部分が1点。店内のメニューなんですが、全て税抜き価格で大書きされた後に括弧内に税込み価格が記されているんですよね。なんか武士道という単語イメージに遠くないですか(笑)。ここは一つ、ハッキリと税込み価格だけで表示すべきだと思います。ごちそうさま!

 麺屋 武士道
 大阪市西区立売堀4-6-20 立売堀ビル1階 地図
 06-6532-3349
 平日11:30~13:30、17:30~22:30、日祝17:00~22:00、第3日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

自分もこの店のスタイルで今時、税抜き価格の表記はないわぁと思ったクチです(笑)
あと、大盛りを売りにしてる割にトッピングが高いのもちょっとせこいかなと。
全男盛で1500円って…
ラーメン二郎みたいなのを期待したせいか肩透かしくらいました。
2009/10/12(月) 23:30:31 | URL | とら #yl2HcnkM[ 編集]
確かにちょっとセコイかも(笑)。
>とらさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

税抜き価格表記、やっぱり「武士道」からちょっと外れてますよねぇ(笑)。

コスパに関しても、どうしても二郎系の店と比較してしまうので、全男盛の値段には「?」マークは出てしまいます。二郎系は野菜無料ですからねぇ。
あのパフォーマンスも込みの値段と考えたらアリなのかもしれませんが、ラーメンそのものだけを見たら確かにコスパは良いとは言えないですね。
2009/10/13(火) 01:13:39 | URL | ルンホルム #GCA3nAmE[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。