スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

蕎麦見世のあみ 鴨南蛮

▲店舗外観

 池田駅前の「蕎麦見世のあみ」へ行って来ました。前回訪問は9月初旬でまだ暑く、辛みのある蕪おろしが美味しい「くれつぼおろしそば」を頂きましたが、今回は温かいものをと「鴨南蛮」を頂きました。

▲鴨南蛮(1200円)

 丼には脂の乗った鴨肉が5枚と、炙った太ネギが乗り、ビジュアルから美味しさがビンビン伝わってきます。出汁は旨味が強く、喉を通れば体がほっと温まってきます。単純に汁の温度で温まるのではなく、美味しさが体の中に染み渡って温まる感じですね。

 そういえば知人から聞いたのですが、「鴨南蛮」の「南蛮」というのは、元々大阪の「難波」が語源らしいです。その昔、難波はネギと鴨の産地であったことからきているとか。てっきり南蛮渡来のメニューから派生した食べ物だからと思っていましたが、そんなルーツがあるんですね。

▲鴨肉と太蕎麦

 蕎麦は細と太が選べますが、今回は太蕎麦で頼みました。前回の細蕎麦でも風味はしっかり味わえましたが、太蕎麦の場合は噛んだ食感と、そこから染み出す蕎麦の香りが、また違う印象を与えてくれますね。僕の好みとしては、ざるそばは細蕎麦、汁そばは太蕎麦がいいと思うのですが、どうでしょう。

 この時は1階のテーブル席で食べていたのですが、見せてもらった2階席は雰囲気の良い座敷席となっており、蕎麦打ちをする部屋もありました。今度はそっちでも食べてみたいですね。ごちそうさま!

 蕎麦見世のあみ
 大阪府池田市菅原町6-7 地図
 072-751-1429
 11:30~15:00、17:30~22:00(L.O.21:30) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。