スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

唐子ラーメン 唐子セット&いくら飯&単品唐揚げ

▲食い逃げメニューと唐子セットの唐揚げ

 東大路にあるガッツリ系ラーメン店「唐子」。ブログでの紹介は昨年7月が最後ですが、定期的に食べたくなる味と量に誘われて、だいたい3カ月に1度くらいのペースで訪れています。

 上写真は昨年9月某日の訪問時。ラーメン+ライス+唐揚げ2個の「唐子セット」(880円)に、カウンターに並べられた「食い逃げメニュー」とされたおばんざいが食べ放題という、サービス満点さはいつもの通り。唐揚げが「これで2個とカウントするのはおかしいやろ?」というジャンボサイズですからね。この日の「食い逃げメニュー」は肉なし麻婆豆腐、茄子の煮浸し、ふかし芋、キューちゃん、あっさりパスタ。えーと、それからもう一つ。

▲こちらも食べ放題でした

 トマトも食べ放題でございました。僕には全く影響ありませんが、気前がいいですよね。

 12月某日に友人に誘われて訪れた時は、「今日はラーメンて気分じゃないんだよなぁ」と、ラーメン屋に来たのにラーメンを頼まず、単品で唐揚げと「いくら飯」だけを頼みました。

▲いくら飯

 ごはんの上に海苔といくらを載せたシンプルな一品です。これだけだと物足りませんが、「食い逃げメニュー」と単品で頼むと3つ出てくる「唐揚げ」とあわせれば、かなりボリューム満点の定食メニューとなります。

▲単品で頼んだ唐揚げ

 もちろんお腹は大満足。しかし、支払い時に思わぬ盲点が発覚。ラーメンを頼んでいないので、30枚集めると特製ラーメンが食べられる会員券がもらえるサービス券がもらえなかったのです。いつものセットと同じくらいの金額払ったのに……哀しい。

▲唐子セット(880円)

 こちらは先日食べてきた「唐子セット」。ラーメンはデフォの「唐子ラーメン」です。唐揚げに付いてる白いのは、カウンターに置かれたニンニクバターですね。これでよりジャンクな味になりますが、それがまたいいのです。

 サービス券は1枚損した形になりましたが、あと残りは10枚ほど。2年後くらいにはたまってるかなぁ。ごちそうさま!

 唐子ラーメン
 京都市左京区岡崎徳成町12-3 地図
 075-752-8234
 11:30~14:00、18:00~24:00 火曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華飯店 夜来香(イエライシャン) 麻婆豆腐定食

▲店舗外観

 西京極の「中華飯店 夜来香」へ行って来ました。近所なので割とよく行っているのですが、ランチの「海老チリ定食」「担々麺定食」を交互に食べて変わり映えもしなかったので、ブログ掲載は見送っていました。

 と、言うことは、それ以外のメニューを食べてきたということです。今回頂いて来たのは「麻婆豆腐定食」です。一律730円のお得なランチセットに含まれていないため、貧乏性から注文を先延ばしにしていたのですが、食べてみて思ったのは「もっと早く頼んでおけば」という後悔でした。

▲麻婆豆腐定食(800円)

 ランチの各種セットの違いは、杏仁豆腐の有無くらいで、後はサラダ、ザーサイ、卵スープと同じ内容。麻婆豆腐は赤黒い色合いで、見るからに辛そうなイメージです。注文時に「辛さはどうしましょう」と訊かれたので「辛口」でお願いしたのですが、ヤバイかったかなと汗。

 麻婆豆腐の皿は見た目よりも深皿で、ボリュームは結構あります。食べてみると辛さは懸念していたほどではありませんが、山椒がしっかり効おり、じんわりと汗が滲んできます。しかし、その辛さ痺れの中に、確固とした旨味が含まれており、ごはんがどんどん進みます。失敗だったとすれば、ごはんを大盛りにしなかったことでしょうね。

▲麻婆豆腐

 豆腐は絹ごしで調理の中で崩されています。挽肉は少な目、ネギは普通くらいの量です。

 会計の時に店主さんから「辛さはどうでした?」と訊かれたので、「大丈夫でしたよ」と答えると、「次はもう少し辛くしましょうか?」と。「ええ、それでお願いします」と返すと、ニヤリと笑みを浮かべて「わかりました。またヨロシクお願いします」と送り出してくれました。ランチタイムだと、毎度店を出るときに「いってらっしゃい、お気をつけて」と言ってくれるのですが、そういうところも嬉しいですね。店主さんは厨房の中から、僕のお冷が空だと気づくと、ささっと水を注ぎにきてくれたりもして(基本、最初のお冷以外はセルフで注ぐことになっているのに)、そういう細やかな気遣いが有難く、料理の美味しさ以外の部分でもファンになってしまいます。

 次はさらなる辛さの「麻婆豆腐」を食べてみたいですが、まだまだ食べていないメニューも多いので、迷ってしまいますね。ごちそうさま!

 中華飯店 夜来香(イエライシャン)
 京都市右京区西京極畔勝町44-2 地図
 075-315-1686
 11:30~14:00、17:00~22:00、水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

つけ麺 きらり 塩とんらぁめん・大盛り&肉めし

▲店舗外観

 伏見区の京阪中書島駅のすぐ近くにある「つけ麺 きらり」へ行って来ました。昨年7月に訪れて以来ですが、その間にラーメンのブラッシュアップを図るべく一時休業、そして復活という過程を経て、より美味しいものを出しているとのことで、期待は自然と高まります。

 近くで仕事があったついでに寄った平日の午後1時前。外待ち4人と店は盛況です。割とすぐに入ることが出来、入り口扉左手の券売機で食券を購入。前回は看板メニューのつけ麺を頂きましたが、今回は「塩とんらぁめん」をお願いしました。大盛りでも値段は同じなので、当然それで注文です。さらに「肉めし」も追加。ガッツリいく覚悟です。

▲塩とんらぁめん・大盛り(700円)

 しばし待った後にやって来た「塩とんらぁめん」。濃厚な豚骨の香りが漂いますが、そこに臭みは感じません。中に含まれる鰹節などがうまく打ち消してくれているようです。トロミが強くこってり感もハンパないですが、喉越しはクリーミーといった表現が的確で、飲みやすいものでした。

▲ストレート太麺

 麺はモッチリとした食感のストレート太麺。スープをしっかり持ち上げてくれます。

▲レアチャーシュー

 チャーシュー増しではありませんが、ピンク色が鮮やかなレアチャーシューが3枚載っているのは嬉しいところ。チャーシューは周囲にブラックペッパーがまぶされており、それが徐々にスープに混ざっていき、アクセントをつけていきます。また、極太メンマは見た目とは裏腹に軟らかく、これも美味しかったです。

 全体的なイメージとしては、スープのまろやかさや麺の形状など違いはありますが、城陽の「あっぱれ屋」ラーメンに近いです。チャーシューは完全にそれを想起させますが、完成度は非常に高いと思います。。

▲肉めし(290円)

 「肉めし」は、ラーメンのチャーシューとは別物と思われる、やわらか食感の肉を甘いタレでまぶし、ネギを載せたもの。「きらり」のごはんはデフォで十六穀米なので、バラエティに富んだ食感があって楽しく美味しい一杯です。

 以前はホームタウンだった場所に、僕がいなくなってから出来たレベルの高いお店は、ちょっと悔しい気持ちもありますが、今後も頑張って欲しいと思います。

▲去年大ブームだったさかもっさん

 食後に立ち寄った中書島駅では、去年大河ドラマでブームとなった坂本龍馬に関する案内板などがたくさん並んでいました。そのブームより前に伏見区から引っ越しちゃったのは、やっぱりちょっともったいなかったかな。ごちそうさま!

 つけ麺 きらり
 京都府伏見区東浜南町660-3 地図
 075-611-0565
 11:00~14:30、18:00~21:00、水・木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋 本日のカレー・ひれトンカツと牛肉コロッケ&ミックスジュース

▲店の看板

 堀川紫明にある喫茶店&欧風居酒屋の「香麗屋」へ久々に行って来ました。振り返ったら去年3月以来、1年以上のインターバルでした。この日は友人と少し打ち合わせをすることがあったので、ゆっくり食べられる場所へ行こうと訪れた次第です。

 日曜日の午後7時頃でしたが、店には学生を中心に10人以上がいました。広い店内なので、それでもゆったりと座れます。まずは腹ごしらえと、頼んだのは当然「本日のカレー」。この日は「ひれトンカツと牛肉コロッケ」で、大盛りでお願いしました。

▲本日のカレー・ひれトンカツと牛肉コロッケ(600円)+大盛り(100円)

 久々ということもあって、改めてその圧倒的ボリュームに驚かされます。分かりにくいですが、皿は直径30センチくらいありますし、ごはんは3合くらいは盛られているんじゃないでしょうか。そこにシイタケ、シメジなどのキノコソテーを載せ、さらにヒレカツ3枚とコロッケ2つを盛り付け。これで700円なのですから、学生たちが集うのも当然のこと。

 ヒレカツは衣サックリで中は軟らかく、コロッケも手作りではありませんが、大きくて食べ応え十分。ルーは素材が全て煮溶けた液状のものですが、ヨーグルト系の酸味を感じるもので、ごはんともフライともよく合います。大盛りで頼んでいるので、別に持ってきたカレーポットに、後がけ用のルーもたっぷり用意されており、まったくもって至れり尽くせりの内容です。

▲セットのサラダ

 しかもこれにサラダも付くんですからね。心なしか、前回のサラダよりも内容が充実しているような。

▲ミックスジュースとお菓子(400円)

 腹を満たした後は、飲み物を頼んで打ち合わせ。コーヒーにしようかとも思いましたが、以前飲んだミックスジュースが美味しかったのを思い出して、それを頼みました。たくさんのフルーツをミックスして作ったそれは濃厚で量も多く、400円はお値打ちです。そして当然のようにお菓子も出てくるという。

 本当、ブログで紹介するたびに書いてますが、近くにあれば絶対通ってます。今回もごちそうさま!

 コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替りキーマカレー&四種肉のキーマカレー

▲ダブルカレー・週替りキーマカレー(1000円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りカレーは「キーマカレー」です。と、しれっと紹介してますが、南蛮亭に来たのは後述する3月4週の「四種肉のキーマカレー」以来1カ月ぶりのこと。ブログでの紹介はさらに一週間遡ります。

 南蛮亭のキーマカレーは、挽肉以外の素材は殆ど煮溶けているのが定番ですが、今回のものは新玉ネギ、ナスともに形がしっかり残っています。残っていますが、口の中ではトロリととろける軟らかさで、このあたりの加減は絶妙ですね。鳥挽肉もいつもより粗挽きで、肉の歯ごたえ、弾力をしっかり感じられます。

▲ダブルカレー・週替り四種肉のキーマカレー

 こちらは一カ月前、3月4週の週替り「四種肉のキーマカレー」とのダブルカレー。四種とは、牛、豚、鳥、ラム。どの風味がどうというものは分かりませんが、肉の旨味がスパイシーにまとまったカレーでした。


 しばらくご無沙汰の肥後橋南蛮亭でしたが、やっぱり安定した美味しさです。ごちそうさま!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

拳ラーメン 鴨塩つけ麺(昼限定)&突発限定・塩系 とりチャーシュー麺

▲店の暖簾

 移転オープンから一カ月余り。先日は4月限定の「桜鱒のチャンチャン和え麺」も頂きましたが、今回は移転後にレギュラー入り(昼限定)した「鴨塩つけ麺」を食べて来ました。

▲鴨塩つけ麺(800円)

 鴨は「こぶ志」時代から、限定などでよく使われてきた素材ですが、今回はその出汁をあっさり目の塩つけ汁に合わせています。麺はつけ麺としては珍しく(拳では初めて)、全粒粉細ストレート麺を使用。普段はレギュラーの塩ラーメンに使われているものですが、つけ麺として食べてもやっぱり美味しいです。

▲全粒粉細ストレート麺

 より麺の風味が味わえますね。鴨つけ汁も、それを邪魔しない味付けです。。

▲つけ汁の中の鴨肉

 つけ汁にはチャーシューの代わりに身の締まった鴨肉が入っており、これまた絶品でした。

▲鴨そぼろごはん

 「鴨塩つけ麺」にはデフォルトで「鴨そぼろごはん」も付いています。上にかかっているのは「鴨と言えばネギやろう」ということで、ネギペースト。そのまま混ぜて食べても美味しいですが、残ったつけ汁と混ぜて茶漬け風にして食べるのがオススメ。

▲茶漬け風の〆ごはんにして食べてみる

 鴨そぼろのキュッと締まった食感と、出汁と混ざったネギペーストの風味が味わい深いです。

 また、これとは別の日に突発限定で出されていたのが「塩系 とりチャーシュー麺」。

▲塩系 とりチャーシュー麺(750円)+煮玉子(50円)

 絶品の塩釜チャーシューがあるため、これまで作ってこなかった鶏チャーシュー。新店舗で導入した器材で比較的短い時間で作ることが出来そうだということで、鶏ムネ肉を使って作ったそうです。絶妙なレア感と、しっとりとした舌触り、噛めば染み出る塩と肉の味わいが素晴らしいものでした。

▲レア加減が素晴らしい鶏チャーシュー

 ネーミング的には、チャーシュー=焼き豚なので、チャーチーというのが正しいのかな。いや、焼かずに蒸しているのでそれも違うか。まあ、細かい話です。

 ちなみにこの日のスープも鯛を存分に使ったもので、それだけでも絶品クラスでした。移転オープン後も、次々アイデアはあふれ出てくるようですね。それから「鴨塩つけ麺」ですが、ひょっとしたら近々別のものにレギュラーメニューが変更するかもとのことでした。となると、こちらも“隠れ4月限定”となりますので、未食の方はお早めに。ごちそうさまでした!

 ラーメン
 京都市下京区朱雀正会町1-16 地図
 075-351-3608
 11:30~14:30、18:00~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン たんろん 汁亡遊戯・めんバーガー・L

▲店舗外観

 「麺匠 空海」でカレーうどんを堪能していた時、ある知らせがメールで届きました。この日の西宮までやって来た理由である、甲子園球場での阪神戦が雨天中止となったという知らせでした。まあ、この時点で外は土砂降り。いくら水はけの良い甲子園球場とはいえ難しいだろうと思っていましたので、それは想定内。この日はライトスタンドで観戦予定だったので、中途半端にやられても大変でしたしね。

 半日の予定がぽっかり空いたため、それではと雨の中向かったのは、「空海」から徒歩数分の「ラーメンたんろん」。4月はブルース・リーの「死亡遊戯」をもじった「汁亡遊戯」というイベントを行っており、週替りであっと驚く汁無し麺(和え麺)を出しているのです。この週はメニュー名「めんバーガー」。奇抜にも程があるネーミングですが、頂いてきました。

 レギュラーメニュー表の横に、マクドナルドならぬタンロナルドという表示のもと、「めんバーガー」が写真付きで紹介されています。麺の量は並・大盛・特盛と来るのが普通ですが、バーガーショップらしくM・L・XLと表示されているのも楽しいです。毎回思いますが、「たんろん」のこうしたポップのセンスは、妙に凝っていてエンタメ性が高いですね。因みに注文は、L(麺225g)をお願いしました。

▲めんバーガー・L(900円)

 しばし後にやって来た「めんバーガー」。丼に盛られた麺の上には、たくさんのレタスが敷かれ、その上にミンチ肉、タルタルソースを盛り付けています。そしてケチャップとマスタードのようなソースのラインが入り、傍らにはチーズが添えられています。見た目は見事なまでのハンバーガースタイル。

 それらをよくかき混ぜて食べるのですが、好みで足すことの出来るニンニクがかなり香ってきて、この時点でかなりジャンクな印象。食べてみると、軟らかいミンチ肉と自家製タルタルソースの酸味、レタスのシャキシャキ感が素晴らしくマッチング。

▲よく混ぜて食べる

 麺は極太ストレートで、それなりに存在感はあるのですが、ニンニクやソースが強く脇役に。しかし、バランスは悪くありません。見た目のジャンクさとは裏腹に、意外なほどスルスルと食べることが出来、重い印象もありません。まさに今まで出会ったことのない和え麺。キャッチーなポップやネーミングだけでない、食べても美味しさという驚きを与えることの出来る一杯でした。

 週替りメニューなので、提供は4月24日まで。しかし、いずれブラッシュアップした「麺バーガー」をまた出してもらえるものと期待したいです。ごちそうさま!

▲大阪ドームのバックスクリーン

 ちなみに甲子園が中止になったので、そのまま尼崎から阪神なんば線に乗り(初乗車)、京セラドーム大阪のオリックス対埼玉西武戦を観戦して来ました。パ・リーグ同士の試合は、どちらに偏って応援と言うこともないので、純粋に野球を堪能できていいです。この日は僕らと同じ事を考える人が大勢いたのか、内野自由及び外野席はほぼ満員でした。

 ラーメン たんろん
 兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13 地図
 0798-36-7222
 平日11:00~14:00、18:00~25:00、日祝11:00~14:00、18:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺匠 空海 温玉えび天カレー釜玉

▲店舗外観

 JR西宮駅から国道2号線へ出て、少し東へ行ったところにあるうどん店「麺匠 空海」へ行って来ました。最寄り駅としてJR西宮駅を挙げましたが、僕は阪急を十三で神戸線に乗り換え、西宮北口から今津線で1駅、阪神国道駅で降りて向かいました。そこからも徒歩5分といったところです。

 店を訪ねたのは土曜日の正午過ぎ。土砂降りの雨の中でした。店内は入った正面に大きなテーブル席があり、左手に4人がけテーブル席×3、奥に座敷席が3卓ありました。天井が高く、和の雰囲気がいっぱいのゆったりとしたレイアウトで、落ち着いた空気が流れています。

 メニューはぶっかけ、生醤油、かけ、つけ、カレーと各種そろっていて迷いますが、友人からも薦められていた「温玉えび天カレー釜玉」を、うどん大盛りでお願いしました。

▲温玉えび天カレー釜玉(1030円)+大盛り(100円)

 待つことしばし。思っていた以上に深い丼でやって来たうどんは、まず大きなエビ天の存在感に圧倒されます。サックリとした衣に、大きく身が締まってプリプリとした食感のエビが、カレー汁に浸され良い按配となっています。また、素揚げされたカボチャとナスも盛られており、スパイシーなカレー汁の中で、素材の甘みをよく感じさせてくれました。

▲うどん

 大盛りで頼んだうどんは、モッチリとした伸びとしっかりと感じられるコシが両立していました。

 カレー汁はスパイシーながら辛さは控えめ。と言うよりも後半以降は甘みを強く感じるようになります。まったりとした味わいは温泉玉子を混ぜたためですが、甘みの要因はたくさん煮込まれた刻み玉ネギ。

▲汁に含まれたたくさんの刻み玉ネギ

 キラキラと輝く刻み玉ネギが、うどんもトッピングも食べ終わって尚、飽きさせずレンゲを口へと運ばせます。玉ネギとしての食感をやや残すそれは、カレー玉ネギスープとして単品でもいけそうな勢いで、他にない独特のカレーうどんを演出していました。

 次回は生醤油かぶっかけで、うどんそのものをしっかり味わうメニューを堪能したいですが、このカレーうどんを再び、というのもアリですね。迷うところです。ごちそうさま!

 麺匠 空海
 兵庫県西宮市津門稲荷町4-6 地図
 0798-22-9091
 11:30~15:00、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

宝の蔵 大阪ハービスPLAZA店 唐揚げのねぎ塩レモンソース定食

▲店舗外観

 西梅田のハービスPLAZAにある「宝の蔵 ハービスPLAZA店」のランチを食べて来ました。

 午後1時過ぎの訪問だったためか、売り切れていたメニューもあり、頼んだのは第3希望だった「唐揚げのねぎ塩レモンソース」定食です。

▲唐揚げのねぎ塩レモンソース定食(850円)

 揚げ立ての唐揚げにネギペーストとレモン汁を混ぜたタレをかけたもので、さっぱりだけどドロッとした舌触りという食感でした。唐揚げは名古屋コーチン専門店ということで、なかなか美味しかったです。ボリュームは普通くらいかな。ごはんはお代わり自由とメニュー表にありますが、持ってきた時に説明もなかったし、スタッフも厨房やレジ回りから余り出てこないので頼む機会を逸してしまいました。ちなみに同時間にいた十人ほどの客は、誰もお代わりしていませんでした。

▲唐揚げをアップで

 次回来ることがあれば、第1希望だった「鶏ちゃんホルモン焼き」定食を食べたいところです。セセリ、砂肝、レバーなどを秘伝のタレで炒めたというものだそうで、期待したいですね。ごちそうさま!

 宝の蔵 大阪ハービスPLAZA店
 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA地下2階 地図
 06-6343-7110
 平日11:00~14:00、16:30~22:30 土日祝11:00~15:00、16:30~22:30 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん日本 豚骨らーめん&パイクー焼き飯&ギョウザ

▲店舗外観

 阪急池田駅から国道176号線を北へ5分ほど歩いたところにある「らーめん日本」へ行って来ました。前から存在は知っていたのですが、夜営業しかしていないため機会がなく、ようやくの訪問です。

 訪れたのは平日の午後8時過ぎ。カウンター席のみの店内はほぼ満席と賑わっていました。ラーメンメニューはトッピングの差分はありますが、豚骨のみ。サイドは焼き飯、豚キムチ、餃子などそろっています。この日は「豚骨らーめん」と「パイクー焼き飯」のセットに、餃子を単品で追加して注文しました。

▲豚骨らーめん(単品・700円)

 「豚骨らーめん」のスープは比較的マイルドな口当たり。後でベタつくようなこってり感はなく、食べやすいものとなっています。シャキシャキ食感のもやしとキクラゲ、ネギが載り、何より存在感を放つのはパイクーと呼ばれる豚角煮。軟骨までトロトロに煮込まれた甘辛い味付けのそれは、豚骨スープとよく合っていました。麺のボリュームは普通ですが、この内容で700円はいいですね。

▲パイクー焼き飯(単品550円、ラーメンとのセットで950円)

 焼き飯にもパイクーは使われており、その旨味がしっかり浸透しています。しっとりした食感で卵もうまく絡み美味しかったです。

▲ギョウザ(300円)

 ギョウザは一口サイズの小さなもので、一人前で10個あります。皮が厚く、その甘みが中のあんと相まってジューシーでした。

 全体的にコスパが良く、お腹が空いたときには重宝したいお店です。昼にやってくれたら、もっと利用するんですけどね。ごちそうさま!

 らーめん日本
 大阪府池田市槻木町7-9 地図
 072-753-1226
 火~木18:30~26:00、金・土18:30~27:00 日・月定休(祝日の場合は営業)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。