スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

中華そば ○丈(まるじょう) 高井田風中華そば+肉増し

▲店舗外観(行列なので上半分だけ)

 昨年12月、難波にオープンした「中華そば ○丈(まるじょう)」へ行ってきました。オープンと言っても新規ではなく、2008年から天保山で営業していた人気店が移転オープンした形です。天保山にある時から一度は行かねばと思っていましたが、移転でだいぶ行きやすくなりました。

 店の場所は難波千日前の分かりにくい路地の中。この日は堺筋方面から歩いてきたのですが、堺筋の日本橋3交差点を西へ曲がり、2本目の筋を北へ入った先となります。が、この筋がかなり狭い路地なので、うっかりすると見落としてしまう可能性も。ちなみに僕が訪れた時はこの路地でガス管工事をしていたため、リアルに迷ってしまいました。ウロウロしていると工事のおっちゃんに「ラーメン屋探してるんか?」と問われ、返事をしたら「こっちやで」と教えてもらってようやく辿り着いた次第。おっちゃんは慣れた風でしたから、いっぱいいたんでしょうね、僕みたいなのが。

 訪れたのは日曜日の午後2時過ぎ。5分ほど外待ちして中に入りました。店内はカウンターのみで、厨房がやや高い位置にあるレイアウト。メニューは和歌山風中華そばの「○丈そば」と、高井田風の「中華そば」の2種類。数量限定の「○丈そば」は売り切れだったため、「中華そば」を肉増しでお願いしました。

▲中華そば(650円)+肉増し(150円)

 真っ黒な醤油スープは、高井田系のそれ。鶏ガラがガチッと効いたスープに、醤油のキレが光ります。色ほどには醤油の濃さ、苦味といったものは感じさせないのがいいですね。デフォでかけられたブラックペッパーのアクセントも、このスープには合っています。

 トッピングはチャーシュー、シナチク、ザク切りネギとシンプル。追加しなかったですが、半熟煮玉子もあるようです(雨の日は無料で乗せてくれるとのこと)。チャーシューは薄切りながら肉の質感を感じられるもので、いわゆる中華そばのチャーシューといったもの。このテイスト、肉を食ってる感があって好きですね。

▲自家製の極太ストレート麺

 「麺哲」系出身ということで、麺はこだわりの自家製。モッチリとした食感と、スープが馴染むにつれ移る醤油の味わいが絶妙です。この場所で並650円というのは、コスパ的にも嬉しいですね。

 食べ終えて外に出ると、昼の閉店30分前にも関わらず10人以上が並んでいました。一度来たので道も覚えたし、次回は和歌山風の「○丈そば」を、「早なれ寿司」と一緒に食べたいところです。ごちそうさま!

 中華そば ○丈(まるじょう)
 大阪市中央区難波千日前6-16 地図
 06-6643-6633
 11:30~15:00、18:00~21:00 水曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

いずみカリー 堺筋本町店 スコッチエッグカリー

▲店舗外観

 大阪市中央区の「いずみカリー 堺筋本町店」へ行ってきました。前回訪問からほぼ一年ぶりとなりましたが、微妙に場所が移転していました。以前は久太郎町にあったのですが、そこから南西方向にいった北久宝寺町に変わっています。移転先が近すぎたせいか、逆に微妙に迷いました(笑)。

 ビルの一階、喫茶店のような外観の店舗は、窓を向くカウンター席と、中央に対面式カウンター席というレイアウト。広さの割りに席数があるため、少し狭い印象がありますが、ビジネス街のカレー店としては、こんな感じが丁度いいのでしょう。

 前回は「和牛スジカリー」を頂きましたが、今回は「スコッチエッグカリー」をお願いしました。注文時に「少し時間がかかるよ?」とマスターに言われましたが、もちろんOKです。

▲スコッチエッグカリー(980円)

 やがてやって来た「スコッチエッグカリー」は、ドーンと大ボリューム。ライスの量も決して少なくないのですが、その倍の大きさほどのスコッチエッグが並んでいます。スコッチエッグとはイギリスの伝統的な料理で(発祥は1738年らしい)、固ゆで卵を挽肉などで包んで揚げたもの。簡単に言えば真ん中にゆで卵の入ったメンチカツみたいなものです。丸ごと卵を包んでいるので、どうしても大きくなってしまうのですが、それにしてもここのものは大きいです。

 カレーのルーはサラッとした感じの欧風カレーで、酸味とスパイシーさが程よいもの。それがライスにもスコッチエッグにもうまく絡んできます。

▲スコッチエッグ

 衣はカラッとサクッとした食感で、いい揚げ具合。徐々にルーが浸透していくのが美味しいです。挽肉は密度が濃く、食べ応えがありました。

 一年ぶりの訪問となりましたが、まだまだ気になるメニューはたくさんあります。また来るとしましょう。ごちそうさま!

 いずみカリー 堺筋本町店
 大阪市中央区北久宝寺町2-6-10 ニューライフ船場101 地図
 06-6245-2645
 11:00~15:00、17:00~21:00 第2・3火曜日定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) なすとほうれん草のカレー

▲店舗外観

 十三の絶品カレー店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。上の写真は夜ですが、今回は久々に昼営業に訪れました。いつもは十三駅から歩いて向かうところ、「一度行きたい!」と言っていた友人と一緒に車での訪問。駅前なのでコインパークはいたるところにあるので、特に停めるのに苦労はしませんでした。

 訪れたのは日曜日の正午前。3人でやって来たのですが、なんと店内は満席! 15分ほど外待ちしましたが、お客さんがいっぱいなのはいいことです。やがて空いた奥の席に座り、今回は未食メニューの「なすとほうれん草のカレー」をお願いしました。ちなみに友人は同じく「なすとほうれん草」、もう一人は「スパイシーキーマ」を頼んでいました。

▲なすとほうれん草のカレー(800円)

 辛さは5段階中2なので、それほど強くはありません。ナスは輪切りして火を入れたものが、真ん中に円形に並べられています。ホウレン草はペーストとまではいかない、非常に細かく刻まれたものがルーの中に入っていますね。

 ジャガイモやニンジン、豆などがルーの中にたくさん入っており、家庭的なテイストが感じられる食感。しかし、スパイスのエッジもしっかり効いているため、この店らしさも感じられる味わい。振りかけられた胡麻もいいですね。

▲付け合せのもやし

 ピクルスの代わりに添えられている、付け合せのもやしはさっぱりとした酸味と、シャッキリとした歯ごたえでいいアクセントになります。これをアテにビール飲んだりというのも、いいでしょうね。

 この日はお客さんが多かったこともあって、店主さんとのお話は少しだけ。それでも気さくに話しかけてくれ、ありがたかったです。さて、これで残る未食メニューは店の看板メニューでありもっとも辛いと表示されている「スパイシーチキンカレー」だけとなりました。近いうちにコンプリートしてきたいと思います。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺屋 巧 伊丹赤味噌ラーメン(2月限定)+マーボー丼+餃子

▲店舗外観

 仕事帰り、阪急の切符売り場の路線図を見て「伊丹まで近いよなー」とふと思い立ち、「ポッカポカ麺ロード」の限定メニューを食べに阪急伊丹駅からほど近い「麺屋 巧」へ行ってきました。2月限定という、この時限性に弱いんですよね。

 前に来たのは2009年9月。その時はレギュラーの「巧ラーメン和風しょうゆ」を頂きました。レギュラーは他に「塩ラーメン」「つけめん」などがあるのですが、今回頼んだのは限定メニューの「伊丹赤味噌ラーメン」。さらに「餃子」と「マーボー丼」もお願いしました。

▲餃子(210円)

 ラーメンより先にやって来た「餃子」。焼き色がいいですねぇ。中のあんはペースト状に近く、薄いながらモチッとした皮とともに美味しく頂きました。

▲伊丹赤味噌ラーメン(750円)

 餃子をつまむうちにやって来た「伊丹赤味噌ラーメン」です。スープは名前どおり赤味噌と、そして魚介が強く出ています。他のブログで「高級な味噌汁」と称していた方がいらっしゃいましたが、その言葉がすすった瞬間に浮かんできましたね。なので、トッピングされているネギとワカメがとても合うんですよ。ワカメとラーメンって、相性がいいようでなかなか合わせるのは難しいトッピングだと思うのですが、これはバッチリでした。

▲麺は中太ストレート

 麺は中太ストレート。縮れ麺を使っている写真のレビューも見かけているのですが、変えたのかな? スープにはややトロミがあるため、絡みはこちらでもしっかりあります。

 チャーシューは定番のトロ肉で、大きなシナチクともにボリュームがあります。

▲マーボー丼(350円)

 単品で頼んだ「マーボー丼」。あくまで「マーボー丼」なので、豆腐や茄子は入っていません。生姜の風味のある甘辛い挽肉マーボーあんが、ごはんの上にかけられているものです。辛さは控えめなのですが、生姜が効いているためか、食べていてポカポカと汗が出てくるものでした。もっとも、ポカポカ発汗は赤味噌ラーメンの影響も大きいと思いますが。

 この「伊丹赤味噌ラーメン」、一応「ポッカポカ麺ロード」の2月限定メニューという形ですが、店内の貼り紙には「新登場 伊丹赤味噌ラーメン」とだけ貼られていましたので、ひょっとしたら定番化するのかも。もちろん確証は何もありませんが、是非ともそうなってほしいなぁという願望はあります。

 久々の訪問でしたが、レベルの高い一杯、ごちそうさま!

 麺屋 巧
 兵庫県伊丹市行基町3-16-9 地図
 072-785-3835
 11:30~15:00、18:00~27:00(日曜は~24:00) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天ぷら 食事処 みずなぎ 新メニュー・びっくり天丼 ほか

▲入り口の提灯

 数日前のことでした。携帯にかかってきた一本の電話。着信名は「みずなぎ」の大将です。
 
「おお、ルンさんお久しぶり。実はねぇ、新しいメニューを作ったんだよ」

 「そうなんですか! へぇ、どんな感じのものなんですか?」
  
「スーパー天丼や!」

 「いや、スーパー天丼って、これまでも十分すぎるほど“スーパー”だったと思いますけど(笑)」
  
「いやいや、あんなんちっともスーパーやないで。ともかく、今度また食べに来て下さいよ!」

 1分ほどの短い電話ではあったものの、大将から直々のお誘い。仕事の都合ですぐに行くことは適いませんでしたが、先週末に友人と都合をつけて、その「スーパー天丼」を食べに行ってきました。

 先に来て既に一杯始めていた友人らのもとには、まだ「スーパー天丼」はありません。代わりに馬刺しとかタコキムチとか、美味しそうなものが並んでいます。

▲タコキムチ。大豆も入っていて美味

 そろったところで、では「スーパー天丼」を頼もうか……と壁を見ると貼り紙が。

▲店の貼り紙は全て大将の自作

 あれ、メニュー名が「びっくり天丼」になってる。それはともかく、最後の「どうかな? びっくりしたかな!」という流れが、なんか萌えますね(笑)。

 しかし注文を前に一つ問題が発生。この日は僕を含め3人で来たのですが、「びっくり天丼」の目玉となる大穴子が残り2尾しかないとのこと。つまり、一人は普通の天丼になってしまうという……。ネタ的には僕が食べられずに写真だけブログに掲載というのが面白かったのですが、結局昼にも仕事で京都にいることが多い友人が「すぐ来られるんで」と遠慮することに。すまん、ありがとう。

▲カワハギ炙り

 改めて天丼を注文し、炙ったカワハギなど食べつつしばらく待ちました。この日はカウンターではなくテーブル席に座っていたので、天ぷらの揚がる音だけが聞こえてきて、いつも以上に期待が高まります。カウンター席に座っていた常連のおっちゃんが「こりゃすごいなぁ」と驚いたので、我慢しきれず振り向くと、カウンターに並ぶ3つの丼に、大将が天ぷらを盛り付けていました。

▲仕上げに天丼へタレをかける大将

 圧巻の光景です。そして大将、ブログ初登場(笑)。というか、このブログで作っている方がきちんと写真で登場するのは初めてかもしれません。
  
「よーし、出来た!」

 出来立ての「びっくり天丼」を女将さんと一緒にテーブルへ運んでもらいました。

▲左2つがびっくり天丼(800円)、右が通常の天丼(550円)

 写真ではあんまり違いがわからないかもしれませんが、見た目からボリューム感が結構違います。普通の天丼でも丼からはみ出す大きな穴子が特徴ですが、「びっくり天丼」ではその穴子が2.5倍くらいのボリュームに。単純に大きくなっているのではなく、身がより厚く、よりふっくらと、より美味しくなっているのです。

▲大穴子天

 淡白な味わいのはずの穴子が、ふっくらとした食感を伴ってサクサクの衣と見事な調和を見せています。これは、美味い。しかも大きいので、長いこと美味しさを味わえるというのがいいですね。他の天ぷらは茄子やシイタケ、玉ネギなどの野菜類が、いつもの如くドッカンと盛られています。
  
「どうや? 美味いやろ?」

 まさにドヤ顔をした大将がこちらを覗き込みます。僕らはそれに無言で頷いて、ひたすら天丼を口へとかっ込みました。

 メインとなる「びっくり天丼」を食べ終えた後は、アルコールタイム。大将も交えて面白おかしい時間を過ごしました。ただ、僕はまだ体調が万全でなかったのでアルコールは最初のビール一杯に控えてましたが。

▲イカフライと串カツ

 後半に出てきたイカフライと串カツ。そう言えば「みずなぎ」で天ぷらはたくさん食べてますが、フライを食べるのは初めてですね。甘みのある衣がカリッと香ばしく、中の分厚いイカの美味さがよく伝わってきました。うん、次はフライメインもありかもしれないな。

 この日は結局、3時間ほどお邪魔していました。いつも店を出るときは外まで送ってくれるのですが、そこで再び大将をパチリ。今度は言ってから撮ったので、しっかりカメラ目線でポーズも決まってます。

▲店の前で

 「びっくり天丼」は大穴子の入荷量によって数量限定となるメニュー。ボリュームは通常の天丼よりもさらに多くなるので、初めての方はまず通常版を食べてからの方がいいと思います。大将、今回もごちそうさまでした!

 天ぷら 食事処 みずなぎ
 京都市南区唐橋南琵琶町22-3 地図
 075-681-6158
 10:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

日本料理 京甲屋 絶品コース料理

▲店舗入り口

 雪になるには少しばかり暖かい、そんな雨が降る2月某日、京都の堺町通蛸薬師上ルに昨年11月にオープンした日本料理店「京甲屋(かぶとや)」へ行ってきました。雨のそぼ降る京都の街にふわりと浮かび上がる白い暖簾。格子戸を開けて店に入ると、京町家を改装した店内はカウンター席、座敷席とがあるレイアウト。清潔感とともに凛とした美しさがある中に、どこかほっとしする温かさを感じるのは、店の人たちのきびきびとした対応と明るい笑顔のせいでしょう。

 この日は総勢7名での予約で、コース料理を堪能してきました。

▲付き出しの油揚げの煮付け

 しっとりとした油揚げ……だよね、これ? と疑問に思ってしまうほどに中が締まった油揚げ。とても上品な口当たりと、強すぎない出汁感が最初の料理として最適です。

▲全粒粉麺を使ったそば

 ラーメンでよく見る全粒粉麺。それを使った和蕎麦テイストな麺もの。鰤の上のわさびの爽やかな香りが、出汁の風味とベストマッチ。この量だからいい、という意見もわかりますが、普通に丼一杯食べたいですね。

▲お造り

 日によって変わるお造りは、金目鯛、サーモンなど。魚はもちろん、野菜も素晴らしく、手前の黄ニラやブロッコリーは独特の甘みがあって美味しかったです。

▲塩にライムを絞って

 お造りは醤油、ポン酢のほか、添えられたライムを絞ってチベット産の塩と混ぜたものを付けるのも乙。爽やかな酸味とやわらかな甘みを含む塩が、魚の味を引き立てます。

▲浅蜊しんじょ

 吸い物は浅蜊しんじょ。刻まれた浅蜊の身が含まれたしんじょはやわらかいながら、弾力もある食感。一緒に入った菜の花の彩りも鮮やかです。

▲八寸

 鯖寿司、田楽などが載った八寸です。個々の美味しさはもちろんですが、和食は目でも楽しませてくれるのがいいですね。今までの料理も、器からして素晴らしいです。

▲わかさぎの天ぷら

 揚げ物として出てきたのはわかさぎの天ぷら。天つゆも出されましたが、塩で食べるのが美味しかったです。ふっくらとした揚げ加減も絶妙でした。

▲トマト!?

 続いて出てきたのはトマトのような器。もしや中身もそれなのかと思い戦々恐々でしたが……。

▲つみれ

 つみれなどの煮物でした。柚子胡椒との相性がバッチリ。

▲黒い釜の中身は

 最後に出てきたのは、何やら大きな黒い釜。一緒に運ばれてきたのが漬物と味噌汁なので、当然中身は……。

▲ツヤピカのごはん

 炊きたてのごはんです。蓋を開けた瞬間に部屋中に漂う、ごはんの芳醇な香り。亀岡産コシヒカリはツヤツヤでピカピカですが、味の方も抜群。漬物と味噌汁だけで食べるごはんが、こんなに美味しいとは!

▲シンプル・イズ・ベスト

 シンプルだからこそ、素材の味と料理人の腕が直接伝わる真剣勝負の料理。これが素晴らしく美味しかったということが、そのまま店の評価へと繋がります。

▲おこげも美味い!

 ごはんはお代わりして、おこげも頂きました。この香ばしさがたまらない!

▲デザート

 〆のデザートは和の食材を使ったオリジナリティ溢れるもの。

 お酒は日本酒、ワインなどラインナップが豊富です。コースは6300円と8400円の二種類がありますが、予算に応じて相談可だそうです。普段の食事を考えれば高いかもしれませんが、その価値は十分にある(というか安くさえある)と思います。京都に親が遊びに来たときに連れて行きたい、そんなお店ですね。ごちそうさまでした!

 日本料理 京甲屋
 京都市中京区堺町通蛸薬師上ル甲屋町390 地図
 075-708-5605
 11:30~14:30、17:00~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

餃子専門店 たかすみ 阪急石橋店 たかすみランチ

▲店舗外観

 阪急石橋駅東口を出てすぐの左手にある餃子専門店「たかすみ 石橋店」でランチを食べてきました。「たかすみ」は奈良県橿原市に本店を置く店で、石橋店は昨年オープンしたとのことです。

 店は入った右手がカウンター席と厨房、左手にテーブル席が並ぶレイアウト。平日の午後1時前の訪問で、半分以上は常に席が埋まる感じでした。メニューは焼き餃子のほか、水餃子や揚げ餃子などもありますが、ランチタイムはお得な「たかすみランチ」があるので、今回はそれを注文しました。

▲たかすみランチ(580円)

 たかすみのミニ餃子が12個に、おかず一品(この日はひじきの煮付け)、ごはん、味噌汁、漬け物が付いて580円はボリューム面からもかなりお得。ちなみに780円の「大ランチ」だと餃子が16個におかずが二品となるそうです。

▲ミニ餃子

 餃子は一口サイズのミニ餃子。羽根がしっかりついており、香ばしい匂いが漂います。

▲ミニ餃子を1つつまむ

 羽根はサクサクとしており、皮は薄いながらもモチッとした心地よい食感。中のあんは白菜など野菜多めで、肉は牛肉を使っていてジューシー。写真では1つを箸でつまんでいますが、小さいので2つ3つとまとめて食べるのもいい感じです。

 学生の街らしく、よりお得な学割セットもあるようです。また水餃子や揚げ餃子も食べに来たいですね。ごちそうさま!

 餃子専門店 たかすみ 阪急石橋店
 大阪府池田市石橋2-2-14 地図
 072-761-1133
 11:30~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 ダブルカレー(週替りチキンクリームカレー)


                           ., -――- 、 _ _/ヽ
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : !-.-.‐.‐.‐. ァ
                     __∧': /   . . . : : : : : /: :/: : : :`: :<
                   /::::::::::::::::〉: : : : : : :./: : : :,:イ: :∧: :i: : . .\:`ヽ   ○
                   /::::::::::::::::/: : : : : : :/ : : : / /: /  ',: |: : ハ: : ヽ  \
                  /:::::::::::::/: /: : : : :/: :-∠_/_:/   |: |: : :∧: : :ヘ、  ',         ○
                 〈:::::::::::::/: /: : : : :/: :.X   //   \!∧: : : :',: : : ハ\j
                 /\:::::/: /|: : : : /i/  \      /`ー∨: : :l: : : :.!
 ┏━━┓  ┏┓     /   :./´ !: : : /  ̄ ̄ ̄       ___∨: :i:. : : ::!          ┏━┓
 ┗━┓┃┏┛┗┓   ヽ/ ./イ!  |: : /      __    \    /!: ;イ::. : :.i:〉         ┃  ┃
     ┃┃┗━┓┃┏━━/: : .::|:.ヽ_j: /     /:::::`:.、   \ /、|:/:.|:::. : ,' ━━━━┓┃  ┃
     ┃┃  ┏┛┛┃  / : : : .:!:.:/ |/ \    /::::::::::::::::::〉     ! }':.:.:|∨:/        ┃┃  ┃
     ┃┃┏┛┗┓┗━/ : : : : :|:/━━━> 、j::::::::::::::::::/   , イ-<:.:.;イ:.Ⅳ━━━━━┛┗━┛
 ┏━┛┃┗┃┏┛    |: : : : : .:|'   /   |` ーrー-イ--‐ '  |:.:.:.∨:.!: |            ┏━┓
 ┗━━┛  ┗┛     |: : : : : : !   〉     |  /ヽ  ヽ  o j:.:.:.:.:. : !: |        o  ┗━┛
                |: : : : : : |  /`ー 、  |    ,!  }、   |:.:.:.:. : :.|: !   ○
                |: : : : : : | ./    ヽ |\/,|  / ハ   |:.:.:. : : :.|/
                |: : : : : : |/      `|\///   |  .|::. : : : : |

 先週、久々の後載せタイプの週替りカレー(ビーフカレー)を出した「肥後橋南蛮亭」。2年前の「スペシャルカレー」へと続く布石かと勝手に期待し、ワクワクしながら待った今週の週替りカレーでしたが、結果は「チキンクリームカレー」でした。思わずかがみんのように「コネー!」と心の中で叫んでしまいましたが(笑)、しかしベシャメルソースを使った「チキンクリームカレー」も個人的ベスト10に入る美味しいカレー。昨年2月にも出てましたね。

▲ダブルカレー・週替りチキンクリームカレー(1000円)

 ベシャメルソースを使っているため、舌触りはとてもまろやか。カレーと言うよりもシチューを食べているようですが、後味にしっかりスパイスを感じるあたり、やはりこれもカレーなのです。家庭カレーの定番具材、ジャガイモ、ニンジン、玉ネギが大きくゴロリと入っていますが、これらが一緒にしっかりとした形があるままカレーに入っているのは、南蛮亭では割と珍しいこと。

 その他の具材として、シメジと鳥肉もたくさん入っており、特にシメジの食感が良いですね。時折見付かる鳥皮も美味しいです。これはこれで、やっぱりレベルの高いカレーです。

▲定番のチキンカレー

 ダブルカレーにしたので、激辛チキンカレーも食べたのですが、長らく店に来られなかったり、来ても頼まなかったりで、実はチキンカレーは2カ月のインターバル。久々なので辛さ耐性が弱っているかも……と思ったのですが、普通に食べられました。酸味と旨みの混ざった、貫禄の安定感を感じさせる絶品カレーですね。

 「スペシャルカレー」へと続く道はなくなりましたが、今週の週替りも問題なく美味しい肥後橋南蛮亭。来週も期待しています。ごちそうさま!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

味噌ラーメン専門 みつか坊主 ぶっかけダイナマイト(2月限定)

▲店の看板。行列出来てたのでこんな角度で

 大阪・兵庫の10店舗が参加して開催している期間限定ラーメンイベント「ポッカポカ麺ロード」。昼に「来夢来人」の「鯛つけ麺」を頂いたのと同日、蛍池の「みつか坊主」にも行ってきました。池田で仕事が終わったのが午後9時過ぎで、午後7時半開店の「みつか坊主」へ向かうのに丁度いいと向かった次第。とはいえ最近は常の行列店となっているとのこと、仕事帰りにスーツ姿で並ぶのも大変だなぁと考えつつ阪急蛍池駅から歩きました。

 しかしそれは杞憂に終わり、仕事を頑張ったご褒美なのか外待ちなしですぐに座ることが出来ました。僕の後には10人前後の列が出来ていましたので、本当にタイミングが良かったです。そんな「みつか坊主」で頼んだのはイベントメニューの「ぶっかけダイナマイト」。味噌ダレを使った和え麺になるのですが、ダイナマイトという単語が気になりますね。

▲ぶっかけダイナマイト(900円)

 運ばれてきた「ぶっかけダイナマイト」。白い皿に美しく盛り付けられたそれには、およそダイナマイトという危なげな雰囲気はありません。胡麻で和えたささがきゴボウ、レアチャーシュー、花鰹、白髪ネギ、糸唐辛子、温泉卵と彩り豊かなトッピングの下には、出汁で浸した縮れ麺が配されています。

 最初は何もかけずに麺やチャーシューを味わって、とのことでしたので従いました。素材一つずつが、それぞれに美味しいです。レアチャーシューは軟らかく、しっとりとした食感がいいですね。

▲味噌ダレの入った瓶

 その後に黒い瓶に入った味噌ダレを全体にかけ、温泉卵を除いてまんべんなく混ぜ合わせます。味噌ダレは濃厚且つピリ辛で、食欲を沸かせるもの。麺や具材にうまく馴染み、わしわしと箸を進めていきます。

▲混ぜました

 白髪ネギのシャキシャキ感が小気味よく、そして花鰹の香りが思っていた以上に感じます。この時点でとっても美味しく、一つの完成系に達しているのですが、まだダイナマイトは起爆どころか設置もされていません。ここからが本番です。

▲ダイナマイト

 小皿に盛られたダイナマイトは、香っただけでかなりスパイシーというか、鼻にくる刺激が強いです。店の説明によると、ハバネロの10倍辛いとされているジョロキアの中で、最も辛いとされるプット・ジョロキアを使用しているとのこと。これはしっかり気合を入れて食べないといけませんね。

 徐々に入れて調整していこうかとも思いましたが、しかし「肥後橋南蛮亭」で鍛えられた辛さ耐性には自信がありますし、そんなビクビクしていたらせっかくのイベントも面白くありません。半分ほど食べ終えたところで一気に全部をぶち込んで、まんべんなく混ぜました。辛さ軽減アイテムの温泉卵はまだ別にしておきます。

 少し緊張しながら食べてみましたが……うん、美味しいです。辛いのは確かに辛いですが、口の中でダイナマイトが爆発するような、というものでもないですね。メニュー自体がアツアツでないのも、辛さ軽減に影響を与えていると思いますが、南蛮亭のチキンカレーを100とするなら85~90程度。辛いのが苦手でないなら、特に問題なく完食出来ると思いますし、苦手な人も温泉卵を混ぜてまろやかにすればいけるかなーと。一応の指針として、最初のピリ辛味噌ダレの時点で「辛いな」と思った人は、ダイナマイトを混ぜるのは危険だと思います。

▲残ったタレはライスを混ぜて

 和え麺なので大量にタレが残ることはありませんが、最後に小ライスを入れて混ぜると、美味しい〆ごはんが食べられます。ごはんが温かいので多少辛さが戻る印象ですが、米の甘さが相殺以上の働きをしますので、最初辛くて口の中でまろやかと、大変美味しく頂けます。余裕がある方には、この食べ方はオススメです。

 しばらくぶりの訪問でしたが、この限定メニューの他にも限定メニューがあり、またレギュラーメニューも色々面白いことになっていたので、また近いうちに再訪しようと思います。ごちそうさま!

 味噌ラーメン専門 みつか坊主
 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13 地図
 06-6850-3532
 平日19:30~27:00(L.O.26:30)、日曜12:00~20:00 月曜・第2火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

北京料理 来夢来人 鯛つけ麺(2月限定)

▲店の暖簾

 大阪・兵庫の10店舗が参加して開催している期間限定ラーメンイベント「ポッカポカ麺ロード」。5軒目の訪問店は阪急岡町駅すぐの「来夢来人」です。平日昼間の開店直後に訪れました。

 こちらのイベント限定メニューは「鯛つけ麺」。定番のスープが素晴らしいだけに、鯛が加わったらどうなるのか期待大です。

▲鯛つけ麺(1000円)

 やって来た「鯛つけ麺」、つけ汁の上に金粉がどっさり載ってるじゃないですか! しかもパッと見でわかる鯛のボリューム感。まず見た目で圧倒されましたが、つけ汁をすすってまた感動。鶏と鯛あらでとったスープは、あっさりとした飲み口ながら、なんとも素晴らしい旨みとコクが口の中に広がります。あっさりな分、つけ汁としては弱いかと言えば決してそんなことはなく、極太平打麺にダシと塩の風味がうまく絡み、ハイレベルなつけ麺として完成されています。

 浮かぶ金粉は賑やかしの域を出た量が浮かび、つけ汁を吸った金粉が“ふわとろっ”とした食感であることを、しっかり感じ取れる程でした。これ、採算合ってるんですかね?

▲天然物の鯛

 鯛は天然物をバーナーで炙ったものか3つ。これもまた、素晴らしく美味い! 白身は淡白だけどジューシーで、つけ汁とも相性抜群。大きさもかなりのもので、これが3つというのは贅沢なつけ麺です。

 つけ汁は普通に全汁してしまいましたが、これで茶漬けなんかしたら、また格別なんだろうなぁ。次に食べるときは単品ライス頼んでみるのもアリかもしれません。ごちそうさま!

 北京料理 来夢来人
 大阪府豊中市中桜塚1-2-4 地図
 06-6852-1316
 11:00~15:00、17:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。