スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

キッチンTomoya 鱧と梅肉のオムライス

▲店舗外観

 天神橋筋7丁目にあるオムライス専門店「Tomoya」へ行ってきました。5月に「ホタテ梅高菜オムライス」を食べて以来、約2カ月ぶりの訪問です。

 訪れたのは平日の午後2時過ぎ。店に入ってカウンターに座るなり、マスターが「暇やぁ、なんとかしてくれー」と嘆き節。「暑いですからねぇ」と、噴き出す汗を拭いつつ相づち。この猛暑で外出する気力も萎え、さらにアツアツのオムライスを食べに行こうなんて思う人は、確かに減っているかもしれません。

 「ラーメン屋は冷やし中華とかつけ麺とか、そういうのも出来るけどオムライスは冷たいメニューとか出来ないからなぁ」

 そう思ったところで、マスターが新たに作ったメニューが旬の鱧を使った「鱧と梅肉のオムライス」。今が旬の鱧に、スッキリとした梅肉の酸味を効かせた一品です。もちろん今回は、それをオーダーしました。

▲鱧と梅肉のオムライス(1000円)

 「鱧と梅肉のオムライス」、やっぱり外からは違いが分かりにくいですが、写真右に添えられているものがいつもとは違う特徴。オムライスに添えられる赤いものと言えばケチャップですが、このメニューで添えられているのは梅肉。オムライスの中身にもたくさんの梅干しが入っていますが、それとは別に添えられているのです。

 前回の「ホタテ梅高菜オムライス」の時も感じましたが、オムライスと梅の相性は意外なほどにマッチするんですね。

▲大きめの鱧の身がたくさん入ってます

 もちろんメイン素材の鱧と梅の相性もバッチリ。鱧自身の持つジューシー且つほのかな甘みが、梅の酸味でより引き立ちます。キノコや玉ネギとのバランスもよく、夏らしいオムライスに仕上がっています。

 ただ前回同様、やっぱり梅干しは種ごと入っているので、勢い余ってガリッといかないように気をつけて下さい。ボリュームはデフォルトで多いのが「Tomoya」の特徴なので、小食の方はオーダー時に「小盛りで」と言うといいですよ。

 今回もマスターとは、グルメに関するディープでオフレコな話をすることが出来、楽しかったです。この酷暑が続く限り、オムライス専門店としては苦戦を強いられるかもしれませんが、この「鱧と梅肉のオムライス」は夏らしいメニューなので、一度食べに行ってはいかかでしょう。もっとも、アツアツなのはオムライスである以上当然なので、食後に汗は出ますけどね(笑)。ごちそうさま!

 キッチンTomoya
 大阪市北区天神橋7丁目5-23 渋谷ビル1階 地図
 06-6351-0135
 11:00~15:00、17:00~22:00(日祝は21:00まで) 不定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

インド料理 SAKABA ダナ・パニ 釜焼きチキン丼セット

▲店舗外観

 肥後橋にあるインド料理専門店「ダナ・パニ」へ行ってきました。ここでの紹介は約2年ぶりとなります。

 前回はオーソドックスにインドカレーのランチセットを頼みましたが、今回は「釜焼きチキン丼セット」なるメニューを注文。2年ぶりに訪れてみると、この丼セットの他、インド料理屋にしては野心的なメニューがたくさんあり(ヌードルカレーセット、チーズハンバーグセットなど。その全てにナンがついてくる)、メニュー表を見ているだけで楽しいです。

 注文から3分もしないうちに、やって来ました「釜焼きチキン丼セット」。

▲釜焼きチキン丼セット(890円)

 ナンしか見えねぇ! つか、ナンでかっ!

 ナンの蓋をどかすと、その下にメインとなる「釜焼きチキン丼」がありました。

▲釜焼きチキン丼

 「釜焼きチキン丼」とありますが、まあ簡単に言えばチキンカレー丼です。かなりマイルドなルーの下にチキンとライスがあるという構造。ルーは多めなのでナンに回す分はありますが、ナン自体がかなり大きいので、計算して食べていかないと途中で足りなくなります。もっとも、表面サクサクで中身モッチリのナンは、そのまま食べても普通に美味しいので、ルーがなくても特に問題はありませんが。

▲チキンは割りと多い

 これにサラダがついて890円というのはお得です。まあ、もう少しインド料理からかけ離れたメニューを想像していたので、そういう意味では肩すかしをくらいましたが、味は十分に美味しいですしね。ごちそうさま!

 インド料理 SAKABA ダナ・パニ
 大阪市西区江戸堀1-23-13 地図
 06-6444-1508
 11:00~14:30、17:30~22:00 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

屋台ラーメン まる担 おがわ ワンタン担担麺&冷製担担麺

▲店は自宅前の屋台

 西京区の樫原にある「屋台ラーメン まる担 おがわ」へ行ってきました。場所は国道9号線が都を貫く五条通というものから、山間を貫く山陰道へと趣を変えるあたり。つまりは周りは緑がたくさんという田舎なロケーションです。

 最寄り駅は阪急桂駅ですが、20分くらいは歩かないといけないかな。では車でと思ってみても、店に駐車場はなく、コインパークも近くにはありませんので、停めるのにも一苦労です。

 僕が友人とともに訪れたのは土曜日の午後8時過ぎ。周囲は電灯の明かりもまばらで、そんな中にポツンと屋台が浮かび上がっています。屋台は軽トラックを厨房にし、その横に椅子とテーブルを並べる形。カウンター3席に4人がけテーブル2卓と手狭ですが、屋台として考えたら広い方か。

 メニューは担々麺を中心に数種類。僕は「ワンタン担担麺」を頼み、友人は「冷製担担麺」を注文しました。辛さはメニューごとに基準値がありますが(メニュー表の唐辛子マークで表示)、頼めば調整は可能。僕は一段階辛くしてもらい、友人は一段階控えめにしてもらいました。

▲ワンタン担担麺(700円)

 やって来た「ワンタン担担麺」。いい赤さです。唐辛子系の辛さでピリッとくるものの、山椒系の辛さは控えめなので、さっぱりとした辛さで後には余り引きません。胡麻の風味も適度で、思わず啜り続けてしまいます。

▲麺は極細ストレート玉子麺

 トッピングの中心となるミンチはしっかりとした味わいがあり、刻んだ玉ネギの食感もいいですね。そしてメインとなるワンタンですが、これが皮からジューシーでメチャクチャ美味い! プリッとした舌触りと、もっちりとした噛みごたえ。一つずつレンゲに載せてスープと共に食べていきました。

 このワンタン、こうして担々麺のトッピングとして食べるのもいいのですが、単品で頼めば10個300円で食べられます。さらに「替えワンタン」というものがあり、+100円で5個追加してくれるんです。次回以降はワンタン多めでいくとしましょう。

▲冷製担担麺(700円)

 友人が食べていた「冷製担々麺」。辛さ控えめということで、かなりマイルドな風味となっていましたが、その分キムチの辛さが引き立っていたとのこと。一口頂きましたが、キュッと締められた麺が酸味と辛味を含む冷たいスープとよく合っていました。

 店主さんは四川料理出身の方とのことで、日替わりでやっている四川の一品料理もかなりレベルが高いとのこと。これまた期待大です。近いうちに再訪したいと思います。ごちそうさまでした!

 屋台ラーメン まる担 おがわ
 京都市西京区樫原山ノ上町7-19 地図
 090-3973-5093
 12:00~14:00、18:00~22:00、火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

ラーメン屋台 吉祥院店 台湾ラーメン定食(おでん3品)

▲店舗外観

 京都市の南、城陽市で台湾ラーメンを出す店として人気の「屋台」。その支店が近くにあることを知り、先日行ってきました。場所は南区吉祥院。菅原道真生誕の地とされる吉祥院天満宮から少し南へ進んだところです。

 訪れたのは土曜日の正午過ぎ。城陽店と比べると手狭な店内は、半分ほどが埋まっていました。メニューは名物の台湾ラーメンの他、ふつうのラーメンやみそラーメン、さらに夜は居酒屋使いする店らしく、焼き鳥や一品料理も充実しています。今回はランチタイムの訪問でしたので、平日午後5時までのお得な定食から「チャーシュー入り台湾ラーメン定食」を頼みました。

 定食はラーメンとごはんと、揚げシューマイかおでん3品のどちらかを選べます。真夏におでんというのもどうかと思いましたが、だからこそ食べてみようかという気持ちもあり、結局おでん3品を選択。レジ近くの鍋からじゃがいも、厚揚げ、さつま揚げを取りました。

▲定食のおでん3品

 どれも出汁がかなり染み込んでいて美味しいおでんです。じゃがいもは煮崩れ寸前てな感じでしたが、それもまた良し。

▲チャーシュー入り台湾ラーメン(単品690円・定食960円)

 台湾ラーメンはたっぷりのニラと玉ネギが特徴で、最初ピリ辛、野菜が溶け込む後半は甘くなるというスープ。ニンニクも結構効いており、パンチのある美味さです。チャーシューは薄切りのものが載せられています。

▲麺は細ストレート麺

 麺は軟らかめの細ストレート。軟らかく煮込まれた玉ネギやニラとの絡みがいいですね。スープはごはんにも良く合い、スープライスのように食べるのが美味しいです。ただ、おでんとの相性はイマイチな気も。単品としては美味しいのですが、台湾ラーメンと一緒なら揚げシューマイの方がよかったかもしれません。

 定食としてのボリュームもあり、京都市内では余りない種類のラーメンなので、定期的に食べたくなる味ですね。今度は寒い時期に来てみようかな。ごちそうさま!

 ラーメン屋台 吉祥院店
 京都市南区吉祥院前田町2-61 地図
 075-671-2215
 11:30~24:00、月曜定休(祝日の場合は翌火曜)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺屋 しゃかりき 鶏と貝の冷やし醤油らーめん(8月2日まで)

▲店舗外観

 昨日紹介した「こぶ志」の「双鯛緑氷玉」と同じく、現在発売中の関西Walkerとのコラボメニューを出している「しゃかりき」へ行ってきました。最近スッキリと改装した店内に入り、コラボメニューの「鶏と貝の冷やし醤油らーめん」を注文。一日限定15食ですが、夜営業に訪れてもなんとかありつくことが出来ました。

▲鶏と貝の冷やし醤油らーめん(800円)

 やって来た「鶏と貝の冷やし醤油らーめん」。スープを飲むとしっかりとした出汁の存在感があって美味しいです。ただ、貝の風味というのはイマイチ希薄。メニュー名に書かれていなかったら気付かないかもしれません。とはいえ、スープそのもののレベルは高く、レンゲが口と丼を何度も自然往復してしまいました。

 麺は極細スレート麺を使用。メニュー表には28番と記されていましたから、今まで僕が食べた中では一番細い麺になるかもしれません。それだけの細さながら、キュッと締められているのでコシは強く感じられ、シコシコとした張りのある食感が冷たいスープと絶妙なコンビネーションを魅せてくれます。

▲28番極細ストレート麺

 トッピングはチャーシューの代わりに鶏肉が載せられ、三つ葉、ネギ、そして「しゃかりき」名物の極太メンマも添えられます。鶏肉は軟らかく、あっさりとした味わいです。

▲チャーシューの代わりの鶏肉

 極太メンマは冷たいスープということで硬さが心配でしたが、程良い歯ごたえを備えた硬さは温かいラーメンと変わらず、ダシ感の強いスープとの相性も良いものでした。

 改装された店内はレイアウトはそのままですが、全体的にシックな佇まいとなっており、ますます人気が出そうな予感です。この日も中のベンチで15分くらい待ちましたからねぇ。ごちそうさま!

 麺屋 しゃかりき
 京都市中京区聚楽廻東町3-9 地図
 075-813-5198
 11:00~24:30、無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン こぶ志 双鯛緑氷玉(8月2日まで)

▲店舗看板

 今月の「こぶ志」は2本立てです。19日までは前回紹介した「冷やかリコール ドロ弐号」を限定メニューとして出していましたが、20日は関西Walkerとのコラボメニューとして「双鯛緑氷玉(そうたいりょくひょうだま)」なるメニューを出しています(8月2日まで)。

 メニュー名の「双鯛」というフレーズでピンと来た人は、なかなかの「こぶ志」フリーク。これは何度か突発的に作ってきた、甘鯛と金目鯛二つの鯛の頭から取ったダシがベースとなったスープのことを示しています。当ブログでは5月3日に「双頭鯛塩ラーメン」を紹介していますね。今回はそのダシを使い、冷やしつけ麺を提供してくれました。

▲双鯛緑氷玉(850円)

 冷やしつけ汁は、キンキンに凍らせた透明感のあるガラス容器に入れられており、見た目からも涼やかさを演出しています。そこに浮かぶ緑色の玉は「鮎蓼(あゆたで)シャーベット」。「鮎蓼って何だ?」と思う方も多いと思いますが、僕もその一人。これは鮎の塩焼きなどに添えられるもので、独特の苦みや辛味を持つ植物です。諺にある「蓼食う虫も好きずき」の蓼と、ほぼ同じ物と捉えて構わないのですが、それをシャーベット状にして入れているんですね。

 しかしこの「鮎蓼」、本来はクセの強い風味であるらしいのですが、シャーベット状にすることでそうした味はかなり抑えられ(実際嫌な感じは全くなかった)、爽やかな香りがスープに溶け込んで色合いとしても非常に良い演出をしてくれます。

▲つけ汁のアップ。何かの顔に見えなくもない

 つけ汁は鯛のダシ感が色濃く感じられるもので、独特のトロミを伴っています。ダシ感の強さによる濃厚さでいえば、これほど濃厚なものもなかなかないのではないでしょうか。うっすらピンク色に見えるのは茗荷のペーストで、これが爽やかな酸味を感じさせて味をうまく引き締めてくれます。

▲麺は氷で締められた細ストレート麺

 麺は氷でキュッと締められており、その程良い歯ごたえと喉ごしが、冷たいつけ汁と非常によく合っていました。つけ汁にトロミがあるため、絡みもとてもいいんですよね。

 「双鯛シリーズ」は温かいラーメンでも堪能しましたが、冷たくするとより一層ダシの旨みがわかるようになりますね。例年よりも暑さが厳しい今夏ですが、この「双鯛緑氷玉」を食べて一服の涼とスタミナをつけてみてはどうでしょうか。ごちそうさま!

 ラーメン こぶ志
 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1階 地図
 075-841-9419
 11:30~14:30、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

串かつ屋 ぼちぼち 日替わり丼(チキンカツカレーW)

▲店舗入り口

 肥後橋の串カツ屋「ぼちぼち」で久々にランチを食べてきました。ワンコインで食べられるカレーや丼が豊富なので、もっと足繁く通いたいのですが、昨年10月に「マグロユッケ丼」を頂いて以来の訪問となります。

 今回頼んだのはワンコインの「日替わり丼」となっていた「チキンカレー」。通常750円する「チキンカツカレー」が500円で食べられたのです。さらに+150円で大盛り(食券には「W」と表記)にしてもらいました。

▲日替わり丼・チキンカツカレーW(650円)

 大きな皿に盛られた大盛りのごはん。左には千切りキャベツがドッサリ盛られ、右には酸味の感じられるカレールーとチキンカツが配されています。

 ルーは以前に食べた時よりもトマト系の酸味が強くなった印象。しっかり煮込まれ具材は全く見えませんが、サラサラでは決してなく、様々な野菜や肉がトロミあるルーを形成しています。

▲チキンカツをアップで

 チキンカツはさすが串カツ屋さんといった感じで、薄い衣のカリッとした香ばしさが、ルーとマッチしていました。しかも驚いたことに、割と大きめのチキンカツが2枚載っているんですよ。Wにしたからごはんとルーが多いのは予想していましたが、まさかトッピングのチキンカツも2枚になっているとは。ただでさえ「日替わり丼」としてお得なメニューになっているのに、Wにしたらさらにお得という、素晴らしいコスパです。

 これでランチは三回目の訪問となりましたが、そろそろ夜に店の真骨頂・串カツを食べに来たいところです。ごちそうさま!

 串かつ屋 ぼちぼち
 大阪市西区江戸堀1-19-24 地図

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天下一品 石橋店 ラーメン定食

▲店舗外観

 池田市の阪急石橋駅の西口を出てしばらく歩いたところにある「天下一品 石橋店」へ行ってきました。メイン通りから少し入ったところになるので、駅からだと看板が見えず少し分かりにくいかもしれません。

 店舗の広さは天一にしてはやや狭いというか、暗い印象。訪れたのも午後2時過ぎということで、ランチタイムも終わっていたため客は少なく、それも暗めの印象に繋がったのかも。しかし店員さんの元気は良く、気持ちいい接客でした。

 頼んだのは「ラーメン定食・こってり」。普通のラーメンとライスのセットですが、開店から午後5時まではライスおかわり自由というお得なセットです。石橋は大阪大学のお膝元、学生たちの通う店らしいサービスです。

ラーメン定食(750円)

 スープは関西の天一としては標準的な濃さ。ニンニクもしっかり効いていて、天一らしい美味しさです。いつもはネギ増しを頼むのですが、メニュー表にトッピングのネギは(特大)と記されているものの、+50円ということなのでやめておきました。わざわざ(特大)とあるくらいだから、普通のネギ増しは無料なのかもしれませんけども。

 セットで出てくるごはんは、大きめのお椀に盛られており、デフォで普通の店の大盛りくらいあります。それをラーメンと一緒に食べ切ったら十分満足なのですが、「おかわり自由」とあっておかわりしないのは、貧乏性の僕にはどうも損をしているように思えてならず、小盛りですがおかわりはしました。

▲ごはんとタクアン

 おかわり用のごはんは店の真ん中当たりに大きなジャーがあり、そこで自由によそうことが可能。この方式は店員さんを呼ばなくてもいいので楽ですね。それと、テーブルに置かれていたタクアンが妙に美味しかったです。普通のタクアンに鷹の爪っぽいものが入っており、ピリッとした辛さがごはんの友としてベストマッチでした。

 定食はチャーハン、餃子、唐揚げといった定番ものの他、ミンチカツやエビカツ、さらに丼物など充実しています。丼物以外はごはんおかわり自由なので、阪大生が毎日あの大きなジャーを空っぽにしているんでしょうね。ごちそうさま!

 天下一品 石橋店
 大阪府池田市石橋1-11-13 石橋ビル1階 地図
 072-763-2052
 11:00~25:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

渡辺製麺 濃厚魚介味・太麺300g+メンマ増量

▲店舗外観

 阪急豊中駅から徒歩3分、国道176号線を渡って少し北に上がったところにあるつけ麺専門店「渡辺製麺」へ行ってきました。

 店に着いたのは平日の午前11時40分頃。外待ち用のパイプ椅子に座る人はなく、すんなり入れるかと思ったら中は満席。中で食券を買ってパイプ椅子の先頭に座ること数分、店主さん自ら「どうぞー」と呼びに来てくれ、カウンター席の一番奥へ通されました。

 つけ麺のメニューは2種類。「濃厚魚介味」か「ベジポタマイルド味」で、麺を中太麺か太麺のどちらかから選び、さらに麺量を選びます。今回は「濃厚魚介味」を太麺300g、さらにメンマ増量でお願いしました。

▲濃厚魚介味・太麺300g(850円)+メンマ増量(100円)

 10分ほど待って出てきたつけ麺は、カウンター越しに渡してくれます。しかし、このつけ汁の器がかなり熱い! 「熱いから気を付けて下さいね」と言われてちゃんと気を付けていて良かったです。油断していたら大惨事となるところでした。

 そのアツアツのつけ汁につける麺は、少し茶色がかった極太ストレート麺。モッチモチの食感と確かに感じる小麦の風味が美味しい麺です。

▲モチモチとした食感の極太ストレート麺

 つけ汁は魚介系の出汁と豚骨、鶏ガラを合わせたもの。動物系の濃厚な口当たりはありますが、味わいとしては魚介の方が強い感じです。また、特徴的なのは柚子の風味が強いこと。そこに一味のようなピリッとした辛さが加わり、他にはないつけ汁となっていました。

 つけ汁の中には厚切りのチャーシューと、増量でかなりの本数となったメンマが沈んでいます。スープがアツアツなだけにこちらもアツアツで、メンマは最初に軟らかく、中でコリッと良い歯ごたえを感じるものになっていました。これがなかなか美味しく、メンマ増量はオススメです。

▲つけ汁に沈むチャーシューとメンマ

 つけ汁の粘度はかなり高く、白髪ネギと一緒に麺とよく絡みました。そのため、300gの麺を食べきる頃にはつけ汁もほぼ空っぽ。カウンターに置かれたポットにスープ割り用の出汁が入っているのですが、最後にそれで〆るために、後半はかなり調整しながら食べ進めました。

▲麺とつけ汁の絡みは非常によい

 この日はたまたまなのか、客の8割が「濃厚魚介」を頼んでいましたが、「ベジポタ」も評価が高いようなので次回はそれを頂こうと思います。また、23時以降限定で縮れ玉子麺を使用した、あっさり系豚骨ラーメンも出しているようなので、いつかそれも食べてみたいです。が、豊中に23時って、確実に京都に帰れないな。ごちそうさま!

 渡辺製麺
 大阪府豊中市本町3丁目1-22 地図
 06-6854-4591
 平日11:30~14:30、18:00~24:30、土曜11:30~15:30、17:00~24:30、日祝11:30~15:30、17:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天ぷら 食事処 みずなぎ 二階席ですき焼き&スーパー天丼

▲店舗外観

 一月ぶりに行ってきました、南区唐橋の味と心意気で魅せる店「みずなぎ」へ。この日は普通に食べに行くつもりでしたが、少し人を募って二階席ですき焼きをつついて参りました。

 集まったのは僕を含めて5人。しかし二階席に上がると、大皿に載ったたくさんの牛肉の他、野菜や豆腐類を盛った大皿が3皿並んでいます。それはとても5人で食べるような量ではなかったので、てっきり別口で二階席に来る客がいるのだと思ったのですが、さに非ず。全て我々のために用意されたものでした。

▲いい色をした牛肉

 関西風のすき焼きということで、鍋で肉を焼き、醤油と砂糖、酒、出汁で味を調えていきます。この日は鍋奉行がいなかったため、なんか適当に作ってしまったのですが、それでも素材がいいから存分に美味しいすき焼きとなりました。

▲夏に食べるすき焼きもいいものです

 牛肉の他には玉ネギ、長ネギ、白菜、ニンジン、シイタケ、シメジ、焼き豆腐、糸コンニャク、麩など。とにかくスゴイボリュームで、食べても食べてもなかなか減っていきません。そうこうするうちに大将がやってきて

「これは心付けや」

 と、牛肉をさらにもう一皿出してくれました。おお、なんと素晴らしい! 本当に嫌っていうくらいに、牛肉盛りだくさんのすき焼きです。

▲サザエの壺焼き

 
「これも食べてみて」

 とサザエも出して頂きました。そして上手なサザエの焼き方を伝授してもらい、一堂「へぇ~」と感心。その後も食にまつわる面白いお話をたくさん聞かせて頂き、宴はどんどん盛り上がっていきます。

 すき焼きの〆は当然「うどんすき」。別皿で盛ってこられたうどんをさっと煮込んで、改めて取り皿に割った生卵をつけて食べるのは絶品でした。

 そうして満腹になったところで、参加していた友人の一人が「みずなぎに来て、天丼を頼まないのはダメでしょう」と言いだし、僕らの「食べきれるの?」という懐疑的な言葉を無視して注文しました。
 
「よっしゃ! 天丼一丁! 明日休みやから、あるもん全部入れたるわ」

▲いつもより余計に盛っています! 天丼

 大将の粋な心意気で、いつもより1.5倍は盛りが多いスーパー天丼がやって来ました。海老、穴子、カボチャ、ししとう、インゲン、シイタケ、茄子、ホタテ、鰯……あと他にも何かあったかも。それでいて値段は通常通り550円なんですよね。

 そうそう、今回どうしてこの天丼が550円になったのかというエピソードも聞きました。他の定食の殆どが500円なのに、どうして天丼だけが550円なのか。原価の問題? いやいや、そんなみみっちいことは関係ありません。そこには大将の想いが詰まっている……ってほど、熱い物語ではなかったですね。エピソードとしては面白いですけど、割とテキトーな理由でもあり、面白い話でした。気になる方は訪れた時に聞いてみて下さい(笑)。

 すっかり堪能した3時間余り。お酒もビールを中心に結構頂いて、さてお会計はというと……とても信じられない値段でした。それは安すぎますよと言うと、大将は真顔で
 
「なんや? もっと取って欲しいんか?」

 とか言うし。いやー、それじゃあもう、それでお願いします。ごちそうさまでした! ありがとうございます!
 
「こちらこそや。おおきに、また来て下さい。今度は三日前までに言ってくれたら、最高級宮崎地鶏で鶏鍋用意しますから」

 はい、食べに来ます。もう、早ければ来月には来ちゃいますから!

 天ぷら 食事処 みずなぎ
 京都市南区唐橋南琵琶町22-3 地図
 075-681-6158
 11:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。