スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋 本日のカレー(揚げチキンとアルトバイエルンのカレー)

▲店舗外観(撮影は昨年3月)

 堀川紫明でコスパ抜群のカレーを出している「香麗屋」へ行ってきました。ここでの紹介も今回で5回目となりますが、5回連続で食べてきたのは「本日のカレー」。毎回トッピングがてんこもりのお得すぎるカレーです。

▲階段入り口の貼り紙

 この日の「本日のカレー」は写真にある通り「唐揚げチキンとアルトバイエルンのカレー」。一緒に行った友人と「唐揚げチキンって、鶏の唐揚げと何か違うの?」「イチロー・スズキみたいに言い換えただけでは?」とか言いつつ、それを大盛りでお願いしました。

▲唐揚げチキンとアルトバイエルンのカレー・大(700円)

 やって来たカレーに載っていたのは、予想通り鶏の唐揚げ。さらにパキッという皮の食感が美味しいアルトバイエルン、デフォで載っているキノコのソテーが大盛りごはんと一緒に盛られています。ルーはいつもと同様、皿とは別にカレーポットでも出てきます。大盛りの場合はそれで丁度いい感じですね。

▲セットのサラダ

 大盛りカレーにサラダが付いて700円(並み盛りは600円)というのは、やっぱり破格です。さらにこの時は3人で訪れたため、カレーを食べ終わった後はデザートとしてキウイもサービスしてもらいました。ただ、3人で来たのに4つ出てきたのは謎(笑)。

 サービスの良さ、居心地の良さは僕の知る喫茶店では3本の指に入る名店。ホント、もう少し近ければもっと通うんだけどなぁ。でもまた、癒されにいきますよ。ごちそうさま!

 コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

台流屋台 御気樂 台湾ラーメン&白菜ラーメン&爆菜丼&爆羊肉 ほか

▲店舗外観

 高槻に住んでいる友人と飯を食おうということになり、阪急高槻市駅から西へ少し歩いたところにある「台流屋台 御気樂」へ行ってきました。駅から歩いて5分くらいでしょうか。

 友人ら2人と一緒に店に入ったのは土曜日の午後9時過ぎ。店内はテーブル席とカウンター席のほか、入り口から左手に個室もありました。テーブル席に座り、僕は「台湾ラーメン」とセット丼の「爆菜丼」を注文。同じものを頼んでも面白くないということで、友人は「あっさり台湾ラーメン」と「ミニチャーハン」、「白菜ラーメン」と「唐揚げ丼(正式名称は違ったと思う)」を頼み、さらに単品で2品追加しました。

▲台湾ラーメン(650円)

 ひき肉にニラ、唐辛子というオーソドックスな「台湾ラーメン」らしいルックスのラーメンは、見た目ほどには辛くはありません。もちろん食べていて汗は出てくるのですが、スープを飲んで口から火が出るとか、そういうものではなく、鶏ガラベースのスープにひき肉の旨み、ニンニクとニラの香りが入ってそれは食欲を大いに増進してくれました。麺は軟らかめの細ストレート麺で、ひき肉やニラがよく絡んできます。

▲セットの爆菜丼

 ラーメンに+200円でセットに出来るごはんモノの中から僕が選んだ「爆菜丼」。おそらく読みは「ばくさいどん」でいいんだと思います。名前以外に前情報がなかったので楽しみ半分、不安半分だったのですが、これが意外にヒット。要は野菜炒め丼なのですが、キャベツ、ピーマン、ニンジン、玉ネギ、もやし、豚肉がたっぷり入っており、中華ダシのコクと紅生姜がうまくマッチ。非常にごはんが進む丼でした。これは単品メニューにはなかったのですが、レギュラーサイズ一杯400円くらいだったら毎回頼むかも。

▲白菜ラーメン(600円)

 友人が頼んだ「白菜ラーメン」は見ての通り具だくさん。ベースのスープは同じく鶏ガラで、そこに野菜の旨みが加味されてまったりとした風味になっているようです。なんとなく「天理スタミナラーメン」に似てる感じ。

▲セットの唐揚げ丼

 セットの「唐揚げ丼」はタレのかかった唐揚げに高菜炒り卵、水菜などを載せた丼で、なかなか美味しそうです。

▲あっさり台湾ラーメン(650円)

 「あっさり台湾ラーメン」は、僕が食べた普通の「台湾ラーメン」の辛さを控えめにし、チャーシューと煮玉子を追加。鶏ガラの味わいをよりストレートに感じられるスープになっています。ちなみにこれを食べた友人が頼んだセットのミニチャーハンは写真を取り忘れました。

▲鶏唐揚ねぎどっさり(630円)

 メニュー名そのまんま、鶏の唐揚げにどっさりとねぎがかかった単品メニュー。ネギのシャキシャキ感と鶏のジューシーさがバランスの良い王道的な美味さを見せています。

▲爆羊肉(580円)

 「爆羊肉」とありますが、要するにジンギスカンです。羊肉独特の臭みはなく、軟らかく炒められた肉と野菜の食感がうまく融合していました。玉ネギが良かったなぁ。

 酒は飲まずにラーメンと丼、おかずだけ食べていたのですが、まったりとした空気の中で非常に居心地が良く、1時間以上ものんびりとさせてもらいました。次は酒を飲みつつ今日食べなかった台湾料理の数々を頂きたいと思います。ごちそうさま!

 台流屋台 御気樂
 大阪府高槻市城北町1丁目9-11 湯浅ビル103 地図
 0066-9678-7792(予約専用、通話料無料)
 11:30~14:00、17:30~25:00(日祝は24:00まで) 火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン こぶ志 特選こぶ志ラーメン・醤油・大盛り

▲特選こぶ志ラーメン・醤油・大盛り(1000円)

 毎月独創的且つ完成度の高い限定メニューを出してくれる「こぶ志」。それ故にレギュラーメニューはついつい後回しになってしまいます。そんなわけで今回は訪れる前から「今日はレギュラーの醤油を食べるぞ!」と堅く決意し、久々にそれを頂いてきました。

「今日で2回目やんね?」。

 大将が覚えていたとおり、かなりの回数通っている僕がレギュラーの醤油を食べたのはこれが2回目。前回は昨年2月と1年以上前になります。その当時からするとスープもだいぶ代わっているとのことなんですが……正直ブランクがあり過ぎて違いを語れない(泣)。とはいえ、魚介ダシの風味が効いたスープが絶品であることは言うまでもなく、初めて食べた時と同様にスープだけをしばらく味わってしまいました。

▲塩釜チャーシュー

 特選なので塩釜チャーシューも3枚。毎度レベルの高い味わいなのですが、やっぱりレギュラーの醤油、塩と食べて美味しいチャーシューだなぁと改めて感じます。

▲麺は全粒粉ストレート

 ストレートの全粒粉麺は歯ごたえ風味ともに良く、煮玉子、穂先メンマも味の染み方、食感ともに素晴らしいです。前回の醤油の写真を見ると、当時は普通のメンマなんですね。今の穂先メンマの軟らかさと、それでも確かに感じるコリッとしたメンマの食感の両立は、是非一度食べてもらいたいと思います。

 こうしたレギュラーメニューの安定性がある上で、月替わりの限定メニューというものもある。本当に得難い名店です。今後も大いに期待し、大いに食べていきたいと思います。ごちそうさま!

 ラーメン こぶ志
 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1階 地図
 075-841-9419
 11:30~14:30、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

うどん屋 きすけ 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ

▲店舗外観

 北区の鶴野町北交差点。この周辺にはレベルの高いうどん屋さんが集まっています。前回紹介した「情熱うどん 讃州」、その少し北にある「たけうちうどん」、そして今回初訪問となった「きすけ」の3店が、僅か300メートル圏内にあるという、うどん好きにはたまらないエリアとなっているのです。

 「きすけ」が店を構えるのは鶴野町北交差点を東へ少し進んだ場所。特徴的なのは営業時間で、開店はランチタイムも一段落した午後2時から。そこから通しで午後10時まで営業しているのです。これは昼休みが遅いことの多い僕にとってはありがたいことで、「讃州」「たけうち」の昼営業でふられた場合の避難先としても重宝しますね。

 訪れたのは土曜日の午後2時半過ぎ。しかしこの時間でも「きすけ」にとっては開店直後。テーブル、カウンター含め26席と広い店内ですが、ほぼ満席状態でした。メニューは温かいうどん、ぶっかけ、生醤油と各種ありますが、今回はお品書きに「大人気」とマークされていた「鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ」を頂きました。

▲鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ(780円)

 やって来てまず目に留まるのはうどんのツヤ。写真ではイマイチ伝わりにくいですが、ビシッとしたコシの強さまでわかる見事なひねりを伴って輝くうどんは、食べる前から「間違いなく美味い!」と思えるもの。実際、すすってみれば強力なコシと弾力、噛めば染み出る小麦の旨みとパーフェクトなうどんの味わいが口の中に広がります。

 温泉卵を箸で輪ってうどんと絡め、ぶっかけのつゆや薬味とともに混ぜ合わすと、うどんそのものの旨みにダシの風味と黄身のまったり感が加わり、これまた絶妙な美味さに。

▲温泉卵との絡みも絶妙だ

 鯛ちくわ天は甘みがあり、普通のちくわよりもシコシコとした弾力があって美味しいかったです。

 全体的なボリュームもあり、もちろん内容も大満足。初訪問でしたが、もう少しペースを上げて訪ねて行きたいですね。ごちそうさま!

 うどん屋 きすけ
 大阪市北区鶴野町4-1 コープ野村梅田A棟1階 地図
 06-6375-5656
 14:00~22:00 麺切れ次第終了 火曜及び最終月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

情熱うどん 讃州 きつねうどん+ミニネギトロ丼+カキフライ

▲店舗外観

 豊崎町の人気うどん店「情熱うどん讃州」へ久々に行ってきました。久々だなぁとは思っていたのですが、振り返ってみると2007年6月以来ということで、何と2年9カ月というインターバル。前は何度も通っているのですが、すぐ近くの「弥七」と同じく大抵行列が出来ている店なので、「いつでも行けるし並ぶならやめとこかー」と、スルー続けていた結果がこんなことに。

 訪ねた日は午後2時過ぎということもあってか、珍しく外待ち無し。さらに中のカウンター席もガラリと空いていてすんなり座ることが出来ました。もっとも、これはエアポケットみたいなものでして、僕の後5分くらいで満席、店の中で待つ人も出てました。

 開店から午後3時まではお得なランチセットメニューがそろっており、その中からチョイスしたのは「きつねうどん」と「ミニネギトロ丼」のセット。うどんを楽しみたければ、生醤油やぶっかけというのもあるのですが、この前日に友人と「うどんの基本はきつねやでー」みたいな話をしていたので、それではと頼んだ次第。確かに、こういうお店で「きつねうどん」を頼むのは初めてだよなぁ。

▲きつねうどん(ミニネギトロ丼とのセットで800円)

 ダシの香りがふんわりやって来る「きつねうどん」。大きな丼の半分を占める大きなおあげさんは、甘くジューシーな味わいがギュッと詰まっており、噛むことでそれが広がるのが「きつね」の醍醐味ですね。うどんはもっちりとした食感で、麺と麺の間にダシをうまく絡ませ、「これぞうどん」と思わせる出来映え。どっさり盛られたワカメとネギというシンプルなトッピングも、温かいダシの味を堪能するのをアシストしてくれます。

▲ミニネギトロ丼

 ミニネギトロ丼はワサビが別皿になっており、苦手な人も食べやすくなっています。ワサビ醤油をまぶしてそのまま食べるのも美味しいですが、うどんのダシと一緒にしても合う丼です。

 セットでも十分に腹は膨れるのですが、今回はさらにメニューを追加。岡山県の邑久漁港から仕入れた牡蠣を使った「カキフライ」を単品でお願いしました。

▲カキフライ3個(380円)

 揚げたてアツアツのフライを囓れば、中から海のミルクが溢れて口の中が幸福感でいっぱいになるカキフライ。レモンをかけて食べるのも、ソースを付けて食べるのももちろん美味しいのですが、やはり自家製のタルタルソースが美味しいです。マヨネーズの酸味よりも、玉子のマイルドさが全面に出たタルタルソースは、フライなしでそのまま食べてもおかずになる美味しさでした。

 うどんの基本とも言える「きつねうどん」もやっぱりレベルの高い一品でした。次は行列にめげず、もっとインターバル短めで行きたいと思います。ごちそうさま!

 情熱うどん 讃州
 大阪市北区豊崎3-4-12 地図
 06-6377-5555
 11:00~15:00、17:30~21:00 麺切れ次第終了 日曜定休(祝日不定休)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カレーウドン リキマル 肉カレー+ライス

▲店の暖簾

 JR大阪駅と阪急梅田駅の間にある「新梅田食堂街」。小さいながらも個性的な店が並ぶ中で、時に行列が出来るほどの人気を誇っているのが、今回紹介する「カレーウドン リキマル」です。場所は食堂街の南東1階エリアで、写真の黄色い暖簾が目印です。

 訪れたのは平日の午後8時前。さすがにこの時間となると行列はありませんが、カウンター6席と狭いため昼時や夕方は、数人が待っている風景をよく見ます。メニューはトッピングによる別はありますが、基本的にカレーうどんのみ。今回は牛肉がたっぷり載った「肉カレー」を頼みました。

 うどんは即席のものではなく、テボではありますがしっかり湯がく本格派。この時はちょうど湯がき終わっていたうどんが切れたため、出てくるまでに10分くらいかかりました。また、スープも小鍋で人数分ずつ作っていくという丁寧さで、カウンターのみの簡易な店とは裏腹なこだわりが期待を抱かせます。

▲肉カレー(600円)

 出てきた「肉カレー」は、甘辛く軟らかく煮込まれた牛肉と刻みネギが、後載せでたっぷり盛られたボリュームたっぷりの一杯です。カレーはトロミが結構ありますが、ダシの風味もしっかり感じられるもの。辛さは普通ですが、食べているうちにだんだんと効いてくるスパイシーさがあり、中盤からは額に汗をかいていました。

▲うどんはモッチリ、コシもある

 うどんはモッチリとした食感とコシが感じられ、意外なほどにしっかりとしたもの。というか、普通にレベル高いです。カレースープの割に麺量は少なめなのがもったいないところですが(メニューに大盛りも替え玉も載ってない)、その代わりにライスを追加して後半はそれを丼に投入です。

▲ライス(150円)を追加して残ったカレースープにイン

 牛肉も多めに残した中にライスを混ぜると、スープとのバランスが丁度良い按配に。肉の煮汁の甘みがよくブレンドされ、レベルの高いカレーライスとして一気に食べることが出来ました。

 ライス追加で計750円という値段は、コスパ面でも相当良いと思います。並ぶのも納得の内容ですね。次は「肉カレー」と人気を二分するという海老天の入った「天カレー」、ちくわ天×2にカボチャ天の入った「パワフルカレー」など、天ぷら系メニューを頂きたいと思います。ごちそうさまでした!

 カレーウドン リキマル
 大阪市北区角田町9-10 新梅田食堂街1階 地図
 06-6311-8560
 12:00~17:00、18:00~21:00、木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

辰弥すし アナゴ、ヒラメ、トロ、トリガイ、シイタケ、炙りトロ、絶品太巻き、他たくさんの美味いもん

▲店舗外観(撮影は昨年8月)

 先日、久々に西院の「辰弥すし」で寿司を堪能してきました。1月の引っ越し打ち上げもここでやったのですが、その時のメインは「てっちり」。もちろん美味しい寿司も頂いたのですが(特に鯖寿司はサイコーでした)、今回はメインを寿司に定めての訪問です。

 とはいえ怒濤の寿司攻め?へと走る前に、寿司と同じくらいレベルが高い一品モノも頂きました。

▲刺身盛り合わせ

 「刺身盛り合わせ」はカンパチ、石鯛、イカ、甘海老、マグロ。刺身は握りとはまた別の美味しさがありますが、甘海老のプリップリッでその後にとろけてくる食感は、今思い出しても垂涎モノでした。

▲牛蒡の唐揚げ

▲焼きアスパラ

 牛蒡の唐揚げは前にも頂きましたが、臭みがなく軟らかで素材の甘みがジワッと出てくるもので、何度食べても絶品の一言。焼きアスパラは「え、これアスパラなの?」と疑いたくなるようなジューシーさと甘さがあり、繊維を感じつつも口で簡単に溶けていくような軟らかさも備えたもの。これだけ美味しいアスパラは初めて食べました。感動です。

▲焼き太刀魚

 太刀魚は淡白さの中に旨みがギュッと入っており、大根おろしとの相性も抜群に良い一品。酒肴としても最適です。アツアツでホクホクのうちに食べてももちろん美味しいですが、少し冷めてから食べてもやっぱり美味しかったですね。

 さて、続いてはいよいよメインの寿司になります。今回はいつもより多めですが、一気に行きますよ!

▲キュッと締まった食感が楽しいヒラメと、赤身がジューシーなマグロ

▲噛めば噛むほど旨みの出るタコは、飲み込むのがもったいないほど。カンパチは独特の歯ごたえ(と言うほどのものではないが)の後に染み出る旨みが美味い

▲タコと同じく噛むほどに旨みの出るトリガイ。サバはよく脂がのっていてジューシー。箱寿司とは違う美味さがある

▲初めて食べた椎茸のにぎり。椎茸特有の臭みが全くなく、程良い弾力とジューシーさが特徴。目を瞑って食べたら鶏肉か何かと間違えたかもしれない。椎茸の常識を覆す新たな美味さを発見した

▲個人的に辰弥すしで一番好きなのがこのアナゴ。口の中でホロホロと崩れて溶けてシャリと一体化する超絶美味。サヨリも淡白な味わいと良い歯ごたえで舌鼓を打つ。同席した友人が「これはヨシナガ~」と定番のギャグを言って大将に苦笑いされていたのは秘密だ

▲にぎりのオオトリを務めるのは炙りトロ。敢えて何も言うまい。この美味さを体験すれば、誰もが日本人としてのアイデンティティーを自覚するだろう味。マグロ食文化は日本の守るべき宝です

 にぎりはここで終わりですが、寿司攻撃は尚も続きます。いやー、実際食べてきたものだってのに、こうして写真で振り返ると「何うまいもん食べてんだ、コノヤロー!」とその時の自分に嫉妬したくなってきますね(笑)。

▲超豪華な太巻き。スーパーで380円で売ってるようなのじゃないですよ。中にあるのは玉子、キュウリ、カンピョウ、アナゴ、タコ、海老、トロ、ゲソ……あと何かまだ入ってたかも。そして海苔が素晴らしい風味を持っており、まさしく至高の太巻き。美味すぎ。

▲〆のスシはアナゴの箱寿司。ホロッと崩れるアナゴは山椒をパラリとふりかけてあり、にぎりとはまた違った味わいを見せる

 ちなみに太巻きとアナゴの箱寿司は人数で割り切れる数ではなかったので、給食で余ったプリンを争奪する男子小学生の如く壮絶なジャンケン勝負が行われましたが、僕はいずれも最初のジャンケンで敗退……勝負弱い。

 今回も絶品の数々、ごちそうさまでした!

 辰弥すし
 京都市右京区西院西淳和院町2-2 地図
 075-323-6880
 17:00~23:00、月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店 しおらーめん+らーめんセット

▲店舗入り口

 今回紹介するのは「彩色ラーメンきんせい高槻本店」です。昨日紹介した「あす流」と同じく阪急高槻市駅周辺のお店で、距離的には「あす流」よりも駅に近い場所になります。

 店はビルの1階にあるのですが、道からは少し入ったところになるのでちょっとわかりにくいです。ただ、行列が出来ていることも多いので(僕が訪れた時は幸いありませんでしたが)、それを目印にすれば分かりやすいのかも。

 行列で外待ちはなかったものの、午後3時前の訪問にもかかわらず店内は満席。さすがの盛況ぶりです。メニューは醤油、塩、味噌に合わせ味の4種類のスープ、さらにつけ麺がありましたが、合わせ味スープは売り切れとのこと。以前「高槻栄町店」では醤油、「交野店」では味噌を食べていたので、今回は塩を煮玉子追加、「らーめんセット」でお願いしました。

▲しおらーめん(700円)+煮玉子(100円)

 やって来た「しおらーめん」。スープははじめあっさり、後味ややこってりといった喉ごしで、魚介の風味もよく感じます。麺は自家製麺の中細ストレートで軟らかめでした。

 トッピングは軟らかなチャーシュー2枚に海苔、うずら卵、シナチク、ネギは普通の刻みネギと白髪ネギの2種類あり、刻んだ唐辛子をまぶして味にアクセントも付けています。追加した煮玉子は黄身の具合が良く、塩スープを含ませて食べれば、麺もごはんも進む美味しさです。

▲らーめんセット(+50円)の古代米入りごはんと漬け物

 「らーめんセット」は15時まで限定のメニューで、+50円で古代米入りごはんと漬け物が付いてくるお得なセット。独特の食感と味わいの古代米入りごはんはスープと一緒に食べて美味しい、きんせいならではのメニューです。

 安定した美味しさはもちろん、店員さんの元気も良く、駅からも近いということでアイドルタイムでも満席が続く人気店。今後もお世話になることが多いでしょうね。ごちそうさま!

 彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店
 高槻市北園町18-1 コーケンビル1階 地図
 072-682-8956
 平日11:30~24:00、日曜11:30~16:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン屋 あす流 海老醤油ラーメン+あす流ごはん

▲店舗入り口

 阪急京都線で通勤するようになって2カ月。京阪の特急は京橋を出ると中書島までノンストップですが、阪急は十三、茨木市、高槻市、長岡天神、桂と停まり過ぎと言っていいほど停まります。通勤時間を考えるとちょっとなぁとため息も出るのですが、ブログ的には途中下車して駅周辺の店に行きやすいと前向きに解釈も可能。というわけで、今回は阪急高槻市駅から北西へ徒歩5分のところにあるラーメン屋「あす流」へ行ってきました。

 訪れたのは土曜日の午後2時頃。この時間でも満席だったため、外で10分ほど待ちました。一人で切り盛りする店主さんに「お待たせしてスンマセン」とカウンター席に案内され、頼んだのは「海老醤油ラーメン」。それに「あす流ごはん」がついたランチセットで注文しました。

▲海老醤油ラーメン(700円)

 店はカウンター席のみなので、どこからでも作っているところがよく見えるのですが、作業が実に丁寧。「あす流ごはん」用のチャーシューは刻んだ後にバーナーで炙っており、その香ばしい匂いがビジュアルからも感じられます。

 そうしてやって来た「海老醤油ラーメン」。器が運ばれてくると同時に漂う海老の香りに喉が鳴ります。スープは黄金色というか、見た目にも美味しそうに輝いており、海老のダシと甘みを感じた後に、醤油のスッキリとした味がやってくるという感じですね。あっさりなんだけど味は割と強い印象でした。

▲麺は平打ちストレート

 麺は棣鄂製の平打ちストレートを使用。歯ごたえもあり、平打ちなのでツルツルッという喉ごしが非常に心地よい麺です。「替え玉」(150円)を頼もうか真剣に悩みました。

 トッピングはトロトロのチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、海苔。チャーシューは口の中で溶ける軟らかさで、海老醤油スープをよく吸って他ではない美味さに。穂先メンマは軟らかな食感と甘みを兼ね備え、こちらもなかなか味わえない美味さと、トータルで非常にレベルが高い一杯です。

▲あす流ごはん(300円・ラーメンとのランチセットは850円)

 「あす流ごはん」は炙ったチャーシューの上に鰹節をまぶしたチャーシュー丼。甘ダレと鰹節の風味がうまく合ったごはんです。この組み合わせ、ありそうで無かったですよね。

 支払い時に「写真、うまいこと撮れました?」と笑顔を向けてくれた店主さん。「美味しそうに撮れたと思います!」と言ってはみましたが、割とピンが甘くて帰宅してからガックリ。これは是非ともリベンジしなければなりませんね。その時はもう一つのレギュラーメニュー「塩ラーメン」か、夜限定の「つけ麺」か。何にしても再訪はします。ごちそうさま!

 ラーメン屋 あす流
 大阪府高槻市紺屋町8-30 ナツカビル2階 地図
 11:30~14:30、18:00~24:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天ぷら 食事処 みずなぎ 天丼

店舗外観

 穴場の店というのは、なかなか見付からないから穴場の店なわけで、だからこそ見付けた時の喜びは得がたいもの。今回紹介する南区唐橋の「みずなぎ」は、まさにそんな至上の喜びを与えてくれるお店でした。

 伏見区に住んでいた時、通っている西大路の鍼灸院へ行く途中の住宅街にあるお店で、その存在は結構前から知っていました。しかし古びた外観で特に目立つ看板があるわけでもなく、とりあえず「天ぷら屋かぁ」という程度の認識だけでスルーしていました。店を訪れた日は近くで仕事があり、気分的にラーメンでもカレーでもなかったため、頭の片隅にあった記憶を頼りにふらっと訪れただけ、そんな感じでした。

入口横に貼られたメニュー表

 店の前までやって来ても「どうしよっかなー」と思っていたのですが、貼られたメニュー表を見ると豊富な定食メニューの殆どがワンコイン500円となっており、天丼も550円と書かれているのを見て、「ま、この値段ならハードルも低く出来るし」と変に気持ちを納得させて暖簾をくぐりました。

 店内は手前に4人がけテーブル席、奥にカウンター5席の小料理屋っぽいレイアウト。客はテーブル席に一人……と思ったら、いきなり振り返って

「いらっしゃい!」

 と大きな声で言われました。わざわざフォントを大きくするくらいに、大きく元気な声は店主さんのもの。客がいなかったので昼ごはんを食べていたようです。カウンターの方にいた奥さんに「どうぞこちらへー」と案内され、同時に「日替わりですか?」とメニューを訊かれました。この日の日替わり定食はチキンソテーをメインに、大根の煮物、ポテトサラダ、ひじきの煮つけ、豚肉と野菜のサラダでしたが(これだけあって500円なんだからスゴイ)、やはり天ぷらを食べたかったので「天丼をお願いします」と頼みました。

「よっしゃ!」

 頼んだと同時に後ろから再び響く店主さんの大きな声。

「天丼頼まれると気合い入るな!」

 と言って立ち上がると

「海老と穴子、どっちにする?」

 と聞いてきました。天丼は「海老2尾+野菜天」と「海老+穴子+野菜天」の2種類あるとのこと。種類を食べたかったので穴子でお願いしました。

「油の火ぃ入れ直すから、ちょっと時間かかるけどええか?」

 そう言って火を入れると、海老などの下ごしらえに入りました。そうして待つこと15分余り。出てきた天丼は驚愕の内容でした。

天丼(550円)

 海老と穴子に野菜天と言われていたので、てっきりそれだけ(野菜2種類くらい)と思っていたら、次々に揚げ、盛られていく天ぷらたち。結局野菜天は茄子、しし唐、シイタケ、フキノトウ、アスパラ、カボチャと盛りだくさん。そのどれもが大きく、野菜の旨み甘みを存分に感じられる美味しさでした。ちなみにこの野菜天の種類は、季節によって変わるようです。今の時期だとフキノトウが季節モノになりますね。渋みと甘みが混在した春の味、天ぷらで食べるのはサイコーですね。

 「食べにくかったら、別に取り皿出そか?」

 と言われたのでお願いし、野菜天を並べてみます。いやあ、改めてすごいボリュームです。

野菜天の一部。アスパラは2本で1つ

 メインとなる穴子も25センチほどあり、丼の周囲を巻くように盛られていました。衣はサックリ、中はホッコリとした淡白さが美味しく、濃い目のタレとの相性も抜群です。海老はかじるとパキョッという音がするほどの弾力があり、歯ごたえも味も素晴らしいの一言。写真は……夢中になって撮り忘れてしまいました(笑)。

 タレはダシ汁のようなシャバシャバしたものではなく、ソースのようなトロンとしたもの。なので衣全体に染みこむことはなく、サクサクとした衣の食感と、タレを含んで軟らかくなったところが混在し、二つの食感、美味しさが楽しめます。それにしても穴子と海老、さらに野菜天もドカンとあって、しかも550円という値段。感動というか、「いいんですか?」と心配になってしまいます。

味噌汁も美味い! 大根が大きい!

 食べ終わると店主さんから「どやった?」と聞かれました。「いやもう、こんなに美味しくてボリュームもあって、しかもこの値段って……感動しました」と言うと「そりゃよかった! 別に今日だけ特別に多かったわけちゃうで。いつでもこんなん出してるから、また来てな!」と笑顔で返されました。いやいや、嫌がられても絶対行きますから!

 ちなみにごはんも大盛り無料です。素晴らしい。店主さんの豪快な人柄と(声が大きいからそう見えるだけなのかもしれませんが)、奥さんの優しい人柄にも「また来たい!」と強く思わされるお店でした。

 いやー、こんなお店、こんな料理をしばらくスルーしていたとは、なんともったいないことをしていたのかと後悔してしまいますが、同時に見付けたことの喜びも大きいです。あと、入る前に色々考えていたこと、本当に申し訳ありません(笑)。他の定食メニューも気になりますが、次もやっぱり天丼かな。ごちそうさま!

 天ぷら 食事処 みずなぎ
 京都市南区唐橋南琵琶町22-3 地図
 075-681-6158
 11:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。