スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

餃子専門店 福吉 牡蠣餃子&牛スジネギ餃子&海老餃子 ほか

▲入り口の提灯

 伏見区深草の餃子専門店「福吉」へ行ってきました。と言いつつ、行ったのは引っ越す3日前ほど前のこと。気軽に行ける距離じゃなくなるなぁということで、食べ納めではないけれど少し感慨深く色々な餃子を食べてきました。

▲たくさんの絶品餃子

 写真の皿に並べられているのは海老餃子、春菊餃子、きのこ餃子、牡蠣餃子。えーと、別に一人で食べたわけじゃないですよ。それにしても圧巻ですねえ。右上の赤いのが海老餃子であること以外は、見た目だけではちょっとわかりにくいです。

▲牡蠣餃子

 そんな中でもやっぱり一押しなのは牡蠣餃子。牡蠣が丸ごと一つ入っており、その旨みがギュッと詰まった餃子です。厚めの皮の食感、甘さともよく合っていますね。そろそろシーズンが終わるので、食べに行かれる方は早くしないと半年以上待つことになりますよ!

▲牛スジネギ餃子と辛肉餃子

 最初の餃子を食べ終えた後、さらに牛スジネギ餃子と辛肉餃子も追加。スジネギは棒餃子タイプとなっています。マヨネーズとネギのトッピングが意外に美味い餃子で、中のスジ肉のジューシーな食感も絶品ですね。

 この日は他に福吉丼も頼んだのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。会計の時におっちゃんに「今度引っ越すんで、なかなか来られなくなるんですよ」みたいな話をしたら「そうかぁ、残念やなあ。どこ行くの?」「西京極です」「市内やん! いつでも来られるやん!」というやり取りがありました(笑)。ご期待に応えて、三ヶ月に一度くらいは行きたいと思ってます。ごちそうさま!

 餃子専門店 福吉
 京都市伏見区深草西浦町6丁目77 地図
 075-641-5586
 12:00~23:00 水曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

フジヤマプリン お肉系(ピリ辛ソーセージ)カレー

店舗外観

 天神川五条の交差点を北へ行ったところにある「フジヤマプリン」へ行ってきました。店名から分かるとおりプリンが有名なお店ですが、それと同じくらいカレーも有名というお店です。

 訪れたのは平日の午後1時半ごろ。店はかなりオシャレな雰囲気で、他の客は全て女性客という、なんというかアウェーな感じ。しかし漂ってくるカレーの香りに「これは間違いなく美味いカレーを出す店だ」と確信を覚え、なるべく目立たないように(笑)カウンター席に座りました。

 平日の11時半~14時まではカレーランチセットというものがあるそうで、野菜系、お肉系のカレーの2種類が日替わりメニューとしてあり、それとは別にキーマカレーもありました。それぞれライス大盛りかミニサラダかをチョイスし、セットメニューとして食べられます。今回は「お肉系(ピリ辛ソーセージ)カレー」をサラダセットでお願いしました。

サラダとピクルス

 先に出てきたサラダとピクルス。オリジナルのドレッシングが美味しいですね。ピクルスは大根、セロリ、パプリカだったかな。酸味は控えめで野菜の甘みがわかるものでした。

お肉系(ピリ辛ソーセージ)カレー。サラダとセットで900円

 やって来たカレーは、真ん中にドーンと大きなソーセージが印象的。これは日替わりのトッピングです。ルーはトロミのある欧風カレーといったイメージで、辛さは普通。苦手な人にはちょっと辛いかもーという程度です。野菜は多少形が見えていなくもないですが、ほとんど煮溶けてますね。その煮溶けた野菜から出るコクが、ルーの旨みとなってごはんをバクバクと食べさせてくれます。

 ソーセージはパリッという皮の食感と中のジューシーさが美味しい一品。ピリ辛という程には辛さは感じませんでしたが、カレールーとはよく合っていました。

かわいらしい雰囲気あふれる店内

 先にも書いたように、店内はオシャレでかわいらしい雰囲気にあふれています。サービスのお知らせやメニュー表など、手書きのポップが皆かわいらしいし、なんか人形とかもいるし。女の子と一緒に来たら受けそうですね。店のもう一つの名物・プリンは、是非ともそんなシチュエーションで食べたいところです。なので今回はカレーだけ食べて退散。ごちそうさま!

 フジヤマプリン
 京都市右京区西京極北大入町68番地 ファーストビル1階 地図
 075-311-3499
 11:30~21:00 火曜・第3水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コーヒー&ハンバーガー 萩 自家製カレー&ベーコンバーガー

店舗入り口

 南区吉祥院にあるハンバーガーの美味しい喫茶店「萩」へ行ってきました。前回訪れたのは去年の3月初旬でしたので、ほぼ一年ぶりとなります。西京極からだとこのあたりも自転車で10分圏内なので、今後は来る回数も増えていきそうです。

 前回は看板メニューのハンバーガーのうち、チーズバーガーをトマト抜きで食べましたが、今回はその時に横で食べていた人のが気になっていた「自家製カレー」を頂きました。

自家製カレーライス

 ルーは野菜類などが全て煮溶けており、粘度は高め。前に見たときはもっとサラサラっとしたイメージもあったのですが、それから作り方が変わったのか、たまたまそう見えただけだったのか。ゴロリと転がった大きな牛肉は軟らかく、そこから染み出したコクもルーと混ざって美味しいです。ちなみにセットのサラダにはトマトがないので僕も安心です。

ベーコンバーガー

 同行した母が食べていたのが「ベーコンバーガー」。大きなベーコンが特徴ですが、ちゃんとハンバーグも入っておりボリュームもあります。還暦間近の母ですが、「肉が美味い。何よりパンが美味い」と全てきれいに平らげておりました。と、年配の方にも美味しいハンバーガーのようです。

 食後はセットのドリンクで一服し、オリンピックの様子などをまったりと観戦。こういうゆったりとした空気を味わえるのも、喫茶店の良さですよね。ごちそうさま!

 コーヒー&ハンバーガー 萩
 京都市南区吉祥院西ノ庄西浦町80-1 地図
 075-311-9707
 8:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

幸麺亭 これでもかっ!! 黄そばこれでもかっ!!+炒飯これでもかっ!!

▲店舗入り口

 引っ越して来てわかったことですが、西京極駅周辺って意外とラーメン屋さんが多いです。そのうちこのブログで紹介しているのは五条西小路の「らーめん創房日本一 ぱこぱこ」だけですが、そこから半径500m以内に「宝屋」「大将」「ほそかわ」「元町ラーメン」「かがり」などが集まっています。

 今回紹介するのは、そうした隠れラーメン密集地帯で異彩を放つお店「幸麺亭 これでもかっ!!」。店名からして個性的ですが、その内容、サービスはそれ以上に個性的で楽しいものでした。

 店を訪ねたのはバンクーバー五輪が始まった日の夜、午後7時過ぎ。友人と二人で暖簾をくぐると、座敷席へと案内されました。メニューは「黄そば」と書かれているラーメンとチャーハン、その他に一品ものが何種類かといった感じですが、その特徴は量が色々と選べること。

 例えばチャーハンだと、店の名前となっている「これでもかっ!!」が通常の3倍(値段は+150円)、その下が「こんなもん!?」で量2倍(+100円)、その下が「「これっくらい!?」でノーマル(500円)、一番少ないのが「これっぽっち!?」で量半分(-50円)となっています。「黄そば」の場合は麺の量は変わりませんが、上に盛られる野菜と肉の量が増えていきます(値段は全て同じ)。

 今回は友人ともに「黄そば」を「これでもかっ!!」で頼み、二人で取り分けようとチャーハンも「これでもかっ!!」でお願いしました。頼む際に店の大将から「かなり量ありますけど大丈夫ですか?」と訊かれましたが、「ラーメン荘」「美富士食堂」で鍛えてますから、まあなんとかなるでしょう。

▲日替わりサービスが書かれたカレンダー

 注文したところで「それじゃ飲み物はどうしましょう?」と訊かれました。ここはアルコールメニューも豊富で、居酒屋使いも出来るお店なのです。ただ、この時は普通に夕飯を食べに来たので遠慮しようと思ったのですが、なんと「2人以上で来られた場合はドリンク1杯サービス」をしているとのこと。ソフトドリンクのみならず、グラスビールもOKという太っ腹さには感心します。「それじゃ」とばかりビールを頼み、料理が来る前に一息つきました。

 この他にも、日替わりで色々なサービスをしており、それは店の壁にカレンダー形式で確認できます。日曜日は○割引、月曜日は唐揚げ100円引きとか、そういう曜日毎のサービスではなく、本当に日替わりなところがスゴイ。訪れた日は「牛ホルモンの黄そばor野菜炒めの牛ホルモン増量」をやっていました。カレンダーにある★マークは、特にお得なサービスをしているらしく、今後もチェックは欠かせません。

▲炒飯 これでもかっ!!(650円)

 そうこうするうちにやって来た「炒飯 これでもかっ!!」。写真で伝わるかわかりませんが、器は本当にでかいです。きっちり3人前……というかそれ以上あるんじゃねーかって感じです。

 食感はパラパラの一歩手前で若干しっとりとしたもの。卵と肉とレタスがふんだんに入っており、味は意外とあっさりしています。少し物足りないなーという人は、テーブルに胡椒や激辛スパイスがあるので、それをまぶして食べると良いでしょう。

▲黄そば これでもかっ!!(650円)

 二人で半分ほど食べ終えたところで「黄そば これでもかっ!!」が登場。ラーメンの上に茹でたキャベツともやしがどさっと盛られ、その周りに豚バラ肉が配されています。量だけで言えば「ラーメン荘」など二郎系の野菜マシマシより少し少ないかなという程度。因みにスープは注文時に塩・パイタン・昆布から選択可能で、ついでに麺も黄そばかうどんが選べます。今回は僕がパイタン、友人が昆布で頼んでました。

 スープは非常にあっさりとしており、甘みも感じます。肉も茹でた豚バラなので量の割に食べるのは苦労しません。もやしは非常に量が多いですが、一緒に小さい丼も出してくれるので、そちらに移して胡椒なんかをかけて食べると、甘みのあるスープとよく合って美味しかったです。

▲麺は中細ストレート

 麺はやや軟らかめの中細ストレート麺(茹で方は硬めも選択可)。「これでもかっ!!」にしても麺の量は増えないのですが、デフォの量がそこそこあるので食べ応えは十分です。豚バラで麺を包みながら食べていきました。

 とにかくコスパが良く、色々なサービスが充実しているお店でした。大将も気さくで食後に他のメニューについても色々と聞かせてもらい、楽しかったです。そんな中で気になったのは新作というピリ辛の「鶏チャーシュー麺」と「激辛ハバネロカレーライス」。次回はそのどちらかにしたいところですが、その日のサービスメニューと比較してからになるかも。

 近くにこういうお店を見付けると嬉しくなります。今後も色々とお世話になるでしょう。ごちそうさま!

 幸麺亭 これでもかっ!!
 京都市右京区西院西溝崎町45-2 メゾンハウス2 地図
 075-322-5557
 11:30~27:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 ダブルカレー・週替わりキーマカレー

▲ダブルカレー・週替りキーマカレー(1000円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りカレーは「キーマカレー」です。牛・豚・鳥の三種類のひき肉を煮込んだカレーは、トマトベースの酸味あるルーと野菜の旨みをたっぷり含んだ絶品カレーとなっています。

 週替りでは比較的登場回数の多いキーマカレーですが、それは人気があるからでしょうね。辛さ控えめなので誰にでも食べやすく、レギュラーの激辛チキンカレーとの対比も楽しいメニューです。もちろん僕も大好きで、今週は週替りオンリーで食べようか、結構悩みました。

 今週もごちそうさまでした!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

つけめんTETSU 煮玉子あつもり

▲店舗入り口

 昨年「京都拉麺小路」にやってきた東京の人気店「つけめんTETSU」へ行ってきました。昨年12月の初訪問時は「まぜそば」を頂きましたが、今回は看板メニューの「つけめん」を「煮玉子あつもり」で食べてきました。

 日曜日の午後8時半でしたが、外で若干並ぶほどの盛況ぶり。同時にオープンした徳島ラーメン「東大」にも行列が出来ていたほか、殆どの店は満席に近い賑わいでした。

▲煮玉子あつもり(900円)

 ほどなくやって来た「煮玉子あつもり」。前回の記事でも友人が食べていたので少しだけ紹介していますが、麺が温かい出汁に漬かった状態で出てくるのが特徴です。

 つけ汁は濃厚な魚介豚骨。やや魚介強めかなという印象ですが、香りは良く旨みも十分に感じられます。

▲極太縮れ麺

 自家製の極太縮れ麺は先述の通り出汁に漬かって出てくるので最後まで温かく、そしてあつもりにするとよくある麺と麺が引っ付いてしまうこともありません。これは本当に良いアイデアだと思いますね。

 麺は歯ごたえ喉ごしともに素晴らしく、つけ汁の絡みも十分です。デフォで入っている大きめのチャーシュー、極太メンマもそれぞれ味がよく染みていて単品でも十分に美味しい出来でした。

▲飴色の煮玉子は濃厚で美味い!

 ノーマルから追加トッピングとなる煮玉子は、写真の通り見事な飴色の黄身が濃厚な味わいとなっており、こちらも素晴らしい出来。トータルとしてかなりレベルの高いつけめんで、さすが東京の人気店と唸らされます。

 麺を食べ終えた後は、テーブルに常備されているポットの中にあるアツアツの出汁を自由に足すことでスープ割りも可能。ただ、僕はあつもり用に麺を浸していた出汁がもったいなかったので、それをレンゲですくって足していきました。それだとスープ割りがぬるくなるのですが、その点は心配ご無用。

▲焼き石投入でみるみる温かくなるつけ汁

 店員さんに頼めばすぐに焼き石を持ってきてもらえます。福島の「つけ麺 みさわ」でもあったサービスですが、シュワーと泡を立ててつけ汁が沸騰していく様は、見ているだけでも楽しいですよね。尚、この焼き石は本当に熱いので、ある程度温まったら外に出しておきましょう。泡が立たなくなったからと油断して器に口をつけて飲もうとしたら、唇に火傷程度では済まない事態になり兼ねませんので。

 当初は期間限定で提供している「担々麺」を食べようと思っていたのですが、来た時間が遅かったこともあって既に売り切れ。まだ提供しているうちに再訪して食べてみたいものです。ごちそうさま!

 つけめんTETSU
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル10階 拉麺小路内 地図
 075-361-4401(京都駅ビルインフォメーション)
 11:00~22:00

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

喫茶マウンテン 赤ちゃん&大人のお子様ランチ&マカライスペスカド&春限定甘口いちごスパ

▲店舗外観

 熱田神宮で初詣をし、天一熱田店で一休みした後、僕らが向かったのは昭和区にあるとある喫茶店。とんでもないメニューを次々と開発し、そのインパクトで全国的にも有名な「喫茶マウンテン」です。むしろこの日は、ここへの“登山”がメインでした。

 日曜日の午後1時過ぎ、地下鉄名城線八事日赤駅から歩いて5分ほどの店へとやって来ると、10台ほどの駐車場は満車で入り口には数人の行列も出来ていました。車のナンバーはほとんどが愛知県外で、僕らのような客がわんさかと来ているようです。

 外待ち10分、中に入って5分ほど待って席へ案内されました。店内はかなり広く、全ての席が埋まれば60人くらいは収容出来るんじゃないでしょうか。店舗奥の4人席へ座って何を頼むかメニュー表を広げると、その種類は相当のもの。ただ、変なメニューの割合は全体の2割程度で、他は「ハンバーグ定食」とか「スパゲッティミートソース」とか、普通の定食屋や喫茶店にあるものばかり。それが思っている普通ものかどうかはわかりませんが、今回は京都(と静岡)からはるばる来ているので、そうした「わかりやすいメニュー」は却下し、メニュー名からはどんなものか想像出来ないものをチョイスし、注文しました。

 頼んだものは「大人のお子様ランチ」、「春限定甘口いちごスパ」、「マカライスペスカド」、「赤ちゃん」の4品。いちごスパはともかく、他はどんなのが出てくるのかまるでわかりません。

▲赤ちゃん(600円)

 まず最初にやって来たのは「赤ちゃん」。デザートに分類されていましたが、それ以上は何の説明もなく、メニュー名から「ひょっとして日野日出志が描くような形状のグロい料理かも」と身構えていたのですが(例えがよくわからない人は自己責任で「日野日出志 赤ちゃん」でググッてください。グロ注意とだけ言っておきます)、なんかフツーに美味しそうなデザートです。

 大きなババロアの上にイチゴとパイン、生クリームをトッピングしているだけで、おそるおそる食べてみても「美味いな、フツーに」と拍子抜け。いやいや、美味いのに拍子抜けとかアレですが。ババロアのプルプルとした感触が、赤ちゃんのプニプニ柔らかい肌に似ているからそうネーミングしたのかもしれませんが、ともかく美味しいデザートでした。まあ、強いて言えば4つ頼んでいきなりデザートから持ってこられたところが、変と言えば変でしたね。

▲大人のお子様ランチ(800円)

 10分くらい待って、残り3品は一気に登場。まずは「大人のお子様ランチ」です。写真を見てわかる通り、ミートボールが目、極太ソーセージが口となっており、眉毛か髪を表す部分はトマトになっています。その下はバターの風味が強いピラフとなっており、玉ネギやグリーンピースがたくさん入っています。

 バターが強く少しくどい印象もありますが、上に載ったミートボールやソーセージも含めて味は美味しく、問題なく食べられました。しかし味が特別辛いわけでもなし、ソーセージが卑猥な形でもなし、どうして「大人の」なのかはわかりません。刺さった国旗がカナダなのも謎です。バンクーバー五輪を意識したわけでもないだろうしなあ。

 ともあれボリュームも十分で、800円という値段を考えたらコスパも上々。奇食度は低いですが、普通に食べるのに適したメニューでオススメです。

▲マカライスペスカド(800円)

 続いては「マカライスペスカド」。どこで切ればいいのかわからんメニュー名に惹かれて注文しました。帰宅後に調べてみると、「マカライス」ってのはマカロニ入りごはん、「ペスカド」はスペイン語で魚という意味だそうですが、問題はこのメニューが「マウンテン」では「和食」にカテゴライズされていたこと。メニュー名のどこにも和のテイストはないんですが、まあいっか。

 内容はマカロニ……ではなく、貝殻形のコンキリエが入ったライスに、玉ネギとツナを加えて炒めたもの。ショウガの風味が強いのが和のテイストだったのかな。あと、ツナというよりマグロのフレークっぽい甘さも感じましたので、ひょっとしたらそうなのかもしれません。料理としては十分成立していますが、まあ家で金ない時に食べた自家製チャーハンに似てるな、というのが正直な感想(笑)。ボリュームはあるのでコスパは悪くないですが。

▲春限定甘口いちごスパ(1000円)

 最後は「春限定甘口いちごスパゲティ」。まだ春と呼ぶには寒い日でしたが、とりあえず立春は過ぎていたのでいいのかな。見た目からしてヤバいんですが、いやいや、見た目の方がまだマシなのか。下のスパゲッティがアツアツだというのが問題なんだし?

 イチゴを練りこんだピンク色のスパゲッティの上に、イチゴとキウイ、生クリームをデコレーションしたデザート風スパという一品は、この説明以上でも以下でもない出来栄え。加えるのならスパゲッティにザラザラとした食感があるのですが、それはどうもピンク色のでんぶのようです。

 食べて食べられないものじゃないですが、駄菓子屋のお菓子を温めて食べているような感じで、3人でどうにか完食したものの、もともと甘いものは苦手なので1人で一皿食べきるのは絶対ムリです。 生温かいイチゴとキウイの変な食感も、難易度上げてますしね。

▲ちゃんと完食

 今回食べた中で「これはねーわ」という味付けは、最後の「春限定甘口いちごスパ」くらいで、後は問題なく食べられました。隣に座っていた男性3人組の客は全員甘い系のスパを頼んでいたため、かなりげんなりした様子でしたが(それでも完食していたのは天晴れ)。僕らの初登山は割と無難に終わりました。なんかホッとしたような、残念なような複雑な気持ち。

▲駐車場の看板

 ネタとしてはかなり面白いお店だったので、また機会を見付けて訪ねたいと思います。次はジャンボパフェとかかき氷とか、そんなのもいいかもしれません。名古屋名物の味噌煮込み系メニューとかね。ごちそうさま!

 喫茶マウンテン
 名古屋市昭和区滝川町47-86 地図
 052-832-0897
 8:00~22:00(L.O.21:40)、モーニング7:00~11:00、月曜定休(祝日の場合は翌火曜休業)、年末年始休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

天下一品 熱田店 ラーメン並こってり

熱田神宮。初詣からだいぶ経つのに混んでた

 2月7日、中学以来の友人と遅めの初詣へ名古屋の熱田神宮まで行ってきました。静岡在住の友人とどこかへ行こうとなると、中間点の名古屋が都合いいんですよね。そんな彼らとの初詣も中学3年生の時、高校受験の合格祈願に赴いて以来途切れることなく20年続く恒例行事。3人とも違う高校、違う大学へ進んでいるのに続いているってのは、我ながらスゴイなあと。

 去年も熱田へお参りしており、その時は天下一品上前津店を訪問。今回は名古屋市内にもう一軒ある天一、熱田店を訪ねました。場所は熱田神宮の南東、地下鉄名城線伝馬町駅2番出口からすぐのところにあります。

店舗外観

 店に入ったのは正午を過ぎたところで、店内はほぼ満席状態。カウンター席に座って「こってり並ニンニク有り」を「ネギ多め」で注文しました。

ラーメン並こってり(680円)

 やって来たラーメン。まず丼が冷たくてちょっと残念。スープは地方店にしては濃い方だと思いました。ネギ増しを無料でやってくれるのは嬉しいですね。麺の硬さの注文はしませんでしたが、ちょうど良いぐらい。チャーシューは脂身のある薄切りが1枚と、少し寂しいです。

 静岡在住の友人は(大学4年間は京都在住)、久々に食べた天一に「これだよ、これ!」と大満足でしたが、月一以上で食べている僕ともう一人は「京都のと比べるのは酷かな」という評価。もちろん美味しいのですが、やはり関西在住の人には物足りないのは否めません。

 ちなみに愛知県内では他に尾張旭、一宮、東海に店舗があります。来年はこのうちのどれかに行くのかな。ごちそうさま!

 天下一品 熱田店
 名古屋市熱田区神宮4-6-2 地図
 052-684-0004
 11:00~25:00、土曜のみ26:00まで 火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

鶏がららーめん 門扇(もんせん) つくねらーめん+ミニ唐揚げセット

▲店舗入り口

 西京極に引っ越した利点の一つとして挙げられるのが、京都の繁華街・四条河原町へ出やすくなったこと。阪急に乗れば10分ほどだし、自転車でも20分かからない距離です。これまで買い物のほとんどは、仕事帰りに梅田で済ませていましたが、これからはそちらへ出ることが増えてくるかもしれません。

 となれば、これまで余り行くことが出来なかった京都中心部の店も色々回ってみたくなるもの。そんな中で今回は、三条で映画を観た帰りに木屋町の「鶏がららーめん 門扇」へ寄ってきました。この店は昨年9月にオープンした新しいお店で僕も初訪問なのですが、ラーメン自体は既に食べたことがあります。実はこの店、ここでも紹介した伏見区の地鶏料理店「門扇」が、人気メニューのラーメンに特化して出店した店だったんですね。

 訪れたのは土曜日の午後10時半過ぎ。雪が降りしきる寒い夜、どこかで温かいものを食べようと木屋町を歩いていたところ、偶然に見付けて暖簾をくぐりました。まあ、「確かこのへんにあったよなあ」というくらいのアテはあったんですけどね。店内はコの字型のカウンターと座敷席という構成。飲んだ後の〆の一杯を求めてか、7割くらいの席は埋まって盛況でした。

 ラーメンは鶏がらスープをベースにしたもののみで、トッピングによってメニュー名が変わります。この日は夕ご飯も軽くしか食べていなかったので、名物の「つくねらーめん」に「ミニ唐揚げセット」を追加して注文しました。

▲つくねらーめん(750円)

 伏見の店でも食べたラーメンですが、まず盛りつけが丁寧になっていますね。味とは関係ないようですが、見た目の先入観も大事な部分。美しい盛りつけはそれだけでプラスポイントです。スープは鶏がらベースの白濁まったり系。一口飲んで美味いと唸ると同時に「あったまるなあ」と安心できる味わいです。

 トッピングは炙ったつくねが2つに、煮込んだ白菜、細く刻んだ大根とニンジン、そしてネギ。つくねは香ばしくジューシーで、さすが鶏料理屋さんと思わせる内容。まったりとしたコクの深いスープとの相性も良い感じです。

▲きれいに焼き色の入ったつくね

 麺は極細ストレート。伏見店で食べた時は好みよりもちょっと軟らかい気がしていたのですが、ここで食べた麺は細麺でもしっかりと麺の歯ごたえを感じられるしっかりとしたもので(硬いわけじゃない)、こちらも納得の出来映え。もともと美味しいラーメンでしたが、専門店ということでかなり洗練されてきているようです。

▲ミニ唐揚げセット(300円)

 「ミニ唐揚げセット」は名前の通りのもの。唐揚げ2つに小ライスと漬け物がセットになっています。唐揚げはアツアツジューシーで美味しかったです。伏見店ではこれと同じもの(つくねらーめん+唐揚げセット)が900円でしたが、それが木屋町で1050円というのは仕方がないところか。逆にこの内容なら場所を考えれば安いのかもしれません。

 スープはコクは深いものの重くはないので、飲んだ後の〆としては良いですね。僕のように唐揚げセットにしたり、麺を大盛りにしたりすればガッツリ食べたい人も十分満足できると思います。とにかくスープが美味く、またごはんと合うスープでもあるので、今度も飲んだ帰りじゃなく、普通に夕飯として食べに来るんじゃないかと思います。ごちそうさま!

 鶏がららーめん 門扇(もんせん)
 京都市中京区二筋目西入ル紙屋町 KGビル1階 地図(若干ズレてます)
 075-255-7123
 21:00~翌7:00、無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華 寒山 海鮮焼きそば&棒々鶏&中華丼&白胡麻担々麺&杏仁豆腐

▲店舗外観

 西小路五条の交差点から西へ進んだマンションの1階にある中華料理店「寒山」へ行ってきました。ちょっとわかりにくい場所で、ネットでの露出もあまりないため、余り期待することなくふらりと訪れたのですが、素晴らしい料理の数々に圧倒されてしまいました。

 訪れたのは平日の午後8時半過ぎ。店内はカウンター席、座敷席があり、一人使いも家族連れもOKな造り。カウンター席後ろの座敷席に案内されました。この日は実家から母が来ており、とりあえず何品か頼んで取り分けながら食べようと、「海鮮焼きそば」「白胡麻担々麺」「中華丼」「棒々鶏」を頼みました。

▲海鮮焼きそば(900円)

 待つこと数分。まずやって来たのが「海鮮焼きそば」。出てきた瞬間に「す、すげー」と絶句しちゃいました。見た目の豪華さはもちろん、漂う香りが食欲を刺激する芳しさで、「これは当たりの店だ!」と確信です。

 具材は海老、ホタテ、イカ、牡蠣、ブロッコリー、玉ネギ、チンゲンサイ、白菜、もやしと豊富で、そのどれもが大きく食べ応えがあります。

▲小皿に取り分けた

 下の焼きそばはカタ焼きそばではなく、普通の細麺。弾力ある麺の食感と、所々に焦げ目があってパリッとする部分とが混ざり合い、中華あんと抜群のコンビネーションを見せてくれます。ボリュームも多めで、内容を考えると900円という値段はかなりお得な気がします。

▲棒々鶏

 同時にやってきたのが「棒々鶏」。普通は白胡麻ベースのタレがかけられているものですが、ここのものは写真の通り黒胡麻ベース。真っ黒なその見た目は「本当に棒々鶏なの?」と驚いてしまいますが、酸味のあるタレと軟らかい蒸し鶏との相性はバッチリ。なかなか味わったことのない美味しさで、訪問の折には是非食べてみることをオススメします。

▲中華丼

 やや間を置いてやって来た「中華丼」。海鮮焼きそばより若干薄い味付けの中華あんの中に、豚肉、イカ、海老、白菜、ニンジン、チンゲンサイ、もやしが入っています。コクのある中華あんをよく馴染ませて食べるごはんは、正に箸が止まらぬ美味しさでした。

▲白胡麻担々麺(750円)

 担々麺は白胡麻と黒胡麻の2種類がありますが、今回は白胡麻。濃厚な胡麻の香りが漂い、スープの辛さはやや抑えた印象。酸味の方が印象に残ります。ミンチ肉は軟らかく、麺と絡ませて食べていくのが美味しいですね。黒胡麻は棒々鶏で使っているタレがベースになるのかな。

 2人でこれだけ食べるとさすがにお腹一杯、大満足なのですが、嬉しいことに食後にサービスで杏仁豆腐を出してくれます。

▲サービスの杏仁豆腐

 プルプルとした食感と、甘さ控えめなのが僕の好み。中華料理を〆るのに相応しい一品がサービスで出てくるというのは本当に嬉しいですね。

 メニュー表のチェックが甘く、棒々鶏と中華丼の値段を控え忘れましたが、全部で3000円を超えたくらいでしたから、コスパ面でもいい仕事をしています。ふらりと入ったお店でしたが、一発でファンになりました。今後もバンバン寄らせてもらって、色々なメニューを楽しみたいと思います。ごちそうさま!

 中華 寒山
 京都市右京区西院六反田町2 地図
 075-326-0232
 12:00~14:00、17:00~22:00、無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。