スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

麺屋 風火 中まる とこ塩豚骨&とこ豚骨

▲店舗外観

 先週の土曜日、昼に「はなふく」の「汁なし坦々麺」を堪能した後、夜は友人3人と山科へ。初訪問となる「麺屋 風火 中まる」が目当てです。

 場所はJR山科駅から南へ進み、三条通を西へ10分くらい歩いたところ(山科で三条通と言われてもピンと来ませんが)。京都薬科大学の前になり、店の前にはパーキングスペースがあります。ちなみに僕らは午後7時50分頃に到着し、駐車料金300円を払ったのですが、後でここは午後8時以降は無料駐車スペースになることが判明。なんか損した気分です。

 ここは初訪問ですが、滋賀にある「風火」は草津元店大津青山店ともに訪問済み。とはいえ2月の味噌イベント以来行ってないので、7カ月ぶりとなります。店は厨房と向かい合うカウンター席のほか、テーブル席も多く、僕らも奥の4人がけテーブルに通されました。

 レギュラーメニューでは本店で食べた「とこ豚骨」のほか、「とこ塩豚骨」「塩とんこつ」「つけ麺」もありましたが、久々にあのジャンキーで濃厚なスープが堪能したかったため、「とこ塩豚骨」を注文。待つこと数分でやって来ました。

▲とこ塩豚骨(700円)

 スープに浮かぶ背脂、丼を置いたときに伝わるスープの“たぷん”という重量感で、食べる前から濃厚さが伝わってきます。スープを飲めば、そのまったりとした喉越しと、ヴィシソワーズを彷彿とさせる豚骨の粉の舌触りで、見た目よりもさらに濃厚だということを実感させられます。また、上から降り掛けられた黒胡椒の風味が独特のジャンクさを足していて、食欲をそそります。

 麺は中太縮れ麺で、濃厚スープとよく絡みます。ヘタするとつけ麺並みの絡みです(笑)。トッピングは薄切りのチャーシュー、炙りトロ肉チャーシュー、もやし、キャベツ、シナチク、海苔と豊富。多めに盛られた野菜が、こってり濃厚スープを程よく中和、シコシコ食感の麺とシャキシャキもやしという食感の妙も楽しめます。2種類のチャーシューは炙りトロ肉の方も意外とあっさりしており、食べやすかったです。

▲麺にスープが非常によく絡む

 下写真は友人が食べた「とこ豚骨」。見た目は「とこ塩豚骨」と大差ありませんが、スープはだいぶ違う印象。こってり度はどちらも同じなのですが、味の濃厚さは「とこ豚骨」の方が強く、「とこ塩豚骨」の方が喉越しがスッキリとした印象でした。

▲とこ豚骨(700円)

 店はオープンからは間もないですが、元々あった建物を改装しているため、老舗ラーメン店っぽい印象。滋賀の2店が共に今風のオシャレなイメージなので(とりわけ大津青山店)、ちょっと意外な感じもしますが、スタッフの方たちの元気の良い対応は共通しています。

 訪問日の2日後、28日(月)には「夢を語れ」と「ni.co」とのコラボラーメンが提供されたようで(告知貼り紙がしてあった)、その日は大行列だったとか。今後も色々な店とのコラボを募る貼り紙もありましたので、そういう意味でも注目していきたいお店です。ごちそうさま!

 麺屋 風火 中まる
 京都市山科区御陵中内町38-25 地図
 075-593-8108
 11:00~14:00、18:00~21:45、月曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン はなふく 汁なし担々麺・辛口+〆飯【京都つけ麺&和え麺サミット】

 ※現在は閉店しています。

▲この日のラインナップ

 先週の土曜日、2週続けて「はなふく」へ行ってきました。店に着いたのは先々週と同じく開店約1時間前でしたが、前には既に10人も並んでいました。スゴイデスネエ、皆さん。まあ、僕もそんな中の一人になるわけですが。

 この日は「汁なし担々麺」の他、上写真にあるように4種類のつけ麺がありました。この週末の営業では唯一のつけ麺提供日だったことも、行列の多さに影響したのかもしれません。僕も「はなふく」のつけ麺は一年近く食べてなかったのでどうしようかと思ったのですが、やはり初志貫徹。今回もサミットメニューの「汁なし担々麺」をお願いしました。但し今回は+50円で辛口にてのオーダーです。

▲汁なし担々麺(800円)+辛口(50円)

 前回のものと比べると、明らかに唐辛子の量が増えております。心なしかラー油の赤色も増しているような。期待に胸を膨らませて麺と具を混ぜました。

▲混ぜたー!

 混ぜる度、タレ、ラー油、ナッツの芳醇な香りが押し寄せます。棣鄂製の極太縮れ麺が持つ麺の香りもそこに加わり、混ぜながら「ああもう、これくらいでいいから早く食べたい!」と気持ちが逸りました。

 ようやく均等に混ざり合ったところで麺を啜り「ほぅ」とため息。美味い……美味いです。辛さは前回よりも増していますが、それ以上に旨みがガツンとやって来ます。辛さの中にあったタレの旨み、ナッツ類の香ばしさ、挽肉の甘辛さなどがより引き立っているのです。麺との絡みも絶妙で、程良い油加減がツルッとした喉ごしも楽しませてくれます。

▲〆飯(50円)

 もちろん今回も「〆飯」をイン。前回しなかったスープ割りも考えたのですが、このタレ、ごはんにもすごく相性がいいんですよね。このタレをかけた単品メニュー「坦々飯」とかあったら、それ大盛りでガッツリ食べてしまうくらいに。ネギと玉ネギのシャキシャキ感が良いアクセントとなるんですよ。

 非常に完成度の高い「汁なし担々麺」でしたが、これで一旦提供終了となります。「はなふく」は10月より、金~土の昼はこれまで同様「はなふく」の屋号でラーメンを提供し、夜は「つけ麺 わかば」の屋号で、その名の通りつけ麺専門店として営業することとなります。「はなふく日記」によると、「汁なし担々麺」は11月あたりに復活できればとも考えているそうなので、その際にはまた食べに行きたいと思います。

 来月は久々にレギュラーメニューの「とりとん」か「魚介醤油」を食べたいですね。そしてもちろん、「つけ麺 わかば」にも期待大です。こちらは「はなふく日記」とは別にブログもやっていますので、訪ねる際の営業情報やメニュー確認にどうぞ。それでは今回もごちそうさまでした!

 ラーメン はなふく
 京都市伏見区鑓屋町1112-2 地図
 11:30~14:00、18:00~21:30 火~木定休(10月から営業形態変更。詳しい情報は「はなふく日記」「つけ麺 わかば」を参照して下さい)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン 虎一番 煮干しラーメン&海老入り餃子&ムシ鳥 沢山の葱ソース掛け

▲店舗外観

 兵庫ラーメン巡り、3軒目は尼崎の「虎一番」です。最寄り駅は阪神武庫川駅、あるいはJR甲子園口駅でしょうか。どちらからもそこそこの距離となりますが、歩いていけないほどではありません。

 入店したのは午後10時10分頃。店内は厨房と向かい合う形で長いカウンター席があり、僕らは入り口右にある唯一のテーブル席に座りました。3軒目ともなると腹のスペースも残り僅かなのですが、ここで〆であることも確かなので、これまで封印していたサイドメニューもついつい注文。「5人で分ければ大丈夫でしょ」との思いでしたが、それが5人の平均年齢が30代後半であることを無視した考え方であることを、後で思い知るのでした……。

 ラーメンは5人とも違うものを注文。僕は「魚香りがガツンとくる」と書かれていた「煮干しラーメン」を頼みました。サイドメニューは「海老入りギョーザ」を2人前、「ムシ鳥 沢山の葱ソース掛け」、「焼めし」をお願いしました。この前にラーメン2杯+αを食べた後にこれだけ頼むんだから、改めて文字に起こすとその無謀さがわかりますね。僕らはラーメン好きではありますが、決して大食いマニアではないのだから。

▲海老入りギョーザ(330円)。写真は2人前

 ラーメンより先にサイドメニューがやって来ました。まずは「海老入りギョーザ」。棒餃子に近い形状で、一つの大きさも割とあります。ペースト状にされたあんの中に1匹海老が入っています。ボリュームを考えるとコスパはいいですね。

▲ムシ鳥 沢山の葱ソース掛け(500円)

 続いては「ムシ鳥 沢山の葱ソース掛け」。ムシ鳥は当然「蒸し鶏」のことです。鶏のレアチャーシューにネギ油ソースがどっさりかかった一品。油がちょっと焦げていた感はありましたが、しっとりとした蒸し鶏の食感とネギのシャキシャキ感が楽しめました。

 この2つがあらかた片づいたところでいよいよラーメンの登場です。最初のギョーザからラーメンまで20分以上かかってましたが、これは全員が違うものを頼んだからなのかな。

▲煮干しラーメン(750円)

 「煮干しラーメン」はその名の通り煮干しの香りがガツンとやってくるスープで、飲んでみてもそれは十分に感じられました。麺はやや軟らかめの細ストレート麺で、思っていたよりも量がありました。

 トッピングは2種類のネギにホウレン草、煮玉子、チャーシュー。特筆すべきは色鮮やかなピンク色を見せているレアチャーシュー。噛むとしっとりとした感じを受けるのですが、すぐにジューシーな肉っぽさも感じられます。このチャーシューは美味いですよ。

 全体として非常に良い一杯で、スープも無添加なので全汁といきたかったのですが、3杯目にサイドメニュー連発がたたってMOTTAINAIけど残してしまいました。ちなみに「焼めし」はラーメンを半分ほど食べ終えたところでやって来て、「残さず食べなきゃ」という意識が強すぎたせいか写真を撮る前に半分以上取り分けてしまってました。ただ、味の方はチャーシューたっぷり、パラパラではなくふわふわっとした食感で独特の甘みもあり、この日食べたサイドメニュー3つの中では一番僕好みでした。しかし……なにはともあれよく食べきりましたよ。

 ちなみにこの「虎一番」。甲子園球場最寄りでこの屋号ですから、店主さんは当然ながら阪神タイガースファン。ただ、多くのブログで触れられているようにちょっと気むずかしい雰囲気があるので、虎トークをするのはちょっと大変そう(笑)。いつか、そんな日が来ればとは思ってますが。ごちそうさま!

 ラーメン 虎一番
 兵庫県尼崎市大島1-2-3 地図
 18:00~25:00、月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

弘雅流製麺 鶏骨つけめん&親鶏のネギ塩焼

▲店舗外観

 兵庫ラーメン巡り、2軒目に訪れたのは東灘区の「弘雅流製麺」へ。友人の運転する車に乗り、全く土地勘のない場所、しかも夜ということで店を中心に東西南北さえどうなっているのかわかりませんが、地図で見るとJR住吉駅からすぐの場所のようです。

 「行列があるかも」と覚悟して訪れましたが幸いにしてそれはなく、5人がまとめて座る為15分ほど外待ちして、店の奥にあるコの字型カウンター席へと進みました。メニューは醤油に塩、鶏そば、つけ麺と豊富。さらに牛骨ラーメンもありましたが、結局頼んだのは「鶏骨つけめん」。ハシゴということで麺量は200gでお願いしました。

▲親鶏のネギ塩焼(400円)

 ラーメンが来る前に、皆で一皿頼んだ「親鶏のネギ塩焼」をつつきました。キュッと締まった身と、旨みのある脂(皮)のゼラチン質が美味い一品。ネギのシャキシャキ感との相性も良く、あっという間になくなりました。

▲鶏骨つけめん・200g(800円)

 そうしてやって来たメインの「鶏骨つけ麺」。出てくる前から店に漂っていた鶏骨の良い香りが、凝縮されて目の前に登場です。麺は平打ちでモッチリと歯ごたえとツルッとした喉ごしを兼ね備えています。

 つけ汁は粘度が殆どなく、麺との絡みはさほどありません。しかし鶏骨の風味は非常に強く、ダイレクトに口の中に広がっていきます。やや塩辛い印象を受けましたが、つけ汁らしい濃い味付けが麺とよく合っていたと思います。

▲厚切りチャーシューは絶品

 つけ汁の中に入っている厚切りチャーシューは、歯ごたえがしっかりとしたもの。噛むとつけ汁とともにジューシーな肉の風味もあふれ出るもので、大好きなチャーシューです。これよりは少し軟らかめですが、「しゃかりき」のチャーシューと似た印象ですね。

 この時は5人中4人がこの「鶏骨つけめん」を食べていたのですが、唯一違うメニューだった「鶏そば」のスープを少し飲ませてもらったところ、そのマイルドな味が非常に印象的でした。個人的にはそっちの方が好みだったかも。是非再訪して、「鶏そば」他のメニューを堪能したいですね。ごちそうさま!

 弘雅流製麺
 神戸市東灘区住吉宮町6-14-12 地図
 078-843-0333
 18:00~23:30、木~日曜は12:00頃~14:00も営業、月曜、第1日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺屋 巧 巧ラーメン~和風しょうゆ味~

▲店舗外観

 このブログの今年の目標の一つに「兵庫攻略」がありました。「京阪」と冠しているブログですが、そこに止まらず美味しいものを求めて関西一円を回ってみようと意気込んでいたのですが、秋風が吹く季節になって振り返ってみれば、今年増えた兵庫県カテゴリは僅かに1件。しかも阪神戦の観戦記半分の「甲子園グルメ」という。全然行けてないやん!

 という反省の意味も込めて、先日仕事帰りに兵庫ラーメン巡りをしてきました。と言っても一人でふらりと訪れたのではなく、麺多浪さんDENさん、さらにもう2人の計5人です。

 その最初のターゲットとなったのが、伊丹市の「麺屋 巧」。阪急伊丹駅から西へ徒歩5分ほどの場所にあるお店です。店内はカウンター席と入り口横に4人がけテーブル席1卓があり、落ち着いた装飾で清潔感があります。女性客でも気軽に入れる雰囲気ですね。

 メニューは幾つかありますが、常連の麺多浪さんが「醤油がオススメ」と言っていたので、醤油ラーメンこと「巧ラーメン」を注文。サイドメニューも気になりましたが、この日は3軒ハシゴをする予定でしたので自重しました。

▲巧ラーメン~和風しょうゆ味~(670円)

 ラーメン談義に花を咲かせているうちにやって来た「巧ラーメン」。丼からは魚介の香りがぶわっと溢れています。スープを啜ると、魚介と醤油の旨み、甘みが存分に感じられ、素直に美味いと唸らされました。麺を食べる前にレンゲで5杯くらい飲んじゃいましたよ。

 麺は中細のストレートで、太さの割にしっかりとした噛みごたえを感じる棣鄂製の美味しい麺です。聞くところによると僅かながら全粒粉も入ってるそうですが、見た目からは全くわかりませんでした。風味もそう言われればそんな気が……するほど鋭敏な味覚は持ち合わせてません(笑)。でも、そのあたりのこだわりが、製麺所とラーメン店のプロの仕事、美味しいものを作りたいという情熱なんでしょうね。

▲麺は中細ストレート

 トッピングは静岡県産”もち豚”を使用したチャーシュー2枚、やや太めのシナチク、もやし、ネギ。チャーシューは脂身はとろけるようで、しかし赤身はしっかりとした肉質という美味しいものでした。

 写真ではあんまりボリュームがないように見えるかもしれませんが、そんなこともありません。丼の構造上、そう見えているだけのようです。ちなみにこの丼を作った陶芸家は、「洛二神」の丼を作った方と同じとか。言われてみれば似てますね。

 梅田からなら阪急で30分弱(阪急伊丹線初体験だったため塚口駅で迷ったのはここだけの話)。それほど遠い場所ではないので、他のスープのラーメン、サイドメニューを食べに是非再訪したいお店です。ごちそうさま!

 麺屋 巧
 兵庫県伊丹市行基町3-16-9 地図
 072-785-3835
 11:30~15:00、18:00~25:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 ダブルカレー(週替りまかないカレー)

▲ダブルカレー・週替りまかないカレー(1000円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りカレーは「まかないカレー」。豚肉、ラム肉のほか、ひよこ豆にキノコ、玉ネギなどたくさんの野菜が入っています。味付けはトマト系ですが酸味は強くなく、色々な素材の味が出た美味しいカレー。この連休期間中にずっと寝かせていたとのこと、非常に良い味に仕上がっています。

 それよりも今日はダブルカレーのもう片方、レギュラーの激辛チキンカレーが特筆もの。いつもは挽肉状の鳥肉が入っているのですが、今日はそれに加えて大きな鳥肉がゴロゴロ。皮付きのものもあり、そのゼラチン質と激辛ルーが妙に相性いいんですよね。大型連休後、在庫整理の意味合いも兼ねてこんなサービスになったんでしょうが、嬉しいですね。

 今日は辛さも控えめで、その分食べやすくもありました。最近はなかなか大盛りを食べていませんが、今日はそれでも良かったかなぁと思いました。今週は営業日が2日だけなので、来週も週替りは同じメニューなのかな。ごちそうさま!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華料理 大来軒別館 ホイコーロ定食

▲店舗外観

 シルバーウィーク4日目の22日は仕事で天満へ。お昼ご飯を食べようと自転車を流し、気分的に中華が食べたかったので「双龍居」にでも行こうかとしていたところ、ふと目に留まったのが「大来軒別館」。今月は新規開拓が少ないので(昨日までの20エントリー中、初訪問は5店舗)、自転車を停めて暖簾をくぐりました。

 「いらっしゃいませー」という威勢の良いかけ声。店内は三叉路の角にあるため“く”の字型になっており、カウンター、テーブル席合わせると結構あります。訪れたのは午後1時半ぐらいでしたが、その半分ほどが埋まっていました。これは休日故に少ないのか、あるいは多いのか。

 お昼は色々な定食が安いのですが、その中から選んだのは「ホイコーロ定食」。ホイコーローと最後は伸ばさない表記が店のデフォ。ちなみに「麻婆丼」はマーポー丼と書かれてました。マーボー丼とは別物の何かなんでしょうか(笑)。

▲ホイコーロ定食(680円)

 待つこと数分でやって来た定食はボリューム満点。ごはんも最初から大盛り気味なのが嬉しいですね。

 一般的なホイコーローは豚肉とキャベツの味噌炒めなのですが、こちらはそれ以外にたくさんの野菜が入っています。ニンジン、チンゲンサイ、玉ネギ、タケノコ、キクラゲあたりが確認できました。作っているところを見ていたのですが、キャベツは最初に揚げ物用の中華鍋で軽く火を通しており、そこで拾った油をもとに他の具材と炒めていく調理方法。見たことがなかったのですが、本格的な中華料理屋ではよくあるのかな。

▲野菜たっぷりボリューム満点のホイコーロー

 味噌ダレは甘辛く、ごはんが進む味付け。豚肉は湯通しして油を落としたものが使われているので、変に脂ぎった印象もなく食べやすいです。

 定食として付いてきたサラダ、ザーサイ、玉子スープも美味しく(サラダのトマトは当然残しましたが)、これで680円はコスパ良すぎです。物足りなかったら先日紹介した「麺元素」でハシゴしちゃおうかなと考えていたのですが、それは無謀と知りました(笑)。

 リーズナブルで美味しい、下町の本格中華料理。菜譜にはたくさんのメニューが載っていましたので、是非再訪して色々な味を楽しみたいと思います。看板料理の餃子も食べたいですしね。ごちそうさま!

 中華料理 大来軒別館
 大阪市北区天神橋5丁目4-5 地図
 06-6353-0682
 11:30~15:00、16:00~22:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン はなふく 汁なし担々麺+〆飯【京都つけ麺&和え麺サミット】

 ※現在は閉店しています。


 「はなふく」へ行ってきましたよー! 7月末から諸事情あって休業中だった伏見墨染の絶品ラーメン店「はなふく」。今月から不定期ながら営業を再開しており、「京都つけ麺&和え麺サミット」にも参加。そのメニューで多くのブログで絶賛されている「汁なし担々麺」を、先日僕も食べてきました。

 訪れたのは日曜日、開店予定時刻の一時間前。さすがにこの時間となると先頭でしたが、それでも10分しないうちに5人ほどが後ろに並び、10分早い開店となった11時20分頃には30人以上が並んでいました。

 カウンター一番奥の席に座り、「汁なし担々麺」が作られていくのを観察。「はなふく日記」などで試行錯誤を繰り返しているのを知っていたため、加えられる調味料、具材、その一つ一つに感慨があります。そうして待つこと5分。いよいよ目の前にやって来ました。

▲汁なし担々麺(800円)

 見た目で分かるトッピングは、挽肉、砕きナッツ類、チャーシュー、ざく切りネギ、糸唐辛子ぐらいでしょうか。しかし、もちろんそれだけではありません。

 上記のトッピングと棣鄂製の太麺をよく馴染ませながら混ぜていくと、花椒(ホアジャオ)の香り、ナッツ類の香ばしさがぶわっとやって来ます。さらにナッツペースト、胡麻、自家製ラー油などが混ざったタレが下にあり、そのベースにはとりとんスープがあるんですね。これ、本当にスゴイです。美味しさと香ばしさの塊がガツンガツンと、舌を味覚を至福の響きをもって蹂躙していきます。

▲麺との相性はもちろん◎

 花椒、ラー油などが含まれているため辛さもあるように思えますが、実際はそれほどでもありません。確かにスパイシーさは感じるのですが、ナッツペーストやネギ、挽肉などのトッピングが、まろやかさを加味しており、かなり食べやすいものとなっています。「四川亭」のものは辛くてダメな人も、こちらは問題なく食べられると思います。

 この「汁なし担々麺」は麺を食べ終えた後、「〆飯」か「スープ割」が可能。今回は「〆飯」をお願いしました。

▲〆飯(50円)を残ったタレに絡めて食べる

 麺は200gと多いですが、普通に食べていってもタレは結構余ります。そこに「〆飯」を入れて食べるのですが、これがまた絶・品! 挽肉の旨み、ナッツの歯ごたえ、タレの辛味、それらがごはんの軟らかな食感と甘みでより引き立ち、麺とは違った味わいを見せてくれるのです。いやあ、美味いわぁ。

 これだけのものを800円で出すとか、かなり無茶ですね(笑)。ファンには嬉しい限りですが、営業的に大丈夫なのか不安になりますよ。

 「はなふく」の「汁なし担々麺」は今月25~27日の昼営業で再び食べられます。出来ることならもう一度堪能したいですね。そして10月からは通常営業に戻りますが、昼は従来通りの「はなふく」、夜はつけ麺専門の「わかば」として営業する予定とのこと。今後もますます目が離せない、ご近所の激旨ラーメン店です。ごちそうさま!

 ラーメン はなふく
 京都市伏見区鑓屋町1112-2 地図
 11:30~14:00、18:00~21:30 火~木定休(現在は暫定営業。詳しい営業情報は「はなふく日記」を参照して下さい)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン こぶ志 塩系ツケ麺ジャリ牛る‐イの巻‐【京都つけ麺&和え麺サミット】

▲塩系ツケ麺ジャリ牛る‐イの巻‐(900円)+大盛り(100円)

 三条御前のファンタジスタ「こぶ志」で、「京都つけ麺&和え麺サミット」メニュー「塩系ツケ麺ジャリ牛る‐イの巻‐」を再び食べてきました。

 約2週間を開けての再食となったわけですが、さらなるレベルアップをしていました。もちろん前回のものでも高いレベルにあったわけですが、今回はつけ汁が以前よりまろやかになった印象。やや塩辛いかなぁというのがあったのですが、そうしたカドが取れてめちゃくちゃ食べやすくなりました。

 それが証拠に写真は上の一枚だけしか撮っていません。食べるのに集中してしまい、麺持ち上げ写真やスープ割り後の写真などを取り忘れてしまったんです。というか、実はこの写真も撮ったかどうか定かでなく、食べてる途中で「あれ、そういえばちゃんと撮ったかな?」と気になって、デジカメを見返したほど。

 スープ割りはレギュラーの塩スープで頂いたのですが、これがまさに絶品。今回は替え麺をせずにスープだけで飲んでいたのですが、それだけにスープの旨みをよりしっかりと味わうことが出来ました。アサリの風味と魚介ダシの風味が混ざり合い、ずっと飲んでいても全く飽きませんでした。

 こんな絶品メニューが食べられるのもあと10日弱。まだ食べていない人は是非とも駆け付けて下さい。ごちそうさま!

 ラーメン こぶ志
 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1階 地図
 075-841-9419
 11:30~14:30、18:00~23:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

提案料理・とんかつ 文よし ロースカツカレー

▲店舗外観

 シルバーウィーク初日、19日土曜日の昼は亀岡市馬堀の「文よし」へ行きました。約2カ月ぶりです。一緒に行ったのは鍼の主治医となっている西大路先生と、先月から定期的に静岡から治療に来ている母。午前中に二人で治療を受けてから、JRで向かいました。

 訪れたのは午後0時20分頃。予約していたので大丈夫でしたが、それを除くと店は満席という盛況ぶり。昼の営業は午後2時までですが、1時過ぎには売り切れで暖簾を下げるほどでした。

 前回訪問時は「特上ロースカツ定食」を食べましたが、今回は気になっていた「ロースカツカレー」を先生と共に注文。母は「特上ロースカツ定食」です。

▲ロースカツカレー(1000円)+ライス大盛り(60円)

 待つこと15分ほどでやって来た「ロースカツカレー」。事前に先生から「カツとカレーは別皿で出てくるよ」と聞いていたので、てっきりカレーポットに入れられて出てくるのかと思ってましたが、写真でわかる通り普通にカレーライスを持った皿と、普通にロースカツを持った皿が出てきました。これに味噌汁、漬け物が付いています。

 カレールーは具が全て煮溶けています。辛さは余りなく、欧風カレーっぽいコクとトロミがあります。そこにトンカツ用の辛口ソースを混ぜると、ピリッとした辛味にさらなるコクが加わり、僕好みの味になりました。

▲ロースカツ、キャベツともなかなかのボリューム

 ロースカツは前回の特上に比べると半分ほどの厚さですが、それでも十分なボリューム。というか、ここの特上のボリュームが凄すぎるんですけどね。そんな大ボリュームをペロッと食べ切り、さらに僕のカツカレーも「一口ちょうだい」と言って五口ほどパクついていた母は、なんというかスゴイ。腰痛で京都まで鍼打ちに来てるけど、それ以外は至って元気なようです(笑)。

 これだの内容で1000円(ライス大盛りで+60円)というのは、やっぱり安いですね。あと、漬け物が美味しかったです。自家製なのかはわかりませんが、たくあんが歯ごたえ、甘みが特徴の味ともに素晴らしいもの。母も大いに気に入っており、「別売りしてたら買って帰りたい」と言うほどでした。

 この日は追加で串カツなんかも頼もうとしたのですが、惜しくも売り切れということで食べられませんでした。このあたりは次回に取っておきましょう。ごちそうさま!

 提案料理・とんかつ 文よし
 京都府亀岡市篠町馬堀北垣内48-2 地図
 0771-24-5464
 11:30~14:00(L.O13:30)、17:30~21:30(L.O21:00) 第2・3水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。