スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 ダブルカレー(週替りキーマカレー)

▲ダブルカレー・週替りキーマカレー(1000円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りはキーマカレーです。牛・豚・鳥の3種類のミンチが混ざり合い、ベースはトマト系の酸味のある味わい。レンズ豆はかなり煮崩れていますが、その食感はしっかりと感じられます。

 レギュラーのチキンカレーも基本的にはキーマの形態なので、混ぜて食べても相性は良いです。ただ、今回のキーマカレーは中辛、そこそこの辛さがあるので、激辛チキンカレーの辛さを緩和するにはちょっと物足りないかも。そうしたい時は素直に「白多め」か、キャベツのピクルス追加を頼みましょう。

 記事は短いですが(笑)、今週も美味しいカレーをごちそうさま!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

中国食府 双龍居 マーボー豆腐定食

▲店舗外観

 大阪市北区池田町にある「中国食府 双龍居」でランチを食べてきました。場所は天満市場ぷららてんまの北、天神橋5交差点を東へ入ってしばらくいったところにあります。上写真にある通り、中国風の外観なのですぐにわかるかと思います。

 訪れたのは平日の正午前。テーブル席は満席で、奥にある中華テーブル(円形で上の円が回せるやつ)で相席となりました。ランチタイム(11:30~14:00)は全て700円の5つの定食から選ぶ方式で、今回は「マーボー豆腐」を選びました。この日は他に「小エビとトマトの玉子炒め」なんてのもありましたね。

▲マーボー豆腐定食

 注文からしばらくしてやってきたのが写真の定食。メインとなるマーボー豆腐以外に、揚げナスの三杯酢、トロミたっぷりの玉子スープ(トマト果肉入り。うっかり食べてヤバカッタ・笑)、ザーサイとボリューム満点です。

▲マーボー豆腐の量もかなりのもの

 アップで撮ってもイマイチわかりにくいかもしれませんが、マーボー豆腐単品の量もかなりのものです。器は平たくなく、どちらかと言えば深皿で、そこにたっぷりと入っています。もちろん味の方も抜群。トロミはやや少なめに感じるのですが、それが絹ごし豆腐のなめらかな食感をダイレクトに伝えてくれ、喉越しで楽しめるマーボーになっているのです。「飲むように」というのは違うのですが、これだけスッキリと食べやすく、それでいてごはんのおかずにも最適というマーボー豆腐は初めてでした。

 辛さもしっかりあり、山椒が程よく利いているのもグッド。しかしいかんせん量があるので、ごはんが途中で足りなくなるのが難点……ではないのですね。ランチタイムは一杯に限り、ごはんのおかわりが無料。しかもセルフサービスで店の真ん中にあるジャーからよそう方式なので、「一杯は一杯だよな」と、それこそマンガ盛りにすることも可能。ま、常識の範囲内でやってください。

 また、そのジャーの横にはこちらも一杯限定ですが、無料の日替わりおかずが用意されています。この日はあんかけ春雨野菜炒め?のようなおかずでした。ただ、元々の定食がボリューム満点なので、小食の人はなかなかそちらまで手が回らないかもしれません。ちなみにごはんもおかずも、少なくなってくるとすぐに厨房から補充されるので、定食が届く前から「なくなるかも」と盛っておかなくても大丈夫です。

▲この日の日替わりおかず「あんかけ春雨野菜炒め」?

 味もボリュームも大満足、しかも値段も700円と破格で言うところナシなのですが、さらに言うと接客がすごくテキパキとしている上に愛想がいいんですね。お昼時だから相席になり、さらに途中で席を詰めるなんてこともあったのは当然なのですが、支払いの時に本当にすまなそうに、そのことを謝って来られて逆に恐縮してしまいました。しかも店の外まで出て「ありがとうございましたー」と笑顔で見送ってくれたり。一発でファンになっちゃいましたね。

 あ、もう一つ。出てくるお茶がジャスミンティーなんですが、これも美味かったなぁ。またすぐにでも行きたいお店です。ごちそうさま!

 中国食府 双龍居
 大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1階 地図
 06-6358-8808
 平日11:30~14:00、17:30~24:00、日・祝11:30~14:00、17:30~23:00、第1・3月曜定休(祝日の場合は翌日)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

餃子専門店 福吉 福吉丼4号(海鮮豆腐)&7号(麻婆鶏)&担々麺


 4日ぶりの更新となります。ちょっと仕事やら何やらで忙しくてサボってしまいましたが、3日更新しないと新しく記事を書くのに結構なパワーがいりますね。別に義務感でやっているわけではないので、更新しないことを「サボる」と表現するのも違うのですが、何事も三日坊主が基本の僕が、これだけ続けているということが自分の中で奇跡なので、その奇跡を途絶えさせては何か色々失いそうな気もするのです。

 それはともかくとして、4日ぶりの更新で紹介するのは伏見区深草にある餃子専門店「福吉」。当ブログではすっかりお馴染み、前回紹介も今月6日と近いです。今回は友人と一緒に名物の大盛り丼「福吉丼」の4号と7号を食べてきました。

▲福吉丼4号・海鮮豆腐丼(800円)

 4号は海鮮豆腐丼で、大量の絹ごし豆腐と、太ネギ、豚肉、海老、イカを塩ベースの中華あんと絡めた丼です。あっさりとした味付けで、チャーハンとなっている丼のごはんとの相性も抜群の一品。まだ全種制覇はしていないのですが、食べた中では個人的に一番好きな福吉丼ですね。

▲福吉丼7号・麻婆鶏丼(1000円)

 もう一つの7号は麻婆鶏丼。麻婆というよりはチリソースに近いあんが、鶏とうまくからむ一品です。味付けはやや濃いめ。4号にしろ7号にしろ、量はかなりのものでコスパは抜群です。ただ、量的に食べられないものではないのですが、味は途中で飽きがきてしまうので、この日の僕らのように2人以上で来て、別の味の丼を分け合って食べるというのがいいかと思います。ちなみにこの日は餃子も3種類ほど頼んでいましたが、当然餃子と一緒に食べるのもアリですよ。

 と、この日はこれを食べて帰ったのですが、実はこの時店にデジカメを忘れていってしまいました。気付いたのは翌日、会社でのこと。家で写真をパソコンに取り込んだ記憶がなかったので、すぐに「福吉で忘れたな」と思い当たり、電話をしたら「預かってますよ~」とのこと。ホッと胸をなで下ろし、その夜に店を訪ねて2日連続で夕食を福吉で食べてきました。

▲担々麺(850円)

 その時に頼んだのが「担々麺」。「福吉」で麺類を食べるのは初めてのことで、期待と不安が五分五分だったのですが、スープを一口飲んでみると「あ、美味い」と素直に口に出ました。

 ベースは鶏ガラ醤油系のあっさりしたスープだと思います。一般的な担々麺で特徴的な胡麻の風味は弱く、真ん中に盛られた肉味噌の刺激的な辛さがスープ全体に広がっています。これがしっかりと辛くて、僕には大ヒット。肉味噌はミンチ肉と軟らかな豚バラ肉が混ざっており、玉ネギの甘みとシャキっとした食感も良いアクセントになっています。

▲麺は中細ストレート。スープの赤い色は見かけ倒しでなく、自然と汗が噴き出す辛さ

 麺は中細ストレート麺で、やや軟らかい印象。大量に盛られた刻みネギとよく絡み合い、真っ赤なスープを吸って美味しく頂けました。

 これまで気になりつつも二の足を踏んでいた「福吉」の麺メニューですが、他の料理に負けぬレベルの高さでした。これまでは食べている人を見ることすらありませんでしたが、それは僕と同じように「他の完成度が高いだけに冒険したくない」と思って敢えて頼んでいないということなんでしょう。でも、それはちょっともったいないかもしれませんよ。ごちそうさま!

 餃子専門店 福吉
 京都市伏見区深草西浦町6丁目77 地図
 075-641-5586
 12:00~23:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

スリランカ料理 ラージャスターン カレーライス2種セット(野菜&キーマ)

▲店舗入り口?

 先週の土曜日に、中崎町のスリランカ料理店「ラージャスターン」へ行ってきました。アルファベット表記だと「Rajasthan」となってイマイチどう読むのが正しいのかわからなかったのですが、先ほど撮ってきた看板の写真にカナ表記で「ラージャスターン」とあるのを確認しましたので、これでOKです。

 店の場所は中崎2北の交差点を少し西に行ったところで、同じ通り沿いに「総大醤」があります。広いんだけど、なんだかずっと工事中というか整備中という、中途半端な道ですね。店の前にはスリランカ版の狛犬が2体待ちかまえています。日本のものよりどことなくユーモラスでマンガチックな印象ですね。その先にある大きな扉を開けて……と、実は入り口はこちらではなく、その右にある普通の大きさの扉でした。

▲こっちが本当の入り口

 但し、最初の入り口も店内には通じているので、ディナータイムなどはそちらから入るのかもしれません。僕が訪れたのは午後2時前で、僕が入ったところでランチタイムのラストオーダーとなりました。席に座ると、スリランカ人(と思われる)店員さんが、カタコトの日本語でランチメニューを紹介(というか、売り切れてしまったものを教えてくれる)。今回は2つの味が楽しめるカレーライス2種セットをごはん大盛りでお願いしました。その際に辛さも訊ねられるので、ここはもちろん「辛口」で。

 店内は割と広い印象で、外にも席があります。全体的にリゾート地にあるような装飾と内装で、この時は僕のほかには2組4人の客しかいなかったので、かなりゆったりとした印象がありました。奥の厨房へと繋がるカウンターには多くのスパイスや、スリランカの品々が並べられ、売られていました。

 ランチのカレーにはスープかサラダを付けることが出来、僕はスープを選択。カレーが来る前にやってきたスープは、チキンコンソメ?のような味わいでした。そうしていよいよカレーが運ばれてきます。

カレーライス2種セット・ライス大(800円)

 ライスの盛りが四角い!

 色々なお店でカレーを食べましたが、こうした盛り方は初めてです。なんかそれだけでスゲー新鮮(笑)。カレーは左側が野菜カレーで、右側がキーマカレーとなっており、キーマカレーはチキンカレーに変更も可能です。

 野菜カレーの具材は大きな大根とニンジン。スパイシーな中にココナッツミルクのものと思われる甘さと、野菜の持つ甘みがうまくブレンドされたカレーです。美味しいのはもちろんなのですが、辛さは普通よりやや甘めな印象なので、少し物足りない印象も。

 対するキーマカレーはガツンとくる辛さ。たっぷりのミンチ肉と、ベジタブルミックス(多分冷凍のヤツだと思う)が、スパイシーなルーと混ざり合って実に美味い! 普通に汗が噴き出る辛さで、スプーンを繰る手が止まりません。辛さは肥後橋南蛮亭のチキンカレーを100としたら75~80なので(あくまで僕の感覚です)激辛とまではいきませんが、パクパク食べるのには一番良い辛さでした。

 途中、水を注ぎ足しに来た店員さんが「カラクナイ?」と訊ねてきましたが、「バッチリです。美味い!」と言うと、はにかんだような笑顔を見せて厨房に戻っていきました(笑)。

 ライスの量は結構あったのに、あっという間に食べ終えてしまいました。これは是非とも再訪して、他のメニューも挑戦しないとですね。ごちそうさま!

 スリランカ料理 ラージャスターン
 大阪市北区中崎3-5-14 George House1階 地図
 06-6376-0999
 11:30~14:30(LO 14:00)、18:00~23:00(LO 22:30) 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 ダブルカレー(週替りレッドカレー)

▲ダブルカレー・週替りレッドカレー(1000円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りは「レッドカレー」。先週は「豚バラ肉フルーツカレー」でしたが、その前2週はグリーン、イエローとエスニック系が続いていましたので、これにて信号機そろい踏み(?)となりますね。

 具材は炭火焼きされた鳥肉のほか、大根、タケノコ、玉ネギ、シメジ、パプリカが確認できました。ココナッツミルクの甘い香りと、スパイスの刺激的な香りとが混ざり合い、なんとも食欲が進むカレーです。具材も相変わらず大きく、食べ応えがありますね。

 辛さは中辛とありますが、週替りにしては辛い部類。超激辛のチキンカレーとのコンビは、口休め(舌休め)が出来ないので、いつもよりお茶を多く飲んでしまいます。ただ、混ぜて食べるのも意外と美味しく、辛さを我慢できるのならそうした食べ方もアリでしょう。

 そういえば、この日は中央に盛られたライスがおこげ付きでした。ほんのり香ばしい味わいが、いつもとは違うカレーにしてくれます。ごちそうさまでした!

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

香麗屋 本日のカレー(ポークカツカレー)大盛り

▲本日のカレー・ポークカツカレー・大(700円)

 堀川紫明にある大盛りカレーで人気の「香麗屋」へ行ってきました。今年3月以来の訪問で、当ブログでの紹介は3度目となります。頼んだのはこれまで同様「本日のカレー」。今回は大きなカツが載った「ポークカツカレー」で、いつものようにキノコのソテーもカツの下にぎっしりと詰まっています。

 ポークカツはサクサクで肉の厚みもあり、400~500gはあるだろうライスの量と合わせるとかなりのボリューム。スープポットに入れてもらった替えのルーも使い切って完食しました。これだけのボリュームでサラダもついて700円というのは、紹介する度に言ってますけど破格すぎです。

 訪れたのは土曜日の正午過ぎで、店内は半分ほどが埋まっていました。この日は友人3人と昼飯+打ち合わせ目的でやって来たので、カレーを食べ終えた後は(全員「本日のカレー」)ドリンクを一杯ずつ頼んでゆったりと過ごしていたのですが、喫茶店としても非常に居心地がいいんですよね。

▲サービスで出してくれたグレープフルーツ

 実はカレーが来る前に、上写真のグレープフルーツをサービスで出してくれたのですが、これが甘酸っぱくて瑞々しくてとても美味しかったです。そしてドリンクを頼むと、一緒にお茶請けのお菓子もサービスしてくれました。ハッピー○ーンやあられなど、子供の頃に友だちの家に行ったら出してくれたような、そんなお菓子たちです。

 ちなみにドリンクはミックスジュースを頼んだのですが、これが果物の果肉がたくさん入っていて飲みごたえ十分の美味しいものでした。ストローに果肉が詰まって飲めなくなるようなもので、最後は明らかに“食べて”いたんですが、オススメです。値段は確か400円だったと思うのですが、その値段で出てくるレベルのものじゃないですね。

 結局3時間近く居座ってしまいましたが、用事がなければもっと長居したい心地よさでしたね。いやホント、家の近所にあったら休みの午後にはずっと通ってしまうかもしれないです。ごちそうさま!。

 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン軍団 重厚ラーメン+煮玉子

▲店舗外観

 先週土曜日に一乗寺の「ラーメン軍団」へ行ってきました。ここでの紹介は2度目となります。前回は訪問日がたまたま開店2周年で、「重厚つけ麺」に無料の煮玉子サービスを2つプラスしたものを頂きましたが、今回は「重厚ラーメン」を大盛り、煮玉子プラスで注文しました。

 「重厚つけ麺」のつけ汁も、名前が全く大げさでないほどの重厚さがありましたが、それは「重厚ラーメン」のスープでも同じ。丼がテーブルに載せられる時には多少の傾きが生じますが、その際にスープが波打たないんですよね(笑)。うわ、濃いなぁと一目でわかります。

▲重厚ラーメン(700円)+大盛り(100円)+煮玉子(100円)

 スープを飲もうとレンゲを入れると、そこに感じる抵抗感。口に含むと広がるこってりとしたコク。おお、素晴らしき重厚感。喉ごしなどは天一のスープに似ていますが、最近の天一でここまでのこってり感を出す店は余りないんじゃないでしょうか。

 麺は棣鄂製の中太ストレート麺で太さは普通なのですが、とにかくスープが絡みまくるので箸で持ち上げたときに重い重い(笑)。よく比喩表現で「箸より重いものを持ったことがない」なんて言いますが、そんなか細い腕の持ち主は、「重厚ラーメン」を食べられないかもしれませんね。

▲麺にスープが絡みまくる

 トッピングはチャーシューが3枚にネギ、追加の煮玉子とシンプル。チャーシューは程良い塩加減のあるもので、これが美味い。この日は一緒にごはんも頼んだのですが、スープをいっぱいまとわせたチャーシューでごはんを包んで食べるのが美味すぎでした。スープ自体、非常にごはんと相性がいいですよね。おかずとして普通にいける味であり、濃さだと思います。

 ちなみに同行した友人は「重厚ラーメン」を「肉増し」で注文。何やら素晴らしいことになっていました。

▲重厚ラーメン(700円)+肉増し(200円)

 肉しか見えねぇーっ!

 一枚一枚が大きくて厚い上に、あのスープですから結構なボリュームです。最後はチャーシューだけで食べていたような。それにしても+200円でこのボリュームとは、コスパいいですねぇ。

 ちなみに訪れたのは午後10時ぐらいだったのですが、数人の行列があって20分ほど待ちました。ただ、僕らより後ろには誰も並ぶ人はおらず、入店後にノータイムで席に座れる人ばかり。うーん、タイミング悪かった? まあ、それくらいの待ち時間、全然許容範囲ですけどね。ごちそうさま!

 ラーメン軍団
 京都市左京区高野泉町6-74 地図
 075-712-3134
 平日11:30~13:30、18:00~23:00 土日祝18:00~23:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替り・豚バラ肉フルーツカレー&つくねばくだん

▲週替り・豚バラ肉フルーツカレー・大(1000円)

 今週はもう終わっちゃいましたが、肥後橋南蛮亭の週替りカレーの紹介です。結論から言いますと、スッゲー美味かった! スッゲー美味かった! 大事なことなので2回言いましたが、時既に遅し。もう明日は土曜日なので食べられないです。申し訳ありません。

 今回のカレーは名前の通り、ルーの中にたくさんのフルーツを入れて煮込まれています。看板によるとリンゴ、マンゴー、バナナ、白桃、パイナップルなどだそうで、かなり贅沢なラインナップ。これだけフルーツを入れるとルーが甘々になってしまい、激辛好きの僕からするとちょっとアレな味になるのではという懸念が頭を……かすめません! だって、南蛮亭ですからね。それだけフルーツを使いながらも、絶妙な味加減でスパイシーな一品に仕上げているだろうと踏み、週替りを単品大盛りで注文しました。

 果たして僕の予想は大正解。フルーツの甘さを第一に感じつつも、舌に残る味わいはしっかりとスパイシー。辛いのが苦手な人も、辛いのが大好きな人も、どちらの人も違った方向から楽しむことが出来る、絶品カレーでした。

 そしてルーだけでも美味しいのに、それに加えて茶美豚のバラ肉が後載せでたっぷり載っているのが、また絶品!

▲後載せの軟らかく煮込んだ豚バラ

 大きさは写真の通り、大きめのスプーンにちょうど載る程度。これがライスを覆うようにドッサリと載せられているのです。全部で12枚くらいはあったんじゃないかな。

 もっともこのドッサリ感は、食べたのが金曜日の午後1時50分頃、おそらく僕が今週最後に週替りカレーを頼んだ客になったということで、サービスしてくれた可能性もあります。

 ともあれ、この適度に脂の乗った豚バラが非常に軟らかく、口の中でルーとともにとろけていく食感なんですよ。これだけ軟らかいので、一緒に煮込んだら煮くずれてしまうために後載せなんでしょうね。

 今年の2月に3週間の前フリをした後に完成した「スペシャルカレー」を大絶賛しましたが、それに匹敵するかもしれないです。くっ、なんで金曜に食べに行ったんだよ! 週の前半に絶対リピートしたのに!

 そんな悔しさもあってか、今日はここで締めずに肥後橋南蛮亭のランチテイクアウトメニューを買ったので、そちらも紹介します。店を訪ねたことがある人は知っているかもしれませんが、いつもレジの横に並んでいる「つくねばくだん」です。

▲つくねばくだん(2個350円)

 どんなものか説明すると、大きなつくねが丸々一個入った大きなおにぎり。形状はまん丸に近く、確かにばくだんっぽいかも。中を割るとこんな感じです。

▲つくねばくだんの中身

 米粒や僕の手から、その大きさが類推できるでしょうか。つくねは軟骨の食感とショウガの香りがほのかに漂うもので、全体を包み込んだ海苔の風味と相まって、一口頬張ると昼のレギュラーメニュー、チキンカレーや鳥丼とは違った幸せが口の中に広がります。ちなみに今日は昼に買って、食べたのはつい先ほど、家に帰ってからなので作られてから12時間ぐらい経っているわけですが、風味はまだまだ消えていませんでした。

 この「つくねばくだん」とともに、だし巻き+一品の「おかずセット」(200円)も売られており、合わせて買うと50円引きの500円で買うことが出来ます。「つくねばくだん」が結構大きいので、小食の人ならそれだけで十分にお腹いっぱいになることでしょう。肥後橋南蛮亭のランチメニュー、2種類のカレーに鳥丼という選択肢に、こちらを加えてまた一つ悩みが増えましたね。

 と締めたいところですが、ここで残念なお知らせが。実はこの「つくねばくだん」、本日をもって店頭販売をしばらく中止、来週からは予約販売制へと移行することとなりました。

▲来週からは予約販売のみとなる

 なので、食べられないわけではありませんが、ふらっと入って買って帰るというのは出来なくなります。まあ、そのお知らせを見て、今日は買って帰ったのですが……。金曜日に週替りカレーを紹介し、しかも今日で店頭販売がなくなるテイクアウトメニューを紹介するとは、全く役に立たないグルメブログでスイマセン。

 ちなみに「つくねばくだん」、夜のメニューにはレギュラーで入っていますので、そちらで頼むのが簡単かもしれません。お品書きには300円とあり、昼より安い設定ではあるのですが(去年10月現在)、ちょっと仕様が違うんでしょうか。近々また夜の部に行ければと思ってますので、その際に確認してみましょうかね。ごちそうさま!

 肥後橋南蛮亭
 大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階 地図
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紀州和歌山らーめん たかし 満腹セット(中華麺・熟成+餃子+ライス)

▲店舗外観

 都島区の東野田にある「和歌山らーめん たかし」へ行きました。場所は東野田の交差点を北へ曲がってすぐの所。梅田からだと造幣局の前を通って橋を渡って2つ目の信号を左折ですね。道を挟んだ向かいには、先日紹介した「虎と龍」があります。ラーメンのスープは3種類。あっさり醤油味の「淡成」と、普通の「源味(もとあじ)」、こってりの「熟成」から選べます。今回は「熟成」を、満腹セット(餃子とライス付き)で注文しました。

▲中華麺・熟成(単品・650円)

 やってきたラーメンは、パッと見てこってり感が伝わってくるスープ。和歌山ラーメンらしい濃い醤油の香りが漂います。と言いつつ、実は本場・和歌山で食べたことがないんですよね。なので確かな比較は出来ないのですが、一般的にイメージする和歌山ラーメンのオーソドックスな出来映えなのではと思いました。僕の中では見た目としてナルトが載っているというのはあるので、そこはちょっと違うのですが。

 スープの濃度は表示通りのこってりさ。ギトギトとまではいきませんが、食べていると唇がベタつく程度ではあります。トッピングはやや厚切りのチャーシューが3枚と半熟煮玉子半分、シナチク。チャーシューは脂身の多いバラと、しっかりとした肉質のモモの2種類です。麺は細ストレート麺で、こってりスープとよく絡みます。

▲満腹セット(850円)の餃子。単品なら280円

 セットの餃子はなかなかのヒット。中のあんのキャベツがやや粗切りで歯ごたえがあるのが良かったです。ペースト状のあんの餃子って、あんまり好みじゃないんですよね。ここのものはしっかり、とまでは言いませんがそれなりに野菜を感じられ、焼き加減も皮がパリッとしておりラーメン屋さんの餃子では個人的に上位ランクです。

 平日ランチタイム限定の満腹セットはラーメンに餃子、ライスが付いて850円とかなりお得。また、平日ランチタイムはハーフサイズのメニューが全て100円引きというサービスもしています。コスパは高いですね。

 普通の和歌山ラーメンのほか、つけ麺もあるそうなので、次に来るときはそれですかね。ごちそうさま!

 紀州和歌山らーめん たかし
 大阪市都島区中野町2-1-18 地図
 06-6354-7454
 11:30~14:30、18:30~24:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

スペイン料理 FUIGO(フイゴ) ホッキ貝のパン粉バター焼き、海鮮たっぷりパエリア、マグロの豚肉巻き串、他いろいろ

▲店舗外観

 先週、京都三条高倉にあるスペイン料理店「FUIGO(フイゴ)」へ行きました。場所は京都文化博物館のはす向かい、隣がファミリーマートのビルの2階と覚えれば、見付けやすいと思います。写真のように開店日はスペイン国旗がはためいているので、それを目標にするのも良いでしょう。

 この日は友人3人とともに入ったのですが、午後7時時点で客は僕らだけ。念のため予約は入れておいたのですが、平日はこんなもんなんですかね。店の扉を開けるとすぐ左手にハモン・セラーノがあります。最初は気付かず、店のオブジェか何かかと思っていました(笑)。店内は窓側にテーブル席、奥にカウンター席という配置で、こぢんまりとした印象。

▲ハモン・セラーノ。薫り高い生ハムだ

 3種盛られたタパス(お通し)を食べ終えると(写真失敗したので掲載見送り。トビウオのマリネみたいなのが美味かった)、いよいよメインディッシュが登場。まずは前菜として「焼き野菜のサラダ」です。ちなみにこれから紹介する料理の名前は、メニュー表を確認していないので内容から勝手に命名したものです。ご了承下さい。

▲焼き野菜のサラダ

 基本のソースはトマトで、果肉もたっぷり入っているため、それを避けつつ食べてました(笑)。まあ、これくらい調理してあれば食べられないことはないんですけどね。野菜はカボチャ、茄子、長芋、ゴボウ、シシトウ、だったかな。個人的にはゴボウが良かったですね。トマトの酸味と独特の香りが意外とマッチ。

▲焼き牡蠣

 続いては巨大な「焼き牡蠣」。去年、広島に行ったときにかなり大きなものを食べましたが、それよりも大きかったかもしれません。そのまま食べても十分に美味しいですが、小皿に添えられるニンニクオリーブオイル、エシャロットポン酢をかけて食べるのもアリ。

▲ひよこ豆とハチノスのトマト煮込み

 続いては「ひよこ豆とハチノスのトマト煮込み」。ひよこ豆は肥後橋南蛮亭の週替りカレーではお馴染みの食材ですが、他ではそんなに見ることはないものでもあります。ハチノス独特のキュッとした食感とひよこ豆の豆らしいプチッとした食感が、トマトの酸味とよく合ったスープです。

▲ホッキ貝のパン粉バター焼き

 その次は「ホッキ貝のパン粉バター焼き」。なんかセンスのないネーミングでこれだと全く美味しそうに聞こえないのですが、個人的にはこれがこの日食べたメニューの第一位。パン粉で隠れて見えにくいですが、その下には大ぶりのホッキ貝があり、自らのダシとバターとがミックスして非常にジューシー且つ、絶妙な食感。パン粉は香ばしく、サクサクとして美味しさをさらに盛り立てます。今回、メニュー名どころか単品の値段も控えていないのでわからないのですが(グルメブログとしてそれはどうなの?)、1つ500円ぐらいはするんでしょうか。

▲マグロの豚肉包み串焼き

 続いては「マグロの豚肉巻き串焼き」。スイマセン、本当はもっと格好いいメニュー名なのかもしれませんが、そのまんまの命名で紹介させてもらいます。内容は命名の通りで、マグロを豚バラ肉で巻いたものを串で焼いています。豚肉は当然ながら火が通っていますが、中のマグロはミディアムレア。口に入れるととろける……とまではいきませんが(笑)、軟らかでしっとりとしたマグロが舌の上を踊ります。これも絶品。

 その絶品加減に調子に乗ったんでしょうね……。串焼きの肉留めで刺さっていたミニトマト(焼き)を、勢いで食べてしまったんですよ。ワインも飲んでましたが、まだグラス一杯程度で酔っているわけでもなく、これだけ美味しい料理が続くならきっとトマトも美味しいはずだと……ええ、その時はそう思ったんです。食べる前に「いや、無理しなくていいから」と止められもしたのですが、焼いてあるし、なんとかなるだろうってね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ   ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /    三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三


 やっぱり、トマトはトマトでしたよ……。

▲海老とムール貝のパエリア

 気を取り直して、続いてはメインディッシュの中のメインディッシュ。スペイン料理と言えば「パエリア」です。大きな海老にムール貝、さらにイカ、ホタテ、パプリカ、ブロッコリー、インゲンなどがたっぷり入っています。海鮮から出るダシがライスに非常によく染みており、これまた絶品の美味さ。ここまで、結構な量を食べていたのですが、それでも皿ごとお代わりしたい勢いで食べていました。

 ちなみにパエリアと言えばサフランの香りがポイントなのですが、現在世界的にサフラン不足で非常に高騰しており、1キロあたり90万円もするそうです(店のトイレの貼り紙に書いてあった)。なにその大航海時代価格。今回は+1000円でサフランを加えてもらいましたが、これがないとやはり画竜点睛を欠くですしね。

 ある程度取り分けが終わると、店員さんが皿を回収しておこげ部分をきれいに取ってくれます。このおこげがまたいいんですよね。むしろ、パエリアの本質はそこにあるのかもしれない。

 と、ここまでで事前に予約していた分の料理は終了したのですが、店で焼いているパンが若干余っていたので、それと合う料理を一品頼みました(←パン残すという選択肢はない)。

▲小海老のニンニクオイル煮

 そうしてやって来た「小海老のニンニクオイル煮」。海老はプリプリで、ニンニクがたっぷり入ったオリーブオイルは、パンにかけて食べると激しく美味い。ニンニクの香りも激しいので、翌日の仕事が気にもなりましたが、まあ、今更です。がっつり食べましょう。

 そして最後にデザートを何か一品となり、色々あった中から選んだのが「ライスプリン」でした。

▲ライスプリン(550円)

 「どういうものか分からなかったから頼みました」という、すっかり居酒屋の宴会末期のノリで注文したものですが、見た目はプリンという名前とは裏腹に、何やらよくわからない形状(これはメニュー表をじっくり見て決めたので、名前と値段を覚えていた)。スプーンで一口すくって食べてみると、シナモンの香りとココナッツミルクの甘みの中に、確かに感じるお米の食感。

 お米がメインに使われているため、スペイン料理、欧風料理というよりは、アジア系のデザートという印象が強いです。友人たちには「この食感はないわ」と不評でしたが、個人的にはアリでしたよ。僕以外の3人がみんな否定ばかりするので、「俺が守ってやる!」つーか「食べてやる!」と過剰に肯定していたきらいもありますが(笑)。いや、普通に美味しかったですってば。

 食事の間に飲んだのは、グラスビール1杯と、4人でワインをボトル2本。どちらかと言うと食べる方にご執心でしたね。それで一人7000円ちょっとでした。店の雰囲気は非常に落ち着いており、カップル、あるいは女性同士などで来るのも良いでしょう。ごちそうさま!

 スペイン料理 FUIGO(フイゴ)
 京都市中京区三条高倉東入ル桝屋町55 白鳥ビル2階 地図
 075-257-7588
 12:00~14:00、17:30~23:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。