スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

壱八家 京都店 ラーメン・並

ラーメン・並(700円)

 日曜の夜にJR京都駅ビルの京都拉麺小路へ行きました。一時期全国的に開業が相次いだ、全国の有名店を一堂に集めたラーメン博物館的な場所です。他の多くが集客力不足で苦労する中、日本有数の観光地の駅ビル内という立地を生かし、今も行列が当たり前の盛況ぶりを誇っています。

 昨年2月に「銀座匠力」を訪れて以来の訪問。今回はもとより2軒はしごするつもりで、午後8時過ぎだというのにこの日の一食目という気合いの入れようです。いや、本当のところはDSのドラクエ5を寝食忘れてプレイしていただけなんですが。何回クリアしても、面白いゲームは面白いので仕方ないです。

 まず一軒目は横浜家系と看板の出ている「壱八家」。家系と言われてもピンと来ないのでWikipediaなどで調べてみたのですが、まあ定義は色々あるようです。ラーメンの種類としては、トロミのあるトンコツ醤油系のスープに太麺、トッピングは大きな海苔とほうれん草が基本だそうです。

 ということを踏まえると、この壱八家のラーメンはオーソドックスな家系ラーメンということになりますね。太麺はコシがきいており、こってりスープとよく絡んできます。大きな海苔で麺を包むように食べれば、その風味が増していきます。チャーシューは厚切りの軟らかなものが2枚。見た目よりもあっさりとしていました。


 ラーメンを注文すれば無料で半ライスが付いてくるサービスがあり、女性客にはトッピング1品無料サービスも行われています。

 店内にはレゲエ風のキャラクターが描かれた手作りメニューポスターが貼られているなど、ラーメン屋としては少し異色な雰囲気でしたが、店員さんの元気も良く美味しく食べられました。

▲レゲエ風のキャラが描かれたメニューポスター。店のイメージキャラ? ▲店舗入口。京都拉麺小路の店は全て店外の券売機で食券を購入して入店する

 壱八家 京都店
 京都駅ビル10階 拉麺小路内
 075-361-4401(京都駅ビルインフォメーション)
 11:00~22:00
 ※「壱八家」は現在閉店しています。

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん原点 福島店 レッドカレーらーめん・チャーシュー増量

▲レッドカレーらーめん・チャーシュー増量(880円)+煮玉子(100円)

 期せずしてカレー週間となってしまった今週の「京阪うま飯日録」ですが、その〆として福島のラーメン屋「原点」へ行ってきました。「えー、ラーメン屋かよ」と言うなかれ。食べてきたのは前回の紹介記事で「微妙に地雷くさい」と評していた「レッドカレーらーめん」なのです。ね、カレーつながり。fcソルトさんから「レッドカレーは地雷ではなく当たり」とコメントを頂いており、その期待を胸に暖簾をくぐりました。

 平日ランチタイム終了間際の午後1時50分頃の入店でしたが、愛想良く迎えてくれたことに一安心。いやー、閉店30分前以降の入店って緊張するんですよね。でも、この店の場合は店外で食券を買ってから入店するわけで、そういう意味では「もう食券買っちゃったから食べさせて!」と、気持ちは楽だったりします。

 レッドカレーラーメンも極太麺のため、出てくるまでには少々時間がかかります。店内には極太親父さんのコメントで情報があったイベリコ豚の餃子の貼り紙がありましたが、今回は見送りです。

 そして5分ほど待って出てきたレッドカレーラーメン。チャーシュー増量で頼んだため、かなりのボリュームです。漂ってくる香りは明らかにカレーですが、さてスープの味はと言うと……やべ、これは美味い。具体的な感想を思い浮かべる前に、「美味い」という感覚だけが頭を過ぎりました。

▲レッドカレーらーめんのスープ

 カレーは普通のラーメンスープに、粉末のカレー粉を足している風。いや、本当は専用にブレンドしたスパイスかもしれませんが、漂ってくるカレーの香りが良い意味で安っぽい、親しみやすいものなんですよ。辛さは少しピリッとするほどで、熱々の時は少し苦労するかもしれませんが、麺や野菜と一緒に食べれば全く問題ないです。それよりも、こってり系のスープにカレーがブレンドされた新鮮さの方が印象深いです。

 そう言えば、神奈川の友人がラーメン二郎の相模大野店へ行ったときにトッピングでカレー粉があり、それをかけて食べたら激旨だったと言っていました。そこのカレー粉は市販のカレー粉を使っており「ジャワ」などと元のカレー粉の商品名が書かれていたとか。それを踏まえると、二郎系のスープ、麺とカレー粉の相性は良いのかもしれません。いや、本当に良ければもっとカレー粉トッピングがメジャーになってるはずか。

▲肉厚で軟らかいチャーシュー。脂身は少ない

 ともあれ、原点のレッドカレーらーめんは美味しかったです。一つ難点を言えば、後半スープに飽きが来るかなという点。カレースープだと良くあることなんですけどね。飲み干そうとするなら、麺や野菜、チャーシューをバランス良く食べていくのが良いと思いました。ごちそうさま。

 らーめん原点 福島店
 大阪市福島区福島5丁目8-11
 11:00~14:00 18:00~23:00
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コヒヌール ポピュラーセット(日替わり・茄子キーマカレー)

▲ポピュラーセット(1297円)。カレーは日替わりの茄子キーマ

 西梅田のハービスPLAZA地下にあるインド料理店「コヒヌール」へ行きました。訪れたのは平日の午後2時頃でしたが、ほぼ全部の席が埋まっているほど賑わっていました。

 頼んだのはランチメニューのポピュラーセット。カレーはチキン、野菜、日替わりから一種類を選ぶ方式で、今回は日替わりの茄子キーマカレーにしました。

 座った席がちょうどナンを焼く窯の隣の席で、壁越しにその暖かさが伝わってきました。ガラスの向こうでナンを焼くインド人シェフの方を見ると、めっちゃ笑顔でナンを回したりと、パフォーマンスもしてくれます。

 セットの内容はカレーのほか、ナン、ライス、カバブ、パーパル、サラダ、ドリンクとなっており、ナンは無料でチーズナンかガーリックナンに変更可能となっています(今回はガーリックナン)。

▲店舗外観
 茄子キーマは肉ミンチが豊富で、食べ応えがありました。また、カレーの辛さは5段階から選択可能で、激辛党の僕はちろん一番辛いスーパーホットで注文。その辛さは南蛮亭のチキンカレーを100としたら85程度なので、まだまだ余裕です。

 ハービスの地下という立地から、前に紹介した中崎町の「SAGUN」や肥後橋の「ダナ・パニ」に比べると割高な印象は拭えません。しかし味の方は全く問題ない美味さです。ごちそうさま。

 コヒヌール
 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA地下2階
 06-6343-7112
 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:30(L.O.21:30)、不定休(ハービスPLAZA定休日に準拠)
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カフェバブルズ 大阪駅前第一ビル店 バブルズカレー

▲バブルズカレー(600円)

 ローストビーフを使った新感覚丼が有名な大阪駅前第1ビル地下1階の「カフェバブルズ」へ行きました。2度目の訪問となった今回は、ローストビーフをふんだんに使ったオリジナルカレーです。

 前回訪問時は看板メニューの「バブルズ丼」を食べて舌鼓を打ったわけですが、その時から気になっていたのが、同じローストビーフを使ったカレーとハヤシライス。どっちにしようかと迷いつつ、今日はカレーを選択。あれ、今週はカレーばっかり食べてるような……。

 僕が座った席のちょうど前で、皿に盛ったごはんの上にローストビーフを載せていたのですが、それは「載せている」とか「トッピングしている」という表現では不適切でしょう。「敷き詰めている」。これが正しい表現だと思います。

 ブロック然としたローストビーフを包丁で薄切りし、それをごはんが見えなくなるまで敷き詰め、それでもまだ足りず場所によっては2枚重ねで敷き詰めていきます。+300円でローストビーフの増量が出来るのですが、それを見ながら「あれ、俺ひょっとして無意識のうちに増量頼んでた?」と思ってしまったほど。

▲ローストビーフ。カレーをかける前に挽きかけられたブラックペッパーが良いアクセントになっている

 そうして皿いっぱいに敷き詰めたところで、カレーをかけて出来上がり。カレーは具が全て溶け込んでしまったノーマルなもので、辛さは余りありません。ややフルーティーな後味があり、それがローストビーフとよく合っています。

 とにかく、しつこいようですがローストビーフのボリュームが600円という値段では信じられないくらい入っています。そしてもちろん味も激旨ジューシー。軟らかく、それでいて肉としての歯ごたえはちゃんと残しているのです。一枚一枚も大きく、カレールーをまとったローストビーフでごはんを巻いて食べるのが個人的にヒットでした。

 ちなみにごはんの大盛りは無料。今回は並盛りで頂きましたが、貧乏性の僕は後半にローストビーフばかり食べる羽目となりましたので(ショートケーキの苺は最後まで残す派)、大盛りならばバランスよく食べられたかなぁと。ごちそうさまでした。

 カフェバブルズ 大阪駅前第一ビル店
 大阪市北区梅田1丁目3-1 大阪駅前第1ビル地下1階
 06-6344-8005
 11:00~20:00、土曜は18:00、日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

インド&ネパールレストラン&バー SAGUN Cランチ

▲Cランチ(950円)。2種類のカレーにナン、ライス、サラダ、チキンテッカ、シークカバブ、ドリンク。ナンは食べ放題

 中崎町にあるインド・ネパール料理店「SAGUN」へ行ってきました。コメントでがまづちさんが紹介してくれたお店です。場所は地下鉄谷町線の中崎町駅2番出口から北へ少し歩いたところです。

 訪れたのは平日の午後2時頃で、店内は他に2人のお客さんがいるだけでした。ランチタイムは4種類のセットと2種類のカレーがあり、上写真のCランチを頼みました。カレーはチキン、野菜、日替わりの中から2種類を選ぶ方式。今日の日替わりはひよこ豆のカレーということで、それとチキンカレーでオーダー。

 やってきたランチセット、まずはナンをちぎってカレーに浸しました。当然ながら焼きたてなので、ふかふかもっちりでメチャクチャ美味い! カレーは二つとも辛さは抑えられており、そしてどちらも具だくさん。ひよこ豆のカレーの方はスプーンですくうと、すぐに粒々が目に入るほどで、豆の食感もバッチリです。

▲具だくさんのひよこ豆のカレー

 チキンカレーはチキン以外は目に留まる具はありませんが、そのチキンの量がなかなかのもの。ナンでルーだけをすくうのに苦労したほどです。

 一番上の写真に入っていないシークカバブは、アチャール用に刻んだ野菜がふんだんに練り込まれており、その味・食感が美味しかったです。

▲シークカバブ

▲店舗外観
 チキンテッカも割と大きめ且つ軟らかい肉で、全体的にボリュームのある内容。さらにナンは食べ放題ということなので、大食漢でも大満足です。僕はナンの追加はしませんでしたが、店員さんに「おかわりいりませんか?」とは訊ねられました。

 店内の雰囲気はインド映画が流されているなど、インド料理専門店のようですが、モモやトゥクパというネパール料理もラインナップされており、また店の看板にはインドとネパール両国の国旗が描かれているなど、ネパール色も強いです。次回訪問時は、ネパール料理に焦点を絞って食べてみるのもいいかもしれません。

 いやあ、美味しいカレー、美味しい店でした。精算時に次回使用可の割引券ももらえるのも嬉しいですね。お店を紹介していただいたがまづちさん、ありがとうございました。ごちそうさま。

 インド&ネパールレストラン&バー SAGUN
 大阪市北区中崎3-2-26
 06-6359-3886
 11:00~14:30(L.O.) 17:00~22:30(L.O.) 不定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

mimizuku easybar 軍艦カレー

▲軍艦カレーとは何ぞや?

 ランチタイムに堂島を歩いていたところ、「軍艦カレー」と記された暖簾が目に入りました。これは気になります。早速そのお店に入ってみました。

 店は普段はバーをやっている「mimizuku」。場所は担々麺専門店「ムゥタン」の斜め向かいになります。ランチタイムは写真の暖簾が掲げられているので、すぐにわかるかと思います。

 メニューは色々ありましたが、とりあえず軍艦カレーを注文。単品では680円ですが、大盛り(+100円)、サラダとデザートのセット付(+100円)で頼みました。

 そして一分もしないうちに出てきたのが下の写真のセットです。

▲軍艦カレーセット・大盛り(880円)

 ふむ、どこが軍艦なのかと言えば、つまりカレーの盛り方ですね。盛り皿が船の形をしているわけです。この角度ではイマイチわかりにくいのでもう少しローアングルから。

▲軍……艦?

 確かに船ではありますけど、軍艦と言うよりはタンカーですね。ま、タンカーカレーという名前だと、何か油っぽいイメージも湧きますし、軍艦カレーの方がセンスはあると思いますが。

 カレーはスパイスと野菜だけを使って3日間じっくり煮込まれているとのこと。小麦粉が入った日本風のカレーではないので、かなりサラサラとしたスープ状になっています。ターメリックライスと混ぜて食べましたが、うまく馴染んで美味しかったです。またテーブルにはカレー用の醤油があり、それをかけることでコクが出てきます。

▲カレー醤油とピクルス ▲店舗外観。青い庇が目立ってます

 セットで付いてきたデザートは日替わりのようで、今回はマンゴープリンでした。プリンの中にも果肉が入っており、なかなかの食べ応え。+100円でサラダと一緒ならお得ですね。

 会計時に次回使用可能なトッピング無料券ももらえます。味やラインナップの充実ぶりからして、カレー専門店としても十分勝負出来る内容だと思います。ごちそうさまでした。

 mimizuku easybar
 大阪市北区曽根崎新地2-1-13 巽梅田ビル1階
 06-6345-3349
 ランチ11:00~15:00 カフェ15:00~16:00(カレーは左記時間帯のみ)
 バー19:00~26:00 バー(金)19:00~29:00 日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

BABY FACE PLANET'S京都 梅としめじの和風スパゲティ&ミートオムライスのビーフシチューソースがけ&韓国風プルコギピザ

▲梅としめじの和風スパゲティ(980円)。写真上方のおろしソースをかけて食べる

 外環沿いに店を構える「BABY FACE PLANET'S京都」再訪です。隣のバッティングセンターで打ち込んだ後の来店という、前回とまったく同じルートでの入店となりました。

 今回も前回同様にスパゲティとオムライスとピザを1つずつ注文し、それを2人で分けるという具合。ただ、前回スパゲティをクリームソースにしたことで非常に苦労した反省を踏まえ、スパゲティは上写真のようにあっさり目のものを頼みました。

 梅としめじ、そしてタマネギという非常にあっさりとした内容のスパゲティは、写真ではイマイチ量が伝わりにくいですが優に3人前はあるものの、味の通りあっさりと食べきってしまいました。オムライスが来る前にほぼ平らげてましたから、2人で3分くらいだっかも。

▲ミートオムライスのビーフシチューソースがけ(1030円)

 オムライスはビーフシチューソースがかかったオーソドックスなもの。あくまでビーフシチューソースということで、ソースの脇にビーフがゴロゴロというものではありません。取り分けスプーンが大きいのでこれもイマイチ大きさが伝わりにくいですが、両の手のひらでようやく掴めるくらいの大きさです。って、分かりにくいか。

 こちらも今回はすんなりと食べきってしまいました。やはり2回目となると、どの程度の量なのかという情報が事前にあるため、胃腸系もそれに合わせて準備しているのかもしれません。「夢を語れ」や「美富士食堂」でも、一度目はかなりヤバイことになりながら、再訪時には案外すんなり食べられましたしね。

▲韓国風プルコギピザ(830円)

 というわけで3つ目の品は夏の一押しメニューとなっていたプルコギピザ。ピザの上にチーズとプルコギを載せて焼いたものですが、なんつーか……もったいない味でした。ピザもプルコギも両方とも美味いのに、二つ合わさるとどうにも微妙な感じというか。完全に分離しているんですよね。ま、そんな味だろうなぁと考えていた通りの味でした。

 あっさり食べきりはしたものの、やはり腹十分目まで満たされる量で、今回も満足満足でございました。

 BABY FACE PLANET'S京都
 京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後30-1
 075-603-5136
 11:00~26:00 無休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

河内らーめん喜神 京橋店 河内らーめん(小エビの天ぷら甘酢たれかけセット)

▲河内らーめん(600円)

 普段あまり行かないところへ行くと、そこで美味しいものを探して食べるのは誰もがすることです。が、その美味いものが1つだけではもったいないと、腹は十分満たされているのに2軒目を探してしまうのは、単純に食いしん坊であるからなのか、それともグルメブロガーの業なのか。前回紹介した京橋の「力雅」を出て10分。京阪京橋モールにあるラーメン屋「河内らーめん喜神」の暖簾をくぐり、やれやれとため息をついた次第です。

 さて、この「喜神」。大阪府内のデパートや郊外型ショッピングセンターに出店しているチェーン店なのですが、ネットの評価を見ると以外に高評価を得ています。こういう場所に出店している店に頭ごなしの偏見があるわけではありませんが、自分の経験から「そんなに美味い店はないだろう」という考えがどうしても拭えないのも事実。はしご2軒目、ダメもとという気持ちで訪れました。

▲店舗外観 ▲当たりマークで無料券進呈のサービス

 ショッピングモールの5階ということで、店内は家族連れでほぼ満席。1人客だったためカウンター席へとすぐ案内されましたが、4人客などが店外で待たされているほどに混雑しています。店の広さはそこそこでこの賑わい、これはラーメンにも期待できるというものです。

 頼んだのは醤油ベースの「河内らーめん」に、小エビの天ぷらと炊き込みご飯がついたセット。さっきもラーメンとライスを食べているのだから自重すべきなのですが、小エビの天ぷらのサンプルを見て我慢できませんでした。いやもう、腹は十分に満たされているのに。ちなみにラーメンは単品で600円で、セットにすると900円です。ラーメンは注文時に細麺か太麺を選ぶシステムで、僕は太麺を選びました。

 そうしてやって来たのがラーメンの見た目はオーソドックスなものでした。チャーシューはトロっとした食感の小さめのものが1枚です。

▲麺は平打ちの太麺でコシがしっかりしている

 麺は写真のように平打ち。透明感のある、コシがしっかりとした麺で美味しかったです。スープは魚介系のダシのきいたかなりあっさり目で、麺とあいまって尾道ラーメンのような体裁です。河内ラーメンにどんな定義があるのかわかりませんが、似ているのでしょうか。

 麺以外の特徴としては、丼がとても高いこと。炊き込みご飯が盛られたお茶碗と比べると、それがよくわかります。ボリュームは普通サイズですので、その点は安心してください。

▲やけに高い丼。二郎系のラーメンがこの丼なら、多少食べやすくなるだろう

 セットで付いてきた小エビの天ぷらは甘酢ダレがかかっており、サクップリッとした食感が良かったです。ただ、思っていた以上にボリュームがありました。写真を見てざっと数えても15尾くらいはあります。インターバルなしの2軒目でこの量は……きつい。

▲小エビの天ぷら甘酢たれかけ。かなりのボリュームだ

 2軒目ということで、セットのボリュームを必要以上に強く感じたことは割り引くとして、それでもなかなか良いお店だと思いました。特に平打ち麺の食感は、他店にないものだと思います。また、当たり付き丼や、キムチの無料サービスなども嬉しいところです。

 河内らーめん喜神 京橋店
 大阪市都島区東野田町2-1-38 京阪モールホテル館5階
 06-6135-6135
 11:00~23:00 京阪モールに準拠
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん専科 力雅 特製手打ちラーメン(ランチタイムサービス)

▲特製手打ちラーメン(500円)

 仕事で京橋方面へ行ったついでに、ランチもそこで済ませてきました。訪れたのはJR京橋駅の東口から国道一号線へと続くアーケードにある「ラーメン専科 力雅」。この並びには屋台風のラーメン屋、串カツ屋などが軒を連ねており、昼も夜もかなりの激戦区となっていますが、そんな中で可愛い豚の看板が目立っているのが力雅です。

 訪れたのは土曜日の午後2時過ぎでしたが、カウンターのみ10席余りの店内は半分ほど埋まっていました。ラーメンの並と、午後5時までやっている(この長さが嬉しい!)ランチタイムサービスを+50円で追加して注文しました。

 ラーメンは注文時に「あっさりorこってり」と訊かれて「こってり」を選択。そして出てきたのが上写真のラーメンです。博多風の豚骨ラーメンですが、「こってり」という注文で想像するよりもだいぶあっさりなスープです。カウンターには紅ショウガ、すりごま、刻みニンニクがあり、自分の好みで味を調整します。僕は紅ショウガとゴマで。赤いのが入ると、見た目がグッと引き締まりますね。

 麺は細麺でややカタメ。手打ちというだけあって、コシをしっかり感じることが出来るものでした。チャーシューは丼半分くらいの大きさのものがデンと一枚。箸でつまむとボロッといくくらい軟らかいです。ほか、ネギとモヤシ、そしてナルトが一枚。このナルトが屋台っぽさが出ていていいですよね。

▲ランチタイムサービスのライスとキムチ。開店から夕方5時までは、各種ラーメンに+50円でこれが食べられる。お得!

 ランチタイムサービスはライスとキムチ。どのラーメンでも+50円でこのセットがついてくるのはかなりお得。キムチはほど良い辛さがあり、ごはんと食べてもラーメンに入れても美味しくいただけます。

▲店舗外観。手前が「立ち呑み専科」で奥が「ラーメン専科」の力雅
 この店だけでなく、この界隈にあるお店はみんな、どこか昭和の匂いというか、懐かしい雰囲気を感じさせてくれます。なんて言いながら、昭和だった頃はまだこんな店に来たことなどなかったんですけど。でも、北京オリンピックで盛り上がる中、ふと店の壁に「2008 OLYMPIC Games to OSAKA」のステッカーを見付けてしまったりして、妙にしみじみしてみたり。

 オーソドックスで美味しい博多ラーメンという感じで、何よりリーズナブルなところが嬉しいお店でした。メニュー看板にあった「ジャンボラーメン 2300円」というのが気になりましたが、それはまたいつか。

 それと、隣は同じ看板で「立ち呑み専科 力雅」として営業しているようです。ごちそうさまでした。

 らーめん専科 力雅
 大阪市都島区東野田町3-10-4
 06-6353-8110
 11:00~25:00 日曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

坦々麺 ムゥタン 冷し担々麺

▲冷し担々麺(980円)

 堂島の担々麺専門店「ムゥタン」へ行きました。前回は甘くてトロトロな角煮が入った担々麺を食べましたが、今回は「一日10食限定」という新メニュー「冷し担々麺」を食べてきました。

 担々麺という名前ですが、形状としてはつけ麺です。氷水で締めた中細麺の上にヤングコーン、ゴーヤ、チャーシュー、キュウリ、トマトが載ったものを、真っ赤なつけ汁につけて食べていきます。

▲真っ赤なつけ汁だが、見た目ほどの辛さはない

 つけ汁はゴマの風味が強く、色ほどには辛さを感じません。このあたりの印象は普通の担々麺でも同じで、この店のスープは辛さは控えめなのかもしれません。どちらかというと酸味の方が勝っているかも。白髪ネギのほか、下に大量のミンチとナッツ類が沈んでおり、計画的に食べていかないと最後にミンチだけをすくって食べることとなってしまいます。

▲つけ汁の下に沈む具の量は多い

 ゴーヤを担々麺のスープに浸して食べるのは初めてですが、独特の苦みと歯ごたえが新鮮でなかなかマッチしていました。辛さより酸味をよく感じるつけ汁ということで、キュウリを囓っているときはつけ麺ではなく、冷やし中華を食べているような気分にもなりました。

 つけ汁まで残さず飲み干してしまいましたが、それだけさっぱりとして食べやすかったということだと思います。

 えー、そんなこんなで食べ終えて……すっかりスルーしているトマトですが。


 もちろん残しましたが、何か?

 いや、僕もね。つけ汁の味が濃かったし、それと一緒にすればあるいは残さずいけるんじゃないかと思って箸でつまんだんですけどね。つけ汁に入れる前に匂いを嗅いでみたら、やっぱりあの青臭さが我慢できなくて。やっぱ無理です。当ブログは、今後もトマト抜きでいかせて頂きます。

 坦々麺 ムゥタン
 大阪市北区曽根崎新地2-2-5 第3シンコービル1階
 06-6344-0808
 11:30~24:00 土日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。