スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

インド家庭料理 マハラジャ ランチバイキング(カレー3種ほか)

▲ランチバイキング一杯目。左から激辛カレー、ベジカレー、チキンカレー

 大阪駅前第2ビル地下1階のインド家庭料理「マハラジャ」へ行きました。普通にランチメニューを頼もうと思っていたところ、店の前に「土日限定ランチバイキング」と大きく書かれており、これはラッキーと一人でインドカレーを堪能してきました。

 カレーはまろやかな風味のチキンカレーと、野菜たっぷりベジカレー、真っ赤なルーにミンチ肉が入った激辛カレーの3種類。取り皿が大きいので、ライスを多めに盛って3つのカレーを一気にかけました。これだけでもボリュームとしては十分なのですが、席に戻ると大きなナンが登場。これは必然的に2杯目に行くことになりそうです。

▲焼きたてのナン。外はパリッと、中はふっくらアツアツ

 3種類のカレーはどれも美味しかったのですが、個人的には激辛カレーが一番のヒット。爽やかな辛さというか、後に引くのではなく食べているときだけスパイーさが堪能できるカレーです。ベジカレーは殆どの野菜が溶けて形がなくなっていましたが、取り放題だったポテトサラダと一緒に食べるとジャガイモの食感が復活して美味しかったです(ポテトサラダのポテトは潰していなかったので)。

▲カレーバイキング。バイキング利用客は僕しかいなかったので、まさに食べ放題! これで1200円はお得すぎですね

 朝飯抜きで来たため早々に一杯目を平らげ、二杯目に向かいます。と、さっき殆ど空だったチキンカレーが足されており、激辛カレーの量も増えているではないですか。午後2時半までのランチバイキングに、午後1時50分頃入ったため、無かったら無いで仕方ないと思っていたのに(現に客は僕とあと一組だけだった上、その客はバイキングを頼んでなかった)、これは僕に「食べてください。つか、食べろ」と言っているのだと都合よく解釈し、ナン用にカレーだけを取ってくるつもりが、思わずライスもおかわりしてしまいました。そして一杯目に敢えて手を出さなかったインド焼きそば「チョー麺」も、わっさと盛り付けました。

 チョー麺は野菜の旨みの感じられる焼きそばで、辛さは全くありません。それが逆に良いアクセントとなってもこれまたすぐに平らげてしまいました。麺は焼きそばと言うよりはパスタに近い感じでしたが、どうなんでしょう。しかし、さすがにナンを含めて2杯というのはキツイですね。もう十分堪能したのでそろそろ……と思っていたところ、厨房から出てきたのはタンドリーチキンではないですか。むう、一番隅っこの皿が空っぽだったのは気になっていたのですが、まさかタンドリーチキンとは! これは、3杯目に行かなくてはなりません。

▲カレーバイキング二杯目。手前右がインド焼きそばの「チョー麺」。焼きそばと言うよりはパスタみたいでした

 とはいえ、さすがにライスにカレーはもう無理。タンドリーチキンだけというのも寂しいのでチョー麺を付けましたが、まあタンドリーチキンが2切れだけという時点で、この時の腹加減がどのあたりだったかわかろうというもの。タンドリーチキンは真っ赤な見た目ほどには辛くなく、程よいスパイス加減。最初から置いてあれば、もっとその濃密な味も堪能できたのですが。

▲カレーバイキング3杯目。と言うか、タンドリーチキンだけが目当てだったんですが。ナンがなかったら三杯目もライスを盛ったかもしれない。

 そんなこんなで、インドカレーバイキングをしっかり堪能してきました。腹八分目どころか、十分目も越えて十二分目って感じです。写真の3杯+ナンのほか、サラダとスープ、ヨーグルトが食べ放題で、頼めばナンも食べ放題。それで値段は1200円というのは破格すぎです。美味すぎです。お得すぎです。僕しか客がいなかったのに、律儀にカレーを追加し、タンドリーチキンを焼いてくれたお店に感謝です。それは客商売として当たり前かもしれませんが、やっぱり嬉しいものです。

▲店内で映されているインド映画。とにかく笑顔で歌って踊ってという内容は、意味が分からなくても楽しい気持ちにさせてくれる ▲店舗外観。模造紙に書かれた「ランチバイキング」の文字が暖かい雰囲気を出している

 店内はインド音楽が流れ、プロジェクターでインド映画も上映されています(内容はわからんけど、ひたすら笑顔があふれる絵が続いていた)。ランチバイキングはもちろんですが、普通のランチ、あるいはディナーもお得感あふれるものなので、是非再訪したいお店です。いやー、ごちそうさまでした!

 インド家庭料理 マハラジャ
 大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル地下1階
 06-6342-4442
 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00(L.O.21:30) 無休
スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

インデアンカレー 堂島アバンザ店 インデアンカレー・大盛り

▲インデアンカレー・大盛り(780円)

 静岡から京都(関西)に移り住んで14年。こっちで初めて食べた時に、美味しいを通り越して“驚愕”したものも多いです。「こんな味があったんだ!」という新鮮な驚きと言いますか、それまでラーメンと言えば醤油が基本、トッピングはチャーシュー1枚にシナチク、ナルト、ネギ、以上、みたいなところに、「天下一品」(以下天一)や「新福菜館」を食べたのだから、当然と言えば当然です。

 ラーメンについての驚きが天一だとしたら、カレーでそれに当たるのが「インデアンカレー」でした。店の前に漂うのはスパイシーながら甘い香り、一口食べたときに感じるのは激烈なフルーティーさ、そして食べるうちに辛さが広がってきて口がヤバイこととなり、口休めにと食べたキャベツのピクルスの甘酸っぱさに癒される、と。トロミの強いルーの中、溶けきらずにしっかりと形を成しているビーフが大きいと得した気分になってみたり。初めて食べた時からその味にハマリ、当時は週一、今でも2ヶ月に一度程度のペースで食べています。

 「インデアンカレー」は名前の通りカレーです。しかし、僕の中ではカレーというカテゴリーから一線を画しているのも確かです。ふと「今日はカレー食べたいなぁ」と思ったときに、インデアンカレーの絵や香りは頭を過ぎりません。インデアンカレーは、あくまでインデアンカレーを食べたいなぁという具体性を持って頭を過ぎるものなのです。そういう意味では天一と同じですね。アレも「ラーメンが食べたいなぁ」で天一という選択肢は有り得ません。「天一食べたいなぁ」で、天一へ行くのです。

▲付け合せのキャベツのピクルス。この味もインデアンカレーの重要な要素 ▲堂島アバンザ店の外観。

 そんなわけで堂島アバンザのインデアンカレーへ行ってきた次第です。大阪市内に何店舗かあるインデアンカレーですが、僕が行ったことがあるのはこの店と、このすぐ近くのドーチカにある店だけ。天一のように店によってメニューや味が違うとは思えないし……。いや、検証してないからわかりませんけど。どうなんですかね。

 あと、一般的にインドカレーと言うとトロミのないシャバシャバ感のあるカレーなのだけど、インデアンは名前とは逆に日本風のルーですよね。関西の人間は間違えないでしょうけど、知らん人が食べたら「全然インデアンじゃないぞ!」と怒るかもしれません。でも、それは仕方ないです。インデアンカレーはインデアンカレーであってカレーではなく、ましてやインドカレーではないんですからね。

 インデアンカレー 堂島アバンザ店
 大阪市北区堂島1丁目6-20 堂島アバンザ地下1階
 06-6345-5616
 平日11:00~20:00 土曜11:00~19:00 日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

愛きょう屋 海老ワンタン麺&ぶたマヨ丼

▲海老ワンタン麺(700円)

 HEP FIVEの観覧車のすぐ下、OS劇場の東にあるラーメン屋「愛きょう屋」へ行きました。キタでも一際人通りのある界隈にあるお店ですが、店内はラーメン屋としてはかなり広めのため、午後7時過ぎでも待つことなく座ることが出来ました。

 この店はトンコツスープとあっさり醤油スープの2種類のラーメンがあり、さらにトッピングで数種類に分かれます。今回はあっさり醤油スープの「海老ワンタン麺」を頼み、それに+200円で「ぶたマヨ丼」を付けました。スープは鶏がらに魚介系のダシを入れており、見た目も味も実にあっさりしています。麺は独特の透明感があるもので、少し固めの印象。ラーメンよりもパスタに近い食感です。

 上に載っている海老ワンタンは2つ。普通のラーメンと同じくチャーシューも載っているので、ボリュームが少ないとは感じませんが、ワンタン麺としては物足りないかな。中の海老のプリプリ感は強かったです。チャーシューは薄切りのモモ肉で、あっさりスープにあっさりチャーシューという組み合わせ。他にはホウレン草とネギが載っていました。

▲ぶたマヨ丼。ラーメンとセットなら+200円で食べられる

 全体的にあっさり感の強いラーメンに対し、セットの「ぶたマヨ丼」はこってり感が強い一品。写真を見てもらえばわかりますが、マヨネーズがかなり多いです。ぶたマヨ、ドーン!って感じです。そこに刻みチャーシューと刻みゆで卵、キムチと青菜が載せられています。チャーシューはラーメンの上に載っているものとは違って脂身を含んだバラ肉で、甘辛い味付けも施されています。そこに食べ放題となっているキムチをさらに盛り付け、マヨネーズが均等になるようにかき混ぜて食べました。コレステロールも気になるところですが、美味しかったです。

▲店舗外観
 ただ、美味しいのは美味しいのですが、コンビニとかで食べられる安っぽい美味しさではあるんですよね。セットで+200円というコスパなので良いのですが、単品の500円超という値段設定だと食べるのに躊躇はしますね。

 上に書いたように、キムチが食べ放題というのは嬉しいサービスです。これは同系列の「おちゃらん屋」や「あらうま堂」でも共通したサービスですね。でも、以前に来た時はシナチクも食べ放題だったと思うのですが、それはやめてしまったんでしょうか。いろいろ食料品の物価が上がってるし、仕方ないかもしれません。

 愛きょう屋
 大阪市北区角田町5-1 OS楽天地ビル1階
 06-6131-2320
 11:00~0:00(L.O.23:30) 無休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

坦々麺ムゥタン 角煮坦々麺

▲角煮担々麺(980円)

 堂島にある坦々麺専門店「ムゥタン」へ行きました。このお店は西天満にある同名の北京料理店が最近オープンした店だそうです。店の前には大きく「ムゥタン」と書かれた暖簾が出ており、はす向かいにある有名ラーメン店「山頭火」にも引けをとらないぞという意気込みを感じます。

 頼んだのは「角煮坦々麺」。九州産の豚肉を3日間煮込んだという角煮の説明は後回しにして、まずは真っ赤な坦々麺のスープから。坦々麺と言えば、見た目通りの辛さとゴマの風味が浮かぶところですが、ムゥタンのスープにゴマ風味は余り感じません。唐辛子の辛さの次に来るのは、カシューナッツなどを炒った香ばしさです。麺の上に結構な量が載せられており、スープの最後の一滴までその風味が味わえます。砕いたナッツ類の下にはチンゲン菜が数枚隠れており、そのシャキッとした歯ごたえが良いアクセントになっています。

▲店舗外観
 スープの辛さですが、見た目ほどには辛くないというのが印象です。もちろん辛いことには違いないのですが、初見のインパクトに比べると構えるほどでもないかなといった感じ。ただ、それはひょっとしたら角煮があったからかも、と思えなくもありません。丼の中にでんと鎮座した角煮は、スープの辛さの反動もあって非常に甘さが引き立っており、また舌の上で溶けていく食感も絶品の一言。この口休めがあったから、坦々麺の辛さについて甘い評価になったのかもしれません。

 麺は中細麺で、もう少しコシがあればとは思いますが、スープとの絡みは良く、美味しく食べられました。

 1杯980円というのはラーメンとしてはかなり高い部類になりますが(この日は120円でライスもプラスしたので1食1100円)、値段相応の出来だと思います。というか、実は角煮坦々麺より300円も高い海鮮坦々麺というのもあって、それってノーマル坦々麺の倍近い値段なんですよね。それだけ高いってことは、普通の海鮮ラーメンみたいにイカやホタテなんかではなく、もっとすごい食材が使われているんじゃないかと考えてしまうのですが。元々が本格中華料理店だし、アワビとかツバメの巣とか……。次はそれを頂きたいですね。

 あと、下に記した開店時間はぐるなびから引用して11:30~24:00としてありますが、夕方以降に店の前を通った時に開いていなかったことも多かったので、あくまで参考にということでお願いします。

 坦々麺 ムゥタン
 大阪市北区曽根崎新地2-2-5 第3シンコービル1階
 06-6344-0808
 11:30~24:00 土日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

拉麺きはる きはる新味醤油らーめん(唐揚げセット)

▲きはる新味醤油らーめん(650円)

▲店舗外観
 JR環状線福島駅と東西線新福島駅の間、なにわ筋沿いにあるラーメン屋「きはる」へ行きました。店名の「き」は七が3つの字ですが、JISにないためひらがなで失礼します。もっとも、メニューに「きはる」がつく場合は元からひらがな表記ではあります。

 つい最近出来た店で、店内にはまだ開店祝いの花束が飾ってありました。城東区の蒲生四丁目に一号店があり、この店が二号店のようです。

 ラーメンは醤油、味噌、塩の3種類のスープをベースに種類は多く、その中から今回は「きはる新味醤油らーめん」の唐揚げセットを頼みました。スープは魚介系、麺は太麺を使用。トッピングは厚切りのバラチャーシューとシナチク、そして水菜が割と多めに載せられています。最近、もやしの代わりに水菜を載せるラーメン屋さんも増えてきていますが、個人的にはシャキシャキとしたもやしの歯ごたえの方が好みですね。水菜もシャキシャキ感ではいい勝負なのですが、独特の風味がイマイチ好みでないというか。ただ、もやしのシャキシャキ加減も微妙なところがあって、煮込みすぎてグチャッとすれば食感的にも味覚的にもマイナスにしかならないですし、これは個人差もあるんでしょう。個人的には「夢を語れ」のもやしが量は別として一番かなぁ、スープとの相性も考えて。

▲セットの唐揚げ

 さて、こちらのラーメンですが、チャーシューは厚切りのバラではあるのですが、味の染み具合がちょっと足りないような気もしました。スープの醤油味が結構強いので、そのあたりを考慮しているのかもしれません。セットで出てきた唐揚げはアツアツジューシーで、塩コショウで食べるのが美味でした。

 今日は午後3時前に訪れたのですが、2時まではランチタイムということで、今回のセットが800円で食べられます(それ以降は950円)。その価格設定なら、ランチ激戦区の福島駅周辺でも勝負できるかなといったところ。淘汰の激しい界隈ですが、頑張ってください。

 ラーメン きはる
 大阪市福島区福島5-6-11 福ビル1階
 06-6452-9100
 11:00~24:00
 ※「きはる」は現在閉店し、同場所は「つけ麺 みさわ」が営業しています。

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

マレーシア多民族料理 イーデン チキンカレー麺&ミニナシゴレン

▲チキンカレー麺(790円)

▲店舗外観
 福島区のマレーシア料理の店「イーデン」へ行ってきました。JR環状線福島駅から徒歩1分、改札北の踏切を越えて高架沿いに左へ曲がったところにある、大きなマレーシア国旗が目印のお店です。

 店内は南国情緒にあふれており、そろそろ暑くなってきたこの季節にはぴったり。訪れたのはランチタイム終了間際だったため客は少なかったですが、東南アジア系の店員さんが丁寧に応対してくれました。

 ランチタイムはお得なメニューがたくさんあるのですが、今回は店イチ押しのチキンカレーに麺を入れた「チキンカレー麺」(680円)に、ミニナシゴレン(200円)を追加して注文しました。麺は普通のもの以外にうどんとビーフンも頼めます。

 チキンカレーは骨付きで柔らかい鶏肉が3つ入り、ニンジンや玉ネギ、そして“麺”らしくモヤシも入っているのが特徴。ココナッツミルクの入った東南アジア系カレーにもやしというのは他にないですが、意外と合っています。口あたりは甘さも結構感じますが、食べるうちにスパイシーさが増していき、いつの間にか汗だくになってしまいました。

▲ミニナシゴレン(200円)

 一緒に頼んだナシゴレンは結構濃い味付け。スパイシーさはそれほどでもありませんが、チキンカレーと一緒に食べると舌の休みどころがないため水を飲む量が増えてしまいます。200円という値段からしたら、かなりのボリュームがあるためお得感は強いのですが、カレーとのセットはやめておいた方が良いですね。

 また、ランチにはミニサラダと蝦せんべい、食後のデザートとしてヨーグルトサラダも付いてきます。ランチ終了間際だったため、作り置きのミニサラダがしなび気味だったのはご愛嬌として、全体の満足感はかなり高めです。

▲チキンカレー麺のチキン ▲デザートのヨーグルトと蝦せんべい

 夜は格安で食べ放題コースというのもあるので(確か1980円だったと思いますが確信はないです)、各種マレーシア料理を堪能したい方はそちらもどうぞ。

 マレーシア多民族料理 イーデン
 大阪市福島区福島7-5-5 ドルフ福島1階
 06-6452-0031
 月~土11:00~14:30(L.O 14:00)、17:30~23:00(L.O 22:00) 日祝17:30~22:00(L.O 21:00) 無休

 ※「マレーシア多民族料理 イーデン」は2009年1月30日に閉店いたしました。

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 サービスセット(週替りビーフカレー)

▲サービスセット(1200円)

 肥後橋南蛮亭、今週は週替りカレーとのサービスセットを食べてきました。今日は週替りだけにしようかなーと思いながら、ついついセット、あるいはWカレーを頼んでしまう日々です。ランチで1000円オーバーというのは貧乏人には御法度のはずなんですが……うーん、自分の優柔不断さに呆れますなぁ。

 今週の週替りは「ビーフカレー」。南蛮亭で「ビーフカレー」を食べるのは結構な回数になるのですが(このブログでも過去に紹介しています。サイト内検索で「ビーフカレー」を調べてみてください)、毎回どこか違うんですね。トマトベースだったり、バジルソースがかかっていたり。それが楽しみで毎週通っているわけですが、三年近く経っても飽きが来ないカレーを出し続ける南蛮亭の大将に改めて感心する次第です。

▲店先の手書きメニュー ▲週替りのビーフカレー(ミニ)

 今回のビーフカレーもトマトベースのほどよい酸味があり、肉も柔らかく口で溶けるような食感。これはやっぱり単品で頼むべきだったかなぁ。

 鳥丼は相変わらずしっかりとした歯ごたえのある鳥肉がこれでもかとかかっていて、食べ応え十分。お新香が美味しいのも隠れたオススメポイントです。

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土、日、祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん夢屋台 守口店 濃厚夢らーめん

▲濃厚夢らーめん(790円)

 守口市にあるラーメン店「夢屋台」へ行きました。地下鉄谷町線の終点となる大日駅から徒歩5分ほど、イオン大日ショッピングセンターのすぐ近くにあるお店です。店に入ったのは土曜日の午後1時半頃でしたが、お客さんは結構な数がいました。

 頼んだのは「濃厚夢らーめん」。店の一押しとのことですが、そのプッシュに違わぬ美味さでした。「濃厚」と銘打つだけあって、スープはかなりドロリとしており、レンゲですくった印象はコーンポタージュ並み。同様の感触を抱くとすれば天下一品ぐらいでしょう。しかし、飲んでみるとその感触ほどには重くなく、飲み干しても胃もたれするということはなさそうです。

 麺は中細のストレートで、スープがよく絡みます。トッピングは煮卵にシナチク、海苔、ネギ、そして二種類のチャーシューとかなり豊富。チャーシューは口でとろけるほど柔らかい大きなものと、刻みチャーシューで二つ合わせればなかなかの量。この脂がスープの濃厚さをより増やしています。

▲店舗外観。隣がコンビニです。
 そして個人的には煮卵が素晴らしい出来だとプッシュしたいです。その半熟加減が絶妙で、スープとの相性が抜群。この時は卵かけごはん(200円)も一緒に頼んでいて、そこに載っていた桜卵も美味かったのですが、それ以上の出来栄えでした。

 ラーメン丼が半端なく熱く、そのためトッピングの量の割に最後まで熱々で食べられるのもいいですね。また、これだけの濃厚さ、トッピングの多さから、ごはんが欲しくなるラーメンでもあります。

 久々に食べて感動したラーメンでした。いやもう、本当に美味い! 惜しむらくは家から遠く通うのが難しいことと(守口店以外に兵庫県に3店舗あるけど、京都進出しないかなぁ)、セットメニューがないのでごはんものを頼むと少し割高になってしまうこと。ただ、そんなところは無視して、もう一度食べたい、食べなきゃダメだと思わせるだけの味でした。

 らーめん夢屋台 守口店
 守口市佐太中町3-1-1
 06-6900-8250
 11:00~15:30、17:00~25:30 日曜17:00~24:30 無休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

牛亭 水煙蒸し豚もやし・麺入り

▲水煙蒸し豚もやし・麺入り(680円)

 大阪駅前第2ビル地下2階にある「牛亭」へ行きました。ここは名前の通り牛カルビなどを使った丼や牛鍋もあるのですが、有名なのは豚肉を使った「水煙蒸し豚もやし」。特別製の容器に豚肉ともやしを入れて蒸した料理で、そのヘルシーさから女性にも人気の品です。今回はそれに麺を入れたものを頼みました。

▲店舗外観
 つけ汁はポン酢かゴマだれを選べますが、今回はポン酢で。しゃぶしゃぶなどをしても、僕は大抵ポン酢なんですよね。豚肉の旨さはそっちの方が引き立つんじゃないかなと。で、この水煙蒸しもポン酢で美味しくいただいたわけです。が、麺を足したのは正直失敗でした。それのみで食べるのなら問題ないのですが、ごはんと一緒にとなると途中で飽きるのです。しかもこの日はごはん大盛り(+50円)だったので、最後の方は計算して食べてました(笑)。

 豚肉は蒸すだけという調理方法から、かなり薄切り。ボリュームは可もなく不可もなくといったところ。値段からすれば妥当なところでしょうか。もやしの量はそこそこですが、夢を語れの化け物的なもやしを普通に食べている僕からすると、商品名にもやしをつける程ではないなと思ったり。いや、夢を語れの方が異常なんでしょうけど。

 丼物の種類も豊富なので、次回はそちらの方を紹介したいと思います。

 牛亭
 大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル地下2階
 06-6341-7123
 11:00~21:30 (日~20:00) 無休
 ※「牛亭」は現在移転し、この場所では「大阪トンテキ」が営業しています。

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン味蔵 チャーシューメン

▲チャーシューメン(650円)

 堀川六角にあるラーメン屋「味蔵」へ行きました。店の前は何度も通っていたのですが、今回初めてのれんをくぐります。

 味蔵の名物は塩豚骨ベースのスープにかつお節やとろろ昆布などが入った「味蔵ラーメン」。当然僕もそれを頼んだのですが、腹減りだったこともあってそれのチャーシュー増しを頼むことにし、注文を取りに来たお姉さんにこう告げました。

 「味蔵ラーメン……あ、チャーシューで」

 注文後に「チャーシューですね?」と問われ「はい」と答えた時に、少し不安はよぎりました。お姉さんが厨房に「チャーシュー一つ」と言った時、その不安はさらに大きくなりました。が、まあそれならそれでチャーシューメンを食べればいいかと思いました。誤解を招くような頼み方した僕が悪いんだし、不安なら訊ね返せば良いわけだし。で、そうこう考えているうちに、醤油味ベースの普通のラーメンスープも気になってきたのでそのまま放置したというわけです。他のお客さんは(訪ねたときはテーブルは全て埋まってました)軒並み味蔵ラーメンを頼んでいるけれど……。

▲店舗外観
 そしてやって来たのが写真のチャーシューメン。チャーシューは薄切りですが味はしっかりとしています。中細のストレート麺との絡みも良し。スープはかなり甘みを感じる醤油味。野菜とかが結構入っているのかもしれません。それから特徴的だったのがシナチク。これがスープ同様に甘みが強く、そして柔らかい。つまり旨い! 自家製なのかはわかりませんが、このシナチクは好きですね。

 間違って注文してしまったチャーシューメンでしたが、怪我の功名で美味しいラーメンに会えました。しかしこれはこれ。次こそはちゃんと味蔵ラーメンを頼むとしましょう。

 ラーメン味蔵
 京都市中京区堀川通六角下ル壺屋町267
 075-211-7771
 11:00~15:00、17:30~23:00 不定休 日曜夜は休み
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。