スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

麺菜家 三方原店 新静岡らーめん、焼きギョーザほか

▲新静岡らーめん(680円)

 先日、実家のある浜松に行きました。実家に「帰る」ではなく「行く」と表現したのは、浜松は今そこに両親が住んでいるというだけで、僕が生まれ育った場所ではないからです。僕が高校まで過ごしたのは同じ静岡県ではありますが、距離にして100キロ以上離れた静岡市。なので道も店も風景も、どれも馴染みのないものばかりです。

 そのため浜松の餃子が名物になっていることも全然知りませんでした。もっとも、静岡のおでん、富士宮の焼きそばも、関西に出てきてからご当地モノとして自治体が大々的に売り出した形なので(おでんに関しては、僕が子どもの時から確かに静岡には夏だろうが駄菓子屋みたいな店で子どもたちがおでんを食べる風習?は確立していた)、知らなくても当然かもしれません。しかし、こうしてグルメブログをやっている以上、浜松の餃子が有名ならば行かねばなるまいと、妹に道案内をしてもらって行ってきたのです。

 とは言うものの、妹も餃子に関してさほど詳しいわけではなく、行った店はチェーン展開しているラーメン屋「麺菜家」。僕としては餃子専門店を希望したのですが……。店を訪れたのは午後4時過ぎで、住宅地の中にあるファミレスほどの大きさの店に客は他に一人しかおらず、店員もホール・厨房合わせて一人だけでした。ちょいと不安がよぎりますが、今さら仕方ありません。妹、小学生の甥、僕の3人でラーメンを一杯ずつと、分けて食べるように石焼五目チャーハン、そして餃子を頼みました。

▲味噌とんこつらーめん(780円)

 まずは甥が頼んだ「味噌トンコツラーメン」。ネギがたっぷり入ったボリュームたっぷりのラーメンです。スープは味噌のコクとトンコツのこってりとした風味がほどよくブレンドされていました。一口しか食べてませんが、これは美味しかったですよ。

▲あぶりチャーシュウめん(980円)

 続いては妹が頼んだ「あぶりチャーシュウめん」。甘みの感じられる醤油スープに、厚切りのチャーシューが載せられた一品です。味はそれなりでしたが、「あぶり」と書かれている割に香ばしさに欠けていることと、何よりこのボリュームで980円というのはコスパ的に認められないですね。京都や大阪なら、チャーシューメンと銘打たなくても、これくらいのチャーシューが載っているのはザラですし。いいところ700円ぐらいでしょうか?

 そして僕が頼んだ「新静岡ラーメン」。ネーミングが気になって注文したのですが、これはチャーシューの代わりに静岡・駿河湾名物の桜海老のかきあげ天ぷらが載せられています。スープは魚介系のダシが効いた、ラーメンよりもうどんに近いものですが、これがなかなか美味しかったです。ただ、天ぷらがちょっと小さいかなぁ。せめてすまる亭のかきあげぐらいあれば良かったんだけど。

▲新静岡ラーメンに載っている桜海老のかきあげ天ぷら。せめてこの倍の大きさが欲しかった ▲店の中央にあるライス、キムチ、高菜漬け取り放題のテーブル。ラーメンが来る前にキムチと高菜で1杯食べてしまった

 ラーメンはこの3種類。全体的に言えるのは、スープはともかく麺が残念だったということ。水切りが甘いのか、ベチャッとした感は否めなかったし、少し柔らかすぎたかなと。それについては、単純に僕が固麺好きというだけかもしれませんが。ただ、ラーメンを注文すると、おかわり自由のライスが自動的に付いてくるというサービスは嬉しいですね。同じくキムチと高菜漬けも食べ放題なので、それを考えたらコスパもかなり良いと言えます。

▲焼きギョーザ・10個(500円)

 さて、前座?のラーメン紹介も終わったところで、真打の浜松ギョーザの紹介です。これは結論から言いますと、「めっちゃ美味かった」の一言。大きさは普通ぐらいですが、皮が厚くしっかりとしていて、皮の美味しさも楽しめるというのが一つ。そして中身もジューシーで、肉と野菜の旨みが十分に味わえるというのが一つ。それでいて10個500円というのも、コスパ的に嬉しいところです。浜松餃子の特徴である、付け合せのもやしもシャキシャキしていて美味しかったですし、満足させてもらいました。逆に、専門店ではないこの店でこのレベルなんだから、専門店ではどれだけ美味しいのやらと期待してしまいます。

▲石焼チャーハン(650円) ▲店舗外観

 石焼チャーハンに関しては、すいませんがあんまり印象がないです。というか、僕は無料のライスを食べていて、あんまり食べてなかったし(餃子には白飯が合うと思う)。ボリュームは結構ありました。

 ライス・キムチの無料サービスを考えたらコスパ的にも十分にお得だし、何より餃子が美味しかったです。今度浜松に行ったときは専門店に行きそうなので再訪がいつになるか不明ですが、浜松近辺で腹が減った、ガッツリ食べたいという人にはオススメの一軒ではあります。ごちそうさまでした。

 麺菜家 三方原店
 静岡県浜松市北区三方原581-6
 053-420-2288
 11:00~24:00(LO23:00) 無休
スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

唐子ラーメン サービスセット


 平安神宮から西へ行った東大路通沿いにあるラーメン屋「唐子」へ行ってきました。色々な雑誌に採り上げられている有名店ですが、今回仕事のついでに初めて訪問することが出来ました。

 訪れたのはランチタイムがそろそろ終わりかける午後1時40分ごろ。カウンターのみの店内には他に2人の客がいました。注文したのはランチタイム限定のサービスセット。唐子ラーメンと唐揚げとライスのセットで750円とお得です。

 やってきたラーメンは、名物の唐子ラーメン……と思っていたのですが、ここで記事にするため他のブログさんを覗いてみたところ、どうも違うような。僕も唐子ラーメンは北白川の東龍のようなスープと聞いていたので、そう考えると違うような。となると、今回頂いたのは醤油味のこってラーメンでしょうか。味はニンニクの風味がきいた少しトロミを感じさせる醤油味で、コシのある麺とうまくからんでかなり美味しかったです。味は濃いので、ライスがついて丁度いい感じでしょうか。チャーシューはトロトロのバラ肉で、とろける食感がたまりません。


 セットで付いてきた唐揚げも美味でした。マヨネーズで食べるもいいし、そのままパリッとした衣の食感を楽しむのもいいでしょう。結構大きいので、女性だと食べるのに苦労するかもしれません。単品で頼むと、この大きさのものが4つで350円だそうですが、値段的にかなりお得感がありますね。

 テーブルには「ガーリックバター」があり、それを入れるとラーメンに新たなコクが出て、また美味さ倍増です。あんまり入れるとくどくなりますが、このトッピングはアリですね。

▲ガーリックバター ▲店の外観

 また、店には「喰い逃げメニュー」なるものがあるのですが、これは毎日日替わりで出てくる無料のおかずのこと。その全てが手作りで、ポテトサラダや大根の煮物など手の込んだものが並びます。しかもそのネーミングも「親父のトキメキサラダ」「なすのポテチン合え」など妙に凝っており、食べながら楽しめること間違いなし。「肉じゃがの肉ヌケ煮」には「肉高いしな。雰囲気だけな。味は◎」という、実も蓋もない説明書きがされていたりします。

 その他にも、サービス券の発行や、大勢で来たときに唐揚げ無料サービスなど、店主の心意気がひしひしと感じられるサービスが目白押し。それでラーメンも美味いんだから、これは一度行っておくべきでしょう。というか、京都に13年もいながら、どうして今まで一度も行かなかったのか、悔やまれます。これはもう、近々再訪するしかありませんね。

 唐子ラーメン
 京都市左京区岡崎徳成町12-3
 075-752-8234
 11:30~14:00、18:00~24:00 火、第三水休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替り イエローカレー

▲イエローカレー・大(900円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りはイエローカレーです。テーブルに運ばれてきただけで、ココナッツミルクの甘い香りがぶわっと漂ってきました。

 具は炭火焼された鶏肉、じゃがいも、しめじ、タマネギ。その上にししとうが載せられています。じゃがいもが入っていることで、普通のイエローカレーに比べてトロみがあり、日本の家庭カレーのような風味に近くなっています。

 しかし、今回のイエローカレー。ちょっと評価が低いです。どのへんがと言われれば、辛いんですよ。塩辛いんです。最初のうちはそう思わなかったのですが、3口、4口と食べるうちに違和感を感じ、それが塩辛さにあるのだと気付きました。いつもながら具材は大きく食べ応えがあるし、ココナッツミルクの甘さとスパイシーさがうまくブレンドされてはいるのですが、塩辛さがどうにも気になりました。んー、厳しい言い方になりますが、もし一見で入ってこの出来だったら次はないなというぐらい。もちろん、これまでの出来が極上レベル連発だったからこその厳しい採点ではあるんですが。

 ちなみに先週は更新をサボってしまったのですが、南蛮亭の週替りカレーは食べていました。

▲グリーンカレー・大(900円)

 今週と同じくアジアンテイストのグリーンカレー。これまでにない特徴としては、大き目のマッシュルームがゴロゴロと入っていたところ。その食感が新鮮で美味しかったです。その他、大根、ナス、しめじと野菜がたっぷり入っており、相変わらずのレベルの高さでした。都合で訪問が金曜日になった上、撮った写真データを会社に忘れてしまったため更新が出来ませんでした。

 イエローカレーについては厳しい感想になってしまいましたが、それも求めるハードルの高さゆえ。あと、今日だけたまたまで、明日のイエローカレーは普通に美味いかもしれないし。これで南蛮亭全体の評価が下がることは全くないので、引き続き応援していきたいと思います。

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土、日、祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ベトナム食堂ANH エビのピリ辛炒め

▲エビのピリ辛炒め(700円)

 南堀江にあるベトナム食堂「ANH(アイン)」に行って来ました。店は大きな通りには面しておらず、そんなに目立つ看板もないので見つけにくいのですが、いつもいっぱいのお客さんで賑わっています。

 この店のコンセプトは「ベトナムの大衆食堂を日本でも」。目指すのは本格的なベトナム料理店でも、若者向けのオシャレなベトナムカフェでもないのです。今までベトナム料理など食べたことはもちろん、聞いたことさえないという近所のおっちゃんやおばちゃんに、日本の大衆食堂の雰囲気で味わってもらいたいというのが、店の願いなんだそうです。

 そのため、値段はかなりリーズナブルで、そしてボリュームもたっぷり。「皿飯」と呼ばれるベトナムでは一般的な定食メニューのラインナップは豊富で、ブンチャーという独特の麺料理も揃っています。

 そんな中で今回僕が頼んだのは、人気メニューの「エビのピリ辛炒め」の皿飯。皿に盛られたごはんの上に、塩コショウにニョクマムで味付けされた豚肉とエビともやしの炒め物が載せられ、さらに目玉焼きとサラダとスープが付いて700円という安さ。ごはんは普通でもかなり多いので、「大盛り」を頼むときは腹の空き具合に自信がなければやめておいた方がいいかも。


 味付けは割と濃い方で、ごはんが進みます。ニョクマムの香りや味は、日本人には余り馴染みのないものですが、あの独特の香りにハマッてしまえば、定期的に食べたくなる中毒性の高さも秘めてますね。

 メニューは季節によって多少の変動がある上、皿飯だけでも上の写真の数だけ揃っているので、全種制覇はなかなか大変です。しかし、それをやってみようと思わせるだけの魅力が、ANHの料理には備わっています。僕は今のところ……5種類ぐらいかな。同じのを食べることも多いので。ごちそうさまでした。

 ベトナム食堂「ANH」
 大阪市西区南堀江4丁目20-6
 06-6536-2786
 11:30~15:00 17:00~20:30 日月定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替り ポークカレー

▲ポークカレー・大(900円)

 今週の肥後橋南蛮亭の週替りカレーは「ポークカレー」。もちろん、名前の通りの普通のポークカレーではありません。

 見た目は先週の和牛カレーとほぼ同じ。すべて裏ごしされたカレールーが、豚肉のスライスを載せたライスの上にかけられています。ルーの辛さは先週と同じく「中辛」とありますが、それよりも幾分フルーティーさが感じられました。しかしスパイスはしっかりと効いているので、甘さの中にも刺激がうまくからんできます。


 載せられている豚ロースは柔らかく、端の脂身が口の中でとろけていく食感がたまりません。単品でネギチャーシューなんかにしても絶品と言える味、食感ですが、そんな豚肉を裏ごしされたカレールーと一緒に食べるというのは新鮮で、そして何よりも美味い! 毎週毎週、こうした新しい試みにチャレンジし、しかもそれが奇をてらっただけではなく、カレー専門店を凌駕するレベルにまで達しているというのは、本当に素晴らしいことだと思いますし、そうしたカレーを毎週楽しめるだけで、月曜日が待ち遠しい→会社に行かなくちゃという気分になってしまいます。冗談抜きで、月曜の憂鬱な気分を晴らすには、通勤電車内で南蛮亭の週替りカレーを思い浮かべるのは効果的なんですよ。今週もごちそうさまでした。

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土、日、祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

鶴のす メンチカツ定食(いつものランチ)

▲メンチカツ定食(いつものランチ)・小ボルシチ付(1000円)

 アバンザ堂島の地下1階にあるレストラン「鶴のす」へ行きました。看板に「ロシア料理」とも書かれているように、単なる洋食屋さんではなく、ボルシチやピロシキなども楽しめるお店です。

 頼んだのは名物となっている大きなメンチカツ。幅20センチ、厚さ3センチぐらいの大ボリュームです。これだけ大きいメンチカツだと揚げるのも大変だと思うのですが、火もしっかり通ってるし(当たり前)、それでいて衣もサックリとしています。上からデミグラスソースがかけられていますが、それがなくてもあふれる肉汁の旨みだけでも十分にいただける一品です。

▲メンチカツの断面。タマネギの甘みが絶妙

 メンチカツ定食は通常なら760円ですが、僕は毎回ボルシチを付けており、そのセットで丁度1000円となります。口の中で溶けるほどに煮込まれたキャベツが美味しいです。本格的なロシア料理店で食べるボルシチというより、もっと家庭的な味わいな気がしますが、そこまでロシア料理を食べ比べたことがないのでよくわかりません。ただ、野菜スープとして、かなりレベルが高いんじゃないでしょうか。

▲ボルシチ(小)。単品だと350円なので、セットでお得。たまにはレギュラーサイズも食べてみたい

 今回は閉店間際の午後7時40分ごろに入店したのですが、その時間でも半分くらいの席は埋まってましたし、僕の後にも2組ほどお客さんがやってきました。そんなわけなので、昼や夕方はほぼ満席状態です。あと、ここは通勤で歩くルートの途中にある店なので割と寄ることが多い店ですが、実は未だにピロシキを食べたことがないんですね。夕飯にピロシキというのも、何か物足りない気がするんですよねぇ。しかし、ピロシキ×2、レギュラーサイズのボルシチという食べ方もできますし、今度はそんな感じで注文をしてみましょうか。ごちそうさまでした。それからトマト残してすいません。

 鶴のす
 大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンサ地下1階
 06-6344-4485
 月~金11:15~14:15 17:30~20:00 土11:15~14:15 日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

お好み焼きビックリ まるごとイカ

▲まるごとイカ(700円)

 伏見にある広島焼きの店「ビックリ」へ、友人と二人で行ってきました。場所は伏見図書館の向かいあたりで、学生時代に何度か訪れていたのですが、今回数年ぶりに行ってきました。店は昔ながらのお好み焼き屋さんといった風情。おばちゃんと学生のバイトくんが切り盛りしています。この店の特徴は、何と言ってもコスパの良さ。「ビックリ」という店名と同様に、大ボリュームのメニューが格安で食べられるところです。

 今回頼んだのは3品。まず上の「まるごとイカ」。その名の通りイカをまるごと焼いた豪快なものですが、よく見ると普通のイカ焼きというわけではありません。お好み焼きの生地の上に、食べやすい大きさに切ったイカを、その形どおりに置いてあるんですね。「ただのイカ入りお好み焼きじゃん」と言われてしまえばそれまでですが、しかしこれだけの大きさに、これだけのイカが入って750円という値段は、やっぱり普通じゃありえません。ちなみにこれはソースではなく、醤油で食べるのがいいそうで、出てきたときにそう勧められました。実際、あっさりした味で食べやすかったです。

▲ビックリ焼きソバ(600円)

 続いて2品目の「ビックリ焼きソバ」。順番で言えばこれが一番最初に出てきました。600円という値段ではあり得ないボリュームです。ちなみに出てきたときは、まだキャベツともやしが生に近く、自分で鉄板で炒めながら食べるのが良い感じ。後半になるほど味が馴染んで美味しかったです。

▲ビックリ焼きソバ(600円)

 そして3品目が「ビックリお好み焼き」。出来たてを写真に撮るのを忘れてしまい、2/3ほど食べてからのものを接写してます。豚肉入りのオーソドックスなものですが、これをベースにモダンにしたり餅入りにしたりとバリエーションは豊富です。全体の大きさは普通のお好み焼きの2倍はありました。

▲激辛ソース ▲店の外観

 テーブルには甘みのある普通のお好み焼きソースと、激辛のソースの2種類がありました。普通、お好み焼き屋さんの激辛ソースというのは、名前に反して大したことがないというのが印象なのですが、ここのソースはちゃんと激辛です。唐辛子がかなり入っており、油断するとヤバイことになるでしょう。激辛党の僕には丁度いい感じで、後半は激辛ソースばかりで食べていましたが。

 店の客の大半は学生ですが、噂を聞いて遠方から来る人も少なくないようです。久々に訪れて、僕も学生当時の雰囲気を思い出せました。ごちそうさま。

 お好み焼ビックリ
 京都市伏見区新町6丁目473
 075-621-3260
 11:00~14:00、17:30~21:00 水休、7月は営業なし
 URL http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~bikkuri/
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:お好み焼き・たこ焼き - ジャンル:グルメ

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

情熱うどん讃州 カツカレーうどん

▲カツカレーうどん・2玉(850円)

 先日訪れた「たけうちうどん」のすぐ近く、こちらも行列が絶えないお店として有名な「情熱うどん讃州」へ行ってきました。訪れたのは午後7時半過ぎだったので並ぶことなくカウンター席に座れたのですが、食べている間も次から次へお客さんがやって来て、帰る頃には2階席も含めて満席状態でした。梅田の繁華街からは少し離れた位置にあることから考えると、この集客の良さは特筆物ですね。

 当初は「たけうちうどん」の時と同じく、うどんののどごしを楽しむためぶっかけ系を注文しようと考えていたのですが、メニュー表を眺めているうちに方針を変更。「おすすめ」マークが付いていた「カツカレーうどん」を2玉で頼みました。1玉、1.5玉、2玉で値段が変わらないので当然ですね。

 待つこと数分で、大きな丼に入れられたカツカレーうどんがやってきました。写真では伝わりにくいですけど、かなり大きいです。早速汁を味わってみると、和風ダシとカレーのスパイスが絶妙にブレンドされた旨み抜群のさっぱり味。辛さは少なく、飲んだ後にほんのり甘みが残ります。うどんはモチモチとした食感と、少し大きめに刻まれたネギのシャキシャキとした歯ごたえが、うまい具合にかみ合っています。カツはカレーの中に浸していてもサクサク感が残っており、衣がカレーを吸うことでその甘みを強調しているのも美味しかったです。

 この「讃州情熱うどん」と「たけうちうどん」、さらに近くにある2軒のラーメン店「らーめん弥七」と「麺や輝」では、6月5日から「豊崎麺ず倶楽部」という名前で活動を始めたそうです。近所のライバル店として切磋琢磨しながらも、協力してお客さんにサービスしていこうという考えは非常にいいですね。好感が持てますし、その活動の一環として始まった期間限定メニューについても、「それなら全店舗制覇してやろうじゃないか」と意欲も湧いてきます。

 今後も豊崎の動向は要チェックです。ごちそうさまでした。

 情熱うどん讃州
 大阪市北区豊崎3-4-12
 06-6346-5117 
 11:00~15:30(l.o.15:00)、17:30~22:30(l.o.22:00) 日休
 ブログURL http://blog.goo.ne.jp/jyounetsuudon
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ベクトラジ スンドゥブチゲ定食

▲スンドゥブチゲ定食(800円)

 大阪駅前第2ビル地下2階の韓国料理店「べクトラジ」へ行って来ました。頼んだのは写真のスンドゥブチゲ。真っ赤で熱々という、気温30度近い日にはおよそ相応しくないメニューですが、暑い時こそ辛いものが美味しかったりするのですよ。

 と言いつつ、実は最初に頼んだのはサムゲタンクッパ。残念ながら品切れで食べられなかったため、こちらに変更した次第。訪れたのは午後1時40分ぐらいでしたから、やっぱり無理があったかな。

 チゲは頼んでから5分ほどでやってきました。石鍋なので当然のごとく煮えたぎっており、真上から写真を撮ろうとしたらレンズが曇ってしまいました。その熱々の中に生卵を入れてかき混ぜると、温度も下がり、味もまろやかで食べやすくなります。辛さはチゲとしては普通ぐらいですが、やはり熱いと辛さも増幅されますから、卵は必須ですね。ごはんは少し硬めですが、スープ系のおかずなのでその方が合います。付け合せのキムチは、辛さよりも甘みの方を強く感じました。ボリュームは普通ぐらいでしょうか。十分にお腹がふくれ、800円という値段も妥当なところでしょう。

▲卵を入れて少しまろやかに ▲店の外観
 ランチは午後3時までやっているため、昼休みが遅くなった時に便利です。次こそはサムゲタンクッパを食べたいですね。ごちそうさまでした。

 ベクトラジ
 大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル地下2階
 06-6346-5117 
 11:00~15:00、17:00~23:00 日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ステーキハウスTRY 第3ビル店 牛肉のタタキ定食

▲牛肉のタタキ定食(999円)

 大阪駅前第3ビル地下2階にある「TRY」へ行って来ました。定食の値段が全て999円と書かれた特徴的な看板で、キタのサラリーマンには有名なお店です。

 999円という値段は、キタのランチ事情を考えると割高感がありますが、その場で焼いてくれる柔らかい牛肉のステーキやタタキを、なかなかのボリュームで食べられることを考えればさほどでもありません。また、ごはんと味噌汁はおかわり自由なので、がっつり食べたいときでも十分に満足できます。

 これまでも何度か来ていたのですが、その時はいずれもステーキを頼んでいました。なので今回の「牛肉のタタキ」は初実食。細かく刻まれた柔らかい牛肉を、たっぷりのネギとポン酢で食べるのですが、ごはんがワシワシと進むとても美味しいものでした。ただ、牛肉そのものに、結構な塩コショウの味が付いていますので、ポン酢に浸して食べると味が濃すぎるという気もします。まあ、このあたりは好みでしようが、僕は後半(つまりはライスおかわりの2杯目から)は、そのまま食べていました。

▲ライスと味噌汁とセットです ▲店の外観。肉の焼けるいい匂いが漂う

 店はカウンターにテーブルが2卓と小さく、客のほとんどがサラリーマン。そのため女性一人で入るのは難しい空気もありますが、店員は女性の方ですし、一度は行ってみてはいかがでしょうか。

 ステーキハウスTRY 第3ビル店
 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル地下2階
 06-6348-5589 
 11:00~15:00、17:00~21:00 無休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。