スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

うどん棒 大阪店 日替りうどん定食(海老天うどん)

▲日替りうどん定食(880円)。海老天はぷりぷりだ

 本日のランチは大阪駅前第3ビル地下2階の「うどん棒」。高松に本店があるさぬきうどんの店です。駅前ビルのうどん屋としては、常に行列が絶えない「はがくれ」が有名ですが、ここもそんなに差があるとは思いません。というか、未だに「はがくれ」で食べたことないんですけどね。だって、いつ行っても並んでるだもん。

 注文したのは日替わり定食。今日は海老天うどんとかやくごはんのセットでした。うどんは注文後から湯がくので、10分ぐらい待たされます。昼の一番忙しいときだと、次々にうどんを湯がいていくので待ち時間も短くなりますが、僕が訪れたのはそれが一段落した午後1時半ごろだったので、それくらい待ちました。

 うどんはこしが入った讃岐うどん。もちもち感は十分ですが、個人的にはもう少しこしがあった方がいいかなと思いました。それでも十分に美味しく頂けましたけど。ダシは少し辛め。この場合の辛いは塩辛いです(当たり前だけど)。天ぷらはカラッと揚がって衣の甘みも感じられる美味しいものでした。かやくごはんは、まあ普通のかやくごはんです。

 いつもに比べてトーンが低いですか? そうですね。しかしこれは、別に美味くなかったというわけではありません。ただ、どうしてもうどんについては求めるハードルが高くなってしまうんですよ。香川県に縁あるものとして、安くて美味い讃岐うどんを、地元でいくつも食べてるだけにね。今日のうどんセットも、これが580円ぐらいだったら絶賛していたと思います。けれども、880円という値段を考えたら……そこまではないかなと。駅ビルの他のランチと比べると、ボリューム面ではちょっと足りないですしね。

 この店の一押しは「ちゃんぽんうどん」というものらしいので、再訪したときはそれを頼んでみたいです。ごちそうさまでした。

 うどん棒 大阪店
 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅第3ビル地下2階
 06-6458-5518
 月~金11:00 ~ 23:00、土11:00~20:00、日祝11:00~19:30
スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替り グリーンカレー

▲グリーンカレー大(900円)。パプリカが鮮やか

 今日のランチは毎度お馴染みの肥後橋南蛮亭。週替りのグリーンカレーを頂いてきました。

 グリーンカレーと言えば、その見た目(緑色)に反して非常に辛いものですが、南蛮亭のグリーンカレーは中辛程度。定番のチキンカレーを10としたら4か5くらいじゃないでしょうか。また、その辛さもココナッツミルクや野菜の甘みですぐに消えるため、「水飲まなきゃ、キャベツのピクルス追加しなくちゃ」ということは全くありません。

 南蛮亭のグリーンカレーの特徴は、その具の大きさと多さ。炭火焼された鶏肉のほか、タケノコ、ナス、タマネギ、シメジがゴロゴロしており、最後に大きく切られたパプリカが載せられた野菜分たっぷりのものとなっています。具の多さは本当にすごく、最後の方は「煮込み野菜にカレーソースをかけたもの」みたいな状態でした。タケノコや鶏肉の食感、ナスの甘みなど、素材を存分に楽しめますね。ただ、個人的にそんなにパプリカ(ピーマン系)が好きではない僕からすると、もう少し小さく切ってくれたら、というのはありましたね。

 先週の月曜日に行って以来、一週間ぶりの南蛮亭だったのですが、考えてみると先週も先々週も、さらにその前の週も週替りばかり食べていて、実は現在かなりチキンカレーに飢えてます。今日も当初はチキンカレーの予定だったんですが、やっぱり週の始めは週替りカレーを紹介しなくちゃなぁという、ブログ管理人としての責任感からグリーンカレーを頼んでしまいました。いや、もちろんこっちも美味しかったんだけどね。ただ、チキンカレー……明日か明後日には食べてこよう。

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土、日、祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

グリルピエロ ハンバーグ定食

▲ハンバーグ定食(900円)

 昼に肥後橋へ行くと、どうしても南蛮亭の誘惑に負けてしまい、なかなか他の店を開拓できません。解決策は週に3度肥後橋へ赴くか(1度目は南蛮亭で週替り、2度目は南蛮亭でチキンカレーを頼むので)、あるいは南蛮亭が休みの土日に赴くか。ならば、土曜出勤の今日は肥後橋開拓にうってつけではないですか。ということで、毎日行列が出来る人気店「グリルピエロ」へ行ってきました。

 入店したのは午後1時20分頃。土曜日のこの時間となれば、サラリーマンの街である肥後橋は人影もまばら。開いている店も通常の半分程度だし、開いていたとしても客はポツリポツリ。しかし店に入ってビックリ。行列こそなかったものの、15席ほどのカウンターはほぼ満席状態で、僕が座った後からも次々に客がやってくる繁盛振りでした。

 注文したのは写真のハンバーグ定食(900円)。メニューはこの他、焼肉定食(1000円)とミックス定食(1500円)のみ。店の前の看板には「ステーキ&スパゲティ」とありますけどね。店に入るとおばちゃんが「ハンバーグでええか?」と訊ねてくるので、そのまま頷いて頼みました。僕が店にいた20分ほどの間にいた客は全てハンバーグ定食を頼んでましたが、おばちゃんにああ聞かれたら、よっぽど常連にならない限り焼肉定食は頼めないんじゃないかなぁ。

 カウンターの奥の角席に座ると、そこは調理している様子を見るのにベストなポジションでした。付け合せのもやし炒めを調理し、鉄板を暖め、ハンバーグをオーブンで焼き(予め焼いてあるものをグリルしなおしている)、盛り付けてソースをかける様子が、本当に手際よく鮮やかで、待っている間退屈しませんでした。動画に撮ってアップしたいぐらいでしたよ。

▲店舗外観。目立つ看板などがないので、思わず見過ごしてしまう
 7分ほど待ってやって来たハンバーグは、鉄板の上でいい音を立てて蒸発するデミグラスソースの香りだけで「これは間違いなく美味い」とわかるもの。写真を撮る間も惜しい感じです。慌てて口に入れるとチーズで火傷をしてしまいますが、ええいままよとばかり押し込むと、ジュワっと広がる肉汁に頬が落ちる感覚に襲われます。他のブログのレビューを読むと、ハンバーグの中には隠し味としてレーズンが入っているそうですが、なんかガツガツ食べ過ぎて気付きませんでした。ただ、肉汁の中に感じた甘みが、ひょっとしたらそうだったのかもしれません。また、付け合せのもやし炒め(結構な量あります)は塩コショウだけの味付けですが、デミグラスソースと絡めて食べるとまた違った味わいで美味しいです。

 定食ということで、このハンバーグのほかにごはんと冷奴が付きます。冷奴は一品ということで日替わりなのかな。マスター、おばちゃんとも元気が良くきびきびした気持ちのよい接客で、行列が出来る人気の理由が美味しさだけではないことがわかります。ごちそうさまでした。

 グリルピエロ
 大阪市西区江戸堀1-16-26
 06-6445-8117
 11:30 ~ 14:00 日祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

新進亭 白みそラーメン

▲白みそラーメン中盛(820円)

 京都市役所の裏手、二条通麸屋町西にあるラーメン屋「新進亭」へ行って来ました。この店は日・月・祝が休みの上、開店時間も11時~16時ということで、今日のように仕事で近くに行かない限りはなかなかありつけません。支店が一乗寺にもあり(高野店)、そっちは午後10時までやっているので何度か食べに行っているのですが、本店は3年半ぶりの訪問です。

 注文したのは名物はの白みそラーメン。マイルドな風味が特徴的な白みそですが、みそラーメンとしても完成度は非常に高く、個人的には一番美味しいみそラーメンだと思っています。一味のピリッとした辛さが良いアクセントになってますね。注文する際に大・中・小を言うのですが、普通の店の並が新進亭で言う小サイズ。麺そのものの量もそうですが、その上に盛られている野菜炒め(モヤシ・タマネギ・挽肉)の量が多いんですよ。最後の方はそればっかり食べてるような感じになりますが、みそスープとの相性がいいので飽きはきません。チャーシューは薄切りのモモ肉であっさり目。野菜炒めの挽肉が割とこってりとした印象なので、バランスがいいです。

 店の壁にはたくさんの賞状やメダルが飾られていますが、これは市民ランナーとして活躍する親父さんのもの。そして、その中に違和感たっぷりに貼られているのが映画俳優キアヌ・リーブスがマトリックスのプロモーションで来日した際の記事。実はこの新進亭、日本びいきでも知られるキアヌが、お忍びで来店した店なんだそうです。何人かのSPと一緒にやってきたキアヌは、普通にカウンター席に座ってみそラーメンを食べて帰ったとか。因みにその席には写真のような貼り紙がされていますので、ここに座ってハリウッドスター気分を味わってみるのもいいかも。

▲スーパースターが座った席 ▲店舗外観

 高野店との違いは、みそラーメン以外のメニュー。中でも気になったのは「焼きそば」と「チキンラーメン」。ラーメン屋さんの焼きそばがどういうものか非常に興味がありますし、チキンラーメンも、まさかあのチキンラーメンじゃないよなぁという、一抹の不安を過ぎらせずにはいられないところが気になります。なかなか行くチャンスはありませんが、次回はこのどちらかのメニューにチャレンジしたいところです。

 新進亭
 京都府京都市中京区二条通麸屋町西入ル南側
 075-221-6202
 11:00 ~ 16:00 日月祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

得正 ホワイティ梅田店 スペシャルカレーうどん

▲スペシャルカレーうどん(980円)

 今日は仕事が忙しく、昼休みは社員食堂のラーメンでした。320円であの内容というのは割とお得なのですが、まあ所詮は社員食堂なので。いつか気が向いたら紹介したいとは思いますが。

 そんなわけで今日は夕飯から。訪れたのは大阪市内を中心にチェーン展開するカレーうどん専門店「得正」のホワイティ梅田店。泉の広場から少し北に行ったところにある店です。

 チェーン店ということで、軸となるうどんとカレーの味についてはどの店に行っても安定しているのですが、ラインナップは店ごとに大分違うのが得正の特徴。例えばこのホワイティ梅田店では、今回頼んだ彩り鮮やかな揚げ野菜が載ったスペシャルカレーうどんや、普通のきつねうどんがありますし、駅前第四ビル店だと、クリームコロッケカレーうどんが名物になっている他、各種カレー丼も人気商品になっています。オーソドックスなカレーうどんの値段も、上記2店は680円ですが、福島の浄正橋店だと700円だし、阿波座店だと580円といった具合にまちまち。そんなわけで、僕は得正に行くたびにその店オリジナルのメニューを頼んでしまい、実のところ“ただのカレーうどん”は殆ど食べたことがありません。数年前、最初に得正を訪れた直後の1、2回だけなんじゃないかなぁ。

▲肉たまライス(300円) ▲「大阪一なら日本一」の言葉が力強い

 というわけで今回もホワイティ梅田店の名物メニュー「スペシャルカレーうどん」です。昼にあんまり食べられなかったので、肉玉ライスも付けました。このメニューがスペシャルな理由は、先述の通り揚げ野菜がある点。南瓜、ニンジン、太ネギ、茄子、そして餅が乗せられています。もちろんデフォルトの大きな海老天と牛肉も乗せられており、器が洗面器大のためわかりにくいですが、かなりのボリュームとなっています。

 得正のカレーの特徴は一口目の甘さと、その後からジワリと感じる辛さでしょう。辛党の僕にはさほどでもありませんが、苦手な人はがっつくと後悔することになるかも。まあ、もとよりカレーうどんはガツガツと食べられるものではありませんが(跳ねるから)。天ぷらの衣のカリッとした食感と、それがカレーに浸ることで徐々にしなっていく食感、その中間が絶妙なんですよね。さらに刻みネギのシャキシャキとした食感もそこに加味されれば、まさに至福の一言です。

 肉玉ライスはカレーにも入っている牛肉をライスの上に載せ、そこに卵の黄身を落としてネギをまぶしたもの。非常にシンプルな作りですが、それにかけられている甘辛いダシ(タレ)が美味いんですよ。カレーとの相性もばっちりですしね。肉の入ってない玉子ライスでもその美味さは十分に堪能出来ますので、肉が余分と言う方はそちらを試してみてください。

 食べ終わって精算を済ますと、「良かったらどうぞ」と写真の皿を手渡されました。得正ではなくホワイティうめだの飲食店全体で行っている無料進呈サービスだそうです。期間は明日(23日)までですが、未だにたくさん残っているのか、店長に「一枚と言わず、二枚でも三枚でも、好きなだけ持っていっちゃって下さい」と言われました。貰えるなら貰おうかとも思いましたが、持ち帰るのもかさばるので遠慮しておきました。

 得正 ホワイティ梅田店
 大阪市北区堂山町3-3 梅田地下街B-16
 06-6364-1211
 11:00 ~ 22:00(LO 21:45) 奇数月の第3木曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

みわ亭 エビチリランチ

▲特製エビのピリ辛ソースランチ(800円)。ごはんはおかわり自由

 今日のランチは昨日訪問した「YOKOO」の隣にある中国料理店「みわ亭」へ行きました。YOKOOの看板には、ビフカツと魚のムニエルにホウレン草のおひたしが本日のAランチのメニューとして記されており激しく惹かれたのですが、ここは初志貫徹。みわ亭の名物「特製エビのピリ辛ソースランチ(通称エビチリランチ)」を頂いてきました。

 みわ亭にも日替わりランチがあり、今日のメニューはホイコーロー。また、レギュラーメニューとしてタンタンメンと高菜とジャコの炒飯もあるのですが、お客さんの大半はエビチリを注文していましたね。

 エビは唐揚げ状に揚げたものを、改めてチリソースで炒める形。ソースには唐辛子がたくさん見えるし、その真っ赤な色がピリ辛どころか激辛な味を想起させますが、ハッキリ言って辛さは全くありません。酢豚のような甘酸っぱい美味しさとなっています。

 ごはんはおかわり自由で、中華の濃い味付けのためか、男性客だけでなく女性客でも気軽におかわりをしています。僕は2杯食べましたが、エビがなくなった後も残ったチリソースをごはんにかけて3杯目を食べたくなります。まあ、自宅だったらやったでしょうけど、ここでは自粛しておきました。

 セットの玉子スープは卵分の多いトロミのあるスープで、チリソースの濃い味を中和するのにちょうど良い淡白さがありました。あと、密かにたくあんが美味しかったです。

 YOKOOと共に、正午から午後1時ぐらいまでは行列が出来る店ですが、それを過ぎると比較的楽に座ることが出来ます。まあ、待ったとしても客の回転は良いので大したことはありませんが。

 中国料理 みわ亭
 大阪市福島区福島6-14-5
 06-6454-6522
 11:30~14:00 17:00~23:00 日曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Restaurant YOKOO Aランチ

▲Aランチ(900円)。この日はエビフライとスジ大根とサイコロステーキ。ごはんと味噌汁はおかわり自由

 今日の昼はJR福島駅から北へ5分ほど歩いたところにある創業35年の洋食屋さん「YOKOO」へ行きました。すぐ近くにABC朝日放送があるため、芸能人の方もよく訪れる店です。

 店に入ったのは午後1時半過ぎ。ランチは2時までですが、その時間でも席はほぼ満席で、僕の後にも何組かが入店するほどの盛況ぶり。ランチは日替わりでおかずが変わる3種類。750円の日替わりランチ、900円のAランチ、1200円のスペシャルランチという設定です。今日は間を取って900円のAランチを頼みました。

 待つこと5分弱で出てきたのが写真の品々。大きなエビフライとサイコロステーキ、スジ肉と大根の煮物という組み合わせ。エビフライはプリプリで尻尾の先まで丸かじり。かけられているタルタルソースには、イカか貝のような食感を感じたんですが、何か秘密がありそうです。とりあえず“タダの”タルタルソースではありません。サイコロステーキは周りに火を通した程度のミディアムレアで、かなりジューシーでした。

 そして特徴的なのがスジ肉と大根の煮物。よく煮込まれた大根は十分に味が染みていて美味。洋食屋という枠にとらわれないランチメニュー作りは嬉しいですね。洋食屋さんには珍しく、ナイフ&フォークではなく割り箸が用意されていることも、個人的にプラスポイントです。

 水曜日の日替わりランチは、毎週固定で名物の海老クリームコロッケが出るそうです。また、3種類のランチの他に、レギュラーメニューとしてハヤシライスにカレーライス、ビフカツなどもある模様。特にカレーライスには「昭和の終わり頃、あるお客様のご要望により産まれ」たスペシャルカレーもあるらしく、これは是非とも再訪しなければなりませんな!


 Restaurant YOKOO
 大阪市福島区福島6-14-4
 06-6453-0409
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:00) 日曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

肥後橋南蛮亭 週替り 牛・豚・鳥のキーマカレー

▲今週の週替りは牛・豚・鳥のキーマカレー。写真は大盛り(900円)

 肥後橋南蛮亭、今週の週替りカレーは牛・豚・鳥のキーマカレー。貼り紙には中辛とありますが、甘口でもいいんじゃないかな。先週のビーフカレー同様、トマトやチャツネの甘みが強いです。

 使われているのは牛・豚・鳥の3種類の肉ですが、食べていて違いに気付くということはないです。僕の舌はそこまでのレベルじゃありません。ただ、肉の旨みというものは十分に味わえます。ここ最近はデフォルトで大盛りを頼んでいますが、食べやすさもあってガツガツと一気に食べきりました。

 ルーの上にかけられているのは、おそらくナッツか何かを細かく砕いたもの。その食感と風味が、カレーの美味しさをもう一つ上の段階にしています。先週のバジルソースなど、こういった“もう一工夫”も週替りカレーの楽しみの一つですね。

 ところで、今日でブログスタートから一週間が経ったわけですが、振り返るとカレーとラーメンばっかり紹介してますね。週に一度は南蛮亭に行くし、それが好きだから仕方ないんだけど、もう少し他のジャンルも意識して手を出していくことにします。

 肥後橋南蛮亭
 大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1階
 06-6444-2382
 11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:15) 土、日、祝休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天下一品白梅町店 モヤニラ炒め定食

▲モヤニラ定食(880円)。ラーメンは当然こってりで

 嵐電こと京福電鉄北野白梅町駅から西大路を挟んで今出川通を少し東へあるいたところにある、中華そば専門店「天下一品」白梅町店へ行ってきました。

 店に入ったのは土曜日の午後8時ぐらい。学生のほか家族連れのお客さんもいて、そこそこ賑わっていました。天下一品(以下天一)のラーメンについて今さら説明するまでもないかもしれませんが、このブログでは初登場ですし、関西圏以外では馴染みのない方も少なくないと思うので一応説明しますと、このラーメンラーメンであってラーメンではないシロモノです。以前にやっていたラーメン専門ページでは、「これはラーメンではない。天一なのだ。『今日ラーメンが食べたいなぁ』という気持ちでは天一へ行かないし、行ってはならない。『今日は天一が食べたいなぁ』と思って初めて、体が天一を食べる体制を整えるのだ」なんてことを書いたりもしましたが、まさにそういうラーメンなのです。あの、コーンポタージュもかくやというべき濃厚なこってりスープに、初めて食べた人はすべからくカルチャーショックを受け、そしていつの間にか中毒にも似た愛着を持ってしまうのです。

 因みに天一には普通の醤油系ラーメンスープの「あっさり」もありますが、友人たちと天一に行っておもむろに「あっさり」を頼むと、「お前、何のために天一に来てるんや」という怪訝な表情をされるので、「あっさり」(というか「こってり」以外のメニュー)を食べたい気分の時は、事前に「今日は『あっさり』って気分やなぁ」などと独り言を呟いて、それとなく友人たちに認知させておく必要があります。いやこれ、冗談みたいですが関西の学生では割と普通のことですよ。

▲定食のモヤニラ炒め。単品だと350円。その値段でもお得感を感じるボリュームだ ▲フリートッピングのキムチ。それほど辛くはない

 さて、天一の説明はこれぐらいにして、白梅町店です。全国に展開する天一は直営店とフランチャイズがあるのですが(直営店は京都市内に数テンポあるだけなので、基本的にはフランチャイズ店)、フランチャイズの場合はオリジナルのセットメニューや一品メニューが豊富なことが特徴です。この白梅町店もそうで、今回は初めて見るメニュー「モヤニラ炒め定食」(880円)を頼みました。

 ラーメンより一足先に来たモヤニラ炒め。名前の通りモヤシとニラを炒めた簡単な料理ですが、これが意外と当たりでした。写真ではちょっとわかりにくいですが、これ、肉がかなりたくさん入ってるんですよ。下の方は肉だらけと言ってもいいかもしれません。その肉も挽肉などではなく、おそらくはラーメンに入れられているチャーシューのカス肉なので、味がついていてジューシー。いや、これはごはん何杯でもって感じのおかずでした。

 ラーメンは大きめのチャーシューが2枚。これは天一の平均値からすると多いですね。また、テーブルにはフリートッピングとしてキムチが置かれており、これもポイントが高いです。ラーメン並盛り単品の料金も600円で直営店の630円よりも安い上、学割をきかせればさらに50円引きとお得。

 と、ここまではいいことづくめなのですが、気になる点もチラホラ。一つはラーメンスープの濃度。ハッキリ言って薄いです。天一初心者の人なら、逆にこれくらいの濃度がちょうどいいのかも知れませんが、先に書いたように『天一を食べるぞ』と思ってやって来た客からすると物足りません。また、器が事前に温められていない、麺の湯切りが甘いといった点も残念でした……とは、同行した天一マニアのいわとびさんの談。僕もスープの薄さには気付きましたが、他の2点についてはそこまで比較して食べていなかったので、よくわかりませんでした。

 店内は暗めの照明で、屋台っぽい雰囲気を出しています。駐車場は店の西側にあるのですが、看板が見にくく少し分かりづらかったです。

 天下一品 白梅町店
 京都市上京区今小路通御前西入ル紙屋川町1049-20
 075-463-6606
 10:00~26:00 木曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Bali 日替わりカレー(チキンステーキ)

▲日替わりカレー(750円)。この日はチキンステーキカレー

 御池通の地下街、Zest御池のカレー専門店「Bari」へ行きました。店があるのは地下街の西端、お好み焼きの「風月」の向かい側です。

 午後5時までランチタイムメニューとして日替わりカレーを出しており、注文したのもそれ。今日はチキンステーキカレーでした。カレーのルーは具が全て溶けてしまい、一見するとサラサラのようにも見えますが、思っていたよりも濃厚でトロミがあります。最初に見た時はあまりに淡泊な見た目に驚かされましたが、コクも深くライスとの絡みも良いものでした。

 辛さは一番辛い「大辛」にしたので十分に感じられました。とはいえ、南蛮亭のチキンカレーを10としたら3ぐらいの辛さなんですが(南蛮亭が異常なんだが)。日替わりトッピングの鶏モモ肉のソテーは柔らかく、噛むと中から肉汁が溢れるジューシーさ。付け合わせは福神漬けとポテトサラダです。

 この「Bali」は、本店が四条河原町にあるそうです。なんでも70年以上続く京都でも指折りの老舗カレー店だとか。こうした普通のカレーだけでなく、きちんとしたインドカレーのセットの方がメインのようで、Zest店もディナーにはそうしたメニューが並んでいます。これはまた夜に食べに行かないとなりませんな。

 ランチ後のコーヒー(または紅茶)は150円ということで、喫茶店としても使い勝手が良いですね。

 Bali
 Zest御池内
 075-256-4619
 11:00~22:00(LO/21:00)

 ※現在は「カレー料理の店 白川」になっています。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。