スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

麺屋 えぐち 中華そば

▲店舗外観

 江坂にある行列の出来るラーメン店「麺屋えぐち」へ行って来ました。これまで仕事の途中で何度か前を通りかかっていたのですが、並んで食べるほどの時間的余裕がなく、今回は休日にしっかり並ぶ覚悟で訪問。日曜日の午後1時過ぎにやって来たのですが、この日は殆ど外待ちなし。15分ほどは待ちましたが、店を出た時には外待ち0人という状態でした(なので外観写真もしっかり撮れました)。

 店内は入った左手が厨房とカウンター席。右手に基本相席のテーブル席が1卓と小ぢんまりしたもの。メニューは「中華そば」と「つけそば」の2種類。今回は「中華そば」を頼みました。

▲中華そば(650円)

 シンプルなルックスは、まさに「中華そば」といったもの。スープは地鶏と魚介に昆布を効かせた清湯で、あっさり風味たげれどもコクが深い。じんわり染みる味わいに、しばしレンゲでスープだけをすくってしまいます。気が付くと3割くらいはそうやって飲んでいたような。本当に美味いスープでした。

▲細縮れ麺

 麺はやや縮れの入った細麺で、スープをよく吸った刻み白ネギと絡めて食べるのが美味しかったです。トッピングはチャーシュー、海苔、シナチクとシンプル。脂が程よく乗ったチャーシューは、見た目よりも食べごたえがありました。

 ガツンと来る分かりやすいパンチではなく、じんわり美味さに浸るという一杯。こうしたラーメンで行列が出来るというのは、作る店主さんはもちろんですが、常連さんもラーメンが本当に好きな人が多いんだろうなと思いました。ごちそうさま!

 麺屋 えぐち
 大阪府吹田市江坂町1-4-20 地図
 06-6338-0077
 平日11:00~15:00、18:00~23:00(日曜22時まで、売切れ次第終了) 月曜定休(祝日の場合は営業し、翌火曜休み)

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン虎と龍 江坂緑地公園店 若鶏唐揚セット(しっかり久留米系ラーメン)

▲店舗外観

 仕事で豊中市の寺内あたりに行った帰り道、北大阪急行沿いを少し歩いて「ラーメン虎と龍 江坂緑地公園店」へ行って来ました。フランチャイズ展開する「虎と龍」、以前ブログで紹介したのは2009年4月の京橋店でした(当時は京橋南店と表記)。それから2年以上が経ち、店舗数は関西を中心に20余りにまで増えています。

 訪れたのは平日の午後3時前。店舗前の看板に午後3時までのサービスタイムセットが掲げられていたので(営業自体は通し営業)、ギリギリのタイミンクでしたがその中から「若鶏唐揚セット」を頼みました。ちなみに3時を少し過ぎてから入ってきた客にも、サービスセットは提供されていたので、ある程度時間的な融通はきかせてくれそうです。

▲とんこつラーメン(単品580円)

 ラーメンは“しっかり”濃厚な久留米系スープと、“あっさり”ライトな博多天神系の2種類から選べます。今回は久留米系を頼みましたが、乳白色のスープはベタつかない程度に濃厚で、比較的飲みやすいスープでした。濃厚な博多系と言えば、上新庄の「天神旗」などが挙げられますが、そこからするとだいぶライトだと思います。

 ネギ、キクラゲ、チャーシュー、ハーフ卵がデフォのトッピング。胡麻と紅生姜は自由に入れられます。

▲セットの唐揚げ

 揚げたてで出てくる唐揚げはジューシー。セットのごはんは大・中・小どれでも同じ値段なので、大で頼んでフリーの高菜をたっぷり載せて頂きます。

▲ごはんの上に高菜を載せて

 「虎と龍」の高菜は味付けが、辛すぎず濃すぎず薄すぎず、個人的には丁度良い味加減です。ごはんの上に載せても美味しいし、ラーメンと絡めて食べても美味しいですね。

 店はログハウス的な外観と内装で、ラーメン屋らしからぬところも特徴。店員さんも気さくな感じで、また来たいと思わせます。ごちそうさま!

 ラーメン虎と龍 江坂緑地公園店
 大阪府吹田市江坂町4-17 地図
 06-6338-3099
 11:00~26:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん武双家 特製らーめん

▲店舗外観

 阪急千里線関大前駅から関大へと向かう道の途中に今年初めオープンしたラーメン屋「武双家」へ行って来ました。屋号からも分かるとおり、こちらはいわゆる家系ラーメンの店。関西ではまだそれほど多くないジャンルなので(先日京都の名店「紫蔵」も閉店してしまいました)、仕事で千里まで行った帰り道に途中下車して食べて来ました。

 訪ねたのは平日の午後5時半頃。関大は新学期直後ということで人がとても多かったですが、新歓コンパなどへ向かう学生は多いものの、この時間からラーメン屋という選択肢は少ないのか、L字型カウンター席のみ15席ほどの店内は、僕を含めて客は数人だけでした。

 メニューは家系ラーメンのみ。そこに各種トッピングが足されていくバリエーションです。トッピングもチャーシュー、煮玉子の他、板海苔、キャベツ、ホウレン草など家系らしいものがそろっています。今回はその全てが載った「特製らーめん」をお願いしました。

▲特製らーめん(800円)

 しばし待ってやって来た「特性らーめん」。注文時に麺の固さや味の濃さ、鶏油の量を細かく設定できますが、初めてなのでいずれもデフォルトでお願いしました。賑やかなトッピングが、クリーミーなスープの色合いとマッチしています。スープは家系らしいトロミのある豚骨醤油に鶏油が入ったものです。トロミ自体は抑え目ですね。鶏油はデフォでは強さはないので、こってり感が欲しいのなら、多めで注文するといいでしょう。

▲キャベツは海苔の裏に

 トッピングは家系らしいものばかり。キャベツは海苔の裏にしっかり盛られています。このシャキシャキ感と、濃い目のスープの相性は、やっぱり抜群です。海苔も麺に絡めて食べて美味しいものです。

▲チャーシューと煮玉子

 チャーシューは厚めで肉の味をしっかりと感じさせます。煮玉子は半熟加減が絶妙で、濃厚な黄身が良かったですね。

▲麺は家系御用達の酒井製麺

 麺は極太のストレート麺で、短めに切られています。作っているのは家系御用達の酒井製麺。カウンターからしっかり箱が確認できましたが、あれは見えるように置いてあるんだろうな。

 また、学生街らしくラーメン注文の場合はライスが無料でついてきます。当然僕もそれを頼んだのですが、その量がしっかり大盛りでした。もちろん食べられましたが、本当は久々に「諭吉」へハシゴしようと思っていたのを、断念せざるを得なくはなりました(笑)。

 なにぶん本場の家系というものを食べたことがないので偉そうなことは言えないのですが、濃い目スープでの太麺ガッツリ、ライスも無料で付いてくるという形式は、学生街では人気となることでしょう。ごちそうさま!

 らーめん武双家
 大阪府吹田市千里山東1-6-16 THプラザビル105 地図
 06-6368-6662
 11:00~15:00、17:00~21:00 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

松阪牛麺 大龍軒 松阪牛麺&松阪牛あぶら味噌ごはん

▲店舗外観

 吹田市にある「松阪牛麺 大龍軒」へ行ってきました。昨年8月以来2度目の訪問ですが、前回は夜の訪問。今回は昼営業が始まってすぐの時間帯にやって来ました。

 店に入ってすぐ右手の券売機で食券を買っていると、店員さんから「今日はお車でお越しですか?」と聞かれました。この時は千里中央から歩いてきたので「いいえ」と答えると、近くの別店舗に駐車していないか確かめていたとのこと。店の外にも目立つ貼り紙がありましたが、人気店となってそうした苦情も増えてきたようです。店の前の通りは時間帯によっては路駐OKなので、近くのコンビニや店舗の駐車場に停めるのは避けましょう。

 で、今回頼んだものは、「松阪牛麺」と「松阪牛あぶら味噌ごはん」と、前回と全く同じ組み合わせ。前回食べ逃した「ユッケ丼」、売り切れとかではなかったのですが、なんとなくスルーです。

▲松阪牛麺(1000円)

 やって来た「松阪牛麺」。松阪牛の赤と水菜の緑のコントラストが鮮やかですね。写真を撮ったら、油かすがたっぷり入ったスープを丼に注いでいきます。

▲スープを注ぐと松阪牛の色が変化

 魚介の風味が香るスープを注ぎ、シャキシャキの水菜と絡めて麺を啜ります。全粒粉の細ストレート麺というのは一緒ですが、使用している麺自体は前回から変更したとのこと。より小麦の風味が伝わる美味しさがあり、あっさりスープともよく合います。

▲全粒粉細ストレート麺

 大き目の薄切り松阪牛はスープを吸ってもやわらかく、至高の味わいです。が、このラーメンの醍醐味はやはり油かす浮くスープでしょう。松阪牛という主役に中央を譲りながらも、確固とした個性を出しています。次回はそれがより分かるであろう「松阪牛かす麺」を食べてみるとしましょう。

▲松阪牛あぶら味噌ごはん(350円)

 「松阪牛あぶら味噌ごはん」は、濃厚な味噌の味が食欲をそそる一品。やわらかく炊かれたゴボウも美味しく、紅生姜のアクセントもバッチリです。ごちそうさま!

 松阪牛麺 大龍軒
 大阪府吹田市津雲台7-5-1 地図
 050-1306-2875
 平日11:30~14:30、18:30~21:30(日曜は21時まで) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

チキンカレーの店 タンダーパニー チキンカレー中盛

▲店舗外観

 阪急千里線関大前駅東口から線路沿いを北へ進んでいったところにあるカレー専門店「タンダーパニー」へ行ってきました。

 今年でオープン20年目を迎える店は、インド国旗のカラーで彩られた屋根が特徴的。そして店の手前20メートルくらいから、かなり強いスパイスの香りが漂ってきます。まあ、風向きもあったのでしょうが、この誘引効果はすごいですね。僕なら店を知らずとも自然と扉を開いていたでしょう。

 メニューはナンやサモサといったサイドメニューはあるものの、カレーはチキンカレー一種類のみ。そのサイズが小盛から特大まで5段階あります。今回はその真ん中の中盛をお願いしました。

▲チキンカレー・中盛(800円)

 店内はカウンターのみで、落ち着いた雰囲気は喫茶店のよう。しかし漂うスパイスの香りは強く、カレー専門店以外の何ものでもありません。殆ど待つことなく出てきた「チキンカレー」は、ターメリックライスの黄色も鮮やかに、骨付きチキンが2本並んだもの。中盛ですが、普通の店なら十分に大盛りサイズのボリュームです。

 カレーはスパイシーさと同時に、かなりコクを感じさせます。全体としてはサラッとしたインド系カレーなのですが、そのコクゆえに濃厚さが残るんですね。野菜類は大部分が煮溶けていますが、その旨みは十分に感じられます。
▲玉ネギスライス

 カレーと同時に出してくれた玉ネギスライス。後半はこれを混ぜて食べていったのですが、これが絶妙なマッチング。シャキシャキという食感と、玉ネギの辛み甘みが非常に良いアクセントとなるのです。

 骨付きチキンはスプーンで簡単にほぐせる軟らかさで、食べるのに苦労はしません。皮部分から肉、軟骨にいたるまで美味しく食べられ、玉ネギスライスとの相性もバッチリです。

▲ほぐしたチキンと玉ネギ、ライスを一緒に

 訪れたのがランチタイムから少しズレたタイミングだったこともあり、店主さんとも色々話が出来ました。おそらく50歳くらいかなあというナイスミドルで、カレーにまつわる話もありましたが、世間話的な話題も豊富で楽しかったです。

 ちなみに当ブログで何度か紹介している西大橋の「ボナボナ」は、ここのカレーに憧れ、理想として作っています。カレーのスタイルはかなり似てますもんね。「ボナボナ」に初めて行った5年前から「一度行ってください!」とママさんから強く勧められていたのですが、ようやく食べることが出来ました。また今度「食べたよー」と報告に行かねば。

▲カレーの後にフルーツ小皿を出してくれるのも嬉しい

 会計時に、1500円という設定の「特大」について尋ねたところ、「今日食べたカレーの3倍くらい」と言われました。単純な質量で言うと約1.5キロほどあるそうです。むう、それはいかなカレー好きな僕とはいえ、おいそれと手を出せるものではないですねぇ。さすが学生街の人気店というところですが、しかしいずれは万全の体調で臨みたいところです。ごちそうさまでした!

 チキンカレーの店 タンダーパニー
 大阪府吹田市千里山東1-18-3 エリータ関大前1階 地図
 06-6387-0389
 平日11:30~14:30、17:00~21:00、日曜11:30~21:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

拉麺ノスゝメ 諭吉 魚介風味しょうゆらーめん・こってり

▲店舗外観

 仕事で近くに行くことがあり、今年4月にオープンした関大前の「拉麺ノスゝメ 諭吉」へ行ってきました。場所は阪急関大前駅から関西大学へと続く坂道の途中。坂を通る人の9割は関大生という中、店に入ると全て埋まった席は僕以外全て学生という客構成でした。

 ラーメンメニューは3種類。「こってり」が鶏白湯と魚介、「あっさり」鶏清湯と魚介のダブルスープのラーメンで、もう一つは「魚介風味つけ麺」。今回は「こってり」を頂きました。

▲魚介風味しょうゆらーめん・こってり(700円)

 スープは魚介の風味が感じられる鶏白湯で、クリーミー且つマイルド。脂はそれほど強くはなく食べやすいです。トッピングはチャーシューにシナチク、ネギ、アオサ海苔。アオサは多すぎるとその風味が他を圧倒してしまいますが、このくらいだと良いアクセントとなります。

▲自家製麺の中太麺

 麺は自家製のストレート中太麺。しっかりとした麺の歯ごたえを感じさせ、こってりとしたスープとの相性も抜群です。全体的なバランスとして「きんせい」系を彷彿とさせる、完成度の高い一杯でした。

 授業時間が近づいたためか、午後1時を過ぎたあたりから、それまで常の満席だった店内からは学生客が一気にいなくなりました。学生でない人は、そのくらいの時間から入店するのがいいかもしれません。次回は清湯のあっさりを食べてみようと思います。ごちそうさま!

 拉麺ノスゝメ 諭吉
 大阪府吹田市千里山東1-14-3 地図
 06-6368-8727
 11:30~14:00、18:00~21:30 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

松阪牛麺 大龍軒 松阪牛麺&松阪牛あぶら味噌ごはん&ユッケごはん

▲店舗入り口

 松阪牛。なんという甘美な響きでしょう。金持ちが常食しているというその肉は、庶民が食べれば余りの美味さに昏倒してしまうという……かどうかは知りませんが、とにかくブランド牛肉としては国内でも随一の知名度を持っているのは確か。その松阪牛を惜しみなく使ったラーメンがあると聞き、吹田の千里中央まで行ってきました。

 店の場所は大阪モノレール千里中央駅と山田駅の中間ぐらい。高速道路とモノレールの高架の南を沿って進むと、そこに「松阪牛麺」という看板が見えてきます。てっきりそのストレートな看板が店名かと思いましたが、店は本格派中華料理店みたいな「大龍軒」という名前です。

 店に入ったすぐ右手に券売機があり、友人と二人で何にするかひと思案。看板メニューの「松阪牛麺」は当然食べたいのですが、あぶらかすがたっぷり入ったという「松阪牛かす麺」や、夏季限定、自家製の松阪牛肉ラー油を使ったという「冷麺」も魅力的です。さらにサイドメニューも美味しそうで……悩んだ結果、初志貫徹。「松阪牛麺」を頼むことに。サイドメニューは「松阪牛あぶら味噌ごはん」を付けました。

 店内はカウンターのみで、厨房と相対するレイアウト。和風居酒屋とか寿司屋のような雰囲気です。店もオープンから1年余りと新しく、店員さんのハキハキとした対応とともに、さっぱりとした空気を感じます。

▲松阪牛麺(1000円)

 そしてやって来た「松阪牛麺」。白い器の中、水菜の鮮やかな緑色に囲まれて、生の松阪牛が鎮座ましましております。写真を撮り終えると、一緒に出てきた写真右のポットに入ったスープをドバッと一気にかけました。

▲熱いスープに浸されて色の変化をみせる松阪牛

 熱々のスープは目近節、鰹節、昆布を大量に使ったダシ感の強いもので、そこに松阪牛のあぶらかすがふんだんに入れられています。まずダシの風味がやって来て、すするとあぶらかすのコクを感じ、その後に再びダシの風味がぶわっと広がるという、なんとも素晴らしいスープでした。見た目では松阪牛のインパクトが強いですが、このスープの完成度の高さは、真の主役は俺だと主張しています。

 そうは言っても、もちろん松阪牛だって主役たり得るパフォーマンスを披露。スープに浸した松阪牛はレアチャーシューになっても軟らかく、ダシの効いたスープとの相性も抜群です。

▲麺は全粒粉使用の中細ストレート

 麺は全粒粉使用の中細ストレート麺を使用。噛めば小麦の風味を感じる麺となっています。水菜のシャキシャキ感とうまく絡んで、美味しく頂きました。

▲松阪牛あぶら味噌ごはん(350円)

 サイドメニューの「松阪牛あぶら味噌ごはん」です。あぶらかすと味噌、そして軟らかく煮込んだゴボウが絶妙な按配で和えられており、非常に完成度の高い一品。少し載せられた紅生姜が、見た目にも味にも良いアクセントを加えています。

▲ユッケごはん(650円)

 こちらは友人が食べていた「ユッケごはん」。一日限定10食の提供となっています。いつもは「一口食べる?」とか言ってもらえるのですが、今回は余りの美味さに文字通り言葉をなくしてしまい、その言葉がかけられることはありませんでした(笑)。まあ、僕も「あぶら味噌ごはん」分けてないので他人のこと言えませんが。

 松阪牛はもちろん、麺もスープもサイドメニューも全てが高いレベルにあった「大龍軒」。これは再訪必至です。そして次は「ユッケごはん」を食べなければ。ごちそうさま!

 松阪牛麺 大龍軒
 大阪府吹田市津雲台7-5-1 地図
 050-1306-2875
 平日11:30~14:30、18:30~21:30(日曜は21時まで) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |
| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。