スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

カレー ダイヤ トンカツカレー

▲店舗外観

 昨日の「蔵十」に引き続き、森小路シリーズ第5弾は京阪国道沿いにあるカレー専門店「ダイヤ」です。最寄り駅は京阪森小路駅よりも地下鉄谷町線千林大宮駅ですね。出口からすぐのところに店があります。ちなみに京阪も森小路駅よりは千林駅の方が近いので、帰りは千林商店街のアーケードを通って駅へと向かいました。

 店は昔ながらの喫茶店といった雰囲気。聞くところによると、もともと喫茶店だったのが、出していたカレーが評判となって専門店に移行したらしいです。訪れたのは午後7時過ぎで、半分くらいの席が埋まっていました。カウンター席に座ってメニュー表を吟味。トッピングが多彩でちょっと迷いましたが、オーソドックスに「とんかつカレー」を頼みました。愛想の良いおばちゃんが注文をコールし、寡黙そうなおっちゃんがカツを揚げていきます。

▲トンカツカレー(700円)

 やって来た「トンカツカレー」はスパイシーな香りが高い一品。おばちゃんに「写真撮ってもいいですか?」と訊ねると、「ええよー。あ、それやったらもう少しキレイに盛るんやったなぁ(笑)」と言われました。皿の横に少しはみ出たルーのことかな。

 ルーはかなりスパイシーで辛さもあります。激辛好きな僕は全然問題ないですが、苦手な人はちょっと大変かもという辛さ。サラサラとしたルーはライスによく浸透し、ところどころにある煮崩れた牛肉が良いコクを加えており、スプーンを取る手が止まりません。

 訪問前の下調べでは学生相手のボリューム重視店という印象でしたが(実際そういうバカ盛りメニューも多い)、思っていた以上のルーの美味さ、スパイシーさに舌を巻きました。

▲サクサク&ジューシーなカツ

 トッピングのトンカツの揚げ具合も良く、サクサクとした衣にサラサラのルーが染みこんでいき、食べるたびに違った食感となるのも楽しいですね。ライスは並で頼みましたが、それでもボリュームは多め。この内容で700円というのは良いコスパだと思います。

 学生向けのバカ盛りメニューには「トマホークカレー」という名前で、ライス600gにカツ2枚、コロッケ、エビフライというものもあるようです。うーん、それくらいなら腹減ってれば食べられるかな、と思うので、次回訪問時はそれでいきたいと思います。ごちそうさま!

 カレー ダイヤ
 大阪市旭区大宮2-27-17 地図
 06-6956-4074
 11:30~15:00、18:00~22:00 水曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:4 | BACK TO TOP |

うどん 蔵十 釜玉ゲソ天付き+チクワ天

▲店舗外観

 京阪森小路駅から歩いて10分ほど、大阪市旭区役所のすぐ近くにある「うどん 蔵十」へ行ってきました。「そらの星」「大醤軒」「イスタンブール」に続く森小路シリーズ第4弾となります。

 訪れたのは平日の午後6時半過ぎ。店内は入口側にテーブル席、奥に座敷席があるレイアウトで、和の雰囲気が漂う落ち着いた佇まい。夜の部が始まったところで、客は僕一人だけでした。メニューは豊富で色々と悩みましたが、「釜玉ゲソ天付き」にチクワ天も追加してお願いしました。

 注文後にうどんを湯掻くため、出てくるまでに10分ちょっとかかりましたが、やって来たそれを見れば待ち時間など大した問題でないと自然と思えます。

▲釜玉ゲソ天付き(790円)+チクワ天(120円)

 落とした卵はうどんが熱いうちにかき混ぜないと美味しさが減っていくため、写真を撮るのもそこそこに箸で混ぜていきました。混ぜるたびにうどんの香りがふわりと漂い、卵もいい感じに半熟に固まっていきます。そろそろと思ってうどんをすすると、確かなコシとモチッとした食感、伸びもあるうどんは想像通りの美味しさでした。

▲天ぷらのサクサク感も最高

 ゲソ天はゲソが軟らかく、チクワ天ともども衣のサクサクとした食感も合って食べやすい一品。半熟の卵と絡めて食べるのも美味しかったです。

 愛想の良い接客も気持ちよく、非常に居心地の良いお店でもありました。ちなみに「釜玉ゲソ天付き」+「チクワ天」だと合計910円ですが、「釜玉ちくわ天付き」+「ゲソ天」だと930円と微妙に値段が変わります。メニュー表は要熟読ですね(笑)。ごちそうさま!

 うどん 蔵十
 大阪市旭区中宮1-12-18 地図
 06-6957-9010
 11:00~15:00、17:00~21:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

# うどん 蔵十 釜玉ゲソ天付き+チクワ天

▲店舗外観

 京阪森小路駅から歩いて10分ほど、大阪市旭区役所のすぐ近くにある「うどん 蔵十」へ行ってきました。「そらの星」「大醤軒」「イスタンブール」に続く森小路シリーズ第4弾ですね(笑)。

 訪れたのは平日の午後6時半過ぎ。店内は入口側にテーブル席、奥に座敷席があるレイアウトで、和の雰囲気が漂う落ち着いた佇まい。夜の部が始まったところで、客は僕一人だけでした。メニューは豊富で色々と悩みましたが、「釜玉ゲソ天付き」にチクワ天も追加してお願いしました。

 注文後にうどんを湯掻くため、出てくるまでに10分ちょっとかかりましたが、やって来たそれを見れば待ち時間など大した問題でないと自然と思えます。

▲釜玉ゲソ天付き(790円)+チクワ天(120円)

 落とした卵はうどんが熱いうちにかき混ぜないと美味しさが減っていくため、写真を撮るのもそこそこに箸で混ぜていきました。混ぜるたびにうどんの香りがふわりと漂い、卵もいい感じに半熟に固まっていきます。そろそろと思ってうどんをすすると、確かなコシとモチッとした食感、伸びもあるうどんは想像通りの美味しさでした。

▲天ぷらのサクサク感も最高

 ゲソ天はゲソが軟らかく、チクワ天ともども衣のサクサクとした食感も合って食べやすい一品。半熟の卵と絡めて食べるのも美味しかったです。

 愛想の良い接客も気持ちよく、非常に居心地の良いお店でもありました。ちなみに「釜玉ゲソ天付き」+「チクワ天」だと合計910円ですが、「釜玉ちくわ天付き」+「ゲソ天」だと930円と微妙に値段が変わります。メニュー表は要熟読ですね(笑)。ごちそうさま!

 うどん 蔵十
 大阪市旭区中宮1-12-18 地図
 06-6957-9010
 11:00~15:00、17:00~21:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

欧風料理 イスタンブール ポークトルコライス

▲店舗外観

 前回紹介の尾道ラーメン「大醤軒」を出た後、そこから信号を挟んで西(駅と反対方向)へ50mほど行ったところにある欧風料理「イスタンブール」にも立ち寄ってきました。ここの名物は「トルコライス」。だから「イスタンブール」という店名なのかはわかりません。というか、そもそも「トルコライス」はトルコ発祥の料理ではないですしね。道路沿いのショウウィンドウサンプルには、ハンバーグやエビフライ、ステーキといった洋食も並んでいます。

 店内は4人がけのテーブル席が左右に並び、その奥に厨房があるレイアウトで、こぢんまりとしています。店に入ったのは午後7時半頃で、他に客は1組2人いるだけでした。注文はもちろん「トルコライス」。ただ、上に載るものの違いで「ポークトルコライス」と「エビトルコライス」に分かれます。どちらも惹かれますが、ここはオーソドックスにと「ポーク」でお願いしました。

 テレビなどで紹介されることも多い店で、壁にはレポートに来たと思われる芸能人のサイン色紙が何枚か飾られていました。誰のサインなんかなーなんて考えているうちに「ポークトルコライス」がやって来ました。

▲ポークトルコライス(750円)

 漂うデミグラスソースの香りは濃厚で、食欲をそそります。さっきラーメン食べたところなのに(笑)。スプーンで端を崩し、半熟気味の卵と絡めて口に入れると、香りだけでなく口当たりも濃厚まったりというソースの味が舌の上に広がりました。いやー、これは美味いわ。

 しかしソースと同等に素晴らしかったのが載せられたポークカツ。厚みはそれほどでもありませんが、全体の大きさは結構なもの。肉のジューシー感もさることながら、ソースを染み込ませた衣が美味い! いい油を使ってるんやろなーというのがわかる、揚げ物単体としてレベルの高いものでした。

▲揚げ方絶妙のポークカツ

 卵の中はみじん切りされた玉ネギと鶏肉が入ったケチャップライスで、小さいながらも鶏肉の旨みと歯ごたえをしっかり感じさせるあたり、なかなかのものです。こちらが薄味な分、デミソースの濃厚さとバランスがいいですね。

 このレベルのものが750円というのは、素晴らしいコスパです。しかし前回の「大醤軒」、そして「そらの星」と、僅か100mほどの範囲にいいお店が集まっていますね、森小路。さすが前おけいはんの名を冠する街。京阪電車に選ばれるだけの理由はあります(笑)。

 森小路では他にも2軒ほどピックアップしている店がありますので、近いうちに訪れてみるつもりです。ごちそうさま!

 欧風料理 イスタンブール
 大阪市旭区中宮1-12-22 地図
 06-6954-9301
 11:00~15:00、17:00~21:00 月曜定休(祝日の場合は翌火曜休)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

尾道ラーメン 大醤軒 尾道ラーメン・大

▲店舗外観

 京阪森小路駅から旭区役所方面へ歩いたところにある尾道ラーメン「大醤軒」へ行ってきました。この間紹介した新店・家系ラーメン「そらの星」から、さらに50mくらい進んだところにあり、こちらもオープン間もない新店のようです。

 尾道ラーメンと言えば、ご当地ラーメンブームの前から名を知られているラーメンですが、このブログで紹介したことがあるのは、広島に行った帰りに山陽自動車道小谷SAと福山SAで食べた2杯のみ。鶏ガラベースに魚介ダシを加えた醤油スープに背脂を浮かべ、麺は平打ちを使用というのが、僕の抱くオーソドックスな尾道ラーメンなのですが、さて「大醤軒」はどんなラーメンなのでしょう。

 店はコの字型のカウンターのみ12席ほどで、白を基調とした清潔感のある内装となっています。訪れたのは平日午後7時前でしたが、常連客らしい方ばかりで半分くらい埋まっていました。「何にしましょ?」と愛想良く迎えてくれた店のおばさんに「尾道ラーメン、大盛りで」と注文。奥の厨房にコールされると、店主さんが元気に応えていました。

▲尾道ラーメン(600円)+大盛り(100円)

 数分待ってやって来た「尾道ラーメン」は、とてもオーソドックスな見た目。スープを飲むと鶏ガラのスッキリとした味わいの中に、魚介系のダシを感じることが出来ます。たくさん浮いている背脂はとてもジューシーで、小さいながらスジ肉のようなギュッと締まる歯ごたえも感じられました。これまでは口の中で溶けてしまうような軟らかい背脂しか食べていなかったので、これは非常に新鮮な食感で美味しかったです。

▲麺は平打ちストレート

 麺はもちろん平打ちのストレート。しっかりとしたコシがある、美味しい麺でした。店では茹であげた麺に広島かき醤油をかけて食べるという「汁なしラーメン」というメニューもあり、それだとより一層麺の味を楽しむことが出来そうです。というか、隣のおっちゃんが食べててスゲーそそられた(笑)。

 トッピングは薄切りチャーシュー、シナチク、ネギ。歯ごたえのある背脂とは逆に、チャーシューは非常に軟らかかったです。シナチクは薄味、やや甘みのあるもの。ネギは細ネギでスープと脂にすぐ馴染み、シャキシャキの食感は余り残りませんでした。

▲丼を持ち上げやすい器

 あと、カウンター越しにラーメンを受け取るのですが、丼を持ちやすいよう上写真のような器に入れられています。これなら持って熱くないし、下皿みたいに不安定になることもありません。ナイスなアイデア商品ですね。

 まだ出来て間もないのですが、すっかり街に溶け込んだようで、来る客の殆どが近所の馴染みといった様子でした。会計後にスタンプカードももらい、愛想良く元気に「ありがとうございました!」と気持ちよく送り出してもらえ、寒い冬に心まで温まることが出来ました。とりあえず「汁なしラーメン」が気になるので、また訪れたいと思います。ごちそうさま!

 尾道ラーメン 大醤軒
 大阪市旭区大宮1-2-34 地図
 06-6955-6353
 11:00~14:00、17:00~20:00 日祝定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン そらの星 キャベツらーめん・中

▲店舗外観

 横浜家系ラーメン。全国的には有名な、ラーメンの一大ブランドではありますが、関西ではその専門店というのが意外に少ないです。このブログで紹介した中では、京都一乗寺の「紫蔵」、さらには少しアレンジがありますが白川通りの「黒田屋」あたり。以前は京都拉麺小路に「壱八家」がありましたが、今は既にありません。

 そんな中、今年10月に大阪市旭区の千林大宮に開店したのが「ラーメン そらの星」。店の看板に「横浜生まれのトンコツらーめん」と大書きした、家系ラーメン専門店です。個人的にはその下に「ライス無料」と書いてあるのが好感度アップです(笑)。

 場所は地下鉄谷町線千林大宮駅から、大阪旭郵便局の交差点を区役所方面へ曲がったところ。僕は京阪森小路駅の西改札を出た道をひたすらてくてく歩いて行きました。だいたい5、6分といったところですかね。訪れたのは平日の午後7時過ぎで、カウンターのみの店内は他に客は一人いるだけでした。入り口近くの券売機で「キャベツらーめん・中」の食券を買い、カウンター越しに手渡しました。

▲キャベツらーめん・中(800円)

 待つこと数分で出てきました「キャベツらーめん・中」。看板通り、無料でライスと漬け物が出てきます。ビジュアルはガッチリ家系です。こってりとしたスープに、チャーシューとホウレン草、大判海苔を丼の縁にあしらっています。キャベツを家系ラーメンで追加したのは初めてだったのですが(そういうトッピングをしている家系を食べたことがなかった)、あのこってりとしたスープには合うだろうなぁと思い加えてみました。

 スープはかなり脂を感じるコッテリ系。濃厚な味わいで、「紫蔵」と比べると醤油のエッジが強い印象です。この味はごはんが進みます。無料で茶碗一杯出してもらえるのですが、券売機に単品ライスはないんですよね。有料でいいのでおかわりさせてもらえたらと思いました。

 麺は家系のスタンダード酒井製麺の中太ストレート麺。しっかりとした噛みごたえを感じられる麺で、こってり濃厚なスープとよく絡みます。ちなみにサイズは並が麺1玉、中で1.5、大で2玉となり、それぞれ100円ずつアップしていきます。

▲麺は酒井製麺の中太ストレート麺

 チャーシュー、ホウレン草はデフォルトの量はややボリューム感に欠けますが、スープを染み込ませて美味しい一品です。キャベツはどっさりと盛られており、その歯ごたえと甘みがトロミある濃厚スープとよく合っていました。初めて食べた組み合わせでしたが、これはアリですね。

 関西では貴重な家系ラーメン店。まだまだ知名度が足らないのか客足は鈍いようですが、大将もすごく謙虚で愛想の良い方でしたし、今後も頑張って欲しいです。ごちそうさま!

 ラーメン そらの星
 大阪市旭区大宮1-7-25 地図
 06-6954-7730
 11:00~21:00 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |
| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。