スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

中華料理 栄成軒 黒酢酢豚定食

▲店舗外観

 午前中に南方で仕事があったので、昼飯はこのへんでと探していたときに目に留まったのが、今回紹介する中華料理店「栄成軒」です。阪急南方駅からは、北西方向にありますね。訪れたのは平日の午前11時半頃。既に先客がボチボチいましたが、直後から近隣で働くサラリーマンたちがどっと押し寄せ、テーブル席20席ほどの店内は、相席込みでほぼ埋まってしまいました。

 ランチタイムは日替わりで3種類のランチメニューがあるほか、麺料理とのセットも定番であるようです。全て750円で、僕は「黒酢酢豚」を頼みました。br>
▲黒酢酢豚定食(750円)

 それほど待つことなくやってきた定食は、メインの酢豚の他にライス、卵スープ、鴨ロース、漬物が付いています。鴨ロースは日によって変わるのかもしれませんが、メインにもう一品何か付くのはいつもみたいですね。

 酢豚は一口大の唐揚げ豚肉がサックリとした衣の食感をまだ残しており、黒酢あんのさっぱりながらトロミある味とベストマッチ。ピーマン、玉ネギ、人参も一口大サイズで、素材の甘みがしっかりと出ています。美味い!

▲鴨ロース

 鴨ロースはしっとりとした食感と、そこから染み出るジューシーな旨味がよい一品。こちらをメインに食べたいくらいです。

 ランチはコスパの高さを見せる店ですが、夜も同じくリーズナブルに本格中華料理が楽しめるとのこと。機会があれば、色んな料理を楽しみたいですね。ごちそうさま!

 中華料理 栄成軒
 大阪市淀川区西中島4-7-30 地図
 06-6304-2251
 平日11:00~14:30、17:30~23:00 日曜は夜のみ営業 無休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) スパイシーチキンカレー

▲店舗外観

 十三の個性的なカレー店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。しばらく行ってないなぁとは思っていたのですが、ブログを見返すと2月下旬以来なんですね。約4ヶ月のご無沙汰です。

 訪れたのは平日の午後6時前。通し営業なので問題なく入れます。店にはまだ他の客はおらず、入るとマスターに「お久しぶりですね」と笑顔で言われました。席に着いて、いつもは迷う注文を即断し「スパイシーチキンカレーお願いします」と一言。即断したのも当然で、このメニューをもってレギュラーメニュー全制覇となるからです。

▲スパイシーチキンカレー(800円)

 うーん、盛り付けからして素晴らしいですね。黄色いターメリックライスの上に、トマトベースの赤いルーがかけられ、炒めたシシトウの緑が3本鮮やかにラインを引いています。山の頂には鶏肉が盛り付けられ、パラリとかけられた胡麻が個性的です。

 「スパイシーチキンカレー」は、6種類あるメニューの中で最も辛い「5辛」表記となっています(辛さはスパスパ独自基準)。次に辛いのがポークシュリンプキノコの3辛なので、かなり突出した辛さであることがわかるでしょう。一口食べると、確かに辛いです。悶絶するようなことはありませんが、辛いのが苦手な人は遠慮した方がいいくらいの辛さではあります。

 しかし、辛い以上に美味いと思わせるのがスパスパの技量。トマトは形こそ残っていませんが、その酸味はしっかりと効いており、煮込まれた豆類ともベストマッチです。

▲鶏肉

 メイントッピングとなる鶏肉は表面がカリッと焼かれており、噛めばその旨味がしっかり染み出てきます。ルーと混ぜ合わせて食べると「やっぱりトマトベースのカレーにはチキンが合うなぁ」と思わされます。じんわり額に浮き出た汗は、やがて滴となって頬を伝わるほどになりましたが、その汗を拭く間も惜しいくらい、ガツガツと一気に食べ切ってしまいました。

 食べ終わった後は、いつも通りマスターとグルメ談義。この時は、マスターが高速1000円が終わる直前に行ったという、香川県へのうどんツアーの話と、「なんか面白そうだったんで」と買ったメガ盛り店特集の雑誌をネタに小一時間話していました。あの店はどうだったとか、この店は行ってみたいとか、そんな楽しい時間を過ごしたのですが、問題が1つ。
 
18~19時という時間帯にも関わらず、客が誰も来ねぇ!

 「まー、昼はたくさん来てくれるんですけどね。夜はこんなもんですよ」とマスターは言いますが、やっぱり惜しい。絶品カレーの数々、いまにきっと大人気店になると踏んでいるので、いまのうちに食べに行くのが吉と思います。狙い目は夜営業ですよ!

 あと、最近は限定メニューも時々やっているようです。少し前にはソーセージカレーみたいなのをやっていたそうで、「近いうちにアサリを使ったカレーを出すつもり」とも言ってました。次からは2周目に入るわけですが、限定メニューも抑えないとね。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

中華そば 鍾馗(しょうき) 中華そば+半ヤキメシセット

▲店舗外観

 とある平日、三国近辺で仕事が終わったので、以前から気になっていた店へ行こうと阪急三国駅から歩き出しました。駅近くから続くアーケードの商店街を抜けると、さっきまで降っていなかったのに土砂降りの雨。引き返そうかとも思いましたが、それもなんだか癪なので、近くのスーパーでビニール傘を買って目的の店へ。そうして歩くこと15分程で到着したのが「中華そば 鍾馗(しょうき)」です。

 看板の類に電気がついておらず「土砂降りの中やって来て臨時休業か!」と焦りましたが、普通に営業していました。店はL字型カウンター7席ほどと小さく、厨房もそれに対面する形でコンパクト。メニューも「中華そば」と「ヤキメシ」だけで、実にシンプルです。この日は「中華そば」を大盛りで頼み、「半ヤキメシセット」を追加しました。

 しばらくの間、客は僕1人で、強まる雨の音と、ラジオから聞こえるナイター中継をBGMに、黙々とラーメンを作る店主さんという絵が、なんとも風情があっていい感じでした。ちなみに店名の「鍾馗」は道教の神様で、その絵姿は邪気を祓うとして魔除けなどに使われているそうです。戦国武将の本多忠勝や前田利家らが旗印に使用したほか、大日本帝国陸軍の二式単座戦闘機の愛称にもなっています。この戦闘機を設計した糸川英夫は、昨年奇跡のミッションを成功させた小惑星探査機「はやぶさ」の目的地「イトカワ」の名前の由来となった人物です。このうんちくのどこかに店名の由来があるかどうかは分かりません(笑)。

▲中華そば(500円)+大盛り(100円)

 やって来た「中華そば」は、実にシンプルな見た目をしています。醤油系のスープに2枚のチャーシュー、ネギとシナチクというトッピングは、王道と言っていいルックスです。あとはナルトでも載っていれば完璧ですね(笑)。スープはやってきた時からふわり香る魚介の風味が素晴らしく、啜ると昆布の甘みも広がります。麺を食べる前に、数回スープだけをレンゲで啜ってしまうほど、完成度の高いものでした。

▲自家製の太ストレート麺

 麺は自家製の太ストレート麺で、モッチリとした歯ごたえが心地よいものでした。軟らかめではあるのですが、旨味の凝縮されたスープによく合った、いい麺です。

▲半ヤキメシ(200円)

 ラーメンとセットで200円で食べられる「半ヤキメシ」は、半分でも結構なボリュームです。ネギと端肉がたっぷり入り、そして卵もかなり使われています。ふっくらとした仕上がりで、塩・胡椒のみの味付けながら、美味しいヤキメシでした。

 今回は大盛りなので600円でしたが、並がワンコインというのは、内容を考えると凄まじいコスパの良さだと思います。半ヤキメシとセットで食べればボリューム面でも死角はなく、逆に「こんな安くていいんかな」と心配になるくらいです。ホッと安心して食べられる味と店の雰囲気は、また近いうちに来たいと思わせるに十分でした。ごちそうさま!

 中華そば鍾馗
 大阪市淀川区東三国6-16-5 STYLE VIEW東三国1階 地図
 平日11:30~15:00、17:00~21:00、日曜11:30~15:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

博多とんこつ 天神旗 若塩とんこつ&高菜ごはん

▲店舗外観

 仕事帰りに上新庄で途中下車して向かったのは、10ヶ月ぶりとなる「博多とんこつ 天神旗」。同系列の「大鶴製麺処」「謹製 親富孝」には行っていたんですが、こちらは久々。本格的な博多豚骨ラーメンを食べて来ました。

 前回は「老醤油」を頂きましたので、今回は逆をいって「若塩」を注文。しかし今年からスープの作り方が変わったようで、これまでのように老スープと若スープを別々にして出すのではなく、それをミックスした割合で「老」と「若」を出しているようです。

▲今年からの新製法を図解

 訪れたのは平日の午後8時前でしたが、僕が入ってちょうど満席(少しだけ外待ちした)という混み具合で、それは店を出るまでずっと続いていました。そんな中、カウンター席で待つこと数分。「若塩とんこつ」がやってまいりました。

▲若塩とんこつ(650円)

 無料トッピングの「のり」を今回は付け忘れました。スープは豚骨である以上“あっさり”ということはありませんが、老スープに比べると喉越しは軽いというかスッキリとした印象です。しかしもちろん、ライト豚骨といったものではなく、豚骨自身の旨味やコクはしっかり感じられます。舌や唇へべったりと脂がつくわけではないので、女性はこちらの方がいいのかもしれません。

▲極細ストレート麺とチャーシュー

 麺は極細ストレートで、この日は「かため」で注文。麺と麺の間でしっかりスープを絡め取る、博多ラーメンらしいものです。写真は省きますが替玉(100円)もしています。チャーシューはやや甘めの味付けがされたもの。キクラゲ、ネギ、胡麻もたっぷり盛られていて、なかなか食べ応えがあります。

▲高菜ごはん(ラーメンとセットで+250円)

 セットで頼んだ「高菜ごはん」。ごはんも高菜もボリューム多目で、ラーメン替玉まで食べ切ったら腹一杯でした。高菜は辛さは控えめ、味も控えめで、麺やスープの風味を壊さない、あくまで脇役的な味付けがいいですね。

 久々でしたが、今回もレベルの高い一杯で大満足です。ごちそうさま!

 博多とんこつ 天神旗
 大阪市東淀川区上新庄3-19-87 地図
 06-6324-0104
 11:00~14:30、18:00~24:30(日祝~23:30) 火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) なすとほうれん草のカレー

▲店舗外観

 十三の絶品カレー店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。上の写真は夜ですが、今回は久々に昼営業に訪れました。いつもは十三駅から歩いて向かうところ、「一度行きたい!」と言っていた友人と一緒に車での訪問。駅前なのでコインパークはいたるところにあるので、特に停めるのに苦労はしませんでした。

 訪れたのは日曜日の正午前。3人でやって来たのですが、なんと店内は満席! 15分ほど外待ちしましたが、お客さんがいっぱいなのはいいことです。やがて空いた奥の席に座り、今回は未食メニューの「なすとほうれん草のカレー」をお願いしました。ちなみに友人は同じく「なすとほうれん草」、もう一人は「スパイシーキーマ」を頼んでいました。

▲なすとほうれん草のカレー(800円)

 辛さは5段階中2なので、それほど強くはありません。ナスは輪切りして火を入れたものが、真ん中に円形に並べられています。ホウレン草はペーストとまではいかない、非常に細かく刻まれたものがルーの中に入っていますね。

 ジャガイモやニンジン、豆などがルーの中にたくさん入っており、家庭的なテイストが感じられる食感。しかし、スパイスのエッジもしっかり効いているため、この店らしさも感じられる味わい。振りかけられた胡麻もいいですね。

▲付け合せのもやし

 ピクルスの代わりに添えられている、付け合せのもやしはさっぱりとした酸味と、シャッキリとした歯ごたえでいいアクセントになります。これをアテにビール飲んだりというのも、いいでしょうね。

 この日はお客さんが多かったこともあって、店主さんとのお話は少しだけ。それでも気さくに話しかけてくれ、ありがたかったです。さて、これで残る未食メニューは店の看板メニューでありもっとも辛いと表示されている「スパイシーチキンカレー」だけとなりました。近いうちにコンプリートしてきたいと思います。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) スパイシーポークカレー

▲店舗外観

 十三のオリジナリティ溢れる絶品カレー店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。前回訪問から約2週間という短いインターバル。今回も夜営業の訪問です。

 午後8時過ぎに訪れると、「あれ、いつもと感じが違いますね」と言われました。そういや今まではスーツ姿で来てましたが、この日は仕事帰りではあるもののラフな格好。「今日は何にしましょうか」と尋ねられ、残る未食メニューの中から選んだのは「スパイシーポークカレー」です。

 早速奥の厨房で調理を始める店主さん。ふとカウンターテーブルに目をやると、前回はなかったメニュー表が。記されているメニューはこれまでと同じですが、そこに辛さ表記が追加されていました。「h」が多いほど、辛い=HOTということですね。これまでも注文の前に一通り説明はしてくれましたが、こうして視覚的に表すとわかりやすくていいですね。

▲辛さ表記が加わったメニュー表

 となると今回の「スパイシーポークカレー」は3hですから、店としては中くらいの辛さとなりますね。

▲スパイシーポークカレー(800円)

 やって来た「スパイシーポークカレー」は、トマトベースのルーで名前の通りしっかりスパイシー。野菜とともに豆が煮込まれており、その食感も楽しめます。

 豚肉は一度角煮風にした後、焼き目を入れて香ばしさを加味したものを後載せしています。カリッとした表面の食感と、中のトロッとジューシーな感じが、酸味のあるスパイシーなカレーとよく合っていました。前回食べた「スパイシーキーマカレー」と同様、煎りゴマも振りかけられており、オリジナリティを感じさせる風味となっています。

 ちなみにこの日も前回と同じく他に客が来ず、50分ほど話し込んでいました。今回はカレー談義もそこそこにB級グルメ談義に入り、そこから僕の故郷である静岡のおでん文化の話へ突入。さらに僕と店主さんが同年代だったことから子供時代に通った駄菓子屋、そこにあった怪しげなお菓子やゲーム、そのローカルルールなんかを駄弁っていました(笑)。おかげでカレーの写真、最初の一枚しか撮ってないです。ポークのアップとか撮っておけばよかったなと後悔してしまいますが、まあそれはまたの機会に。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) スパイシーキーマカレー

▲店舗外観

 十三駅から北へ徒歩5分ほどの場所にある「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ三度目の訪問です。今回は初めて夜営業にお邪魔しました。

 平日の午後6時半くらいに訪れ、客は僕一人。今回は「スパイシーキーマカレー」をお願いしました。注文後に一杯ずつフライパンで作っていくので、調理を始めるとスパイスの香りがより一層、ふわっと店中を漂います。

▲スパイシーキーマカレー(800円)

 挽肉をふんだんに使ったキーマカレーで、外見はドライカレーっぽいです。メニュー名にスパイシーとあるだけあって、多層的なスパイスの香りがやって来て食欲をそそります。その中で一つ目立つのが煎り胡麻の香り。カレーに胡麻という組み合わせも珍しいですが、刻みネギとともに和のテイストが加わり、これが良いアクセントとなっていました。

 辛さは普通で、前回頂いた「シュリンプカレー」よりも控えめです。真ん中には生卵が載せられており、それを崩し絡めて食べると、コクが出て食感も変わり、最後まで飽きさせません。付け合せのもやしとのバランスも良く、あっという間に食べ切ってしまいました。

▲生卵と絡めてトロリ食感で食べるのも美味

 食べ終わったところで、店主さんから「前は何を食べられましたっけ?」と声をかけて頂きました。以前にも多少お話をさせてもらっており、久々の訪問でも顔を覚えてもらっていたことが単純に嬉しいですね。「前はシュリンプ、その前はきのこカレーです。今日で3杯目ですね」と言うと、「どれが一番でした?」と難しい質問。正直、どれも大好きなのですが、海老のトッピングが他店にないものだったことが印象的だったシュリンプカレーを挙げました。

 それからは30分ほど店主さんと色々な話をしていました。十三エリアは夜は駅の西口に人が流れるので暇とのことで、もう少しがんばらないとなーと思案顔。確かに話していた30分余り、誰も来なかったですしね(汗)。

 カレーは色々なところを食べ歩き、独学で作っているという話でした。なので、今回のキーマカレーに煎り胡麻といったような、独特のアイデアが出てくるようです。「美味しいかなーと思ったことをやったら、こんなメニューになりました」と笑う店主さんが素敵です。その後は、大阪と京都のカレー談義。互いの美味しいと思う店を挙げて、なるほどーと納得したりしなかったり(笑)。すごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 途中下車する形になりますが、通勤経路にあるので今後はもっと足繁く通いたいと思います。ごちそうさまでした!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) シュリンプカレー

▲店舗外観

 十三のカレー専門店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。9月の初訪問時は「きのこカレー」を頂きましたが、今回はそれよりやや辛い設定となっている「シュリンプカレー」を頂きました。

 注文後にカレーを調理するため、厨房から炒める音とともにスパイシーな香りが漂ってきます。前回も感じましたが、この期待を高める雰囲気はいいですね。

▲シュリンプカレー(800円)

 殻を剥いたエビが放射状に配置されたカレーは、トマトベースに豆が入り、ミルクがかかることでまろやかさも感じられます。辛さは「きのこカレー」よりもあり、なかなかにスパイシー。トマトの酸味とのバランスも絶妙で、バクバクと食べられます。

▲エビのアップ

 エビは殻を剥いた状態で軽く火を通した感じで、独特の甘みとムニュッとした食感があり、普通に考えるエビカレー(シーフード系カレー)とは一線を画したものとなっています。殻も香ばしくパリパリと食べられ、これはまさに絶品の域。エビ増量というメニューがあつたら、間違いなくしていたことでしょう。

 今回で2つ目のメニュー制覇となりましたが、どちらも素晴らしいものでした。早いところ全種制覇したいところです。ちなみに前回恩恵にあずかった水曜日の全カレー600円サービスは終わっていました。ま、800円でも十分に満足できるものですから問題ありません。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ら~めん ばっこ志 とんこつら~めん+替え玉

▲店舗外観

 阪急十三駅東口からアーケードの商店街を北へ1分ほど進んだところにあるラーメン店「ばっこ志」へ行ってきました。

 訪れたのは平日の仕事帰り、午後7時過ぎ。カウンターのみ10席ほどの店内は黒を基調としたデザインで落ち着きがあります。注文は入ってすぐのところにある券売機で食券を買う方式。今回はスタンダードな「とんこつらーめん」を頼みました。

▲とんこつら~めん(700円)

 カウンター越しの厨房で手際よく作られる「とんこつら~めん」。やって来たそれは、クリーミーながらも豚骨の臭みは少ないスッキリとしたタイプのスープでした。そう言えば、店に入った時も豚骨系のむわっいう独特の香りはなかったですね。しかしながら本場九州から空輸しているという細ストレート麺との絡みは良く、食べるうちに甘みも感じるスープはクセになる旨さを感じます。

▲替え玉(150円)

 というわけで替え玉追加。替え玉の注文は食券ではなく、カウンターに150円を置いて頼みます。麺が湯がきあがると、テボから直接丼に入れてくれます。しかし麺は最初と同じなのに、何故か替え玉の方が美味しく感じるのはなんでですかねぇ。

▲カウンターにあるフリートッピング

 カウンターに置かれた小壺には、豚骨ラーメンには欠かせない紅生姜と梅干、ニンニクのタレ漬けが入っています。カリカリとした梅干がクリーミーなスープによく合っていて美味しかったですね。ニンニクのタレ漬けも、単品で美味しかったです。ただ、高菜はフリートッピングじゃないんですよね。惜しい。

 レギュラーの豚骨ラーメンのほか、季節ごとのラーメンもやっているようなので、また食べに来たいと思います。ごちそうさま!

 ら~めん ばっこ志
 大阪市淀川区十三東2-12-41 地図
 06-6886-5180
 11:30~14:30、18:00~25:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー) きのこカレー

▲店舗外観

 阪急十三駅東口から北へ5分ほど歩いたところにあるカレー専門店「Spa Spa Spicy Curry(スパスパスパイシーカレー)」へ行ってきました。

 当初は別の店に行く予定が、うっかり定休日を間違えてしまいウロウロしていたところで見付けたお店。店内はカウンターのみ7席ほどと小さいお店ですが、木目調で明るい装飾と、カウンター正面の棚に並ぶスパイスとCDがオシャレな雰囲気を醸し出します。

▲カウンター正面の棚

 席に座るとマスターがカレーの説明をしてくれました。ルーは全てトマトベース、辛いのはどれ、控えめなのはどれと、丁寧な説明で初来訪でも安心です。どれも美味しそうでしたが、今回は「きのこカレー」を頂くことにしました。

 カレーは注文後から調理。カウンター右手奥の調理場で、具材やルーを混ぜ合わせ炒めていく音が響き、良い香りが漂ってきます。

▲きのこカレー(800円)

 やって来た「きのこカレー」。トマトとスパイスの香りがふわっとやって来るカレーは、一口食べて「美味い!」と頷く美味しさ。やや酸味が強いものの、塩気は薄いのでどんどん食べられます。マッシュルームの小気味よい歯ごたえも美味しさを引き立たせてくれます。

 ごはんはカレーに合うよう、あえて七分炊きになっています。これくらいの硬さがある方が、ルーとうまく馴染んで美味しいんですよね。ちなみに僕は、ラーメンと一緒に食べるごはんも、多少硬めがいいと思っています(スープと一緒に食べて丁度いいから)。また、カレーと一緒にラッシーも出してくれるのも嬉しいです。

 今回もいつものように写真を撮る前に許可を取ったのですが、マスターに「その一言、嬉しいよね」と言われました。別に勝手に撮ってもらっても構わないけれど、やっぱりそこに会話があった方が、作り手としては嬉しいものだそうです。それきっかけで会話もしやすくなりますしね。

 「今日はラッキーだったね」

 そう言ってマスターがさした先には、「水曜日はサービスデー! カレー全品600円」のPOPが。この日は偶然にも水曜日で、800円の「きのこカレー」も600円で食べられたのです。全く気付いていなかっただけに、これは嬉しいサプライズ。

 まだ出来て1年余りのお店ですが、レベルの高いカレーでした。他にも何種類かカレーはありますので、また訪れたいと思います。ごちそうさま!

 Spa Spa Spicy Curry
 大阪市淀川区十三東3-25-9 地図
 06-6886-8535
 月・火・木・金・土11:30~21:00、水・日11:30~14:30 第1・3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。