スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

蕎麦見世のあみ 鴨南蛮

▲店舗外観

 池田駅前の「蕎麦見世のあみ」へ行って来ました。前回訪問は9月初旬でまだ暑く、辛みのある蕪おろしが美味しい「くれつぼおろしそば」を頂きましたが、今回は温かいものをと「鴨南蛮」を頂きました。

▲鴨南蛮(1200円)

 丼には脂の乗った鴨肉が5枚と、炙った太ネギが乗り、ビジュアルから美味しさがビンビン伝わってきます。出汁は旨味が強く、喉を通れば体がほっと温まってきます。単純に汁の温度で温まるのではなく、美味しさが体の中に染み渡って温まる感じですね。

 そういえば知人から聞いたのですが、「鴨南蛮」の「南蛮」というのは、元々大阪の「難波」が語源らしいです。その昔、難波はネギと鴨の産地であったことからきているとか。てっきり南蛮渡来のメニューから派生した食べ物だからと思っていましたが、そんなルーツがあるんですね。

▲鴨肉と太蕎麦

 蕎麦は細と太が選べますが、今回は太蕎麦で頼みました。前回の細蕎麦でも風味はしっかり味わえましたが、太蕎麦の場合は噛んだ食感と、そこから染み出す蕎麦の香りが、また違う印象を与えてくれますね。僕の好みとしては、ざるそばは細蕎麦、汁そばは太蕎麦がいいと思うのですが、どうでしょう。

 この時は1階のテーブル席で食べていたのですが、見せてもらった2階席は雰囲気の良い座敷席となっており、蕎麦打ちをする部屋もありました。今度はそっちでも食べてみたいですね。ごちそうさま!

 蕎麦見世のあみ
 大阪府池田市菅原町6-7 地図
 072-751-1429
 11:30~15:00、17:30~22:00(L.O.21:30) 月曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

自家製健康さぬきうどん 六蓮庵 きつねうどん&海老天かき揚げ丼

▲店舗外観

 阪急石橋駅から国道176号線沿いを池田方面へ歩いたところに、新しいうどん屋がオープンしました。その名も「六蓮庵」と書いて「ろはすあん」と呼ぶ店は、緑色の看板が目立つ、およそうどん屋とは思えないデザインです。最初、タイ式マッサージとかアロマテラピーとか、それ系の店かと思ってスルーしちゃいましたからね。

 店へは左側の扉から入ります。注文はセルフ方式とのことですが、正式オープン直後に訪問したせいかオペレーションがまだうまく回っておらず、なかなか大変そう。メニューは「かけうどん」と「ぶっかけうどん」に大別され、後はトッピングの違いなど。今回は「かけうどん」のきつねを頼んだところ、汁のないうどんが出て来ました。「あれ、かけうどんを頼んだんですが」と尋ねると、出汁は横の給湯器から自分で注ぐ方式でした。「わかりにくいですかね?」と聞かれたので「わかりませんねぇ」と答えると、「色々勉強しながら変えていきます」と真摯な答えに、好感を持ちました。ちなみに天かす、ネギ、生姜などもセルフでかけます。

▲きつねうどん(480円)

 「きつねうどん」はごく普通のもの……ではありません。照明が黄色いので分かりにくいかもしれませんが、うどんが緑色をしています。これはモリンガという栄養素満点の植物を練りこんだものだそうで、それがこの店の売り。モリンガそのものは苦くて食べられたものではないそうですが、何度も作り直して麺を完成させたそうです。モリンガについての詳しい説明は、店に色々と貼ってあるので参照してください。

▲緑色のうどん

 栄養素はともあれ味の方は、小麦の香りも漂う麺で美味しいです。ただ、モリンガを混ぜたせいなのか、さぬきうどんらしいコシと艶はやや弱い印象です。今回のように温かい出汁とともに食べるうどんなら全く問題ないですが、ぶっかけのようなコシツヤ命のメニューだと、ちょっとインパクトに欠けるかもと思いました。

▲海老天かき揚げ丼(380円)

 一緒に頼んだ「海老天かき揚げ丼」です。プリプリの海老に玉ネギ、水菜が一緒に揚げられています。サクサク食感に、甘い出汁がごはんに浸透して美味しかったですね。やや汁だくなのも好みです。こちらはうどんと一緒に頼むと100円引きになるので有難いです。

 まだオープン仕立てということで、色々と気になる点はありましたが、コンセプトも含めて頑張ってほしいところ。朝7時からやっているのも、近くの人には嬉しいですね。3月からは釜揚げメニューも始まるらしいので、また試してみたいと思います。ごちそうさま!

 自家製健康さぬきうどん 六蓮庵
 大阪府池田市石橋2-4-2 地図
 070-5046-4186
 7:00~10:00、11:00~14:00、18:00~21:00(日曜17:00~20:00) 3月から水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん 川當(かわとう) ネギらーめん&天津飯&エビマヨ

▲店舗外観

 箕面市の国道171号線沿いにあるラーメン店「川當」へ行って来ました。電車で行く場合は阪急箕面線桜井駅が近いですね。徒歩数分といったところ。ここでの紹介は昨年5月以来となります。

 店舗写真は昼間ですが、訪れたのは平日の午後7時前。カウンター席に座って頼んだのは「ネギらーめん」です。

▲ネギらーめん(750円)

 緑色の刻みネギとともに、白髪ネギが山盛り盛られていますが、最後の仕上げでその白髪ネギに油が注がれ、出てきた時はとても香ばしい匂いが立ち込めています。

▲麺とチャーシュー

 ネギの下には短冊状、と言うには随分と大きいチャーシューがたくさん転がっていました。こちらのチャーシュー、軟らかいながらも肉の食感をしっかり味わえるもので、個人的に好みの味です。聞けば、鹿児島県沖永良部島出身の店主さんが、そこの黒糖焼酎「まぁさん」を隠し味にして仕込んでいるとのこと。これで独特のコクが出ているんですね。

 麺は細ストレートで、ネギの風味をたっぷり絡めて美味しく頂きました。

▲天津飯・ハーフ(350円)

 この日はサイドメニューも注文しました。まずは「天津飯」。ハーフサイズなのですが、結構なボリュームです。あんかけは優しい味わいでたっぷりあり、卵の軟らかさも程よいものでした。

▲エビマヨ・ハーフ(450円)

 こちらはエビマヨのハーフ。こちらもハーフでもボリュームがあります。甘みの中に感じる酸味と、プリプリの海老の食感がたまりません。これをあてに先ほどの黒糖焼酎「まぁさん」をロックで頂きましたが、とても良い酒となりました。

 ラーメンメニューは季節限定のものもあり、中華メニューのラインナップも豊富なので、今後も色々と食べたいと思います。ごちそうさま!

 らーめん 川當(かわとう)
 大阪府箕面市桜井2-19-32 地図
 072-722-5135
 11:30~14:00、18:00~25:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華料理 秀林(しゅうりん) 担子麺&炒飯

▲店舗外観

 阪急箕面線桜井駅の南西方向、国道171号線沿いにある中華料理店「秀林(しゅうりん)」へ行って来ました。池田方向へ向かう車線沿いにあり、大きな看板も出ているので知っている方も少なくないかな。駐車場は店の前に数台スペースがあるので、寄りやすいと思います。

 店内は広めで、4人がけテーブル席が5卓はありました(奥の方は見てないので不明)。カウンター席もありますが、僕が訪れた時は店員さんがそこに座って餃子をずっと包んでいました。メニューはかなり豊富ですが、ランチタイムは6種類のセットメニューがお得。麻婆豆腐やエビチリ、中華丼などもありましたが、僕が選んだのは「担子麺(タンツーメン)と炒飯」のセットでした。

▲炒飯

 まず先に炒飯が到着。チャーシュー、卵、ネギというシンプルな具材が、パラパラといい具合に混ざっていて美味しいです。普通、ラーメン屋さんでチャーハンセットを頼むと、大抵は半チャーハンになると思うのですが、ここはノーマルサイズで出てくるので、ボリュームがあるのは嬉しい誤算。思う存分ほお張りました。

▲担子麺

 少し間を置いてやって来た「担子麺」。一般的には台湾ラーメンの亜種で、肉味噌が乗っているのが特徴。こちらのものは、あっさりとした鶏ガラスープに、シャキシャキ感が残るもやしが乗り、若干のニラとともに、肉味噌が盛られています。肉味噌自体は少し酒が入っている感じ。肉っぽさよりも味噌っぽさの方が強いですが、スープにほぐすうち、徐々にその旨味も拡散していきました。

 麺は軟らかい中細ストレート麺を使用。1玉しっかりあり、炒飯と合わせたボリュームはかなりありました。これに杏仁豆腐の小皿と漬物が付いて780円という値段はコスパいいと思います。

 通し営業で使い勝手も良いので、また折を見て利用したいと思います。ごちそうさま!

 中華料理 秀林(しゅうりん)
 大阪府箕面市半町4-4-37 地図
 072-725-3156
 11:00~25:00 第2第4月曜定休(祝日の場合は翌火曜休み)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

CAFE ata 角煮丼(ファロー)

▲店舗外観

 阪急石橋駅西口から徒歩5分ほどの場所にある「CAFE ata」へ行って来ました。これまで、「2種盛りカレー」「タイカレー」を頂いて来ましたが、3度目となった今回は「角煮丼(ファロー)」を頂きました。

▲角煮丼(850円)

 メニュー表に括弧付けで「ファロー」と記されているように、エスニックなタイ風角煮丼となっています。ファローはタイ風角煮と言うよりは、タイ風おでんといった感じなので、こちらにも豚角煮と一緒に、厚揚げと卵が乗っています。味は魚醤っぽさもありますが、甘辛さが強いです。この味で食べる厚揚げは初めての体験で、新鮮な美味しさを楽しめました。

 写真はありませんが、いつも出てくる豆サラダも別皿で付いてきます。これで850円は安いですね。ランチのレギュラーメニューで残すのは、あとは「ナシゴレン」のみ。次回はもちろんそれを狙っていくつもりです。ごちそうさま!

 CAFE ata
 大阪府池田市石橋1-7-3 地図
 072-763-3326
 月~木11:00~18:30、金・土11:00~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

寿司・割烹 松前 薫風ハンバーグ丼

▲店舗外観

 池田市の市立病院から少し坂を上がったところにある「松前」でランチを食べて来ました。これまでも何度となく店の前は通っていたのですが、店舗が2階にあること(1階は専用駐車場)と、なんとなく高そうなイメージがあったためスルーしていました。店の暖簾には「寿司・割烹」ってあるしね。しかし「定食700円」という手書きの看板が目に留まり、今回ようやくの訪問となりました。

 階段を上がると、手前と奥と2カ所に暖簾がかかっています。どちらが本当の入り口か迷いましたが、なんとなく奥の方の扉を開けると、先客が何人か座っていました。正解……だったのかな。ちなみに中は繋がっているので、手前の扉からも入ることは出来ました。

 店内は4人がけテーブル席が4卓とカウンター席、さらに奥にも席があるようで、かなり広い造り。平日午後0時半過ぎの訪問で、半分くらいが埋まっていました。メニューはハンバーグ、白身魚フライ、豚生姜焼きなどの定番定食のほか、鰻丼や焼肉ピラフなど数種類が700円で提供されていました。そんな中から僕が選んだのは「薫風ハンバーグ丼」。理由は、メニュー名から具体的にどんなものかわからなかったからです(笑)。

▲薫風ハンバーグ丼(700円)

 しばらく待って出てきた「薫風ハンバーグ丼」は、大きな皿にごはんとハンバーグが乗ったもの。サラダや唐揚げ、ケチャップスパゲッティも一緒になっており、色々一緒にしたロコモコ丼みたいなイメージですね。

 メインのハンバーグは手作りだそうで、非常に軟らかく簡単に箸で崩せます。かかっているソースはデミグラスなんですが、相当な甘口。というか、ちょっとこれはというレベルの甘さで、最初は美味しかったのですが後半はキツかったです。

▲やわらかいハンバーグ

 黄身が半熟の目玉焼きを崩し、ハンバーグと絡めることで甘さも軽減し、コクも出て来ました。セットでお吸い物と、食後のコーヒーが付いてくるので全体のボリュームも結構あり、700円という値段はコスパも高めです。

 今回は甘いデミグラスソースに少し苦労しましたが、他の客が食べていた色々なメニューも美味しそうでしたので、また来たいと思います。ごちそうさま!

 寿司・割烹 松前
 大阪府池田市上池田2-2-3 地図
 072-752-1125
 11:30~14:00、17:00~22:00 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

池田ラーメンフェスタ2011 出店9店中6杯を食べて来ました!

▲会場の様子

 大阪府池田市は「ラーメンの街」です。と言って頷いている方がどれだけいるかは知りませんが(僕も仕事で池田に来るようになるまで知りませんでしたし)、世界初のインスタントラーメンである日清のチキンラーメン発祥の地であることから、日清が池田駅の南に「インスタントラーメン発明記念館」という博物館を建てているなど、それを売りにした町おこしをしています。

 その池田市において、1年でもっともラーメンで盛り上がるのが、文化の日前後に開かれている「池田ラーメンフェスタ」です。これは池田市内を中心に、近隣の箕面、豊中、川西などのラーメン店が池田駅前に屋台を出し、ハーフサイズのラーメンを提供するイベントで、毎年親子連れなど多くの人出で賑わっています。今年は11月5・6日に9店舗を集めて開催され、僕は初日に行って見ました。生憎の雨模様ではあったのですが、それでも傘をさして結構な人が並んでいます。

▲まずはチケットを購入

 会場は阪急池田駅前のてるてる広場。屋台の一番端がチケット売り場となっており、そこで食べたいラーメンのチケットを購入します。ラーメンは全て1杯350円。基本的にハーフサイズでの販売となっています。会計はここでまとめられるので、後はそのチケットを持って屋台の前へ並ぶだけというシステムです。

 この日は友人と2人で行ったのですが、ハーフサイズとはいえ全部食べるのは難しいと思い、合計6杯を頂きました。あと3杯くらい頑張れば行けたような気もしますが、この日は次の予定もあったので自重しておきました。それでは、食べたラーメンを紹介です。

▲和牛牛すじラーメン

 まずは川西市の「にしのみやラーメン川西家」の「和牛牛すじラーメン」。豚骨と鶏ガラをベースに、伊勢海老の頭も煮込んだというスープの上に、味噌煮込みの牛スジが盛り付けられています。ハーフサイズでもボリュームがあり、味も濃い目。麺は細ストレートでした。

▲黄金の塩らぁ麺

 次は東大阪市高井田から参加した「ラーメン道 天神」の「黄金の塩らぁ麺」。どうしてわざわざ高井田からと思うのですが、もともとは池田市の南東の天神という場所で開業したため、その縁で毎年参加しているとのこと。遠いし結構手間だと思うのですが、最初に店を出した思い出の地ということなんでしょうか。

 スープは鶏の清湯に魚介出汁を足したもので、黄金色に輝く澄んだ色合い通り、飲み口も優しい一杯です。しっかりとコクも感じられるし、屋台でこれだけのものを出すのは素晴らしいですね。具材もシンプルですが、良い一杯でした。ちなみにこれだけは、友人とともに1杯ずつ食べてます。

▲濃厚魚介つけ麺

 こちらは豊中市の「島田製麺所」の「濃厚魚介つけ麺」。店は以前にここでも紹介していますが、その時は「あごそば」を食べています。今回は出店者の中で唯一、つけ麺を出す店となっていました。屋台でつけ麺は結構冒険だと思うのですが、カレー弁当のような容器を使うなど、食べやすい工夫があります。

 また、極太麺で茹で時間がかかるため、麺は茹で置きになっていたのですが、意外にコシもしっかり残った麺となっていました。つけ汁は魚介豚骨系ですが、濃厚さという部分では若干物足りなさもあったかな。とはいえ350円でこれを出してきたのは、素晴らしいと思います。

▲トントロねぎラーメン

 続いては池田市の「凡場」の「トントロねぎラーメン」。この店も紹介したことがあるのですが、ラーメン専門店ではなく定食屋さん(夜は居酒屋)として「牛玉オムライス」を頂いています。その際、ラーメンも最初からスープを取るということで、いつか食べてみようと思っていたところ、今回の機会が訪れました。

 スープは豚骨ですが、割とライト。浮かべたゴマ油が風味とコクを与えます。チャーシューは、つまむとほぐれる軟らかさで、それがスープに溶け出していく後半が、より美味しくなって来ました。

▲鶏絲湯麺

 5杯目は池田市の「丸一食堂」の「鶏絲湯麺(タイシートンミン)」。ここも以前に紹介したお店。中華料理店として一押しメニューは石鍋で出てくる「陳麻婆豆腐丼」。2度目に訪れた際に食べた「四川担担麺」とともに、レベルの高い一品でした。割と濃い目だった2つのメニューに対し、今回は鶏の清湯スープに魚介出汁を加えたあっさり目のラーメン。

 水菜とともに上に盛られたのは、蒸し鶏とザーサイ。塩味のスープに淡白な蒸し鶏と、ザーサイのコリコリとした食感がよく合う一杯でした。

▲台湾ラーメン

 最後は川西市の「雲照」の「台湾ラーメン」。ニラがたっぷり載った、台湾ラーメンらしいビジュアルの一杯は、醤油ベースのスープであっさり味。辛さもほとんどなく、誰にでも食べやすい一杯です。ひき肉も結構入ってましたね。屋台を担当していた店員さんがやたら元気で、子どもたちからも人気を博していました。

 こうして短時間に6種類も食べ比べたのは初めてのこと。雨が降っていて、仮設テントの席に余裕がなかったのは大変でしたが、面白いイベントでした。おそらく来年も開催されると思うので、また行ってみたいと思います。ごちそうさま!

 池田ラーメンフェスタ2011
 阪急池田駅前てるてる広場
 2011年11月5、6日 11:00~16:00開催

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺匠 ふじやま 匠ラーメン・白+半チャーハン・鶏唐セット

▲店舗外観

 阪急石橋駅東口から阪急箕面線の踏切を渡った先に最近オープンした「麺匠 ふじやま」へ行って来ました。この店は名古屋を中心に全国展開する「フジヤマ55」の系列店で、大阪では堂山町にも出店しています。

 店を訪れたのは平日の午後1時過ぎ。入り口前に券売機があり、オープン間もなくということもあるのか、そこに立つ店員さんがメニューについて丁寧に説明をしてくれます。石橋は学生街であるとともに昭和の香りを残す下町でもあるため年配客も多く、僕の前にいた70歳前後の老夫婦は、その説明を頷きながら聞き入っていました。ラーメン屋、しかもつけ麺メインの店なので、この手の店に慣れていない方には有難いことだと思います。

 店内はL字型のカウンターのあるレイアウト。席数は10くらいでしょうか。カウンターには各種トッピング類の他、つけ麺のつけ汁を温めなおす卓上IHが置いてあります。その分、ちょっと手狭な感じはしますけどね。今回頼んだメニューは、つけ麺メイン店で敢えての普通のラーメン。「匠ラーメン」に、半チャーハンと唐揚げのセットを頼みました。

▲匠ラーメン・白(単品690円)

 「匠ラーメン」には白と赤がありますが、赤は辛味ダレが入ったバージョンのようです。スープは豚骨系ですが、野菜がたくさん入っているためか、割と甘めでまったりとしています。盛られている肉は、チャーシューと言うよりも野菜と一緒に煮込まれた感のあるバラ肉。脂がスープと馴染んでいて良かったです。

▲麺はプリプリ

 麺は太縮れ麺でプリプリとした食感。タピオカ麺かも。量は普通ですが、スープと野菜がたくさんあるので、単品としてのボリューム感はありますね。

▲半チャーハン
▲鶏唐揚げ

 半チャーハンと鶏唐揚げはラーメンとセットで980円。唐揚げはサックリとした衣が香ばしさもあって楽しませてくれました。チャーハンは半といいつつ量はあります。

 ラーメンも美味しかったですが、やはり真骨頂はつけ麺なのでしょう。麺大盛り無料だったり、各種トッピングを入れて最後はリゾット風にしたり、楽しめそうです。通し営業なので使い勝手も良いですし、次はつけ麺でいきましょう。ごちそうさま!

 麺匠 ふじやま
 大阪府池田市石橋2-15-30 地図
 072-763-1112
 11:25~22:00 年末年始休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラクダカレー 2種盛りカレー(キーマ&野菜)

▲店舗が入ったビルの外観

 阪急池田駅から国道176号線沿いに北へしばらく歩いたところにあるビルの2階に、新しくカレー専門店がオープンしたということで食べに行って来ました。店の名前は「ラクダカレー」。オープンは今年の2月頃らしいので、だいぶ経ってからの訪問になりますね。

 店は上写真の薄緑色の壁が目立つ雑居ビルの2階。歩道に立て看板もありますが、あまり目立つ看板もないので、初めて行く人はこのビルの色を覚えておく方がわかりやすいかと。隅の階段を上ると、普通の木の扉の前に「ラクダカレー」の札がかかっています。

▲ビル2階の店舗扉

 店に入ると正面が厨房で、それに相対する形でカウンター席が5席ほど。左手奥に4人くらいが座れる座敷っぽい席があるのが見えました。訪れたのは平日の午後1時40分頃で、先客は2名。まったりとした雰囲気の中、漂うスパイシーな香りが良い感じです。メニューはレギュラーのキーマカレーと、後は日替わりカレー。この日は野菜カレー(だったと思うけどうろ覚え)で、迷った末に2つともが楽しめる「2種盛りカレー」を頼みました。

▲2種盛りカレー(650円)

 手前がキーマで奥が野菜。カレーは注文後に温めなおす形です。キーマはなかなかスパイシーで辛さもありますが、僕には丁度良い按配。ひき肉が多く、その旨味も伝わります。最後の仕上げで振りかけられる香草とスライスナッツが香ばしさを加味してくれますね。

▲野菜カレー

 野菜カレーでは、大き目のジャガイモが目立ちます。辛さはキーマの方が強いですが、スパイシーさはこちらも負けておらず、いい風味が鼻腔を抜けていきます。ライスはターメリックライスで、デフォで300g超と大盛り気味なのは嬉しいところ。それで650円というのだから、コスパも素晴らしいです。

 ちなみにここで使うお米は、先日も紹介した「ガッツ!うまい米 橋本 池田駅前店」から仕入れているそうです。というか、そこのおっちゃんと話した時に「行ってないなら1度は食べておかないとー」と言われて来てみたという流れでもあるのですが。日替わりカレーは面白いものも多そうなので、今後も定期的に食べに行きたいと思います。ごちそうさま!

 ラクダカレー
 大阪府池田市栄町4-4 ウイスパービル2階 地図
 080-3833-1340
 11:30~14:00、金・土のみ夜も営業18:00~21:30 月・火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

ガッツ!うまい米 橋本 池田駅前店 きのこごはん&信州野沢菜&具だくさん豚汁

▲店舗外観

 阪急池田駅高架下のおにぎり専門店「ガッツ!うまい米 橋本 池田駅前店」へ再訪してきました。6月に紹介した以降も、テイクアウトで何度か訪れていたのですが、今回は初めてのイートイン。以前から気になっていた豚汁とのセットで頂いてきました。

 訪れたのは平日の午前11時過ぎ。まだお昼には早い時間ですが、ショーウインドウには既に何種類ものおにぎりが並んでいます。店長さんに「イートインいけますか?」と尋ねると、おにぎりをにぎりながら笑顔で「どうぞどうぞ」とカウンター席を案内されました。

▲きのこごはん(200円)&信州野沢菜(160円)&具だくさん豚汁(250円)

 選んだおにぎりは、季節の限定メニューとなっていた「きのこごはん」と、前回記事でも食べた「信州野沢菜」。どちらも注文後に新たに握ってもらいました。もちろん冷えてからでもおいしいのですが、やっぱり握りたてのおにぎりって、素晴らしいですよね。

 「具だくさん豚汁」はイートインのみのメニューで、漬物とセットで250円となります。

▲具だくさん豚汁

 大根、ニンジン、ゴボウ、豚肉とオーソドックスながら、しっかり煮込まれて軟らかく味の染みた具材が美味しい豚汁でした。もちろんおにぎりとの相性は抜群。全部合わせて600円ほどという値段も、コスパとして悪くありません。

 まだテイクアウトの客も来ないこともあって、店長のおっちゃんと色々お話も出来ました。おにぎりのことよりも、池田で他にどんなお店が美味しいか~といった内容でしたが、楽しかったです。

 ちなみにこの時は、「後で食べよう」と「紀州南高梅」と「塩さば」の2つをテイクアウト。おやつ代わりにしようと思ってましたが、それより先に平らげてましたね。だって、抗えないでしょう、握りたてのおにぎりの誘惑には。それも含めて4つのおにぎりと豚汁、ごちそうさま!

 ガッツ!うまい米 橋本 池田駅前店
 池田市栄町1-1 阪急池田ブランマルシェ1番館 地図
 072-734-8522
 10:00~19:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。