スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

ラーメン たんろん 黒い龍(2月限定)

▲店舗外観

 2月限定で行われている多店舗コラボ企画「Smiles for MISO」、5軒目は西宮市の「たんろん」です。兵庫県で行われるイベントでは常連となっているお店ですね。しかしそのせいで、兵庫県内の店では最多訪問回数となっているのですが(今回で8回目)、ほとんど限定メニューばかり食べています。毎回来る度に限定と定番とで2杯食べたいと思うのですが、京都から遠征となると1店2杯は難しいんですよね。

▲黒い龍(850円)

 そんなこんなで今回頂いたのはイベントメニューの「黒い龍」。なんとも強そうな名前ですが、それに違わず重厚なスープに極太麺という構成となっています。「麺屋巧」「和海」と続く3連食ラストを〆る一杯に相応しいですね。

 スープは鶏白湯ベースに味噌を混ぜ込み、濃い味付けで脂分も感じさせつつも、しかししつこくはない絶妙な味わいとなっています。昼3杯目となりましたが、それでもスープだけでぐいぐい惹きつけられますね。

▲極太縮れ麺

 麺は極太縮れ麺で、こってりとしたスープをよく絡めます。トッピングは大き目のチャーシューにシナチク、白髪ネギ、ネギ、そして頼めば3個の鶏皮唐揚げも追加してくれます。

▲鶏皮唐揚げ

 スープに浸してもパリッとした食感が残る唐揚げ、美味しかったです。次こそはレギュラーメニューを目的に訪問したいですが、またイベントでの訪問になるんだろうなあ。ごちそうさま!

 ラーメン たんろん
 兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13 地図
 0798-36-7222
 平日11:00~14:00、18:00~25:00、日祝11:00~14:00、18:00~22:00 月曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

和海(なごみ) ミソ・ナゴミアーノ(2月限定)

▲店舗外観

 2月限定で行われている多店舗コラボ企画「Smiles for MISO」、4軒目は尼崎市の「和海(なごみ)」に行って来ました。前回の「麺屋巧」から連食となります。昨年オープンしたばかりの「和海」ですが、阪神武庫川駅から東へ徒歩数分の場所で、早くも行列が出来る店として人気となっているお店。本当はレギュラーメニューを頂いてから限定メニューへ行きたかったのですが、それは次回以降のお楽しみということでイベントメニュー「ミソ・ナゴミアーノ」を注文しました。

▲ミソ・ナゴミアーノ(800円)

 日曜日の正午過ぎの訪問ということで、カウンターのみの店内は満席。運良く並ばず座れましたが、僕らの後には外待ち客が続いていました。やって来た「ミソ・ナゴミアーノ」は味噌の香りとともに、バジルの風味が特徴的な一杯です。味噌とイタリアンの融合を、ラーメンという器でやってしまうという、なんとも国際的なメニューですが、これが単なる話題性に終わっていないのが独創性の高い人気店の由縁。

 スープにはトマトも使っているため、やや酸味も感じました。トッピングは鶏チャーシュー、白髪ネギ、糸唐辛子、ルッコラかと思った葉っぱは「うまい菜」というものだそうです。丼の縁に添えられたのはレギュラーメニューでも乗せられる店の名物「くるま麩」。デフォでも2つ乗っていますが、1個10円で追加可能だそうです。

▲麺は縮れ麺

 そしてとろけるチーズを乗せた上でバーナーで炙っており、それが麺も焦がして絶妙な香ばしさを与えてくれます。麺を持ち上げるとスープとともに溶けたチーズも絡み、コク深い美味しさを堪能させてくれました。さらに一緒に出してくれたハラペーニョソースを加えると、辛味が入ってまた違う美味しさになりました。ここまでくるとラーメンよりもパスタというイメージになるのですが、しかしベースの味噌がしっかりしているため、あくまでラーメンの域からはみ出していません。

 今回の限定メニューも美味しかったですが、やはりレギュラーメニューも気になります。近いうちに食べに来たいと思います。ごちそうさま!

 和海(なごみ)
 兵庫県尼崎市武庫川町2丁目19-3 地図
 12:00~13:30、18:00~22:00頃 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

麺屋 巧 境界線上の味噌(2月限定)&ピリ辛つけめん

▲店舗外観

 阪急伊丹駅近くの「麺屋巧」で、2月限定で行われている多店舗コラボ企画「Smiles for MISO」のメニューを頂いてきました。イベント限定メニューはこれまで「みつか坊主」の「北海道風味噌らーめん」と「テラダ商店」の「NIEVANA」を紹介しています。

▲境界線上の味噌(790円)

 「麺屋巧」での限定メニューの名は「境界線上の味噌」。名前の由来は2011年秋アニメとして人気を博した「境界線上のホライゾン」から取っているとのことで、店内の貼り紙もそのタイトルロゴを模したものでした(撮影し忘れ)。ちなみにアニメは7月から第2期がスタートする予定です。


 さて、ラーメンの方はというと、スープを啜っての第一印象は「まったりミルキー」というもの。味噌の風味もあるのですが、どうやら牛乳も使っているようで、クリームスープのようなイメージを強く感じます。

▲ラム肉

 トッピングもそれに合わしてか、ブロッコリー、クルトン、揚げ玉ネギなど洋風で、チャーシューの代わりに使う肉はラム肉と個性的。スープメニューとしても十分に通用するものですが、しかしこれはあくまでラーメン

▲縮れ麺

 太縮れ麺がまったりとしたスープをよく絡めとり、ラーメンとしての完成度も上げています。かなりの手間暇がかかっていると思うのですが、それを790円という値段で出してくるの心意気も素晴らしいですね。スープの最後の一滴まで飲み干してしまいました。

▲ピリ辛つけめん(790円)

 こちらは別の日に頂いた「ピリ辛つけめん」です。醤油のつけ汁は味が強く、下に沈んだミンチ肉を太麺に絡めて食べていきました。

▲ミンチ肉

 ニラも入っているのですが、後味を邪魔するようなものではなく、ミンチ肉と一緒にバランスよく味わうことが出来ました。こちらも麺の量が300gあって790円とコスパの高い一品となっています。

 限定メニューもレギュラーメニューも、高いレベルで凌ぎを削る伊丹の名店。ごちそうさま!

 麺屋 巧
 兵庫県伊丹市行基町3-16-9 地図
 072-785-3835
 11:30~15:00、18:00~27:00(日曜は~24:00) 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

テラダ商店 NIEVANA(2月限定)

▲店舗入り口

 阪急園田駅すぐ近くの「テラダ商店」へ行って来ました。夜は居酒屋としてのテイストも強いこの店、前回訪問時はその雰囲気に流されて「つけ麺」の他、「水餃子」や「もろきゅう」といった一品モノも頼んでしまいました。しかし、それが安くて美味く、次は友達を連れて行きたいなぁという言葉で〆たわけですが、今回も会社帰りに1人です(笑)。

 今回のお目当ては、前記事の「みつか坊主」と同じく「Smile for MISO」イベントの限定メニュー。メニュー名は「NIEVANA」です。なんでも日によって入った素材を使うらしく、値段もそれによって変動するとのこと。

▲NIEVANA(900円)

 今回は900円という価格設定。甘みのある味噌スープには、ざく切りキャベツとシナチク、もやしがたっぷり入り、そこに豚バラ肉も混ざります。バラ肉は結構厚さがあり、チャーシューではなく野菜と一緒に炒め、最後に味噌スープに混ぜ煮込んだようです。しっかりとした肉の食感が、糸唐辛子から染み出た辛さで程よい刺激も加味した味噌スープと、よくマッチしていました。

▲麺と豚バラ肉

 味が染みつつ、同時にシャキシャキとした食感も残すキャベツともやし、シナチクも良かったです。麺は太縮れ麺で、全体のボリュームはかなりありました。

 支払い時に「他にはどんなバリエーションがあるんですか?」と尋ねると、「牡蠣とか考えてます」との答え。味噌と牡蠣、これはベストな組み合わせです。ごちそうさま!

 テラダ商店
 兵庫県尼崎市東園田町5-111-6 地図
 06-6493-9280
 11:45~14:00、17:45~23:00 火曜定休、水曜ランチのみ定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン 三七十家(みなとや) あご塩ラーメン

▲店舗外観

 三宮センタープラザ食べ歩きで、もう1軒くらい行こうと考えていたのですが、たまたま近くに友人が来ていたため、合流して山手通方向へ。関西ではまだ少ない家系ラーメンを出す「三十七家(みなとや)」へ行って来ました。

 センタープラザからは徒歩5分くらいの距離なのですが、なんと途中でスマホが電池切れ。地図は適当にしか確認しておらず、近くに行ったら地図検索していけばいいやと思っていたので途方に暮れました。幸い、PHSの方は充電バッチリだったので、友人に誘導してもらってようやく到着。三宮駅から北西方向に見える大きなタワーマンション(トア山手タワーというらしい)の1階にテナント出店しているので、それさえわかっていれば迷うことは無かったです。

 店は逆L字型のカウンターが並び、入った右手に券売機というレイアウト。メニューはいわゆる家系ラーメンと、そこにアゴ(トビウオ)出汁を効かせた「あご塩ラーメン」の2種類のスープに、定番のトッピングというラインナップです。今回は他の家系にはない味ということで、「あご塩ラーメン」を頂きました。

▲あご塩ラーメン(650円)

 注文時にスープの濃さ、脂の量、麺の固さを聞いてきますが、とりあえず初めてなので全て普通でお願いしました。スープは家系らしいこってりとした口当たりの中に、絶対的な主張をするアゴ出汁が加わって、今までに無い味わいを与えています。「こういうのもアリなんだ!」という衝撃ですね。家系のスープは、それ自体が完成されているので大きなアレンジはあんまりないイメージがあるんですが(薄い濃いとか、辛味を足すとかは食べたことあるけれど)、これは家系のテイストを残しながら、しっかり個性を出してきている一杯です。

▲麺は極太ストレート

 麺は家系らしいモッチリ食感の極太ストレート麺。トッピングは厚切りのチャーシューに大判の海苔、煮玉子、ネギ、そして本来ならホウレン草が定番のところ、「あご塩ラーメン」は水菜を使っています(普通のラーメンは三十七家もホウレン草)。

 さすがに昼3軒目ということで、残念ながらスープ全汁は出来なかったのですが、通常ならばライスを別注して、それと一緒にスープまで完食したい一杯です。次回は自分アレンジで食べてみたいですね。ごちそうさま!

 ラーメン 三七十家(みなとや)
 神戸市中央区中山手通3-2-1 トア山手タワー1階 地図
 078-392-3710
 11:30~15:00、17:30~22:00 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ホルモン どんぶり マルナカ ホルタマ丼・M

▲店舗外観

 「サヴォイ」の後、センタープラザ食べ歩き2軒目として向かったのは、暖簾越しのカウンター席のみの丼屋「マルナカ」です。カルビ丼やチゲ鍋、角煮丼など多彩なラインナップの中から頼んだのは、店の一押しメニューとなっていた「ホルタマ丼」です。

▲ホルタマ丼・M(480円)

 Lサイズでも同値段でしたが、次の食べ歩きを考えて自重。それでも割とボリュームはありました。内容は他人丼の牛肉がホルモンになっただけですが、プルプル食感のホルモンが和風出汁と卵と絡み合うのは意外なほどに美味しかったです。

▲プルプルのホルモン

 普通の他人丼や親子丼は、出汁の中に肉と玉ネギを入れて温めたところに卵を落としますが、この丼は玉ネギは予めごはんの上に敷いているため、シャキシャキ食感が残ったまま。それが徐々に馴染んでいって、後半はしっとりとしてくるのが特徴です。

 また、カウンターにある天かすを入れることも薦められ、それを足してみるとコクとともにややジャンクな味わいに。いやまあ、もとともジャンクなメニューではあるのですが。手軽に食べられる丼として、かなりレベルが高いものでした。

 他にも魅力的なメニューが多かったのでまた再訪して食べていきたいです。とはいえ神戸自体にいつ来るかわからないし、今日行けなかった他のセンタービルの店も気になるし、再訪はだいぶ先のことかなぁ。ごちそうさま!

 ホルモン どんぶり マルナカ
 神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館地下1F 地図
 平日11:00~20:00、日曜11:00~17:00 センタープラザ休館日が定休日

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カレー SAVOY(サヴォイ) ビーフカレー

▲三宮センタープラザ

 先日仕事で神戸へ行って来ました。尼崎や西宮あたりまでは行くことはあっても、神戸まで行くのは実に2年ぶり。午前中いっぱいの仕事だったので、昼飯は三宮で取ることに。色々な飲食店が雑多にあふれている三宮センタービルの地下を歩いて来ました。

▲地下街の地図

 まず、どこから地下へ入ればいいのかがわからず、迷った挙句になんだか関係者通路みたいな階段を下りてしまいました。出たところは占い屋さんの横で、なんかちょっと怪しまれていたような。ともあれ地下に入り、とりあえずグルッと一周歩いてみたのですが、お昼時でもあったのでかなりの人出がありました。

 ラーメンにカレー、洋食、丼モノ、各国料理などが、小さい店、オシャレな店、カウンターのみの店と、様々な形態で並んでいます。大阪駅前ビル地下に似た雰囲気で、どこも興味が沸いてきます。そんな中で訪れたのは、ここで屈指の人気を誇るカレー屋「SAVOY(サヴォイ)」でした。常の行列店と聞いていましたが、たまたま通りがかった時は席に空きがあり、すぐに入ることが出来ました。

▲店舗外観

 とはいえカウンターのみの席は満席で、しかも席と後ろの壁の隙間がとても狭いため、奥へ行くには先に座っている客に「すいませーん」と言いながら進む必要も出ます。冬服でなかったら多少ましなんでしょうけどね。ただ、殆どが常連なのか、特に気にすることなくササッと椅子を前に寄せて通してくれました。座った後は僕も同じように、前へ詰めつつ通る人に気を遣いました。

▲ビーフカレー(650円)

 メニューは非常にシンプル。「ビーフカレー」1品のみ。あとはトッピングの卵が50円と、ビール400円だけが記されています。注文は「大盛りか普通か」で答えます。しかも値段は一緒。センタープラザでもう1、2軒行ってみたかったので、大盛りでいきたいのを我慢して普通でお願いしました。

 ルーはサラッとした状態で、軟らかい牛肉が幾つか転がっています。辛さは普通ですが、店の前を通った時から香るスパイスが、食欲をそそります。ライスは強めに炊かれたサフランライス。

▲カウンターに並ぶピクルス

 カウンターには福神漬け、ラッキョウ、人参とキュウリのピクルスが瓶に入れられて並んでいます。味といいシステムといい、大阪駅前ビルの「マグナムカレー」に似た感じですね。

 たまたますぐに入れましたが、すぐに外には列が出来ていました。とはいえ回転は速いので、10人くらい並んでいてもすぐに店には入れそうです。美味しいカレー、ごちそうさま!

 カレー SAVOY(サヴォイ)
 神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ東館地下1階 地図
 078-333-9457
 11:00~19:00 月曜定休(祝日の場合は翌日休み)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

すっぽんらーめん太尊 韓流あえ麺 カメ・マゼタ(10月限定)&餃子

▲店舗外観

 「わくわく和え麺ろ~ど」ツアーの3軒目は、武庫川の「すっぽんらーめん太尊」へ行って来ました。当初は昼の3軒目として行く予定でしたが、やっぱり歳を取ったということか、「たんろん」で「シメごはん」まで食べたら続けて3軒目に行く余裕はなく、腹休めをしてから夕方の営業開始に合わせて訪問となりました。ちなみにその間は、宝塚市の手塚治虫記念館へ行ったり、以前ここでも紹介した西宮北口の「珈琲屋 夢」で休憩したりしてました。

▲韓流あえ麺 カメ・マゼタ(980円)

 スッポンを特徴的な素材として使う「太尊」は、当然今回もそれを使用。和え麺自体が「太尊」では初めての試みとのことですが、僕もスッポンを使った和え麺は初めてです。

 赤い丼の中にはやや縮れた極太麺と、その上にスッポン肉、チャーシュー、大根と人参の膾(なます)みたいなもの、もやし、シナチク、キムチ、刻み韓国海苔、いり卵が美しく盛り付けられています。イメージとしてはビビンバでしょうか。しかし、普通のそれよりも豪華です。

▲よく混ぜた

 きれいな盛り付けを思い切って壊してよく混ぜていきます。タレはメニューの貼り紙に「紅花・クコの実・高麗人参を漬け込んだ特製油」とあり、そこにスッポン出汁を加えているようです。なんとも健康志向な素材ですが、それだけでなくしっかり味も調えてきているのがスゴイ。プリプリの太麺は、他のメニューと同様にスッポンエキスを混ぜ込んだ特別製。それに絡む様々な食材が、それぞれに特徴を出しながらも「混ぜたからこそ出る風味」を醸し出し、いつまでも飽きない味わいを与えてくれます。特徴たるスッポン肉の量も多く、満足感が高いですね。

▲自家製ラー油の「マルカラ」

 和え麺と一緒に出てくる自家製ラー油の「マルカラ」は、味噌も入った特別製。「半分くらい食べてから投入してください」とのことなので、それに従って混ぜていきましたが、辛さはそれほどではないものの、ニンニクの香りがかなり強く、それが全く違った味わいを出してくれます。というか、このラー油メッチャ美味いです。

▲餃子(250円)2人前と、マルカラをまぶした餃子

 あんまり美味いので、別で頼んでいた餃子にも付けてみましたところ、これまた予想を超える美味しさを発見。さらに2皿を追加注文してしまいました。ま、この追加注文のおかげで、夜は「太尊」1軒だけとなってしまったのですが、それも悔い無しです。

 来る度に新しい発見がある「太尊」。次はどんな美味しさと遭遇できるのでしょうか。ごちそうさま!

 すっぽんらーめん太尊
 兵庫県西宮市小松東町3-8-16-103 地図
 0798-48-4443
 平日11:30~13:30、18:00~23:00、月曜、第二日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン たんろん 汁なし牛麺+シメごはん

▲店舗外観

 「わくわく和え麺ろ~ど」ツアーの2軒目は、西宮市の「たんろん」です。実は「みつか坊主」の後、伊丹市の「巧」へ向かったんですが、なんとこちらは臨時休業。「たんろんは限定数が売り切れしてるとかいうオチじゃないよなー」と割と本気で心配しながら店に入りましたが、友人も含め3人前、しっかり全員食べることが出来ました。そんな「たんろん」の和え麺は「汁なし牛麺」です。

▲汁なし牛麺(900円)

 大きな鰹けずり節がふわふわと踊っているのが目立つ「汁なし牛麺」。香りにも魚介が出ていますが、たっぷり盛られた牛スジ肉、牛脂を、シナチク、白髪ネギ、ネギと一緒に混ぜていくと、濃厚な動物系の香りも出てきます。

▲よく混ぜました

 麺は全粒粉の極太ストレート麺で、全体のボリュームがあるので、箸で混ぜるのも結構な力技。まんべんなく脂や具材が行き渡ったところでいただきます。牛スジ肉と牛脂のこってりとした舌触りはあるのですが、味はそこまで強くないので、食べ続けても飽きが来ません。鰹節も適量で、主役の牛を邪魔せず味を引き立たせており、非常にバランスよくまとまった美味しさを感じました。

▲シメごはん(100円)

 昼は3軒ハシゴ予定なのでどうしようか迷いましたが、「シメごはん」までトータルで考えて作っていると思うので、食べないわけにはいきません。ごはんの上にはきれいな天かすと魚粉、刻み海苔が乗っています。魚粉は数種類の煮干をミキサーで粉末にしたオリジナルブレンドだそうです。これをタレの残った汁無し牛麺の丼に投入して、再びしっかり混ぜていきます。

▲ごはんもしっかり混ぜました

 牛スジ肉を残しておきましたが、タレ自体はそれほど多く残らなかったので、ふりかけごはんみたいな感じです。しかしその分、天かすのサクサク感が残り、煮干粉末もごはんにうまくまぶされました。そこに牛脂のしっとり感と風味が加味され、なるほどこれは、美味しいです。

 来る度に限定ばかり頂いてますが、今回も大満足の一杯でした。ごちそうさま!

 ラーメン たんろん
 兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13 地図
 0798-36-7222
 平日11:00~14:00、18:00~25:00、日祝11:00~14:00、18:00~22:00 月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

テラダ商店 つけ麺&水餃子&もろきゅう

▲店舗外観

 いつもより早く終わった仕事の帰り道。阪急京都線で特急に乗って帰るところを、ふらっと神戸線に乗り換えてしばし。初めて園田駅で降りて向かった先は「テラダ商店」です。

 ビルの1階部分を黒塗りにした妙な存在感を放つ店の外観。暖簾をくぐって中に入ると、雰囲気は居酒屋です。いや、雰囲気というか、普通に居酒屋ですね。僕はつけ麺やうどんが食べられる店と思って入ったんですが……案内されて中央の大きなテーブル席に座ると、「お飲み物は何にしましょう?」と普通に訊かれたので、こちらも反射的に「生で」と答えます。うーん、1人で酒を飲むというのは基本的にない行動なんだけど、まあいっか。

 生中を飲みつつ、壁に貼られたメニュー表を眺めます。つけ麺、つけうどんなどもありますが、居酒屋の一品メニューが充実しています。とりあえずは「つけ麺」を注文、続いてアテの定番「もろきゅう」、そして「水餃子」も頼みました。

▲つけ麺のつけ汁と魚粉

 平日の午後7時過ぎで、客の入りは8割くらいと盛況。注文から出て来るまでは20分ほどかかりましたが、まあ、状況考えたらそんなもんでしょう。

▲つけ麺(650円)の麺は細ストレート

 つけ麺は豚骨魚介系で甘みのあるタイプ。別盛りで出される魚粉で、その風味を好みで足していきます。麺はつけ麺としては珍しい細ストレート麺。煮玉子がデフォルトで添えられています。ツルツルとした喉越しが心地よく、麺だけでも十分美味しく食べられます。

▲水餃子(390円)

 水餃子はモッチリとした皮が特徴の一品。しかも12個もあって390円というコスパの良さ。これは全体に言える事ですが、一品メニューはどれも量があって安いです。ちなみにドリンクはオール390円。プレモル生中も390円でした。

▲もろきゅう(250円)

 もろきゅうも1人で食べるにはかなり多い量。これも250円とは安いですね。店のテレビを見ながら1人でぼちぼち飲んでいましたが、ここは友人らときてたくさんのメニューを楽しむのが吉な店かなと。麺ものオンリーで楽しむなら昼に来るのがいいと思いました。ごちそうさま!

 テラダ商店
 兵庫県尼崎市東園田町5-111-6 地図
 06-6493-9280
 11:45~14:00、17:45~23:00 火曜定休、水曜ランチのみ定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。