スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

らーめん 鶴武者 らーめん・塩

▲店舗外観

 年末に西院のTUTAYAへ行った時、途中に内装工事中のラーメン屋さんを見つけてチェックしていたところ、1月9日に新規オープンしていたので早速行ってみました。場所は四条佐井通を下ったところ。どっちかと言うと高辻佐井上ルの方かな。写真のように、割と目立つ「麺」の看板があり、提灯に屋号「鶴武者」と書かれています。

 僕は9日に訪れたのですが、正式オープンの数日前からプレオープンはしていたようです。店は木を貴重とした明るい内装で奥へカウンター席が続くレイアウト。メニューは塩と醤油の2種類のラーメンに、チャーシュー丼など。

▲おしながき

 ただ、上のお品書きは直後に変更になったようです。公式ブログによると、「らーめん・塩」は「らーめん」となり、「らーめん・醤油」は「和風らーめん」と表記変更(内容は同じ)。詳しくはブログを参照して頂ければと思いますが、なかなかこだわりがあるようです。

 カウンターに座って塩と醤油、どちらにしようか迷いましたが、塩の方が推されているようだったのでそちらをお願いしました。

▲らーめん・塩(700円)

 スープは地鶏+豚骨+野菜で、1度冷ました後に余分な油を取り除いているという説明があります。あっさりとした飲み口で、コクはしっかり感じられるスープは、丁寧な作りがされていると思いました。塩ダレは強すぎず、こちらも良い按配。動物系だけでこのあっさりとした塩スープというのはいいですね。

 トッピングは大き目のチャーシューに、煮玉子半分、極太シナチク、白髪ネギ、ネギ、糸唐辛子、最後に青海苔をかけています。チャーシューは厚さもあり、食べごたえがありますね。脂身の部分と肉の部分と、それぞれに旨味が感じられます。シナチクは極太ですがやわらかく、味付けは濃くないのでスープと一緒に食べて丁度よいものでした。

 また、煮玉子はデフォで半分乗っているのですが、お品書きの追加トッピングの欄に「元々、半分入ってます」と表記されているのは、ちょっとしたことですが嬉しい気遣いです。僕は卵大好きなのでいいんですが、デフォで1個あって更に追加1個となると、ちょっと食べるのが大変になりますしね。

▲麺は自家製麺

 麺はやや縮れの入った中太麺で自家製麺とのこと。店の入り口左手に製麺機が置かれていました。ツルツルとした喉越しが良かったです。ただ、後半なスープの底に短く千切れてしまった麺が結構たくさん沈んでいたので、このあたりは課題かな。このあたりは一朝一夕にできるものでもないし、だんだんと美味しい麺が食べられるようになってくれば、通う楽しみも出来るというものです。

 店はおそらく夫婦なのかな、30代くらいのお2人が回していましたが、ラーメン作りも接客もとても丁寧でした。そんな雰囲気も含めて、応援していきたいラーメン屋さんです。とりあえず近いうちに魚介とのダブルスープという「和風らーめん」を食べに行きたいですね。ごちそうさま!

 らーめん 鶴武者
 京都市右京区西院矢掛町28-2 地図
 075-322-7015
 11:30~14:00、18:00~21:00 日曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

中華 寒山 酸辣麺&エビチリ丼&搾菜肉絲 ほか

▲店舗外観

 五条の中華料理店「寒山」は、近いこともあってランチでよく利用しています。10月後半から12月前半にかけて頂いた日替わりランチを紹介します。実際はもう少し行ってるんですが、既に紹介したことのあるメニューは割愛しました。というか、そういう時は写真も撮らずに普通に食べてます。

▲酸辣麺

 まずは「酸辣麺」。おそらく「サンラーメン」と読むのかと。たっぷりの豚肉とチンゲン菜、それに湯葉が入っており、名前の通り酸味の強いスープとなっています。ベースはおそらく鶏ガラ。イメージとしては、水炊き鍋をした際に、〆ラーメンをポン酢かけて食べる感じ。と書くと、なんだか雑な料理に聞こえてしまいますが、美味しかったです。

▲エビチリ丼

 続いて「エビチリ丼」。普通に考えるエビチリよりも、ソースの粘度が高くなっています。見えていませんが、海老はプリッとしたものがたくさん隠れています。その他、チンゲン菜と枝豆も入ってますね。チリソースの辛さは控えめで、甘みも結構感じました。ソースにたくさん入って刻みネギの食感も良かったです。ボリュームもあり、これにスープがついて850円は安いですね。

▲味噌ラーメン

 「味噌ラーメン」とメニュー名を表記しましたが、本当はちょっと違っていたと思います。とりあえず味噌スープなのですが、見ての通り具材が豊富で、ラーメンとしては珍しいものも多いです。豚バラスライスとチンゲン菜、白菜はよくあるとして、大根、シメジ、ブロッコリーも入ってます。これもイメージとしては「酸辣麺」と同じく、野菜たっぷりの味噌鍋をやった際に、〆で中華麺を入れたような感じ。もちろん、調理レベルが違うので、ズボラ料理的な側面は全くありませんが。

▲おでん

 全く中華関係ないんですが、この日は「おでん」でした。ちくわ、卵、ごぼう天などの他、鶏手羽先が2本。全体的に味が染みていましたが、プルプルになった皮の部分が1番好きですね。あと、辛子がしっかり辛かったのも良かったです。

 
▲搾菜肉絲

 「搾菜肉絲」の読み方は不明です。後半はチンジャオロースーと同じなので「ロースー」なんでしょうが、要は細切りにした野菜と肉の炒め物です。玉ネギを中心にして、チンゲン菜、人参、タケノコと豚肉が素材。豚肉はかなりたくさん入っていて、食べごたえがありました。それほど調味料の味は強くないのですが、野菜と肉の旨味がしっかり出ていて、ごはんが進む料理でした。

 これからもバラエティー豊かなメニューを堪能していきたいと思います。ごちそうさま!

 中華 寒山
 京都市右京区西院六反田町2 地図
 075-326-0232
 12:00~14:00、17:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

めん処 せんすい庵 味噌煮込みセット

▲店舗外観

 阪急西京極駅から花屋町通を東へ数分歩いたところにある「めん処 せんすい庵」でランチを食べて来ました。入り口が少し中に入っているので、少し目立たない外観となっています。店内はカウンター席、テーブル席、座敷席とあり、夜は居酒屋的な使い方もされているようです。

 メニューはうどんを中心に色々ありましたが、今回は「味噌煮込みセット」を注文。カウンター席に座って出てくるのを待ちました。

▲味噌煮込みセット(850円)

 セットはメインの他、ごはん、漬物と一品が付いて来ます。この日の一品はホウレン草のおひたしが乗った冷奴でした。

▲味噌煮込みうどん

 土鍋で作られた味噌煮込みうどんは、当然アツアツ。一緒に出てきた取り皿によそって冷ましながら頂きます。赤味噌の濃厚な香りと味わいが食欲をそそり、ごはんも進みました。具材はネギ、麩、油揚げ、人参、ゴボウ、豚肉など。あと何種類か入っていたかも。どれも味噌の味が染みていて美味しかったです。

 うどんはモッチリとした食感で、落とした卵とよく絡ませて食べれば、よりコク深い味わいを楽しめます。

▲伝票はデロリアンの下に

 ボリュームもあり、これで850円という値段は悪くありません。うどんだけでなく、丼や定食メニューも充実していたので、また食べに来たいと思います。ごちそうさま!

 めん処 せんすい庵
 京都市右京区西京極豆田町5 地図
 075-313-6878
 平日11:30~23:00、日祝11:30~21:30 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

辰弥すし くもこ焼き&ノドグロ塩焼き&エビ芋あんかけ&寿司は全部で17貫

▲店舗外観

 西院で絶品の魚料理と寿司を出す「辰弥すし」、お久しぶりの登場です。しばらく行ってないなあとは思ってましたが、去年の12月以来。およそ11カ月のインターバルでした。今回は4人での飲み会だったので、1階かなーと思ったのですが、満席ということで2階の座敷席へ。ゆったりと楽しむことができました。

 この日は「とにかく寿司をたくさん食べようぜ」というコンセプトで来ていたので、いつも頼む刺身系の一品料理はなしということに。最初の飲み物と一緒に揚げ物、焼き物などを頼んだのですが、しばらくすると大将がトントントンと階段を上がってきました。

 「お造り、注文しないんですか?」

 「あ、いや。今日は寿司をいっぱい食べようと思いまして」

 「今日もいいのたくさん入ってますし、なんやったら人数分の盛り合わせ作りますよ」

 大将、どうしてもお造りを食べさせたいらしい(笑)。ま、このへんのやり取りは何度も来ているからこそなんですが、その押しに負けて、結局いつも通りお造りもお願いしました。

▲お造り盛り合わせ

 マグロ、ハマチ、カツオ、イカ、タコ、タイと、ネタは定番なれど、素材も包丁も特級品。醤油をつけずとも、その旨味だけで十分に美味しい刺身でした。おおお、これを食べたら寿司の方も期待が高まりますなぁ。

 と、その前に魚介の一品料理たちを紹介です。

▲くもこ焼き

▲カキフライ

▲ゲソの天ぷら

▲海老芋の生姜あんかけ

▲マイタケの天ぷら

▲ノドグロ塩焼き

 毎回、同じものばかり頼んでいる気もしますが、美味しいんだから仕方ないです。海老芋のあんかけは、ほっこりとした芋の味わいと、絶妙な味加減のカニあんかけが美味しい一品。ノドグロは今更言うまでもありませんが、パリパリの皮も、とろける柔らかさの白身も、脂ののった縁の肉も、どこもまとめて最高に美味かったです。

 それではいよいよ、寿司タイムです! まずはこの日の特別ネタだった「芽ネギ」と「ゲソ」に加えて、おまかせで8貫の合計10貫をにぎってもらいました。

絶品の寿司すしスシ

 上からウニ、イクラ、ゲソ、タイ、タコ、マグロ、トロ、芽ネギ、アナゴです。10貫なのに9貫しか写真ないやんと気付いた人、鋭い。掲載している写真もそうなんですが、あまりの美味さに手が震えたのか、今回は失敗写真が多いんですよ。もう1貫、サバも食べております。

 「今日は寿司を食べまくるぞ」との宣言通り、さらに注文は続きます。。


 上からエビ、タマゴ、ハマチ、ヒラメ、ウナギ、トリガイです。アナゴもそうですが、この甘ダレもいいんですよね。香ばしく、甘すぎず、トロミも絶妙。

 順番として最後に食べたわけではありませんが、下写真は辰弥すしでは初めて頼んだ「エビサラダ巻き」です。

▲エビサラダ巻き

 レタスたっぷりで、真ん中にはキュウリとプリップリの大きなエビ。マヨネーズは少しだけですが、齧ればエビの素材の旨さがレタスにもシャリにも行き渡り、適度な量だとわかります。海苔も軍艦モノより強く存在を主張してきて、中の素材と合わさった風味を口の中で堪能しました。

▲洋ナシ

 最後はサービスで洋ナシを出してくれました。これがまた、美味いのなんのって。やわらかくて甘みたっぷり、洋ナシがこんなに美味しいものと初めて知りましたよ。

 結局寿司は全部で17貫。1貫ずつの食べごたえ、充実感が違うので、帰りはお腹パンパンといった具合でした。今回も絶品料理の数々、ごちそうさまでした!

 辰弥すし
 京都市右京区西院西淳和院町2-2 地図
 075-323-6880
 17:00~23:00、月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

中華 寒山 春雨炒め&ホイコーロー&牛スジ麺 ほか日替わりランチ

▲店舗外観

 五条通沿いのマンションの1階にある中華料理店「寒山」。日替わりのランチが美味しく、平日休みや半休の時などによく通っています。今回はここ何回かで食べたランチメニューを紹介していきます。

▲春雨炒め

 たっぷり春雨を、豚肉、玉ネギ、チンゲン菜、キクラゲなどの具材とピリ辛で炒めたもの。麻婆春雨に似た感じですが、辛さはそこそこ。ごはんのおかずには持ってこいのメニューです。

▲ホイコーロー

 中華の定番・ホイコーロー。玉ネギが短冊切りでたくさん入っているのが特徴。野菜に隠れてますが、豚肉もたっぷり入っています。

豚肉とオクラの味噌炒め/strong>

 ホイコーローとは少し違った味噌炒め。オクラが入っているのが珍しいです。

骨付き唐揚げ/strong>

 こちらも定番の唐揚げですが、骨付きモモ肉をそのままの大きさで揚げた後、食べやすい大きさに切っています。衣はサクサクで味が濃く、ごはんが進みます。山盛りの千切りキャベツとともに、ボリューム満点のメニューです。

豚ミンチは白菜のスープ/strong>

 ランチはメインのおかずと小皿、スープ、ごはん、杏仁豆腐というのが基本のセット。スープも色々と種類があり、卵スープやマイタケの吸い物、浅蜊汁の他、上写真のようなメインと呼んでもいいぐらいのものまで様々です。

牛スジ麺

 スープがセットに無い日もありますが、それはラーメンメニューの時。上はたっぷりの野菜と牛スジの入ったラーメンです。あっさり目のスープの中にスジ肉のコクが感じられるメニューでした。

 ランチメニューはレギュラーメニューにないものも多く、これだけの内容とボリュームで850円というコスパの高さも見逃せません。今後も通って、また紹介していきたいと思います。ごちそうさま!

 中華 寒山
 京都市右京区西院六反田町2 地図
 075-326-0232
 12:00~14:00、17:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ささや 親子丼

▲店舗外観

 葛野大路五条の交差点を北へ上がった、万寿寺通の交差点北西角にある定食屋「ささや」へ行って来ました。家の近くにあるので1度は行こうと思いつつ、かなり早い時間に閉まっているので(午後8時にはやってなかった)、昼間の時間がある時にと狙ってみました。

 店は昭和っぽさが残る食堂という雰囲気で、4人がけテーブル席がたくさん並んでいて広いです。午後0時半頃で半分ほどの席が埋まっていましたが、客は全て男性の1人客。常連さんっぽい人が多く、注文もメニュー表を見ずに頼んだり、店のおばちゃんが「いつものやな」と言ってきたり、そんなやり取りもいい味を出しています。僕は迷った末に「親子丼」を頼みました。

▲親子丼(670円)

 甘い出汁とともに半熟とき卵にたっぷりの鶏肉が載った親子丼はオーソドックスなタイプ。仕上げでおばちゃんがかける山椒の香りがいいですね。汁はやや少なめとも思いましたが、食べるうちに浸透していって良い按配になりました。長く刻まれたネギのシャキシャキ感もいいものです。

 まあ、普通と言ってしまえば余りに普通の親子丼だし、店自体も普通の食堂ではあるのですが、だからこそホッとするというか、日常の中にあることの出来る店なのだと思います。ごちそうさま!

 ささや
 京都市右京区西京極葛野町11 地図
 075-312-2953

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

中華 寒山 本日のランチ(冷麺&中華丼&豚肉とキノコの炒め)

▲店舗外観

 五条通沿いに建つマンションの一角にある中華料理店「寒山」でランチを食べて来ました。ランチメニューは平日日替わりで店先の黒板に掲示されるのですが、その日は大きく「冷麺」とだけ書いてあり、本格中華料理店の出す冷麺とはと、興味津々で注文しました。

 いつもはカウンター席に座るのですが、この日はたまたまカウンター席が満席だったため、空いていた座敷席へ。1人でこの席に座ると、なんか落ち着かないのは貧乏性ゆえでしょうか(笑)。いつものように「サービスお願いします」と注文し、出てくるのを待ちます。

▲本日のランチ・冷麺(850円)

 出てきた冷麺は、なんとも個性的なビジュアルです。全体にかけられている黒いタレは、店の看板メニューでもある黒胡麻担担麺のベースとなる胡麻ダレで、それよりも甘みと酸味、粘度が増している感じ。これがちょっと舐めただけでも風味抜群で、激しく美味い!

 トッピングはキュウリ、ハム、大根の千切りに、右端にあるのは牛肉タタキの千切りと豪華。1つ載せられている海老もプリプリ感抜群で、こちらも言うことなしの美味しさです。

▲よく混ぜて食べる

 食べる前に黒胡麻ダレを全体によく混ぜ合わせます。混ぜ返す度に香ってくる胡麻の風味がたまりませんね。麺はおそらく普通に使っているものを水で〆たものだと思うのですが、十分美味しかったです。ちなみに「本日のランチ」なので、冷麺にライスもついてきました。美味しく頂きましたが、酸味と甘みの強いこの冷麺に白ごはんの組み合わせは、ちょっと珍しいかな。

 ともあれ、これで850円というのは安すぎる出来栄えです。というか、夏季限定でいいからレギュラーメニュー入りしてくれないかなぁと思いました。

 ちなみに「寒山」の「本日のランチ」は、別の日に下のメニューも頂いています。

▲中華丼

 たっぷりの具材と、少し炒められた豚肉が特徴の「中華丼」。相変わらず絶品です。

▲豚とキノコの炒め物

 オイスターソースで炒められた豚肉とたっぷりのキノコが美味い! 旨味をたっぷり吸い込んだ大きなエリンギがたくさん入っていて、ごはんのお供に最適でした。

 本当にリーズナブルでレベルの高い一品を出してくれるお店です。「本日のランチ」は数に限りがあるので、日によっては午後1時前には売り切れていることもあるのでご注意を(冷麺は0時半くらいに終わってました)。ごちそうさま!

 中華 寒山
 京都市右京区西院六反田町2 地図
 075-326-0232
 12:00~14:00、17:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

天下一品 西院店 豚キムチ定食(こってりラーメン)

▲店舗外観

 おそらく自宅から一番近い天一と思われる「天下一品 西院店」へ行ってきました。阪急西院駅から西大路を北へ少し歩いたところにあるので、以前から店の前はよく通っていたのですが、ようやく初訪問となりました。

 店内は厨房越しのカウンター席とテーブル席が幾つか。広くはありませんが、それでも席数は30くらいはあるのかな。ラーメンメニューの他、定食メニューが割と充実しているようです。

▲豚キムチ定食(930円)

 今回頼んだのは「豚キムチ定食」。濃い目の味付けの豚キムチが、ごはんのお供に最適です。ボリュームも結構ありますね。

▲こってりラーメン(単品の並は650円)

 セットのラーメンはもちろんこってり。西院店はワカメラーメン、キムチラーメン、ワンタンメンといったメニューもあります。また、学割サービスもやっていて、学生証提示でラーメン並は550円になるようです。

 定番の美味しいこってり味。ごちそうさま!

 天下一品 西院店
 京都市右京区西院東淳和院町16-2 地図
 075-321-6300
 11:00~27:00(L.O.26:45) 木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

越殿楽(えてんらく) スペシャル定食

▲店舗外観

 右京区の五条西小路通を北へ進み、ちょっと渡りにくい阪急の踏み切りを過ぎたところにある定食屋「越殿楽(えてんらく)」へ行って来ました。こちらのお店はぐるみさんに紹介頂いて以来気になっていたお店で、ようやく今回初訪問となりました。

 以前は京都外大前に店を構えていたそうですが、最近こちらに移転してきたようです。名物は海老フリッターの鶏バージョン「鶏ッター」とあり、その他にも揚げ物を中心に多彩なメニューが並んでいます。迷った時は色々入ったものをということで、今回は鶏ッター、ヒレカツ、カキフライが並ぶ「スペシャル定食」をお願いしました。

 店内は少し狭い印象。僕が座ったのは入ってまっすぐいったところにある厨房越しのカウンター席。後はテーブル席が幾つかというレイアウトです。

▲スペシャル定食(900円)

 写真の通り、定食メニューは弁当箱に入って出てきます。ごはんの大盛りは無料なので、それでお願いしています。ヒレカツは一口ではちょっと食べるのに苦労する大きさ。サックリとした衣と中身のジューシーさが良いバランスです。店一番のオススメとなっている鶏ッターは、甘酢あんがごはんのお供に最高ですね。弁当箱形式なので、ゴボウサラダやキンピラレンコンなども味が混ざることなく食べられます。

 かなり美味しくボリュームもあったのですが、丼モノはさらにコスパも良いようなので、次回以降は多彩な丼メニューにもチャレンジしていきたいと思います。

 と、ここまで料理の話だけをしてきましたが(グルメブログなので当然ですが)、この「越殿楽(えてんらく)」という店名についてのお話もしていきたいと思います。途中から客が僕だけとなったため、写真撮影の許可をきっかけにカウンター越しに店主さんと色々お話をしていったのですが、なんとも情熱あふれる方でした。まず、この店名は雅楽の曲名から取られており(越天楽と表記する場合もある)、店主さん自身が雅楽の奏者でもあるのです。というか、むしろそっちが本職みたいです。

 雅楽の素晴らしさを知ってもらうためにはどうしたらいいかと考えたときに、人がたくさん集まる場を作ろう→飲食店をやろうといった感じで店を始めたそうですが、「より多くの人に知ってもらおう」と、阪急の車窓から見える場所に引っ越し、「越殿楽」という文字を大きく看板に書いたそうです。「そうすれば、『あの店名、どういう意味だろう?』って疑問に思った人がネットで調べて、店と同時に雅楽にも興味を持ってくれるでしょう」とのこと。

 現在、プロの奏者として京都をはじめとする大きな神社の演奏に参加する傍ら、後進の指導にも当たっているそうです。が、これが結構大変なようで、「雅楽と言えば京都、みたいなイメージはあるでしょうが、若手が習うなら東京の方がいい」らしいです。なんでも、明治維新で東京へ遷都された際、当時一流だった雅楽の奏者は残らず東京へ移ってしまい、雅楽の本場がそっちになってしまったからだとか。「京都の大学で雅楽をやる学生は多いけど、その環境はかなりひどい状態」で、それは指導者の質だとか、変に保守的な制度とか、色々と問題山積とのこと。そうした状態を少しでも改善できればと、こうして雅楽の普及にあたったり、後進の指導に情熱を傾けているのだそうです。

 気付けば1時間ほど、雅楽の現状について色々とお話をさせてもらいましたが、どれも知らないことばかりでとても面白く、興味深かったです。ちなみにYou Tubeに、店主さんが店内で篳篥(ひちりき)を演奏した動画がアップされているので、それも貼っておきます(掲載許可済み)。





 店主さんは雅楽の仕事で出ていることもあり、毎回いるとは限りませんが、また料理をつまみながらお話をしてみたいものです。ごちそうさま!

 越殿楽(えてんらく)
 京都市右京区西院清水町75-8 地図
 075-313-9787
 11:30~15:00、17:00~22:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華飯店 夜来香(イエライシャン) 麻婆豆腐定食

▲店舗外観

 西京極の「中華飯店 夜来香」へ行って来ました。近所なので割とよく行っているのですが、ランチの「海老チリ定食」「担々麺定食」を交互に食べて変わり映えもしなかったので、ブログ掲載は見送っていました。

 と、言うことは、それ以外のメニューを食べてきたということです。今回頂いて来たのは「麻婆豆腐定食」です。一律730円のお得なランチセットに含まれていないため、貧乏性から注文を先延ばしにしていたのですが、食べてみて思ったのは「もっと早く頼んでおけば」という後悔でした。

▲麻婆豆腐定食(800円)

 ランチの各種セットの違いは、杏仁豆腐の有無くらいで、後はサラダ、ザーサイ、卵スープと同じ内容。麻婆豆腐は赤黒い色合いで、見るからに辛そうなイメージです。注文時に「辛さはどうしましょう」と訊かれたので「辛口」でお願いしたのですが、ヤバイかったかなと汗。

 麻婆豆腐の皿は見た目よりも深皿で、ボリュームは結構あります。食べてみると辛さは懸念していたほどではありませんが、山椒がしっかり効おり、じんわりと汗が滲んできます。しかし、その辛さ痺れの中に、確固とした旨味が含まれており、ごはんがどんどん進みます。失敗だったとすれば、ごはんを大盛りにしなかったことでしょうね。

▲麻婆豆腐

 豆腐は絹ごしで調理の中で崩されています。挽肉は少な目、ネギは普通くらいの量です。

 会計の時に店主さんから「辛さはどうでした?」と訊かれたので、「大丈夫でしたよ」と答えると、「次はもう少し辛くしましょうか?」と。「ええ、それでお願いします」と返すと、ニヤリと笑みを浮かべて「わかりました。またヨロシクお願いします」と送り出してくれました。ランチタイムだと、毎度店を出るときに「いってらっしゃい、お気をつけて」と言ってくれるのですが、そういうところも嬉しいですね。店主さんは厨房の中から、僕のお冷が空だと気づくと、ささっと水を注ぎにきてくれたりもして(基本、最初のお冷以外はセルフで注ぐことになっているのに)、そういう細やかな気遣いが有難く、料理の美味しさ以外の部分でもファンになってしまいます。

 次はさらなる辛さの「麻婆豆腐」を食べてみたいですが、まだまだ食べていないメニューも多いので、迷ってしまいますね。ごちそうさま!

 中華飯店 夜来香(イエライシャン)
 京都市右京区西京極畔勝町44-2 地図
 075-315-1686
 11:30~14:00、17:00~22:00、水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。