スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋 本日のカレー・ひれトンカツと牛肉コロッケ&ミックスジュース

▲店の看板

 堀川紫明にある喫茶店&欧風居酒屋の「香麗屋」へ久々に行って来ました。振り返ったら去年3月以来、1年以上のインターバルでした。この日は友人と少し打ち合わせをすることがあったので、ゆっくり食べられる場所へ行こうと訪れた次第です。

 日曜日の午後7時頃でしたが、店には学生を中心に10人以上がいました。広い店内なので、それでもゆったりと座れます。まずは腹ごしらえと、頼んだのは当然「本日のカレー」。この日は「ひれトンカツと牛肉コロッケ」で、大盛りでお願いしました。

▲本日のカレー・ひれトンカツと牛肉コロッケ(600円)+大盛り(100円)

 久々ということもあって、改めてその圧倒的ボリュームに驚かされます。分かりにくいですが、皿は直径30センチくらいありますし、ごはんは3合くらいは盛られているんじゃないでしょうか。そこにシイタケ、シメジなどのキノコソテーを載せ、さらにヒレカツ3枚とコロッケ2つを盛り付け。これで700円なのですから、学生たちが集うのも当然のこと。

 ヒレカツは衣サックリで中は軟らかく、コロッケも手作りではありませんが、大きくて食べ応え十分。ルーは素材が全て煮溶けた液状のものですが、ヨーグルト系の酸味を感じるもので、ごはんともフライともよく合います。大盛りで頼んでいるので、別に持ってきたカレーポットに、後がけ用のルーもたっぷり用意されており、まったくもって至れり尽くせりの内容です。

▲セットのサラダ

 しかもこれにサラダも付くんですからね。心なしか、前回のサラダよりも内容が充実しているような。

▲ミックスジュースとお菓子(400円)

 腹を満たした後は、飲み物を頼んで打ち合わせ。コーヒーにしようかとも思いましたが、以前飲んだミックスジュースが美味しかったのを思い出して、それを頼みました。たくさんのフルーツをミックスして作ったそれは濃厚で量も多く、400円はお値打ちです。そして当然のようにお菓子も出てくるという。

 本当、ブログで紹介するたびに書いてますが、近くにあれば絶対通ってます。今回もごちそうさま!

 コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋 本日のカレー(揚げチキンとアルトバイエルンのカレー)

▲店舗外観(撮影は昨年3月)

 堀川紫明でコスパ抜群のカレーを出している「香麗屋」へ行ってきました。ここでの紹介も今回で5回目となりますが、5回連続で食べてきたのは「本日のカレー」。毎回トッピングがてんこもりのお得すぎるカレーです。

▲階段入り口の貼り紙

 この日の「本日のカレー」は写真にある通り「唐揚げチキンとアルトバイエルンのカレー」。一緒に行った友人と「唐揚げチキンって、鶏の唐揚げと何か違うの?」「イチロー・スズキみたいに言い換えただけでは?」とか言いつつ、それを大盛りでお願いしました。

▲唐揚げチキンとアルトバイエルンのカレー・大(700円)

 やって来たカレーに載っていたのは、予想通り鶏の唐揚げ。さらにパキッという皮の食感が美味しいアルトバイエルン、デフォで載っているキノコのソテーが大盛りごはんと一緒に盛られています。ルーはいつもと同様、皿とは別にカレーポットでも出てきます。大盛りの場合はそれで丁度いい感じですね。

▲セットのサラダ

 大盛りカレーにサラダが付いて700円(並み盛りは600円)というのは、やっぱり破格です。さらにこの時は3人で訪れたため、カレーを食べ終わった後はデザートとしてキウイもサービスしてもらいました。ただ、3人で来たのに4つ出てきたのは謎(笑)。

 サービスの良さ、居心地の良さは僕の知る喫茶店では3本の指に入る名店。ホント、もう少し近ければもっと通うんだけどなぁ。でもまた、癒されにいきますよ。ごちそうさま!

 コーヒー&欧風居酒屋 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

香麗屋 本日のカレー(シャウエッセンの入ったポークカレー)大盛り

▲店舗入り口にある看板

 堀川紫明の「香麗屋」で久々にカレーを食べてきました。ここでの紹介は6月22日以来、通算4度目となります。訪れた日は既に昼ご飯を食べていたので、当初はコーヒーか何かを飲みつつ、ゆったりとした午後を過ごすつもりだったのですが、ここへ来てカレーを頼まないのもなぁと思い、気が付けば「本日のカレーを大盛りで」と口ずさんでいました。

▲サラダ

 カレーの前にやって来るサラダ。メニューには特に「サラダ付き」とか書かれていないのですが、しっかりとしたものが出てきます。

▲本日のカレー・シャウエッセンの入ったポークカレー大盛り(700円)

 この日の「本日のカレー」はシャウエッセンの入ったポークカレー。角煮風の豚肉がゴロゴロと入ったカレーに、噛めばポキッと小気味よい音を鳴らすシャウエッセンが3本載っていました。トマト系とヨーグルト系、2種類の酸味が効いたルーは相変わらずの美味しさで、カレーポットに入れられたものも含めて全て完食しました。

 この日はその後、ドリンク(ミックスジュース)を頼んで3時間ちょっと滞在。ドリンクを頼むとちょっとしたお菓子も出してくれるのが嬉しいです。この日はエンゼルパイが出てきましたが、おそらく僕は初めてエンゼルパイを食べました。中にマシュマロ?が入ってたの、この時初めて知りましたし。

▲店内の様子

 友人とどうでもいい話をしたり、競馬の予想をしたり、とてつもなくゆったりとした、しかし人生にはこういう時間も絶対に必要だという、有意義な時を過ごしました。店を出る頃には陽もだいぶ傾いており、客は僕らだけとなっていましたが、本当に居心地の良い空間です。値段も安いですし、本当に理想の喫茶店。

 またふらりと寄りたいと思います。ごちそうさま!

 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン くらま くらま定食(くらまラーメン+巨大唐揚げ3個+ごはん)

▲店舗外観

 「食い逃げメニュー」という名でたくさんの無料おばんざいを用意し、定食では拳大の唐揚げが3つも出てくるなど、大ボリュームで有名なラーメン「唐子」。その流れを汲んで今年6月にオープンした、千本鞍馬口の「くらま」へ行ってきました。

 場所は千本通から鞍馬口通を東に入ってすぐのところ。訪れたのは土曜日の午後9時半頃でしたが、何故か看板が暗いまま。暖簾はかかってるし、中は明るく人もいるのでやっていることに間違いはないのですが、経費節減?

 店内はカウンターのみ10席ほど。新規オープンの割に年季の入った内装は、もともと何かの飲食店だったものを、ほぼそのまま使っているからでしょうか。カウンター越しの厨房では、以前唐子にいたお兄さんが店長として切り盛りしています。早速オススメメニューとされている巨大唐揚げとのセット「くらま定食」を頼み、カウンターに置かれたおばんざいを小皿に取りました。

▲無料のおばんざい

 この日は「肉抜き肉じゃがカレー風味」「野菜炒め」「もやしのカレー炒め」「キャベツサラダ」などが置かれていました。「唐子」よりは若干少ないですが、それでも無料で食べられるサービスは嬉しい限り。それを食べているうちに、ラーメンより先にまず唐揚げがやってきました。

ラーメンセットの唐揚げ。拳大が3つの大ボリューム

 この大きさ、存在感は「くらま」でも圧倒的。しっかり火が通った唐揚げは、サクサクの衣とジューシーな肉質で、ごはんが進みます。添えられたマヨネーズとも相性が良く、ジャンクな美味しさが口いっぱいに広がっていきます。

 そしてやってきたラーメン。今回はデフォルトの「くらまラーメン」です。

▲くらまラーメン(630円)。唐揚げとごはんとの「くらま定食」は870円

 スープは野菜と豚骨のWスープ。こってり風に見えますが、野菜が強いため重さは余りないです。素材となっているカボチャの甘みが感じられるのは、「唐子」とほぼ同じですね。

 トッピングは厚切りのトロ肉チャーシュー、若布、もやし、海苔、ネギ。チャーシューはスープに浸して脂を馴染ませてから食べるのが吉。麺は中細ストレート麺でやや軟らかいものです。

 ラーメン自体のボリュームは普通なのですが、おばんざい、唐揚げ、ごはんを全て堪能すると、すっかり満腹状態に。これだけあって870円という値段、本当にコスパ良すぎです。さらに会計時には3枚で唐揚げ一皿、5枚でラーメン一杯が無料になるサービス券ももらえるという素晴らしさ。有効期限欄はあるのに日付は入ってないというのも嬉しいです(笑)。

 店主のお兄さんの元気と愛想も良く(帰り際に「ありがとうございました」に加えて「おやすみなさーい」と言ってくれたり)、「唐子」と交互に通いたいお店です。ただ、外待ちすることも少なくない「唐子」と比べると、お客さんの入りが少ないのが気になりますね。まだ知名度が上がってないのかもしれませんが、学生などには大いなる味方となるお店だけに、これからも頑張ってもらいたいです。ごちそうさま!

 ラーメン くらま
 京都市北区紫野南舟岡町5-20 地図
 075-411-2680
 11:30~14:00、18:00~24:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

香麗屋 本日のカレー(ポークカツカレー)大盛り

▲本日のカレー・ポークカツカレー・大(700円)

 堀川紫明にある大盛りカレーで人気の「香麗屋」へ行ってきました。今年3月以来の訪問で、当ブログでの紹介は3度目となります。頼んだのはこれまで同様「本日のカレー」。今回は大きなカツが載った「ポークカツカレー」で、いつものようにキノコのソテーもカツの下にぎっしりと詰まっています。

 ポークカツはサクサクで肉の厚みもあり、400~500gはあるだろうライスの量と合わせるとかなりのボリューム。スープポットに入れてもらった替えのルーも使い切って完食しました。これだけのボリュームでサラダもついて700円というのは、紹介する度に言ってますけど破格すぎです。

 訪れたのは土曜日の正午過ぎで、店内は半分ほどが埋まっていました。この日は友人3人と昼飯+打ち合わせ目的でやって来たので、カレーを食べ終えた後は(全員「本日のカレー」)ドリンクを一杯ずつ頼んでゆったりと過ごしていたのですが、喫茶店としても非常に居心地がいいんですよね。

▲サービスで出してくれたグレープフルーツ

 実はカレーが来る前に、上写真のグレープフルーツをサービスで出してくれたのですが、これが甘酸っぱくて瑞々しくてとても美味しかったです。そしてドリンクを頼むと、一緒にお茶請けのお菓子もサービスしてくれました。ハッピー○ーンやあられなど、子供の頃に友だちの家に行ったら出してくれたような、そんなお菓子たちです。

 ちなみにドリンクはミックスジュースを頼んだのですが、これが果物の果肉がたくさん入っていて飲みごたえ十分の美味しいものでした。ストローに果肉が詰まって飲めなくなるようなもので、最後は明らかに“食べて”いたんですが、オススメです。値段は確か400円だったと思うのですが、その値段で出てくるレベルのものじゃないですね。

 結局3時間近く居座ってしまいましたが、用事がなければもっと長居したい心地よさでしたね。いやホント、家の近所にあったら休みの午後にはずっと通ってしまうかもしれないです。ごちそうさま!。

 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

香麗屋 本日のカレー(シャウエッセンと牛肉コロッケ)&ジャンボチキンカツレツ

▲店舗外観

 堀川紫明にあるカレー屋「香麗屋」へ行ってきました。昨年10月以来2度目の訪問です。前回は夜の訪問でしたが、今回訪れたのは祝日の午後3時半ごろ。店内には常連客らしいおばさんや学生などが、ゆったりとした時間を過ごしていました。

 今回も頼んだのは「本日のカレー」。日替わりでトッピングが代わり、ボリュームも十分なメニューです。この日は「シャウエッセンと牛肉コロッケのカレー」とあり、それを大盛りでお願いしました。

▲本日のカレー・シャウエッセンと牛肉コロッケのカレー・大(700円)

 しばらくしてやって来たカレーは、前回にも増してボリュームのある一品。いや、実際にごはんの量は増えているような気がします。下手すると3合近くあるんじゃないかな、これ。その大ボリュームのごはんの上には、フォークを刺せばパキッと小気味よい音がするシャウエッセンが3本に、牛肉コロッケ、カレーコロッケが1つずつ、さらに生マッシュルームとエリンギのソテーがわっさーと盛られています。もちろん追加のルーも別容器に用意され、サラダもちゃんと付いており、これで値段は驚きの700円だというのだから、まったく嬉しいよりも呆れてしまいますね(笑)。

 コロッケは手作りではなく冷凍物のようですが、揚げたてなら別にどうということもないです。キノコたちの食感と、やや酸味の強いカレールーの相性が良く、追加のルーも全て使ってしっかり完食しました。ただ、さすがにこれだけ食べると腹が膨れます……というか膨れすぎ。食べる量に自信がない人は大盛りはもちろん避けるとして、「ごはん少なめで」と頼んだ方がいいでしょう。ま、それでは香麗屋を堪能したとは言えないですが。

 この日一緒に行った友人は、店のもう一つの人気メニュー「ジャンボチキンカツレツ」を注文しましたが、こちらのボリューム&コスパも凄まじいものでした。

▲ジャンボチキンカツレツ(500円)

 反対側から写真を撮っているのでチキンカツの大きさがイマイチ分かりにくいですが、大人の男が手のひらを目一杯広げたぐらいの大きさがあります。そのチキンカツにサラダが付き、味噌汁は生ワカメ使用のちゃんとしたもの、さらに梅干しと一品がついて500円は破格もいいところ。しかも一品のおでんは味がしゅんでいて、おまけというレベルを超えた美味さだったそうです。さらにごはんはお代わりOKという太っ腹さ。コスパに於いては、京都最強かもしれないですよ、コレ。

 昼間に来たことで、外の看板を初めてちゃんと見たのですが、ここは「欧風居酒屋」という肩書きもあるんですね。確かにアルコールメニューも充実しているし、カウンターはそれっぽい感じもありました。しかし、僕らを含めて殆どは大盛りのカレー屋、定食屋として利用している客が多いように思います。

 いつまでもコスパ満点の美味しいメニューを続けてもらいたいので、たまには客単価を上げるために居酒屋メニューも頼まないとと思うのですが、次に来たときもカレーやチキンカツを頼むんだろうなぁ、きっと。あと、かなり老舗なんだと思ってたら、開店は1994年と意外と最近でした。

 ……1994年を「最近」と言ってしまうのは、おっさんということなんでしょうか。ごちそうさま!

 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階 地図
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

らーめん なか房 でっかいチキンカツ定食

▲店舗入り口

 京都市北区のラーメン屋「なか房」へ行ってきました。場所は烏丸鞍馬口の信号から150mほど西へ入ったところ。堀川通からだと大盛りカレーで人気の「香麗屋」から入る道を歩いていけば到着します。

 訪れたのは木曜日の午後9時半過ぎ。店の前まで来ると看板に電気が付いていませんでしたが、扉には「営業中」の札がかかっていたのでそのまま入店しました。僕らの後にも次々お客さんは入ってきたので、これはデフォルトの状態なのでしょう。

 店の人気メニューはミニラーメンと大きなチキンカツの付いた「でっかいチキンカツ定食」。それを注文すると、店の大将が「チキンカツ揚げるのに10分くらいかかるけど、ええ?」と訊ねてきました。「お願いします」と頷くと、「ラーメンの方は、チキンカツ出来てから聞くから。今聞いても忘れてまうし」と言って、早速チキンカツを揚げ始めました。

 定食のラーメンは「スープのあっさりorこってり、麺の極細麺or太麺、ネギ増し、もやし増し、にんにく入りなど、好みで選ぶことが出来るようです。チキンカツが揚がる頃、改めて大将から好みを訊かれ、「スープあっさり、太麺」でお願いしました。他のトッピングを控えたのは、直前に「久保田」で「魚醤らーめん」を食べていたのと、かなり大きいらしいチキンカツが、どんなもんなのかわからなかったからです。

▲でっかいチキンカツ定食(690円)

 やってきたチキンカツは両手の拳大と確かにジャンボサイズ。ライスも普通盛りで結構な量だし、ミニラーメンも少なくない量でした。あっさりスープは丹波地鶏を使った鶏ガラベースで、程良いコクが良い感じす。太麺はコシのしっかりしたものでした。

 チキンカツは中までジューシーに仕上がっており、ごはんのおかずとして箸が進みます。大きさ的には、「唐子」「亜喜英」の唐揚げを経験していたので、そこまで驚くほどではありませんでしたが、ラーメン+ライス+チキンカツで690円というコスパは衝撃度が高いです。大将自作の取り放題キムチもなかなか辛くて美味しかったですし。

 また、「なか房」では水はセルフサービスなのですが、その方式がちょっと他店と違います。カウンター席の後ろにある冷蔵庫の中に、ラベルを剥がした2Lペットボトルがゴロゴロと入れられており、そこから各自1本ずつ取っていくんですね。水のお代わりでいちいち席を立たなくて良い、便利なシステムだと思います。

 ちなみに支払いの前にそのペットボトルを冷蔵庫に戻そうとすると、大将に「ええよ、それはそのままで。出してくるのはセルフやけど、しまってもらうのまでやってもらったらバチが当たりますわ」と言われました。そんなやり取りも含めて、どことなくとぼけた大将のキャラクターが気持ちよいお店でした。

 店のHPによると目玉商品は手羽唐揚げだそうなので、次回はそれを食べたいですね。大盛りでも値段そのままというチャーハンもいっておきますか。ごちそうさま!

 らーめん なか房
 京都市北区烏丸鞍馬口西入ル長乗東町194-1 地図
 075-441-1518
 11:30~24:00 火曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラーメン タンポポ つけ麺300g&ラーメン

▲店舗外観

 京滋17店舗の「味噌響宴」。4軒目の訪問店は北区紫野の「タンポポ」です。場所は千本北大路の交差点を北へ進み、仏教大学を左手に見つつ三叉路を右へいったところ。店の裏手に駐車場があります。

 「味噌響宴」の参加店ではありますが、今回訪れたのは土曜日の午後11時50分頃。三条で飲み会があり、その後に食べに行ったため、元より限定の味噌コラボメニューはないものと踏んでいました。注文時に一応は聞いてみましたが、当然ながら答えは売り切れ。確実に食べるなら昼間のうちに来るのが良さそうです。

 「タンポポ」へ来たのはかなり久々で、おそらく7、8年ぶり。同行した友人が食べていた一味唐辛子がぶわっとかかった定番のラーメンも気になりましたが、前に来たときには無かった「つけ麺」を頼みました。麺の量は200gと300gから選択可能で、どちらも値段は800円。とくれば、貧乏性の僕は迷うことなく300gです。

▲つけ麺300g(800円)

 つけ汁は豚骨ベースの中にある節系の印象が強いです。麺はプリッとした弾力のある棣鄂製の中太麺。つけ汁には背脂が浮いているためトロミは割とあり、麺との絡みは良いです。


 トッピングは大きなバラチャーシューが2枚にシナチクと海苔。チャーシューは箸でつまむとホロホロと崩れそうになるほど軟らかく、つけ汁に入れると脂が溶け出して旨みを増してくれます。他の方のレビュー記事を読むと、以前は煮玉子がついていたり、魚粉がまぶされていたりしたようですが、このあたりは日々変化し、進化していっているのでしょう。

 友人が食べていたラーメンは、丼いっぱいまでスープが注がれ、そこに一味唐辛子が真っ赤にまぶされているのが特徴です。

ラーメン・並(600円)

 基本のスープは豚骨醤油で、そこに背脂と一味唐辛子がかかるという京都系ラーメンの典型的なもの。その余りの赤さのため激辛を警戒してしまいますが、辛さはピリ辛程度でさほどでもありません。麺は中太でやや軟らかめ、たっぷりの九条ネギとの相性も良い、バランスの取れたラーメンです。

 今回は残念ながら、と言うか訪問時間を考えたら当然ながら、味噌メニューは頂けませんでしたが、初めて食べたつけ麺もなかなかに美味しかったです。京都市内の響宴参加店では距離的に一番遠いため、次回訪問が簡単ではないのですが、味噌メニューもなんとか制覇したいところです。ごちそうさま!

 ラーメン タンポポ
 京都市北区紫野西蓮台野町57 UKハイム1階 地図
 075-493-8594
 平日11:30~26:00、日曜111:30~15:00、17:00~21:00 第3月曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

香麗屋 本日のカレー(ポークカツ&キノコソテー)大盛り

▲本日のカレー(ポークカツ・キノコ)大盛り(700円)

 山盛りごはんに大きなカツ。パッと見でも大ボリュームとわかるこのカレーが、なんと700円で食べられる「香麗屋」へ行ってきました。場所は堀川紫明の交差点南東側にあるスーパーの2階。スーパー右にある階段を上がっていくと、喫茶店風の入り口が見えてきます。

 窓に貼られたポスターや飾られている観葉植物や調度品が、昔ながらの雰囲気、時間を気にせず友人たちと駄弁っていた学生時代を思い出させます。実際、この店の主要客は学生のようで、訪れた時にいた多の客も皆学生のようでした。

▲店の入り口

 「香麗屋」という店名ですが、メニューはカレー以外にも定食類も豊富で、隣のテーブルでは500円という値段では到底無理なんじゃないかというほど大きなチキンカツを食べている学生もいました(しかもごはんおかわり自由だし)。

 迷いつつも結局頼んだのは、最初の写真にある「本日のカレー」。いわゆる日替わりカレーなのですが、こちらも並盛り600円というのは(頼んだのは大盛りで700円)、食べている僕らが「経営大丈夫なの?」と心配してしまうほどのもの。大盛りを頼んだにしろ、ごはんの盛りは2合以上はありそうだし(亜喜英のライス大より多いです)、ポークカツも手のひらより大きなもの(ごはんのせいで小さく見えますが)。さらにカツの下にはキノコのソテーも大量に隠されており、この内容なら1000円でも安いと思えてしまうほど、とにかく大ボリュームです。

▲カツの下にはエリンギ、シメジ、マッシュルームのソテー。マッシュルームは生

 カレールーは具が全て溶け込んでいるサラサラのもので、辛さはそれほどありません。サラサラなだけにごはんやカツの衣にはすぐに馴染むので、量があっても食べやすいです。カツは定食のメインメニューで出されているものと同じなのでしょう、中の豚肉も軟らかく美味しかったです。キノコのソテーは大き目のザク切りで、食感もグッドでした。

 また、カレーには水菜とレタスのサラダが付き、大盛りを頼んだからか、後がけ用のルーも別に出されました。いやあ、これで700円とか、マジで大丈夫ですか?

▲本格カレーっぽい器に別盛りで出された後がけ用のルー。この気配りが嬉しい

 ボリューム、味は大満足、それを踏まえたコスパは超絶満足。そして店の雰囲気も大好きです。この日は21時閉店のところ、20時20分頃に訪れたのですが、ママさんも快く迎えてくれ、非常に居心地が良かったです。堀川紫明は日常的に通える距離じゃないけど、定期的に来たいお店です。、近所にあれば週一で行くのになぁ。ごちそうさま!

 香麗屋
 京都市北区紫野宮東町10 スーパー生鮮館しめい2階
 075-411-1733
 10:00~21:00 不定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

ラーメン日本一 ド根性ラーメン&ド根性餃子

▲ド根性ラーメン(900円)

 京都市北区にあるラーメン店「日本一」へ行ってきました。この店は大食い&早食いチャレンジの店として、京都の腹減り学生なら知らぬ人はいないであろう有名店です。何度かテレビなどでも紹介されています。

▲店舗外観。「日本一」の看板は割と目立つ
 今回頼んだのは、その大食いチャレンジメニューである「ド根性ラーメン」(900円)と「ド根性餃子」(550円)。とは言っても、普通に注文しただけなので、イベント的なことは一切ありません。そのボリュームに圧倒され、大食い&早食い達成者がどれだけ凄いのかを実感してきた次第です。

 まずラーメンですが、麺は普通の2.5倍。そこに大量のもやしと、鉢一面のチャーシュー、そして中央にも山と積まれた刻みチャーシューが載せられています。器だけだと分かりにくいので引いた写真を下に載せますが、隣の醤油差しなどと比較すれば、その大きさがわかるかと思います。

▲ド根性ラーメン×3。一緒に行った友人みんなで食べましたが、大食いチャレンジはこの3杯を一人で40分以内に食べないといけないわけで……人間技じゃないな

 スープは醤油ベースということですが、味噌の風味も感じます。食べているときは余り感じませんが、食後に残ったスープが冷えてくると、表面に膜が張るほどこってりもしています。麺はやや太めで、量に圧倒されてゆっくり食べていると、のびて細うどんぐらいになってしまうので要注意。チャーシューはバラ肉を使っており、その脂身が濃厚なスープとよく合います。

 続いては餃子ですが、大きさのインパクトとしては、こちらの方が強いかもしれません。

▲ド根性餃子(550円)。初見のインパクトはこちらの方が強い

 1つで普通の餃子7個分というボリューム。箸でつまむのも一苦労です。大根おろしを盛った小皿に移し、酢醤油で食べるとあっさりして美味しいのですが、いかんせんこの大きさですから、一口でポンとはいきません。箸で割ったり、あるいはかぶりついて食べることになるため、最後の方は餃子ではなく、餃子の具だけをモソモソと食べてしまう形に。ま、慣れてくればうまく食べられるようになるかもしれませんが。

 店内には大食いチャレンジの成功者の名前が、達成時間などとともにズラリと張られており、中にはフードファイターとして有名な方々もチラホラ。ド根性ラーメン3杯を7分そこそこで食べたという記録には、ただただ唖然。次元が違うな。

▲店内に掲示された「ド根性ラーメン挑戦者の心得」。「ラーメンより気をそらすこと」って、それって何か間違ってない?

 ちなみにド根性餃子は25個を40分以内に食べきったらチャレンジ成功。ラーメン3杯と同じく、永久に日本一での飲食が無料になるそうです。僕には到底無理ですが、興味がある方は一度どうでしょう?

 ラーメン日本一
 京都府京都市北区紫竹上本町1
 075-491-5245
 11:00~27:00 月曜定休(祝日は営業)
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。