スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

元祖牛すじカレー 桜堂 牛すじカレー+ネギ

▲店舗外観

 汐見橋交差点の南東角にあるカレー屋「桜堂」へ行って来ました。最寄り駅は南海汐見橋駅、地下鉄千日前線桜川駅で、桜川駅の4番出口から交差点へ少し歩くと、かわいい牛のキャラクターが描かれた看板が目にとまります。

 訪れたのは土曜日の午後2時過ぎで、僕以外に客は一人だけ。カウンターのみの店内、真ん中あたりに座って名物となっている「牛すじカレー」を頼みました。その後、メニュー表に「午後2時半までネギトッピング無料」とあるのに気付き、それも追加でお願いしました。

▲牛すじカレー(680円)+ネギ(14時半までは無料サービス。以降は+50円)

 トロミの強いルーは、甘みの中にスパイシーさがあります。インデアンカレーの辛くないバージョンといったところでしょうか。トッピングのネギと牛スジ以外の具は見られず、全て煮溶けているようです。

 牛スジはルーをかける前に盛る形。非常に軟らかく、しかしスジの部分はキュッと締まった小気味良い歯ごたえを与えてくれます。量もなかなかあり、ネギのシャキシャキ感とのコラボも上々。ごはんとルーの絡みも強く、かなりまとまった美味しいカレーでした。これが680円というのはコスパが高いと思います。

▲牛すじ肉

 カウンターに置かれたラッキョウと福神漬けは食べ放題。曜日変わりでお得なランチメニューもあります(月:とんかつカレー、火:若鶏唐揚げカレー、水:クリームコロッケカレー、木:チキンカツカレー、金:ミンチカツカレー、土:エビフライカレー。エビフライカレーは700円、他は600円)。平日は通し営業で深夜12時までやっているのも、嬉しいところ。もう少し近ければもっと活用するのになぁ、残念。

 それでも今度は、いずれかの曜日変わりカレーを食べに行きたいと思います。ごちそうさま!

 元祖牛すじカレー 桜堂
 大阪市浪速区桜川3-2-1 地図
 06-6561-5559
 平日11:00~24:00、祝日11:00~22:00 日曜定休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

龍旗信 なんばこめじるし 鱧天ひやかけ

▲店舗入り口

 「関西一週間」で特集されている「ひやかけラーメン」。「こぶ志」の「COOLRED」、「竜馬亭」の「冷やかけ豆乳麺」に続いて食べてきたのは、「龍旗信 なんばこめじるし店」の「鱧天ひやかけ」です。

 「龍旗信」は堺市に本店を構える塩ラーメン専門店。「なんばこめじるし店」はその支店となります。場所は有名店の支店が多く出店しいる「なんばこめじるし」の一番南。入り口と出口がそれぞれ専用口となっており、入り口の前で食券を購入して入店します。訪れたのは「竜馬亭」を出た後、午後2時頃。平日のこの時間でしたが、カウンターのみ10席ほどの店内は、常に満席状態でした。

▲鱧天ひやかけ(1200円)

 席に座って食券を渡すと「限定一丁!」と元気なかけ声。カウンター越しに作っているのを眺めながら5分ほど待ち、やって来たのが上写真の一品。写真では伝わりにくいかもしれませんが、この器、かなりの大きさです。最後にスープを飲むとき敢えて丼を両手に持ってみたのですが、結構大変でした。

 スープは鶏ガラと魚介をベースにまったりとした塩味。印象としては魚介の方が強いかな。口の中でじんわり広がるという感じです。そこに絡む細ストレート麺はコシがしっかりしており、ツルツルと口の中へスムーズに入っていきます。その味わいはラーメンと言うよりも、そうめんに近い? もちろん麺の食感などは全然違うし、その印象はマイナスではなく、むしろ新鮮で良いものではあるのですが。

▲大きな鱧天と細ストレート麺

 メイントッピングの鱧天は揚げたてでサクサク&ジューシー。白身の淡白な味わいが、あっさりとした塩スープと非常によく合います。また、大きさも相当なもの。箸で持ち上げると自重で崩れていくほどでした。たっぷりと載せられた白髪ネギのシャキシャキ感とのコントラストも楽しめます。

 味、ボリュームともに満足な一品でしたが、唯一のネックは1200円という値段でしょうか。食べてしまえばその値段も妥当だと思えるのですが、ラーメン一杯に1200円をポンと出すのは、ちょっとハードルが高いかも。僕自身、直前に食べた「竜馬亭」の「ひやかけ豆乳麺」が500円だったこともあり、食券販売機の前で「1200円!?」と一瞬躊躇してしまいましたから(笑)。

 初訪問で限定というのも何か違う気はしていましたが、それでも塩スープの美味しさは堪能できました。次回は普通のラーメンかつけ麺を頂きたいと思います。ごちそうさま!

 龍旗信 なんばこめじるし
 大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばこめじるし内 地図
 06-6644-2523
 11:00~24:00 売り切れ次第終了 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

カレーや マドラス カツカレー・中

▲店舗外観

 恵美須町にあるカレー屋「マドラス」へ行ってきました。堺筋から1本東の筋にある、黄色い庇が目印のお店です。

 訪れたののは土曜日の午後3時前。ランチタイムからズレた時間帯でしたが、若者を中心に店内は半分ほどが埋まっていました。カウンターのみですが通路も広く明るい照明の店内は、女性も男性も一人客でも気軽に入れる雰囲気のお店です。

 メニューはカレーライスとハヤシライス、それにカツやナスなど数種類のトッピングを好みで足していく形。今回はカツカレーを中で頼みました。

▲カツカレー・中(900円)

 ルーはトロミのあるもので、「インデアンカレー」に近い形態。味は最初に甘く、徐々に辛さが広がっていく大阪のカレーショップによくあるものですが、辛さのインパクトはやや弱い印象。僕が辛いモノ好きだからというわけではなく、絶対値としてやはり辛さは控えめだと思います。「甘口」とまでは言いませんが、辛いモノが苦手な人がより美味しく食べられる味でしょう。

 辛さは控えめですが、コクは十分すぎるほどに感じられます。これは牛肉がトロトロになるまで煮込まれているせいでしょうね。最後まで飽きることなく食べることが出来ました。カツは思っていたより肉厚で、サクサクの衣の食感とともに楽しめました。

▲付け合わせのラッキョウと福神漬けはフリー

 ボリュームは多い方だと思います。今回頼んだのは「中」ですが、他店なら大盛りに匹敵するごはんの量でした。

 マスターは人懐っこい笑顔が印象的で、これもまた店の雰囲気を良くしてくれます。日本橋で買い物をした後に、フラリと再訪したいお店ですね。次はハヤシライスかな。ごちそうさまでした!

 カレーや マドラス
 大阪市浪速区日本橋4-3-12 地図
 06-6644-9020
 月・木11:00~19:00、火・水・金~日11:00~23:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

そば処 まる榮 天とじ丼

▲店舗外観

 今日から2月。年明け以降もペースを落とさずブログの更新が出来ているのは良いのですが、振り返ってみると1月は29回中19回がラーメン。6回がカレーで(うち肥後橋南蛮亭が4)、その他の料理は4回のみ。ラーメン偏重だとは思ってましたが、ここまで傾いているとは。でも、2月は味噌響宴もあるし、しばらくはそんな傾向で更新が続くかと思います。

 という反省が多少なりとも影響し、この土曜日に行ってきたのが浪速区のそば処「まる榮」。今宮戎神社から阪神高速の高架をくぐってすぐのところにある、老舗のそば屋さんです。外観はかなり年季が入った風情。店内はカウンター9席と4人がけテーブル席1卓と、どちらかと言えば狭い印象。今宮戎のすぐ近くという場所柄、著名人のお客さんも多いようで、壁にはたくさんのサイン色紙が貼られていました。訪れたのは午後2時を過ぎたあたりでしたが、席は常に埋まった状態でした。

 この店のオススメメニューはカツ丼。並でも大きなカツが2枚載ったサイズらしいのですが、この時は残念ながらカツが売り切れ。店のおっちゃんに「ほんま、すんませんなぁ」とこっちが恐縮するくらい低姿勢に頭を下げられました。「じゃあ、天とじ丼で」と頼むと、パッと“これこそえびす顔”というにこやかな表情で「はい、天とじ丼一丁!」と元気よく注文を復唱してくれます。味は当然として、こういう雰囲気が長く人気店である秘訣なんでしょうね。

 天ぷらは衣作りから始めたため(丁度切れてたのか、注文ごとに作っているのかは不明)出てくるまでには多少時間がかかりました。卵とじ部分は、まず丼ごはんに天ぷらを載せ、その上に半熟のダシ入り溶き卵をわさっと被せる方式でした。

▲天とじ丼(1000円)

 やってきた天とじ丼の、この大迫力! 天ぷらを揚げているのを見ていた時、揚げる数がそんなに多くなかったので「んー、カツ丼と比べたらボリューム的にはイマイチな感じなんかなぁ」なんて思っていたのですが、とんでもない。天ぷらは海老×2、カボチャ、ししとう、レンコン、サツマイモ、茄子だけなのですが、その一つ一つがかなり大きいんですよ。カボチャやレンコンなんて煮物として出てくるくらいの厚みがあったし。もちろんそれにはきちんと火が通り、衣サクサク中ホクホクという絶好の揚げ加減。

 被せた卵の味も濃すぎず薄すぎず、そして半熟加減がまた絶妙。生卵を余り混ぜない状態で火にかけているので、黄身の濃度がところどころ違うあたりも美味しかったです。ごはんの量は多めで、女性だと結構キツイかも。一緒に出てくる赤だしも良い塩加減で美味しかったです。

 店を出るときは、おっちゃんだけでなく、奥さんや息子さんと思われる他の店員さん全員で、元気な明るい声で「ありがとうございましたーっ!」と言ってくれます。外は寒いけど、この料理と声をもらったら、どう考えても元気になりますね。カツ丼は食べられなかったけど、それは次回以降のお楽しみということで。こちそうさま!

 そば処 まる榮
 大阪市浪速区日本橋西5-21-18 地図
 06-6634-3606
 平日11:00~20:00(L.O.19:45)、日祝11:00~19:00(L.O.18:45) 水曜日(第3水木連休)

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

無鉄砲 大阪店 とんこつチャーシュー

▲とんこつチャーシュー(900円)

 大国町にあるラーメン屋「無鉄砲」へ行ってきました。本店が木津にある、超こってりの豚骨ラーメンで有名なお店です。

 訪れたのは土曜日の午後2時頃。今日はタイミング良く並ばずに入れました。これまで2度ほど店の前までは来ていたのですが、いずれも行列が出来ていたため店には入っていなかったのです。別に待つことが嫌なのではなく、今日もそうですが仕事の昼休みに梅田から自転車に乗って行っているので、大国町だと行って食べて戻って1時間というタイムスケジュールに並ぶ時間が加わるのは、結構シビアなんですよ。

 入ってすぐの券売機で食券を購入。奥のカウンター席に通され、食券を店員さんに渡そうとしましたが、受け取らないまま厨房へ注文をコール。豚骨ラーメンの店らしく、麺の硬さやスープの濃さなどが好みで注文できるのですが、それがまるで呪文のような略語になって店内を飛び交います。こういう雰囲気、活気があってワクワクしますね。

 今回頼んだのは上写真のとんこつチャーシュー、麺はカタメでスープは普通、ネギ多めでオーダーしました。3分ほどで出てきて、かなり早い印象を受けました。

 豚骨スープはかなりこってり。ドロドロとした食感は天一以上、6月に広島で食べた仙八らーめんに近い感じです。ただ、そちらが野菜系のドロリとしたポタージュであるのに対し、こちらは動物系というか、軟骨を煮崩していったらこうなったという印象。しかし、後味はドロリとした食感ほどにはしつこくありません。

 麺は中太のちぢれ麺で、スープとよく絡んできます。今回はカタメで頼んだのですが、周りを見てみるとバリカタやハリガネという注文も少なくありませんでした。トッピングはネギと海苔、そして写真では分かりにくいですがシナチクとチャーシューがスープの中に埋もれています。チャーシューは薄切りのトロ肉で結構な量がありました。本当は箸でチャーシューをつまんだ写真も撮ったんですが、ボケボケだったので割愛です。

▲店舗外観。店内にも待つ人のための椅子があるため、店外まで並んでいると10人ほど待っているという感じ
 テーブルの上にはそれぞれ紅ショウガ、ゴマ、激辛高菜が入った小壺があり、自由にトッピングできます。写真では紅ショウガだけを入れてますが、この後に高菜も入れました。高菜は激辛とありますが、それほど辛くはないです。まあ、前回の超激辛カレーをギリギリとはいえ完食した僕の基準はあてになりませんが。

 店を出ると入った時にはなかった行列が出来ていました。今回はやっぱり運が良かったようです。あと、会計後に店員さんに「ブログに載せるんですか?」と聞かれました。まあ、こういう質問は間々あることなんですが、その後ブログの名前を聞かれ、それを説明するのはちょっと恥ずかしかったですねぇ。「是非見させてもらいます!」なんて言われたけど、そんな大層なものじゃないし……えーと、よくわかりませんがスイマセン。でも、美味しかったし、また食べに行きます。ごちそうさま!

 無鉄砲 大阪店
 大阪市浪速区戎本町1-5-21 地図
 06-6645-0522
 11:00~15:00、18:00~23:00(売り切れ次第終了) 月曜定休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

鶴橋らーめん食堂 鶴心 なんば店 しょうゆチャーシュー

▲しょうゆチャーシュー(880円)

 日本橋のラーメン屋「鶴心」へ行ってきました。なんばパークスから南海線の高架をくぐって西へ進んだところ、いわゆる「オタロード」と呼ばれる道への途中にあります。訪れたのは土曜の午後3時頃でしたが、カウンター、テーブルともにほぼ席が埋まる盛況ぶりでした。

 頼んだのは写真の「しょうゆチャーシュー」。頼んだ後に知ったのですが、この店は鶴橋らーめん食堂と銘打っており、キムチの入ったラーメンが有名なんだそうです。ラーメンのメニュー表の裏を返すと各種石焼ピビンバが並んでいたあたり、韓国料理の店としての側面も強いようです。

 ラーメンはしょうゆの他、こってりしょうゆ、みそ、キムチの入った鶴橋、期間限定の塩とスープの種類は多く、トッピングも多彩。今回は初めてということでオーソドックスにしょうゆを頼みましたが、醤油の苦味がわかるスープが特徴的。背脂がかかっているなどこってり感や味全体の濃さは違いますが、京都の「新福菜館」のスープと似た方向性かもしれません。チャーシューは甘辛くトロトロで厚さもあってボリュームは十分。もやしはシャキシャキ感が強かったです。また、最近では珍しくナルトが載っているのも見た目の彩りとして良いですね。

▲セットのから揚げマヨごはん

 11時~17時は、ラーメンを注文すると8種類のセットメニューが無料になるサービスをしており、今回は「から揚げマヨごはん」を注文。“丼”でなく“ごはん”となっているのは、食べてみて納得。ごはんと唐揚げの味が分離しています。

▲店舗外観
 丼という料理を作ったのではなく、ごはんの上に唐揚げを載せましたという感じ。それはそれでアリかなと思います。上に載った唐揚げとごはんの量の比率からしても、これはやっぱり“丼”ではなく“ごはん”なのだと感じました。それは別に悪いことじゃないですが、うまく食べないとごはんが余っちゃうかも、ということです。

 先に書いたように、石焼ピビンバも店の看板メニューとなっていますので、次回はそちらの方も試したいところ。また、ぐるなびのクーポンを使えばキムチソフトクリームを無料で試食できたり、火曜日はトッピングの煮卵が無料だったりと、サービスも色々と充実しているようです。

 日本橋界隈は意外とごはんを食べられる場所が少ないので、結構重宝するんじゃないでしょうか。

 鶴橋らーめん食堂 鶴心 なんば店
 大阪市浪速区難波中2-1-18 マルタンビル1・2階
 06-6630-1125
 11:00~22:00 無休
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| BLOG TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。