スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| BACK TO TOP |

廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 大阪福島店 広島つけ麺・並・5辛

▲店舗外観

 地方発のB級グルメも今では大きなジャンルとなっていますが、そんな中の1つ「広島つけ麺」の店が環状線福島駅近くに新規オープンしたと聞き、仕事帰りに行ってみました。

 場所は福島駅のすぐ南、ホテル阪神の地下食堂街「ラグザスクエア」の一角。12月20日にオープンしたところだそうです。店内はカウンター席、テーブル席がゆったりと並び、明るい雰囲気です。訪れたのは平日の午後7時前でしたが、先客はサラリーマンらしい2人組だけでした。

 メニューは看板メニューの「つけ麺」の他、普通のラーメンもありますが、初訪問なので素直につけ麺を注文。広島つけ麺はつけ汁が辛いのが特徴で、その強度は自分で選べます。店員さんに「辛いのが得意なら5辛くらいがいいですよ」と言うので、それでお願いしました。トッピングも色々とあり、今回は刻み海苔を増量しました。

▲広島つけ麺・並・5辛(780円)+刻み海苔増し(50円)

 つけ麺なので時間がかかるかなと思ってましたが、意外なほど早く到着。理由は単純に、麺が細いから。中細ストレート麺を使っているので茹で時間が短いわけです。そして麺の上には、チャーシュー、半熟卵、白髪ネギ、刻みキュウリ、茹でキャベツ、刻み海苔がこんもりと盛られています。海苔は増量したとはいえ、他はデフォルトなので、トッピングのボリューム感が目立ちます。

▲真っ赤なつけ汁

 つけ汁は真っ赤なスープにすりゴマがかけられたもので、冷たいのがデフォ。温かいのもあるようなので、それは次回以降ですね。すりゴマは最初からたっぷりかけられていますが、カウンターの上には自由にかけてもらうためのゴマが山盛りとなっており、途中で追加していく形となっています。

 トッピングとともに麺をつけ汁に浸して食べると、なるほど辛いです。そして酸味と甘みもやって来ます。辛さはつけ汁が冷たいので一気に来ることはなく食べやすいですが、じんわりとやって来て後で額に汗が出るほどでした。イメージとしてはピリ辛の冷やし中華を、つけ麺っぽく食べているという感じですが、豊富なトッピングと適度な刺激で最後まで美味しくいただけました。

▲ゴマがたくさんで麺に絡むつけ汁

 ボリュームから考えるとコスパも悪くなく、若い店員さんの愛想もよいので全体として好印象。しかし、何が悪いといえば、やっぱり立地でしょうね。もともとラグザの地下は夜の客単価が高い店が多く(つまりは酒を飲むお店)、ラーメンで勝負するには向かない場所。福島駅から徒歩1分ではあるのですが、地上に派手な看板はないし、ここに店があることを知ってもらうには苦労があると思います。駅前の地上にあれば、ラーメン激戦区の福島駅界隈でも他にないジャンルとして流行ったと思うんですけどね。

 辛いのが好きな僕は、また違ったメニューも食べに足を運びますが、なんとか頑張ってほしいものです。ごちそうさま!

 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 大阪福島店
 大阪市福島区福島5-6-16 ラグザスクエア地下1階 地図
 06-6345-6620
 11:00~22:00 無休

スポンサーサイト
  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

烈志笑魚油 麺香房 三く 笑魚油かけラーメン+梅しらすごはん

▲店舗外観

 今年7月に新規オープンした福島区のラーメン店「烈志笑魚油 麺香房 三く」へ行って来ました。JR東西線新福島駅からなら、徒歩2、3分といったところでしょうか。

 真新しい店内は少し暗めの照明で、カウンター席オンリーながらゆったりとしたレイアウトとなっています。壁には荷物を入れるロッカーがあったり、雑誌棚、ステレオなどがオシャレな雰囲気を醸し出します。注文は入り口左手にある券売機で食券を買って行いますが、おそらく店主の奥さんと思われる店員さんが、丁寧に説明をしてくれました。ランチタイムは、各ラーメンにごはんのセットがあるとのことで、オーソドックスな「笑魚油かけラーメン」と、「梅しらすごはん」のセットをお願いしました。

▲梅しらすごはん(セットで850円)

 先に出てきたのは「梅しらすごはん」。メニュー名通りのものですが、しらす自体が美味しく、あったかごはんとよく合います。「笑魚油かけラーメン」が単品780円なので、+70円で食べられると考えるとかなりお得ですね。後でラーメンが来てから、スープと一緒に楽しもうと、この時点では少しだけ食べて待つことにしました。

▲笑魚油かけラーメン(単品780円)

 当初は「かけラーメン」というネーミングだったので、てっきり麺とスープだけしかないと思っていたのですが、説明を受けていわゆる普通のラーメンとわかりました。とにかく魚介出汁が強く出た醤油スープで、とりわけ煮干が強いですね。しかしそれはエグみのようなものではなく、あくまで風味が強いに留まっており、僕には食べやすかったです。まあ、魚介が苦手な人はアウトなレベルとは思いますけど。

 トッピングはチャーシュー、ホウレン草が見えていますが、チャーシューの下にネギがたくさん隠れています。それも刻みネギではなく、丸太のネギが軽く炙られ、さらに煮込まれた状態で入っており、これがかなり個性的な味わいをみせてくれます。量も多く、ネギ好きな僕にとってはかなり好みのトッピングと、スープへの影響だったのですが、これまた好き嫌いは出そうな感じがします。

▲麺は中細の縮れ麺

 麺は中細の縮れ麺で、やや軟らかめ。麺の量は普通ですが、トッピングの総量がそこそこあるので、全体としては1杯のボリュームはある方だと思います。

▲隠れていた煮干

 ネギと同じくスープに沈んで隠れていたのが、炙られた大きな煮干。出汁用ではなくトッピングとして入っていたのだと思いますが、ここからも煮干の風味が存分に出ていたことでしょう。身は軟らかく、普通に美味しいトッピングとして頂きました。

▲くすり

 半分くらい食べたところで店員さんから「くすりどうですか?」と聞かれました。これはいわゆる薬味のことで、後半に違った味を楽しんでもらうためのもの。お願いすると「くすり1つ」と通され、上写真のような、それこそ漢方薬の包みのようなものを渡されます。この中には唐辛子、山椒、芥子の実、麻の実などが独自にブレンドされており、スープに入れて違う風味を楽しみました。

 劇的に変化するというよりは、ほんのりと薬味が漂うといった感じで、なかなか上品なアクセントだと思いました。

 店員さんは終始丁寧な接客で、ラーメンそのものやくすり等のアイデアも他にないもの。帰り際には「三く新聞」なるペーパーももらい、なかなか面白いお店です。また、下のデータを見てもらえば分かるとおり、開店時間も店名に因んだものとなっています。つけ麺も独特なものがあるようなので、是非食べてみたいと思います。ごちそうさま!

 烈志笑魚油 麺香房 三く
 大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス1階 地図
 06-6451-4115
 平日11:39~14:39、18:39~23:39、日祝11:39~14:39 第4日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

手打ちうどん やとう 釜玉うどん+海老天+ちくわ天

▲店舗外観

 「無限」で中華そばを頂いた後、ちょっと物足りないなーということで国道2号線を挟んだ向かいにある「手打ちうどん やとう」にも寄ってきました。店の正面には「やとう」と書かれた大きな木の看板が掲げられ、全体的に和の雰囲気が伝わる造りとなっています。店内は入り口から右手に厨房とカウンター席、左手にテーブル席と座敷席というレイアウト。僕は1人客でしたが、空いていたのでテーブル席へ通されました。

 メニューは普通の温かいうどんから、ざる、ぶっかけ、かまあげなどバリエーション豊か。迷いましたが、名物は「釜玉うどん」と一押しされていたので、それをお願いしました。ついでに単品で海老とちくわの天ぷらも注文しました。

▲釜玉うどん(600円)

 たまたま茹で上がり時間に合ったため、出て来るまでさほど待つことなくやって来ました「釜玉うどん」。黄身だけの卵と、薬味(ネギ、生姜)、すだち、そしてだし醤油を2回りかけて混ぜ合わせます。

▲混ぜました

 茹で上がったばかりのうどんから立ち上る小麦の香りと、薬味やだし醤油の香りが混ざり合い、卵の黄身が良い具合に半熟気味になったところで1口啜りました。黄身のまったり感と、薬味のアクセント、そしてうどんの強いコシと小麦の風味が広がり、素晴らしい一品となっています。

▲ちくわ天(100円)
▲海老天(200円)

 釜玉だけで十分な美味しさだったので、天ぷらは蛇足だったかもと思いましたが、それはそれで美味い。特に海老天のサクサクの衣は、釜玉に混ぜ合わせると、香ばしさがより引き立って美味しかったです。

▲〆に出汁を追加

 「やとう」の「釜玉うどん」の特徴は、最後の〆で出汁を追加して、別の味を楽しめること。残り少なくなってきたところで声をかけると、出汁の入ったポットで注いでくれます。残していた天ぷらも浮かべると、なんだか普通のうどんみたいですが、薬味も効いているのでまた違った味わい。入れてもらった出汁も最後まで飲み干し、満足の完食です。

 うどんの他に一品メニューもたくさんあるので、酒とうどんを両方楽しむというのも出来ます。また違ううどんを食べに来たいですね。ごちそうさま!

 手打ちうどん やとう
 大阪市福島区海老江7-10-21 地図
 06-6458-8107
 11:00~15:30、17:30~22:00(日曜は21時まで) 水曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華そば 無限 中華そば

▲店舗外観

 阪神野田駅から国道2号線を北上したところらあるラーメン店「無限」へ行って来ました。今年2月以来の訪問なのですが、1度行ったことがあると思って高をくくっていたら、道に迷ってしまいました。というか、阪神野田駅ではなくJR環状線野田駅で降りてしまったので、「ココドコ?」状態になって、えらい距離歩く羽目になったというわけですが。

 久々の訪問は午後8時過ぎ。少し外待ちして入店という混み具合でした。前回は期間限定メニューだった「塩つけそば」を頂きましたので、今回はレギュラーメニューの「中華そば」を注文です。

▲中華そば(650円)

 スープは名古屋コーチンをベースに、魚介系を効かせたもの。醤油ダレよりも魚介の風味の方が強く感じる一杯です。チャーシューは大ぶりなものが1枚載せられており、シナチク、煮玉子、ネギとオーソドックスな組み合わせ。完全無化調を看板にしているだけに、ガツンと来るパンチはないかもしれないが、それを補って余りある出汁感は、食べるほどにじんわり染み渡る出来栄えです。

▲自家製の平打ち麺

 麺は自家製の平打ち。箸で掴んだイメージはしっとり感を含み、モッチリとした食感を与えてくれます。こうして丁寧に作られた1杯が、650円という値段で食べられるのはありがたいことです。限定メニューも頻度高くやっているようなので、それらを狙ってまた来たいと思います。ごちそうさま!

 中華そば 無限
 大阪市福島区海老江5-5-10 地図
 11:30~14:00、18:00~22:00 日・木曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中国菜OIL(オイル) 五目チャーハンランチ

▲店舗前のメニュー看板

 福島の人気中華料理店「OIL」でランチを食べて来ました。ランチは日替わりの他、「四川麻婆豆腐」「天津飯」「五目チャーハン」がレギュラーメニューとなっていますが、今回頂いた「五目チャーハン」でようやく昼ランチ制覇となりました。

▲五目チャーハン(小皿・スープ付きで850円)

 チャーハンはパラパラとした仕上がりで、皿の盛り付けもいわゆるドーム型のチャーハン盛りではなく、そのまま中華鍋からよそった感じとなっています。五目の具材は玉ネギ、ネギ、卵、刻みチャーシュー、エビ。割とシンプルですが、しかし見ての通りエビが存在感を出しています。

▲たくさん入ったエビ

 エビは指先ほどの大きさに刻まれたものがふんだんに入っており、プリッとした食感がたまりません。ライスと同様、卵もパラッとした感じでよく炒められていて食べやすく、あっという間に完食してしまいました。

▲卵スープ

 溶き卵がたっぷり入ったスープにはレタスも入っており、程よいトロミとともにランチを彩ります。セットの小皿は、この日は春雨のマヨサラダでした。

 ランチで残るは日替わりメニューですが、これは早い時間に来ないと売り切れ必至なんですよね。これまでも2度日替わりをオーダーしたのですが、残念ながら既に終わっていました。まあ、毎回午後2時前くらいに行っているので当然と言えば当然ですが。ごちそうさま!

 中国菜OIL(オイル)
 大阪市福島区福島6-19-12 地図
 06-6442-1115
 11:30~14:30、17:30~22:00(L.O.21:00) 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

焼肉 丑乃匠 カルビスープ定食

▲店舗外観

 国道2号線の出入橋交差点からすぐ南のところにある焼肉店「丑乃匠」でランチを食べて来ました。店に入ったのは平日午後1時半ごろで、焼肉テーブルが並ぶ店内は半分ほどの入りでしたが、僕が来てからまた混み始め、途中から相席になる状況でした。

 ランチメニューは「焼肉定食」「石焼ビビンバ」など数種類があり、その中から選んだのは「カルビスープ定食」でした。

▲カルビスープ定食(900円)

 待つこと数分でやって来た定食。メインは野菜もたっぷり入ったカルビスープです。玉ネギ、シイタケ、エノキダケ、ニラの中に、結構大きなカルビが軟らかく煮込まれていました。アツアツなので初めは辛さも強いかなと思いましたが、冷めてきてからの感覚だと、控えめなイメージです。

 小皿で添えられたキムチは辛さとともに、甘さというか旨味を感じさせるもので美味しかったです。

▲カルビ

 カルビの量は多いとは言えませんが、1つ1つが大きく、そして軟らかくジューシーなのが印象的。スープ自体に旨味も伝わっており、ごはんが進みます。ちなみにごはんはお代わり自由でしたので、1度利用させてもらいました。相席した人が食べていた焼肉弁当も良さげでしたので、また来てみたいと思います。ごちそうさま!

 焼肉 丑乃匠
 大阪市福島区福島1-4-41 地図
 06-6451-2989
 月~金11:30~14:00、17:00~22:30、土17:00~22:30、日祝17:00~22:00 無休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

みつ星製麺所 濃厚らーめん&高菜のせごはん

▲店舗外観

 福島区につい先日オープンしたばかりのラーメン店「みつ星製麺所」へ行って来ました。場所はJR環状線福島駅から阪神高速福島ランプを北へ抜け、少し西へ入ったところです。以前このブログで紹介したアジアンレストラン「A151-factory!」があった場所で、店内のレイアウトもほぼそのままとなっています。

 訪れたのは平日の午後1時半頃。丁度入れ替わりのタイミングで、待つことなく座ることが出来ました。メニューは「濃厚らーめん」「らーめん」「つけ麺」の3種類。「つけ麺」は1玉(150g)から2.5玉(375g)まで同料金とお得なシステムでしたが、今回は「濃厚らーめん」に「高菜のせごはん」を加えて食べることにしました。

▲濃厚らーめん(750円)

 豚骨+鶏ガラを長時間煮込んだスープに野菜を加え、トロミを強く感じさせるのもに仕上がった「濃厚らーめん」。しかし、濃厚な口当たりはあるものの、飲むのに苦労する脂分はなく、クリーミーで食べやすいものとなっています。トッピングはチャーシュー、煮玉子、刻み玉ネギ、白髪ネギ、カイワレ。トロミの強いスープの中で刻み玉ネギが、シャキシャキとした食感と、馴染むにつれ染み出る甘さを加えて、いい感じです。

▲中太ストレート麺

 麺は中太ストレート麺で、しっかりとしたコシを感じさせてくれます。四角く切られた麺は天下一品のそれを彷彿とさせるが(濃厚なスープも相まって)、それよりも弾力がありますね。

▲高菜のせごはん(100円)

 「高菜のせごはん」は名前まんまのもの。高菜の味は濃すぎず薄すぎず、ごはんのおかずとしてもいいですし、ラーメンのスープと合わせてもいいものでした。

 レベルの高い一杯で、コスパも上々。すぐに人気店になるんじゃないでしょうか。また是非行って、残り2つのメニューを楽しみたいと思います。ごちそうさま!

 みつ星製麺所
 大阪市福島区福島7-17-21 ベルメゾン福島1階 地図
 06-6458-0272
 11:30~14:30、17:30~22:30 日祝定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

チャイニーズ食堂 セロリ Aランチ(取り放題の中華粥とエビチリ)

▲店舗外観

 福島区にある「チャイニーズ食堂 セロリ」のランチを食べてきました。場所はJR大阪貨物駅の西側で、同じく中華料理店「OIL」と同じ通りにあります。そこよりも少し南ですね。店は中華料理店というよりもダイニングバーのような佇まいで、入ってみても右手のカウンター席にはワイングラスが並んでいたり、左手のテーブル席の装飾もどこかレストラン風。しかし、出される料理は歴とした中華。そんなわけで、女性一人でも入りやすい雰囲気となっています。

 ランチメニューは日替わりでAとBの2種類と、A・Bそれぞれ半分ずつ+デザートのハーフランチの3種類。この日はAがエビチリ、Bが担担麺(or冷やし担担麺)となっており、エビチリをチョイスしました。注文後は調理のようすをじっくり見ながら待つ……というわけではないのが、セロリのランチの特徴です。

▲おかわり自由のセルフサービスコーナー

 店の奥にあるのは、おかわり自由のごはんコーナー。そこで自分でよそうのですが、なんと中華粥も食べ放題となっています。しかもふりかけ、ザーサイ、塩昆布、海苔、ネギのトッピングも自由。さらに食後のコーヒーも飲み放題というサービスっぷり。早速ごはんをよそい、ふりかけとザーサイを盛り付けます。

▲サラダと小鉢、ごはん

 ごはんを盛っているうちに、前菜のサラダと小鉢も出されました。小鉢はクラゲの酢の物と、カレー風味の揚げポテトです。とりあえず、これだけで普通にごはん一杯はいけますね。取り放題のザーサイが、歯ごたえもよく味付けもごはんが進むもので、美味しいです。

▲エビチリ

 そうこうするうちにやって来たメインディッシュのエビチリ。パッと見のボリュームはやや少なめと思いましたが、エビはたっぷり入っており実際の食べ応えはバッチリです。

▲パルミジャーノ・レッジャーノ

 エビチリと一緒に出されたのがパルミジャーノ・レッジャーノ。「途中で入れて味の変化を楽しんでみて下さい」とのことで、やってみました。この組み合わせは初めてでしたが、ほどよいまろやかさが加えられて良かったです。

▲中華粥

 ごはんのおかわりは当然の如く中華粥。トッピングもバッチリです。中華粥自体には濃い味付けはされていないので、トッピングで調整していくといいと思います。やっぱりこちらでも、ザーサイがいい味を出してくれます。

 食後のコーヒーも堪能して、大満足のランチの値段は800円と超お得。メニューも日替わりで多彩ですし、これは通わないと損ですね。ごちそうさまでした!

 チャイニーズ食堂 セロリ
 大阪市福島区福島6-17-6 地図
 06-6457-6626
 11:30~13:30、18:00~22:30 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

太陽のトマト麺 福島駅前支店 鶏パイタン麺&ネギめし&唐揚げ

▲店舗外観

 JR福島駅からすぐ近くにある「太陽のトマト麺 福島駅前支店」へ行って来ました。トマト麺という、このブログ的には完全アウトな店名ながら、紹介はこれが4度目を数えます。と言いつつ、最後の登場は2008年9月なので、約2年半のインターバルがあるわけですが。

 店に入ったのは平日の午後10時半頃。その少し前に仕事を終えたものの、さて夕ごはんを食べようと思ってもなかなかピンとくる選択肢がなく、それではと2年半ぶりに暖簾をくぐりました。店のレイアウトは以前と変わらず、U字と言うよりJ字と言うべきカウンター席に、15人ほどが座れるスペースがあり、ほぼ満席状態でした。メニューはトマト系に充実がみられますが、トマト以外の麺メニューは以前と同じく「鶏パイタン麺」のみ(トッピング追加を除く)。ま、それがなくなってなかっただけでも良しとするべきか。

 注文は当然「鶏パイタン麺」。お腹が減っていたので、それに「ネギめし」と「唐揚げ」×2を追加してお願いしました。座った席の前が調理場だったのですが、トマトなどをオリーブオイルで炒めて調理する光景や、そこから漂うスープの香りは、ラーメン屋ではなく、イタリアンのそれですよね。そのギャップと、そして妙にハマッた味わいが人気の秘密なのでしょう。

▲鶏パイタン麺(580円)

 やって来た「鶏パイタン麺」は、以前と変わらぬ様子。あっさりとしたパイタンスープの味わいも変わりません。2種類のネギ、鶏チャーシュー、グレープフルーツというトッピングも同じで、変わらぬ美味しさが味わえました。

▲麺は極細ストレート

 麺は極細のストレート麺ですが、ツルツルとした喉越しとアルデンテと言うべきコシの強さを感じます。この食感、他ではあんまりない独特のものなんですよね。量はそれほど多くはありませんが、この内容のものを580円で出すというのは、なかなかコスパは高いです。

▲ネギめし(280円)

 追加した「ネギめし」。2年半前のレポを見ると、その時になかった鶏チャーシューが盛られているのがわかります。以前は鶏がなくて250円だったので、これはお得に進化したと言えますね。ネギは多めに盛られており、シャキシャキ食感と塩ダレの風味がごはんと混ざって美味しい一品です。

▲骨付き唐揚げ(1本100円)

 骨付き唐揚げはニンニクの風味が染み込んだもので、アツアツジューシー。骨付きなので食べにくいのはありますが、1本から頼めるのは便利です。ただ、席に常設の箱ティッシュがないので、食べた後の手拭きに困るかな。

 充実していたトマト系メニューを食べに来ることはありませんが、また立ち寄りたいと思います。ごちそうさま!

 太陽のトマト麺 福島駅前支店
 大阪市福島区福島5-13-18 地図
 06-6343-8626
 平日11:00~25:00、日祝11:00~23:00

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中華そば 無限 塩つけそば(2月限定)&濃厚玉子かけごはん

▲店舗外観

 例年になく寒い日が多い今年の冬ですが、そんな冬においしく温まろうと、兵庫・大阪の10のラーメン店が合同でイベントを開催しています。その名も「ポッカポカ麺ロード」。その最初の訪問先となったのは、福島区海老江の「無限」です。今回のイベント参加店の中では、会社から一番近いお店ということで、仕事上がりに寄り道して行きました。

 「無限」は昨年オープンしたばかりの新鋭店。雪に変わりそうな冷たい雨の中、野田阪神から国道2号線を北上すると、間もなく黄色い看板が目に留まりました。店は入って左手が厨房とカウンター席、その背中にテーブル席が並び、そこそこ広いレイアウト。カウンター席に座りメニューを見ると、塩と醤油のラーメン、醤油つけ麺が記されていました。初訪なので一押しの「塩そば」といきたいところですが、今回はイベントメニューの「塩つけそば」を注文(夜限定10食)。量を並盛りにした代わりに、「濃厚玉子かけごはん」を一緒に頼みました。

▲塩つけそば(800円)

 やって来た「塩つけそば」は、秋刀魚やアゴなど節系魚介の香りがふわり漂うつけ汁です。あっさりとしているようで、旨みがバッチリ効いた濃いめのつけ汁は、麺を持ち上げるとより濃厚な香りが立ち上ってきます。

▲麺は自家製の太平打ち麺

 麺は自家製の太平打ち麺で、ツルツルとした喉越しと冷水でキュッと〆た歯ごたえとが美味しい麺。ツヤの輝きもよく、大盛りにしておけば良かったと思いました。

 
▲つけ汁から麺を持ち上げる

 つけ汁の中には短冊切りチャーシューとシナチク、ナルト、ネギが入っています。チャーシューはアツアツのつけ汁の中にあってホロッと軟らかく煮込まれたような感じになっていました。

 
▲濃厚玉子かけごはん(200円)

 「濃厚玉子かけごはん」は、名前どおり黄身が濃厚ジューシーな生卵が載ったものですが、こちらごはんも厳選された新潟米でとても美味しいです。かける醤油も玉子かけごはん専用のもので、シンプルを突き詰めた極上の一品となっています。これで200円はいいですよ。

 今回はイベントの限定メニューを頂きましたが、これだけレベルが高いものを頂いたら、当然レギュラーメニューも食べないといけませんね。一度来て道も覚えたし、これからは昼飯時にも行ってみたいと思います。ごちそうさま!

 中華そば 無限
 大阪市福島区海老江5-5-10 地図
 11:30~14:00、18:00~22:00 日曜定休

  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ↑ランキング参加中! 「お、これ食べたいな」と思ったらクリックを!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プロフィール

ルンホルム

Author:ルンホルム
【近況8/28】
暑さはまだまだ続きますが、高校野球も終わってツクツクボウシも鳴き始めて、だんだんと秋の気配を感じるようになって来ました。



今月は少しは休みもあったのですが、更新は出来ないままですいません。写真は8月上旬に行ってきたスカイツリーです。仕事で行った東京なので、登ることはありませんでしたが、やっぱり高かったですね。

※頂いたコメントについて。管理人のみ表示でもらった場合は、基本的に返信出来ません。ご容赦下さい。

最近の記事

ブログ内検索

場所別カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

2012年1月の検索店舗トップ25


  店名(最新記事更新日)
鶴武者(12.1.11)
  みずなぎ(11.12.31)
  天下一品(12.1.16)
  福吉(10.12.8)
  拳(11.12.30)
びし屋(12.1.13)
  これでもかっ!(11.4.5)
  夢を語れ(09.2.18)
  嵐山コロッケ(09.4.4)
10 池田屋(11.4.10)
  11 大阪市役所食堂(09.12.14)
  12 橋亭(11.8.21)
13 隆座(11.5.14)
  13 肥後橋南蛮亭(12.12.29)
15 極拳(12.1.4)
  16 萩(10.2.26)
  17 このみ(10.1.14)
  18 ラーメン軍団(11.3.9)
19 京甲屋(11.2.23)
20 寅屋(10.11.14)
  21 地球規模で考えろ(10.3.13)
  22 唐子(11.4.30)
  22 寒山(12.12.1)
  24 海洋堂ミュージアム(09.11.27)
  25 新福菜館(10.5.30)
  25 マウンテン(11.5.11)
上記ランキングは、各検索サイトから当ブログへ来た時の検索ワードを店ごとにまとめたもので、必ずしも人気順というわけではありません。他ブログであまり紹介されていない店や新規オープンの店が上位に来る傾向があります。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

(counting since 6/20/2008)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。